« 新しいウェーダー・フォックスファイヤー | トップページ | ポロ、やっと夏タイヤ。 »

2010年6月 6日 (日)

烏川・イブニングバラシ&モーニングバラシ。

土曜、日曜と地元高崎の烏川へ、短時間のフライ釣りに行きました。

日中はドライフライの反応がいまひとつと感じて来ました。暑くて辛いし・・。なので夕方、早朝に釣りをすることにしました。

先日ネットで落札したGルーミスのニューロッドと、ニューウェーダーも試します。

今回の烏川は、いつもより上流エリアへ。この橋の下流と上流を2日に分けて釣ってみました。

3k9

だっていつもの三の倉あたりは、コンビニや工場もある住宅街で水質がイマイチ。岩を触ると臭いもの・・。下水を含んだ沢でズボっと踏み込んでしまったこともあり、やはり新品のウェーダーとシューズには綺麗な水で初使用させたいの・・。だから上流。

今回の烏川、会う釣り人に聞けば今年は不調だねえ、と言われますが、先日ウェーダーを買ったワイルドワンのスタッフさんに「春は寒くて不調だったけど、その分ヤマメが残っていますから、これから大きく育って楽しめますよ」とポジティブなことを言われた。それもそうだなあと、今後は烏川をちょっと攻めてみます。

釣りに行くのと同じくらい釣り場探索をしています。まだ初心者だから、今年は釣り場探しに専念。ここは道端に駐車ポイントもあり気にしていた場所。ゆっくり起きて洗濯を3回こなし、土曜日の午後4時ごろ到着。しかしそこには既に先行者の車があった・・。橋から上流を見ると、フライか?やってます。じゃあ、下流に行くか・・。

先行者さんの駐車した車の位置から、川に降りる近道発見。今年はこういうのを探るのも楽しみです。

釣り下がりは嫌なので、川原を川から距離を置いて、歩き下ります。

3k1

暗くなるまでに橋に戻れる距離を考えて、この辺か、と竿を出す。

最近、減水気味なので、川に入るのが怖い私にとって都合が良い感じ。このくらいの水位なら大き目の川もオッケー。

緩い流れの瀬が中心で、ドライフライがやりやすい。

3k2

ここは、成魚放流の最上流の場所。けど、そんな放流魚は残っていないので、育った稚魚頼み。

大場所ではないので、魚も小さいね・・。盛んにフライに出ますが、やっぱりチビヤマメ。フライを#16から#14にサイズアップするけど、やっぱりこのサイズ。

3k3

このところチビヤマメ専門フィッシャーになってしまった。いかん。

おチビさんがじゃんじゃん掛かる。このサイズだとフッキングしないのですが、ここのは元気が良いのか掛かってしまい、ぴょーんと飛んでくる。可哀相なのでやりたくは無いが、しゅぱっと出るとあわせないわけにはいかないのよ・・。元気にリリース。

大抵は飛んできて外れるのですが。外れなければ、バーブレスフック(カエシの無い針)なので、フライを持ってひねれば外れます。

3k6

どんどんサイズダウン・・。

これだけ稚魚放流をしてくだされば、来年が楽しみなのは確かです。

遠くに雷雲。カーボンロッドは雷が怖いけど、まだ遠いから大丈夫。

3k4

新しいロッド、Gルーミス。8フィート4インチの4番。やや長めで、ロングリーダーの釣りや、流芯の向こう側のポイントに入れやすいと思って購入。

しかし、堅い。というか飛ばし系。こんな渓流スペックでも、飛ぶ。ややファースト気味。自分が思った以上遠くに飛んで焦る。先端はしなやかだけど真ん中の張りがキツイ・・。近いキャストがとても難しいのです。ラインが乗った遠投はシャープなんですけどね。この辺りの渓流向きじゃないかなあ・・。

やっぱ3番ロッドに4番を乗せて使うことを検討中。近距離キャストをびしっと決めたい。それでバラシの少ないしなやかさを・・。

砂地に動物の足跡。

3k5_2

こういうのを見つけると、あたりに気が行ってしまう。ちょっと怖いの・・。

新しいウェーダー、快適!流石はゴアテックス。

3k7

全く汗をかかなかった。内部は濡れません。細身で足さばきも良い。歩きやすい。

以前のナイロンに比べると、やや水温の冷たさを感じる。薄手なんだろうな。ストッキング部分は透湿じゃ無いので靴下は汗でやや濡れる。

シューズも滑らず、歩きやすい。ただ、濡れると濡れた靴を履いているぐちゃとした感触がねえ・・。実際に中の足は濡れてないんですけど。スポンジが多いのでやや重くなるのが辛い。けど、この歩きやすさは快適です。足首もガードされて、水中で無理な角度になったり、岩に足が挟まってもなんとかなる。

日が暮れる。雷雲が夕陽に染まる。

3k8

フライが見えなくなってきたので、そろそろおしまい。ライズはあるけど小さいね。

このまま成魚無しなのは辛い。

最後、岸に上がる時に渡る分流。今から歩く場所に小さな落ち込み。そっとフライを入れる。コンクリの構造物の下。

3k10 

自分でも良く入ったと思った。上に木があるのでサイドキャスト。流れに乗らず護岸前の石の際で反転流にのる。

ばしゅ。来た~。成魚です!抜きあげて、ネットでキャッチしようとして空振り・・。針が外れてポチャン!

ああああ!ナチュラルリリースだあ・・。砂の上に引き上げればよかったなあ。けど魚が傷つくと思ってネット使ったのあだに。重かったからいいサイズだったのに。

まあ、出たんでよし。この日はこれでおしまい。

翌朝。今日こそ釣るぞ~。同じポイントへ。

一番乗りを目指し早起き。しかし予定より1時間遅く。もう4時半ごろには明るいものね。

駐車ポイントに車なし。よ~し。橋より上流へ。もう5時半でモーニングライズは殆ど無し。

3k11

地元漁協のおなじみ、竹流し。川鵜から鮎を守る為にやっている。こんな上流も鮎釣り場なんだ・・。ここも2週間後には賑やかになるのね。

竹の下にヤマメが集まっている。25センチクラスが定位していますが・・。

3k12

私のテクでは無理。フライを引っ掛ける。フライをティペットごと失くす。糸結ぶのが面倒くさい、と大人の発想でこのポイントは回避。

今日はセージのロッド。

いい川ですね。このくらいの水量なら渡りやすいし。

3k13_2

浅瀬ではチビさんが出ますが、大場所ではあたりが無いなあ・・。チビさんが飛んでくるばかり。

このあたりも里川ですが、家がこの先少ないので水は綺麗です。

3k14_2

ん?砂地に新しい足跡が・・。まさか、朝暗いうちから来てもう上がった人がいるのか?もしくは地元の人が、朝食用のヤマメを釣っているのか・・。

人の姿も無いので、何とかなるかと釣り上がる。

堰堤の下にプール。いい感じ。下流から立ちこんで攻める。

3k15

水が綺麗。

3k16

落ち込みの手前。白泡の消えるあたりから流す。

3k17

バシュ。出た~。けど、水中でばらし・・・。成魚だったなあ。左の落ち込みでも手前奥と2回ヒット。けど、バラス・・。

理由は大体わかる。アップストリームのつりが下手なのです。上流から手前にフライが流れてくる。ラインを手繰らないとラインふけが出来る。それを怠っているので、ヒットしてあわててラインを手繰っている間に逃げられているのかもしれない・・。頑張れ~。今年は勉強。

ココは深かった。けど頑張って膝まで入って対岸へ渡る。

3k18

ふとももまでチャレンジしたが、ちょっと冷たかった。流れがあってもスリムなので安心感有。

分流しているので、好ポイントが連続。私のテクでは難しいけど。

3k19

おお!正面に雄大な山が。

3k20

双耳峰なので以前登った浅間隠山かな?昔の火山っぽいね。そろそろ山も行くぞ~。

また堰堤。今日は車のディーラーに行く用事があるので、ここで終わりにしましょう。

3k21

ここの手前の左の流れ。もう仕掛けも短くなってしまって、ドラッグが掛かって自然に流れない。けど、奇跡的に自然に流れる時がある。

3k22

左奥の石の手前、沈み石の上でヒット!でか!久しぶりの20センチクラス~。

やた!と思わず叫ぶ。早く取り込みたいので、空中に抜き上げて持ってくる途中でポチャン・・。

あああああーーーっ!

うん、ね。こういうものだよね。

わかったよ。焦って抜きあげちゃダメ。以前は針のカエシをペンチで潰したバーブレスフックだったけど、このところ完全なカエシの無い針を使っています。

あれは、空中の魚のビチビチに弱いんじゃない?奴ら水の抵抗がないとここぞとばかりビチビチやるから、外れやすくなるんじゃあ。水中でやり取りすれば、ああいうビチビチは無いから、取り込める確率が上がるんじゃないかなあ。よし次回は魚とのやり取りを課題に。今年は勉強です。

さあ、用事に間に合わないのでおしまい。

さっき、地元のおじさんが、畑の帰りに上って行った場所をチェックしてあったのだ。たまに竿を出しながらやや下る。

退渓ポイント発見。

3k23

おじさん堰堤の上を渡って、対岸の畑に通ってらっしゃる。その道を使わせていただく。増水したら畑仕事はどうするんだろう?

今年はこの看板を良く見るなあ。入渓流ポイントには必ずある。

3k24

地元漁協の看板。これがあるところが入渓場所ってすぐわかるし、きっと稚魚放流もやっているのだろう。わかりやすくてありがたいです。

入漁証がないと密漁。私は年券買っています。魚は持ち帰らないけど、毎回楽しいので、もう元は取った気分です。レジャーなんだから、ただっつうわけにはいきませんもの。買ったら安心して楽しめますよ。

集落を歩く。いいところだなあ・・。靴はぐっちゃぐっちゃして重いけど、歩きやすいです。

3k25

ゲートボールをしているおじいさんに挨拶。

「どうだい、収穫はあったんかい?」

「コンくらいの小さいのです」

両人差し指でサイズを示す。

「この川は魚いないからのう」

会う人は大体こうおっしゃいます。けど楽しかったです、と言って別れる。

駐車ポイントまで歩いてあっという間。川を歩くのは時間がかかるけど道だと早いなあ。道が併走するポイントと言うのも大事。

橋から今釣り上がった川を見る。

3k26

いいところだ。

ばらしてばかりだけど、渓流歩きは楽しいです、このくらいの水量なら、また来てみたいなあ。

新しいウェーディングシューズ。こういの履くの初めてだけど、川の中でも道でも歩きやすいので助かります。

このモデル、ジップでサイドがガバッと開くので脱ぎ着が楽。

3k27

さて、色々勉強になった釣りでした。

鮎が解禁になると川も賑やかだし、そろそろ違うことを始めますかなあ。

|

« 新しいウェーダー・フォックスファイヤー | トップページ | ポロ、やっと夏タイヤ。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事