« いっちょう友の会・新会員歓迎の宴。 | トップページ | ガトーフェスタ・ハラダ »

2010年5月16日 (日)

カゲロウの群れ。

ずっと天気が良いので釣りに出掛けました。水も減って釣りやすくなったかなと、烏川に行ってみました。ああいう本流は水が多いと怖いのよ・・。

水沼橋に到着。橋から上流を見ると先行者・・。堰堤のところから始めたばかりのようなので、ここは諦めます。水量は少なめでフライにいい感じ。

以前、下見中に餌師に教えてもらった、良くフライマンが釣っているというポイントへ。

B1

ここは車で川原まで来れる駐車ポイントがある便利な場所。ああ、ここも4WDが駐車してある・・。けど仕方ない、見える場所に先行者がいないのでここにします。お昼ごろの開始。日中はもうだめかな?

前回は、増水で怖くて川を渡れなかったが、今回は大丈夫。中州から堰堤上のプールを狙う。

B2

竿はセージの8フィート4番。

アダムスパラシュート#16をまずは流す。いきなり反応あり。フライに出てきますが小さい稚魚の様子。フッキング出来ません。風は強くなってきましたが、追い風で何とかなる。

B3

ここは見切りをつけて、上流へ釣り上がりです。

チャラ瀬を流すも、小さ目がたまに出るくらいでフッキングせず。やっぱり大きな川なんで、流れが強くて深い場所に立ちこむのは怖いよ~。

長袖のシャツ一枚にベストだけど丁度良い爽やかな天気。水温はまだ低いだろうけど、ウェーダーを着ていると冷たくは感じない。一足早い水遊びって感じです。

おお、いいポイント!

B4

けどね、フライだとコレが、難しいのよ・・。餌やルアーだったらへちから深いところに投げて攻められるじゃない。けどねえ・・。コレ画面右側に川を渡ったんですよね、怖かったけど。で、左側よりに流れの本筋があって深いと。なので画面右側のヘリからキャストするんですけど。ちょっと立ちこんで上流に投げるしかないのよ。うまい人ならバックスペースが無くてもキャストしちゃうんだけど。バックハンドっぽく投げてみたんだけどねえ。強い向かい風なんですよ。かなり無理。つい真正面に無意識にキャストしてしまって・・、後ろの草を釣るんですねえ。難しい。

それにしても反応が全く無い。よさそうなポイントなのに。フライをCDCダンや、大きめな虫が飛んでいたのでエルクヘアカディスに換えたり。けど全くでない。もう相当いじめられいるポイントのよう。やっぱ今は瀬か?

さらに上流に向かう。この先は激流で釣りにならない。藪漕ぎで前進、辛いよ~。

やっと開けて、いい感じの淵です。

B5

また川を渡って、コレも岸からじゃ投げられないので、立ちこんで攻める。おかしい・・。反応全くなし。もう瀬に出ているのかね。ここの瀬って激流が多くてどうなのよ。

ああ、先行者の二人組み。橋の下にいました。

B6

あの4WDの人の後をずっと釣っていたのか・・。仕方ない、戻りましょう。川沿いには困難な道だったので、一度道路にあがって帰る。車の側でまた入渓。

B7

結局ここで、チビヤマメに遊んでもらおうと・・。最近稚魚いぢめしてるって評判なのでやりたくないのですが、あわよくば15センチオーバーが掛かるかなあと・・。

#18のアダムスでやらしく・・。

結局2匹フッキングしましたが、ネットを忘れてしまって、カメラを構えているうちに逃げられてしまった。川の真ん中で釣っているからね・・。10センチくらいでしたけど。いぢめて無いよ~。

この川の真ん中あたりで釣っていました。フライを換えながら1時間も・・。

B8

サイズが出ないので、帰ることに。これから夕方がこういうプールが良いんだろうけど、何だかもう疲れたから・・。大きい川は苦手。

胸のパットのフライが苦戦の跡。

B9

4月とパターンが違ってますね。工夫しないとダメだなあ。まだ知識がないんです。

今回、CDCダン用に、ドライシェイクのダンカラーを使ってみたのですが・・。

B10

手や服が真っ黒になるんですけど!コピーのトナーみたい。これなら白い奴でもいいよなあ。

車に乗って帰りますが、ウーン不完全燃焼。やっぱり烏川との相性は相当悪い。なので地蔵峠を越えて、いつものMD川へ行こう。

全くいつものマンネリポイント。

B11

水量が少なく、澄んでいる、底まで丸見えだあ。

ロッドをオービスの7フィート6インチ4番に変更。

B12

ライズがあります。コレは期待です。けど、砂の上は新しい足跡だらけ。ここも有名になりすぎたか。

B13

夕方なので活性が高い。キャストごとに出ますが相当小さいのでフッキングしません。

ちょっと大き目のライズ。取ったるでー!

パシュ。でああああーーーっ!ドンピシャ!やったでええーー!

んん?赤い・・。

ウグイだああ・・・。

B14

しょぼーん。

ウグイが幅を利かせているということは、ヤマメが追いやられているのかなあ・・。時期なのかもね。ヤマメもいましたが、スレててフライを見切る見切る。もうここは無理だ~。

夕暮れ。

ふと顔を上げると・・。羽虫の大群だ!

B15_2

うおおお、川の上空に帯状に飛ぶ虫の大群。スカイフィッシュか?

でかいのでカディス(トビゲラ)かと思ったら、巨大なカゲロウだ!こんなのいるんだ。水面にぼとぼと落ちてきて、ライズが始める。うおお、狙わなければ。けどこのカゲロウ#10より大きそうなんだけど、どんなフライを使えばいいの?教えて・・。

まあ、もう暗いので、この大自然のスペクタクルを堪能しましょう。

凄い群れだ。

B16

上流へどんどん飛んでいく。

自然て凄いなあ。なんかいいものを見た気分。こういうのも釣りの楽しみなんだな。

釣れなかったけどさ・・。

この前までとはパターンが違ってきてますね。ちょっと攻め方を変えなくちゃ。

|

« いっちょう友の会・新会員歓迎の宴。 | トップページ | ガトーフェスタ・ハラダ »

釣り・フライ」カテゴリの記事