« GW2日目 | トップページ | GW5・6日目はキャンプに行ってきます。 »

2010年5月 3日 (月)

GW4日目・ちょい釣り。

昨日も一日掃除でした。実家に行ったり、買い物したりで終わり。

で、自分の部分の掃除は終わったんだけど、妻のほうがはかどらない。結局、タイムリミットですな。今日は荷物の搬入は出来ませんでした。私は洗濯をやったり、ちょっとまったりしました。

午後遅く、気になることがあって職場へ。ちょこっと仕事をして完了。夕方近しの4時半。

職場からならいつもの釣り場も近いなあ。釣り道具は積んできた。計画的。だってここ3日外で遊んでいないから、ちょっともやもや。

17時には、いつものMD川へ到着。ワンパターンですが、日没まで1時間ちょい。ちょっとの間の釣りなら知っているポイントに限ります。いつもの橋のたもと。やはり先行者の車が・・。ここも有名になりましたね。

親子連れ。3人でフライ釣りです。羨ましいですなあ。そんな家庭を作りたい。もうウェーダーを脱いでらっしゃったので声を掛けます。富岡からいらしたそうで。釣り場で出会う人って良い人が多い印象。先日も餌師さんと情報交換をして、烏川のフライポイントと駐車場所を教えてもらったばかり。増水して無理だったけど。今回は上野村の情報もいただきました。いつか行ってみたい神流川CR区間。

例のポイントで釣ったみたいですが、ちょっとやっただけですから、とおっしゃってお帰りに。お気をつけて。

M1_2

ならば、出るかな?

いい感じ、既にライズが多発。羽虫も飛んでいます。

アダムスパラシュート#16で始める。ちょこちょこ出るがフッキングしない~。ヤマメが小さいのかなあ?ぴちょんって感じ。

そのうちコポって感じのやや大き目が出るがフッキングしない~。5月になって俊敏さが増したか?

しばらくしてあたりが遠のく。水中を良く見るとヤマメは追いかけるのですが、フライの2センチ手前でUターン。見切られている!小さいくせに!流し方が不自然なのか?フライがマッチしていないのか?

ブラウンパラシュート#16にする。これだけ渋いと#18が欲しいけど持っていない。だって見えないから・・。

やっと一匹フッキング。10センチ。チビヤマメ~。写真を撮ろうとしていて逃げられる。くそー。

CDCダン#16に換える。やっぱコレがちゃんと流れるときは釣れるムードがムンムンです。

バシュ!ぴよーん。

と飛んできたのがこのヤマメ。

M2

おちびさん。ごめ~ん。どうも稚魚放流があったみたいですね。以前よりさらにサイズダウンしています。来年には大きくなってねとリリース。

このポイントもスレてきたか・・。20センチくらいのもいくつか泳いでいたみたいですが、警戒されています。

暗くなってきたので納竿。

こういう里川はいいなあ。夏までヤマメは出てくれるかなあ。

M3

昨日は本流ではヤマメの放流があったらしいけど、ここはもう無いんだよね。魚は減る一方だけど、稚魚が育ってくれればなあ。

来週くらいから本流も減水してくるだろうから、フライの出番が来るかな?出会った餌師が今年は釣れないって言ってたからヤマメは残っているかな?

もう暗くなって、ポロに戻る。

M4

そういえば今回の竿、前回書いた新しい竿です。新しいといってもネットオークションで落札した中古の古い竿です。

オービス・スーパーファイン7フィート6インチ「ブルックトラウト」です。

M5

軽くてなかなか使いやすかったです。取り回しが良い。釣り味は魚が小さくて良くわかりませんでしたから。

「今回のタックル」

ロッド:ORVIS スーパーファイン7フィート6インチ 4番「ブルックトラウト」

リール:オービスCFOⅡ

ライン:3Mエアセル DT4F リーダー:6X 9フィート

フライ:ブラウンパラシュート・CDCダン#16

「今回の釣果」

チビヤマメ2匹

「今回学んだこと」

小さな川に短い竿は良いけど、手前に強い流れがあったりした場合長い竿のほうが有利。やはり長めで繊細な竿のほうがヤマメにはよいかなあ?短い竿はボサ川ではよいでしょう。

CDCダンはやはり釣れるムードあり。ただ扱いが難しく、すぐに沈む。CDC用ジェルフロータントを使ったが付けすぎるとダメ。やはりドライシェイク(粉末)がよいと思った。

興奮するとキャストがおざなり。基本に忠実にキャストせねば。

うーむ、そろそろ本流で大きなヤマメを釣りたい。

なんかすっきりした、ちょっと間の釣りでした。こういう時にフライは手軽で良いですね。

|

« GW2日目 | トップページ | GW5・6日目はキャンプに行ってきます。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事