« シーズン最後の渓流フライはこの川。 | トップページ | お彼岸。 »

2010年9月21日 (火)

ひな野。

休日に妻と行った「ひな野」高崎店。

0k1

門の有る店構え。自然食ビュッフェレストラン、正式には「旬菜食健ひな野」らしい。全国展開するフランチャイズ店のようです。

有機栽培や、契約農家が作る食材を無添加の体に優しいメニューでいただく、自然食レストランとのこと。バイキング形式の一定料金食べ放題です。

詳しくは公式HPをどうぞ。

われわれは19時半ごろ行ったが混雑のピークで、結構待った。料金はディナータイムは大人一人2100円です。アルコールは別料金ですが今回は運転で飲まない。さあ、料金の元は取れるのか?

バイキングねえ・・。店の中を客が立って動いているのでなんか落ち着かないんだよネエ。普段は台所から居間へ食べ物を運んでいるから外食くらいは人様が持ってきてくれた料理を食べたいねえ、と思っているのです。妻が行きたいって言うから・・。

席に着く。店のおねいさんがシステムを説明してくれます。

早速料理を取りに行く。

0k2

やっぱ自然食。というか素朴な料理で、母さんが作ってくれる感じの料理らしいですが。

油っこい、濃厚な味の料理を外食に求めてしまう私は戸惑う・・。ぐるっと周ったが、品目はそれ程多くは無い。後で気づいたのだが、違う料理が入れ替わって出てくるシステム。並んでる料理はなくなれば違うのに変わっていくのだ。だから結構な品目では有る。

木の皿に取る。これが最初は違和感があるのですが、慣れです。皿は1回ごとに取り替える。自分のテーブルに置いておけばおねいさんが持って行ってくれる。何度でもおかわりにいけるので、色々載せ過ぎないように。

0k3

うひー、自分の盛り付けはしょぼい。ピーク時間なので、料理も在庫の無い皿もあって目ぼしいのはこんな感じ。

9月のスペシャル豚肉の何たらはちょっとしか残っていなかった。旬のてんぷらは茄子とピーマンでした。オムレツの残骸、ナスの煮浸し、チャーハンです。ひじきとか煮豆とかは普段食べているので無視・・。

妻は、これはおかずだろう?ご飯がいるよね、と言うのでご飯と味噌汁と梅干。

0k4

十八穀米だっけか?具沢山の味噌汁は旨かったな。

妻は、もずくと、なんか飯の友的なものを持ってきてご飯を食べる。これでもとは取れるのか?

0k5

しばらくすると料理が追加される。おねいさんがその都度料理の名前を言います。

次に持ってきたもの。

0k6

・・・。もうどんなコンセプトかわからない。自然食なのかヘルシーなのか?

ししゃも、やっと完形を見たオムレツ、高崎店のみというなんかパスタ、里芋の煮っ転がし、舞茸の天ぷら、つくね揚げ。

小さな声で言うけど、この店の客は男も女もなんかサイズの大きい人が多かったよ・・。やっぱ食べ放題にはそういう元が取れそうな人が集まるのかなあ?

で、私もそういう方々もそうなんでしょうが、この店の料理は野菜を煮たものが殆どで、ちょっと物足りない。肉、肉をくれよ!揚げ物、炒め物が食べたいんだよ!と体が欲しているのだ!

肉が出てくると殺到する。あっという間に皿が空に。目玉料理はローストビーフのようですが、これはディナーに2回しか出ない。偶然料理を選んでいた私の目の前に「ローストビーフをお持ちしました~!」と皿を置いたので、おお、じゃあ一つ、と取ろうとした瞬間、大きなおねいさんがぐいぐいと私を押しのけたのだ。え?え?何?と思ったら既に私の反対側に列がずら~。あっという間に無くなりありつけませんでした。よっぽどタイミングが合わなければローストビーフを食べるのは不可能。

8時も過ぎれば席も空いてきて、料理も余裕を持って選べます。

3回目の皿。

0k7

マーボー豆腐、モンゴル塩の野菜炒め、キンピラ、厚揚げ。ようやくコッテリ系が出てきた。酒メニューは充実していますが、最初の料理では飲めないよな。この後、待望の鶏の唐揚げ、揚げ餃子が出るが、もう食べられないよ・・。

玄米と手作り豆腐。

0k8

もう、お腹一杯。これだけ?元取れた?やっぱご飯やパスタなどの炭水化物は食っちゃダメです。さらにうどんや、カレーもあるのだ、それはおかずをあまり食べないようにとの店の戦略だ、食べるとおかずが入らないぞ!

やっぱ、自然食がウリなんで、店は新鮮なサラダも食べて欲しいんだろうな?けど、サラダはお腹一杯になるし、元とれなそうだし。

この蒸し野菜は旨かった。特ににんじん。

0k9

そしてデザート。これは別腹です。

チョコフォンデュのタワー。これは妻が大喜びだ。

0k10

このタワーはチョコがこうして立っているんじゃないよ。温かくとろけたチョコが上から下へととろとろと流れているのです。

そこにシューを串に刺して突っ込み、チョコを絡めます。

0k11

妻は機嫌がいいぞ。

握り寿司も目玉でしたが皿はいつも空っぽ。8時半過ぎにようやく充実。お一人2カンまでとかだったが、食いしん坊の客は皿一杯に持っていくよ・・。

私は、もう食べられないので海老一つと蒸し野菜ちょっと。

0k12

これが私のデザートの皿。

0k13

チョコフォンデュ、バニラアイス、自家製漬物・・。漬物でさっぱりしたくって。

ソフトドリンクは飲み放題。フルーツジュース系、有機栽培コーヒー、健康茶など。

妻は自然食好きみたいなんで満足していたけど、私はいまひとつ食べたい料理が無かったなあ・・。飲むのだったら焼き鳥、ほっけ、ゲソ揚げとかないとねえ。もっと肉を揚げものを!という感じ。自然食から遠ざかっていくよ・・。

0k14_2

HPの今月のメニューを研究して、なにを食べるか段取りをして、1575円のランチタイムに行って、料理が出てくるのを計算しながら時間をかけて食べると元が取れるぞ。

ディナータイムに飲む場合も、焦ってご飯や麺に手を出しちゃダメだ。つまみにこってりした料理が出てくるのをじっくり待とう!

0k15

全国に展開し、四国と九州以外は店があるようです。地方から都会に出てきた人が田舎のお母さんの手料理を思い出すようなコンセプトなら、なんで都内に1店舗も無いんだろうか?

自然派の素朴な料理が好きな人には良いのじゃないですか。

私には脂っこいのを食わせろー!

 

|

« シーズン最後の渓流フライはこの川。 | トップページ | お彼岸。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事