« 倉渕温泉・長寿の湯 | トップページ | シーズン最後の渓流フライはこの川。 »

2010年9月19日 (日)

シーズン最後の烏川は、人・・。

地元の渓流釣り期間はこの3連休が最後です。昨日は、1週間の疲れでぐったり。今日こそは頑張って早起きをと思いましたが、頑張った結果8時起床・・。フライ釣りに出掛けます。

近場で広い川がいいやと思ってやっぱ烏川。

0m2

高崎市の倉渕。しかし、駐車ポイントには車が必ずある。皆さん最後なんで釣るのね。鮎はもう終わったのかな。

ヤマメは敏感なので、先行者が釣りをしたあとは、隠れてしばらくは出てきません。一番最初にポイントに入るのが重要。

上流に行っていつもの橋も、一台車がありました。これ以上上流はちょっと怖いし、どこに行っても人だらけだし。解禁当初のようです。仕方ない、ここでやろう。駐車ポイントから歩いて、いつもの出口から入ろうか?とも思いましたが、先行者に追いついたらまずい。間をあければ大きな川だし、ヤマメでるかなあ?結局9時過ぎに開始。

本流用の竿。すっとこ8フィート3番。

0m1

こういう開けた川で伸び伸び振ると気持ちのよい竿なのです。

あれ?前回チビヤマメがかなり出たポイントも反応なし。

そのうち、前方に釣り人が!ええ?もう追いついちゃったの?ゆっくり来たのに?

餌師の人。お話をするとやはり橋に車を停めてた人でした。県外からいらしたそうです。烏川は有名な川なんだなあ・・。どうやら引き返してまた釣り下って来たようです。途中の退渓点はご存じないそうで、そうだよね。殆どアタリがなく、イワナが1匹釣れたそうです。いいなあ。

この人が往復歩いた川を釣っていたのね。奥の大きな堰堤まで入っていないそうなの、まだ希望が持てます。

いつもの退渓ポイントの堰堤。

0m3

前回より少し水が多いか。

0m4

ちょっと怖かったが水しぶきを浴びて前進する。この下で2回ほどいい感じで魚が出たけどフッキングせず。くううーーー。

ん?退渓ポイントの上に、いかにも釣りをします的な四駆車があるよ・・。

まさか。

はううう、やっぱり前方に釣り人が現れ、こちらに釣り下ってきます。

餌師のひと。釣れなかったそうです。ここは魚がいない、と言い残して下って行きました。奥の堰堤まで行って戻って来たそうです。

今さっき二人が往復した川かあ・・。釣り上がっただけなら望みはあるが、また戻って釣り下ってきたんじゃあ。

釣れないよおおおーーーーっ!

護岸ブロックに腰を下ろして、アンパンを食べよう。

コスモスが咲いてる。ブロックの穴から出ていた。

0m5

こんなところで咲いているなんて、けなげだなあ。もう秋だ。

餌師が2名往復で攻めた川だけど、きっと竿が入っていない場所、川の側を歩かなかった場所があるはず。フライなら攻められる場所があるはず。さっきも2度出たじゃないか。

0m6

よさそうなのに反応無し。

だめぽ・・。

え?いつものあれはどうしたかって?ふふふ、あるよ~。

お約束の、チビヤマメーーーーッ!

0m7

元気が良くてぼけちゃった。もう烏川恒例。ちゃんと釣ってますから。餌師が竿を出さないような浅場を狙いましたから。

この先は木が茂って暗くなりそう。

0m8

まあ、餌師のベテランっぽい人が上まで行って魚がいないって言ったんだから、初心者の私にも無理だろう・・。ここで撤退。今シーズンの烏川はこれで終わり。この川は、もう少し下流かもっと上流が良いのかなあ?

烏川とは相性が悪かったな。結局この川では小さいのばかりでした。

さて、倉渕といえば温泉です。このポイントから近道でいけるのが、

亀沢温泉。

0m9

天然温泉の露天風呂でぷっはー!

0m10

釣りの後に温泉っていいなあ。趣味もこういう余裕が必要なのさ~。あー気持ちよかった。

来シーズンは温泉施設が近いポイントを探そうかな。楽しみ。亀沢温泉の詳細はまた後日書きます。

明日はどうしましょう。新しい川を開拓するのか、それとも・・。

|

« 倉渕温泉・長寿の湯 | トップページ | シーズン最後の渓流フライはこの川。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事