« VW・9Nポロ、2度目の車検(5年目)の詳細と費用。 | トップページ | 篭ノ登山に登る・その2・西篭ノ登山(標高2212m) »

2010年8月 4日 (水)

篭ノ登山に登る・その1・東篭ノ登山(標高2227m)

やっぱ夏は山。今日は、ようやく今シーズン最初の本格登山に行きました。これだけ暑いと登山も標高を上げないと辛い。2000メートルから上に登ります。

群馬と長野の県境にある篭ノ登山(かごのとやま)に登りました。

1u1

ここ数年やっている、おやぢインチキ登山シリーズです(笑)。ロープウェーやクルマで中腹まで行って簡単に2000m峰に登ってしまいます。けど、今までの結構歩いているんですよ!

今回は、一番近かった・・・。クルマで凄く高いところまで行っちゃった。けど、続いて違う峰も行ってますから、結構歩きましたよ。

東篭ノ登山だけならば、おそらく最も楽に登れる2000m峰ではないかと思いました(草津白根山も簡単に登れますが、規制があって山頂を踏めないんです。)。さくっと2000m峰に登りたい方にお薦めコースです。けど天候が荒れたら危険なので山の装備でお願いします。

場所は、ここのHPの地図で確認してください。

浅間山から連なる、高山植物の豊富な山域です。以前、湯の丸山烏帽子岳黒斑山に登ったエリアですが、この篭ノ登山周辺が残っていました。

高崎の自宅を9時半ごろ出発。高速で小諸方面へ。

東部湯の丸ICで降りる。サービスエリアからこれから登る山を見る。

1u2

どの山かわからん・・。右側のかな?

ここから山道を走り地蔵峠を目指します。小諸からチェリーパークラインで車坂峠というルートもありますが、峠から池の平までが未舗装道路になってしまう。こちらは峠からも舗装路。道沿いには100体の観音像が置かれています。なかなか急な道路です。

湯の丸スキー場の駐車場手前から、池の平への「湯の丸高峰林道」を走る。少し狭いが快適な舗装路。尚、7月中旬~8月下旬の土日祝日はマイカー規制で車は進入禁止、シャトルバスで行くことになります。今日は夏休み2日目をもらったので平日、車で池の平まで入れました。涼しくてクーラー要らず、窓を全開で上がります。

11時30分に池の平の駐車場に到着。登山の出発にしては遅い時間、雲が出てきた。

1u3

この駐車場100台は駐車できそう。500円。平日なのに7割ほど入っていた。大型バスも入れる。

実はここで、標高2061メートル・・。見事なインチキ登山ぶりであります(笑)。やはり涼しさが大切だよ。長袖の速乾シャツに着替えます。

パンの袋がパンパン。高所である証。

1u4

仕度をして出発。駐車場の入り口の向こうに登山口があります。

1u5

11時45分出発。

1u6

このエリアは熊の出没地帯。こんな高いところにもツキノワグマいるんだ。

1u7

最初は平坦や下りのノンビリとした樹林帯。これから目指す山が見えます。結構高いぞ?

1u8

熊笹の茂る林の中の道。この辺りは歩きやすい。

1u9

日差しが遮られて涼しい道。けど、熊が出そう・・。ザックにつけた鈴をわざと鳴らしてみます。

徐々に急登になる。カラマツ林の中、道が湿って石がゴロゴロした坂道になってきます。

1u10   

一人だとちょっと怖いね・・。下山する人がたまにすれ違うくらい。

けど、中学生の登山教室か?集団で下ってくる。半端な人数じゃない中学生。しかし、山ではすれ違う人には挨拶をするのがしきたり。どんだけコンニチハを言った事か。引率の女の先生かわいかった・・。

登山靴もフィットしてきた。アク・スイテラスウェード。

1u11

軽量で軽快。そして派手・・。

LEKIのダブルストックも快適です。これはお薦めだなあ。使ってみて~。

1u12

あとでちゃんとインプレ記事書こう。

暗い樹林帯を抜けるといきなりぱっと開ける。まぶし~。

1u13

がれ場の始まり。歩き難くなります。日差しがあると暑いね~。

振り返ると、小諸の街か?やっぱ高いところは気持ちいいね。

1u14

山頂直下まで続くガレ場。大きな石は段差になるし、小さな石は浮石になってる。

1u15

慎重に歩いて、山頂が見えました。

1u16

結構賑やかですね。

12時20分、東篭ノ登山(2227m)に登頂!

1u17

近かった・・・。けど、変化のある山道なので楽しかった。

浅間方面は、水ノ登山への稜線。赤ザレと呼ばれる崩落地。

1u18

なかなかダイナミック。あの道歩きたいなあ。

嬬恋側は雲が掛かってきたけど、畑がパッチワーク模様。

1u19

高山植物が沢山咲いています。水ノ登山への道に咲いていたウスユキソウかな?

1u20

肉厚で毛が生えている花びら。

1u21

マツムシソウにとまっていたキレイな蝶。

1u22

羽根の模様はエアブラシで描いた目のようです。

パンを食べて休憩。さて、次はどの山に行こう?

ちょっと雲が出てきました。

1u23

雷雲が来るかなあ?ゴロゴロって来たら嫌だな。ルートは2つ。連なる山が2峰。

西篭ノ登山(2212m)。

1u24

こちらは樹林帯で。ゴロゴロ来ても逃げられるか。

水ノ登山(2202m)。

1u25

この片側が落っこちた稜線を歩きたい!スリルあるんだろうなあ。

けど、ゴロゴロ雷来たら逃げ場がないなあ・・。高峰温泉から上がってくるルートもあるので、違うシーズにまた来るのも良いかなあ?

ここで山頂にいた老夫婦に高峰温泉はこっちですか?と西篭ノ登山を指差しながら言われた。反対ですよ、水ノ登山は後です、そこから高峰温泉に下山できます、と教えてあげました。

危ねえ~。西篭ノ登山はピークで行き止まりだよ。山はこういう間違えから遭難に繋がるんだよね・・。

そうか、西篭ノ登山は行き止まりなのだ。ならば今回登らなければ2度と登らない可能性が高い。水ノ登山は別ルートがあるからそっちからまた来るかもしれない・・。

なので、西篭ノ登山に行くことに決定。

12時40分出発。

1u26

一度下ってからまた登ります。帰りもそうなんだよね。

次回は、西篭ノ登山でコマクサを見つける~池の平湿原を散策、です。

|

« VW・9Nポロ、2度目の車検(5年目)の詳細と費用。 | トップページ | 篭ノ登山に登る・その2・西篭ノ登山(標高2212m) »

山登り・トレッキング」カテゴリの記事