« お義母さんの命日。 | トップページ | ジン・タンカレー »

2010年5月30日 (日)

地元の川で釣る。

昨日地元の川へ釣りに行きました。最近、烏川まで行って不調なもので・・。

どうも烏川は「余所の川」っていう感じがして。私の実家のある安中市のMD川へ再び。この川は実家の側を流れているし、出身中学校の脇を流れていた親しみのある川です。

今年フライ釣りデビューを果たしましたが、MD川は知っている川なので行きやすく、釣果もありました。それが最近、先日紹介しましたが釣り雑誌に掲載されて・・・。うう、釣り人が沢山やってきて場荒れしてしまうのか?そうなる前に釣っておこう(笑)。

またもや早起きに失敗。8時に現場到着。しかし、先行者は無し。やっぱ不人気な川ですよね。無名だもの今までは。まだ雑誌を読んだ人も準備が出来ていなのか?どんな川かご覧入れましょう。小さな川だよ。人が来たら魚なくなるよ・・。

雑誌記事は「一投目から釣れるマル秘地元の穴場川」っていう特集なんですけど。紹介されたポイントから入るのも悔しいので、そこより下流から入る。いつものポイントよりかは上流です。

大きな堰堤のある場所。

3p1_2 

事前に見つけた駐車ポイントへ。この時期は田植えのシーズンなので、ここしばらくは農家の方の軽トラ駐車場所のこともあるので良く確認しましょう。今まで大丈夫でも稲刈りまでは迷惑になりますから。

堰堤の前後はいい感じなのですが、全く魚影無し。落ち込みに竿を出すが反応も無し。

こういう堰堤は登って越えられるがよし。

3p2_2

堰堤の上も、良い感じなのですが・・。

3p3

全く魚の気配は無し。さらに堰堤がある。

その上も釣れそうな雰囲気ですがチビヤマメの当たりすら無し。この辺は稚魚放流はやっていないようです。成魚放流も最初の堰堤より下流のみです。

岸には釣り人の歩いた踏み後があるので、釣られてしまった様子。

しばらく行くと大場所が。大きな落ち込みです。

3p4

この10メートル下流辺りから、急にチビヤマメのあたりが。チャラ瀬で15センチクラスをかけたが足元でバラす。このプールの中でもバシュッと出たけど痛恨のティペット切れ。今回からティペットを6・5Xにしたから?いやウィンドノットでもあったか。

落ち込みの両サイドを攻めるも流れが速くて難しい・・。ええい、と流芯にフライを流す。

ここで信じられない物を見た・・。

凄い速さで流れるフライに猛スピードで突進する魚が白泡の中にぬっと現れたのだ。

デカイ・・。いや怖い!川の中に海の魚ですか?というようなサイズ。

バッとフライをくわえて水中へ。あわせたが掛からず・・。

逃した魚はでかいというが、あれはなんか気持ち悪いほど違和感があった大きさ。幅が広い。自分の手のひらくらいの幅があったのです。

しばらく放心・・。あー怖かった。あんなのもいるんだ、この小さな川に。あれは主だ、神の使いに違いない、おおそうじゃ、と足早にこのポイントを立ち去る。

その上流は、ぐっと渓流ぽくなる。

3p5

んーなんかいい感じ。渓流に来た~。けど、人家や道が見えないと急に怖くなる。一人の川は心細いよ。

透き通るプールや落ち込みがあるが、ぴたっと反応がなくなる。

こんな滝のような落ち込みがあるのに、魚は全くでない。

3p6

プールにミノーでも投げたら出そうな感じ。ルアーもやるかなあ・・。

手前側から登ったけど、足元ギリギリに滝があって怖かったよー。落ちたら泳ぐことに・・。

さっきの場所ではあんなに魚が出たのに、どうしたんだろう?

最近想像しているのだが、ここ地元のJ漁業の稚魚放流って凄くピンポイントなんじゃないだろうか?釣れ方でそう感じます。

稚魚放流をしているのは、

1)川に道が接近している、併走しているところ。特に橋の周辺。

2)川に降りやすい道があるところ。橋や堰堤には工事した時の降り道がある。河川敷の畑とかあって川原に直接下りる道があるところ。護岸に階段が付いているところ。

ではないでしょうか?稚魚を積んだトラックが乗り入れられて、バケツを持って川に入りやすい場所です。全国どこもそうなんですかね?それ以外は放流できないもんね・・。

なのでポイントを探すには上記場所をピンポイントで攻めたほうが効率よさそうです。

結局ここまではボウズのまま。目の前に雑誌で紹介された場所の入渓ポイントの橋が。

3p7

橋か・・・。むう、1投目で釣れる、ということに上記条件に当てはめれば、この橋が関係しているのかも・・。

橋の上流はこんな感じ。

3p8

いいねえ。すぐにボサになるとのこと。ここまででかなり疲れているし、ボサ川はまだ技術的に無理なので、この手前を攻めて終わりにしましょう。この左右の落ち込みにフライを落とすが反応はなし。1投目からはちょっと無理でした・・。

しかしその上の落ち込みへの3投目。

釣れました!

3p9

綺麗なヤマメ。久しぶりの成魚(笑)。ずっと稚魚ばかりだったからね・・。ここは成魚放流はしていないので、稚魚がここまで育ってくれたのです。元気良くリリース。

ほっとしました。うーん、雑誌の記事は嘘でもなさそう。推理すれば、この橋周辺は稚魚放流あり。支流合流の前で急に水が細くなり、水深も浅くこの先ボサなので餌師があまり入らない、のでは?

出た場所はここ。この落ち込み、白泡が消える辺りにフライを落とす。

3p10

普段アップクロス(斜め下流から上流へキャスト)が多いのですが、ここは両岸と頭上に木が生い茂り、川に立ちこんでアップストリーム(下流から上流へ)キャスト。

思ったより手前にフライが落ちたのでラインが邪魔しなかったのか、そのまま流して左下の白い石の少し上の沈み石の上でパチャッと出ました。

この先はボサで暗いし怖し疲れたのでここで納竿。

3p11

落ち込みと浅くて緩い流れの連続はドライフライに良いのでは。餌師には難しそうなのでいける。ボサは嫌だけど抜ければ開けるそうなので、また来てみようかな。人がいっぱい来るかな・・。

橋から道に上がる。支流の中川も見てみます。

3p12

なんか瀬が速くてこのあたりは無理っぽい。川原で石の上で滑って転んでしまった。腰をしこたま打って痛いよ。あああ、登山用のゴアテックス・レインジャケットに穴が・・。これは買い替え。痛い出費。

上がって、村の中を歩いて帰る。

3p13

さっきの大きな魚の出たポイントに降りる道を発見。歩くとこういうことが見つかるんだな。あのポイントだけ魚が出た理由を裏付ける。

またやってみる。

3p14

沈み石のあたりで、塩焼きサイズがヒット!けどお約束のバラシです・・。何かがあっていないんだな。下のチャラ瀬でチビヤマメがいくつか掛かる。今日は1匹釣り上げ、バラシ4匹のチビヤマメがいくつかでした。

ロッドはオービス7フィート6インチ4番、良く出たフライは、クイルボディー・パラダン#16でした。

結構釣り上がったんだなあ。やたら歩きました。

3p15

この下に見える橋のちょっと上が入渓ポイントの堰堤。いいところです。この橋の上流は渓流っぽい感じ。下流は里川です。私は里川が好きだなあ・・。

川の中を歩くのも疲れるもので。結構ぐったりでした。

次はどこへ?雑誌のこの川の次ページに記事が載っていた南牧川もよさそう。

気温の低い日でしたが、釣れて良かったよ・・。

|

« お義母さんの命日。 | トップページ | ジン・タンカレー »

釣り・フライ」カテゴリの記事