« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ワカサギの唐揚げ。

えへっ!お久しぶり~。え?あんた誰だって?ひっどーい、もう忘れたのお?

妄想クッキング娘だお!

誰それ?って、もう!私のことを知らないなんて、このブログの読者さんとしてはモグリだお!過去の私の活躍は、このクッキングカテゴリーの記事を前から読んでみてね。いっぱい料理を作ってるんだおお・・。

え?今までどこに居たんだって?ちょっとキャバクラでバイト・・・、ううん、こっちの話。ちょっと旅に行ってたんだお。急に淋しくなったんで帰ってきたんだから、嬉しいでしょ?君がまた奥さんと不仲っぽいし・・。チャンスだお・・。

さてと、なんだかワカサギを釣ったらしいね~。やっぱ君って「釣りピー三平」みたいだお。じゃあ、料理してあげるね!

まずは、ワカサギを洗いますよ~。塩水で洗って流しますー。

M1

うわ、なにこれ、小っちゃっ!めだか?ええ、これでワカサギなのお?メダカかと思ったね、正直。君のと同じくらいの小ささだお・・・、ううん、こっちの話。

数は67匹だねー。途中で並べるの嫌になってるね・・。

M2

これってどうやって食べるんだろう・・。佃煮サイズだお。畳いわしみたいにするしか。

天ぷらはかき揚げならいけそうだけど。うーん、ならば唐揚げにしよう。スナック感覚でビールのおつまみにするの!よーし、もう美味しいの、私ならではの味付けで手作りで作るよ~。楽しみに待っててね。じゃあ、見ちゃダメだお。あっち行ってテレビでも見ててよねー。

ふう、行ったか。ワカサギの水分をキッチンペーパーでよく取ってと。

手作りって言ったって、全部手作りのわけないじゃん・・。使えるものは使うんだから。

じゃん、唐揚げ粉だお。

M3

ちゃんとお肉のじゃなくって、魚にもあう和風にしたんだお。この辺がテクニックだお・・。

見てないね。じゃあ、入れるんだおおお・・・。ばさばさばさ。

M4

はっ?いやああーーーっ!!見てるうっ!ガチ見てるううっーーーっ!ダメーっ!見ちゃいやーーっ!酷いよお!あんなに見ちゃダメだって言ったのにい。違うのおおーーっ!これ違うの、スパイス、スパイスなんだからーーっ!こんなのみんな使ってるんだから、ずるしてないんだおお!

えぐ、えぐ、えぐぐぐううーー・・。酷い、もう許さないよお。謝ったってダメなんだお・・。絶対に許さないんだお。

えぐ、えぐ、じゃあさあ、ロレックス買ってよ。ううん、ロレロレ○ックス違う。なにそれ、キモッ。ロレックスだよ。

え?買ってくれんの?やったー!嬉しい~。じゃあさあ、許してあげてもいいよ!

ではでは、おなべに油を入れますー。

M5

そしてさっきのに、ワカサギをまぶしますよ。30秒ほどつけてね。

M6

油の温度は180度でーす。衣を一滴垂らして、すぐに上がってくればいいんだっけ?まあ、こんなもんで、ワカサギを投入!

じゅわああーー。

M7

ふおお、いい音してるよ、いけてんじゃね?

よく揚げないと、なに食ってるかわかんない魚だし・・。

M8_2

ほんのりきつね色で揚がったのかしら?

ええーいこんなもんだろう。上げますよー。ああ、箸でつかむのも大変な小ささ。ああああ、なんか揚げすぎちゃううう!

M9

なにこれ?シラス揚げたみたい・・。

ううん、これでいいの!もう、メンドイ!まとめて投入。

M10

ああ、揚がったのに、箸じゃあもう間に合わない。てんかすすくう網で上げよう。

ふおおおーー。得体の知れない物体が揚がったおおお!

M11

あああ、君が昔ワカサギの天ぷら作って奥さんに言われた「リアルおっとっと」の再現だお!

ちょっとつまみ食い・・。旨っ!やっぱ揚げたてのアツアツはいけてる!

ささ、ビールもつけちゃうぞ!レモンをかけてね!

M12

よーしもう一品。やけくそなんだお!

君がお昼に食べていた、マックフライポテトも唐揚げ粉で再度揚げちゃおう!

M13

きゃはははーー!これがホントの「フィッシュ・アンド・チップス」なんちて。

M14

はああ・・・、ごめんね。けどね、ビールには合うよ、きっと。

じゃあ、アツいうちに召し上がれ~。奥さんが来る前に帰るね~。

・・・・。

・・・・。

久しぶりに妄想してしまった・・。自分で作ったんだよおおおおーー!

懐かしい妄想クッキング娘も元気そうだったね。

いやー凄い物を作ってしまった。やっぱ、ワカサギが小さすぎるよ、鳴沢湖。200匹釣ってかき揚げにするしかないね、こりゃ。

じゃあ、食べまーす。もうめんどくさくなってかき揚げ状態・・。

M15

うまっ!結構いけてるじゃん?スナックだね。おつまみにはいいよ。ぽりぽり食べられて。もっと沢山釣らないとだめだな。ちょっと味が濃いかなあ。素材が少ないからか。レモン掛ければレモンの味ばっかり。

お、妻にも食べてもらおう。

ど、どどどどどう?

「素材の味がしない。唐揚げ粉の味しかしない」

け、けけけけど、スナックみたいでどどどうかな?

「なんかさあ、揚げ物した後の鍋の中のカスみたいだよね、これ」

酷い!

次回はもう少し多きめのワカサギを釣らなくちゃね。

|

2010年10月28日 (木)

鳴沢湖ワカサギ・ちょいリベンジ・・。

久~しぶりに平日に休暇が取れました。長期休暇期間中以外では年に1~2日くらいしか取れない貴重な休みです。

行きました、鳴沢湖。群馬県高崎市のワカサギ釣り場。

N1

ええ、前回の爆沈ワカサギ釣りのリベンジです。

天気は良くないのですが・・。ポツリと雨模様。

しかし、今日は群馬県民の日ということで、公営施設は割引されているらしい。ここ鳴沢湖ワカサギ釣り場は高崎市営です。遊魚料がタダかな?

と思ったら桟橋料金もタダ!0円です、無料です!キャッホー!通常桟橋は遊魚料500円と桟橋料1500円で合計2000円かかります。それがタダとは、群馬県民の日は太っ腹だー!!

今朝は頑張って早起きした!職場に行く時と同じ時間に起きた。7時に釣り開始。けど、ここ6時半からやってるの・・。やっぱ間に合わなかった。ワカサギは早朝勝負、この30分の遅れは大きい。

整理券を見ると46番目。既に桟橋の人気ポイントは人がいっぱい。

N2

奥の事務所に近いほど釣れるのだが、もうこの位置。途中に割り込むこともしないで、一番端に釣り座を設ける。

N3

右手側は誰もいないね・・。これでいいんだ!桟橋がL字に曲がっている先には深場狙いの人がちらほらいます。

さあ、釣り開始!新しく入手したリールを使う。ダイワの「棚ハンターGSmini」です。

N4

ちょっとリールが大きくなったけど、動きはスムーズ。タナも表示されるがここは浅いのであまり必要じゃないか・・。

鳴沢湖のワカサギはとても小型でアタリが小さい。繊細な釣りが要求される。今回錘を小さくした。2・6グラム。

確かにアタリは以前よりはっきり出るけど、やっぱ仕掛けが落ちていかないのよ。もっとスムーズなリールにしなくちゃだめなのか・・。糸を手で引っ張り出したり苦労。

釣れました!小さなあたりを確実にあわせる。

N5

小さいけど元気だね。

やはり早朝は活性が高い。アタリは確実にある。それをいかに拾うか。

ダブル!2匹掛けとは、今回は期待。

N6

いいねえ。しかし雨が強くなったよ・・。ゴアテックスの雨具を上下着る。帽子もゴアね。

N7

ラインが竿にくっつきますますラインが落ちていかない。オモリを5・8グラム(1・5号)に換えます。これでさらに竿を真下に向けて抵抗を減らしようやく仕掛けが落ちていく・・。

今回のタナは底にオモリギリギリね。仕掛けの一番上に魚が掛かればちょっと上げたけど、ずっと底な感じ。

1時間後にはこんな釣果。ぼちぼちですが、前回より釣れたぞ!

N8

ワカサギは寒いほど活性が高いというお魚。だって氷の下のを釣るもんね。昨日からの急な冷え込みで活性が上がったのかな?

新リールもまずまず。思ったより動きもイマイチ、音もイマイチですが、この値段ならこんな感じか。深場で釣る時は棚メーターが役立つでしょう。

N9

ぶるっときてトイレに行く。桟橋は気軽にトイレや飲み物を買いに行けるので楽。ボートだとそうもいかない。

8時半の桟橋の様子。

N10

平日なのに結構人がいるのは無料のせいか・・。

事務所から桟橋に入る部分とボート乗り場への左側は、以前は人が沢山釣っていたが、今回は釣り禁止になっていました。

N11

事務所に近いほど釣れるそうで、この右側に延びる部分が特等席。

左に曲がって長い部分にはいって最初の10人くらいはいつも上手な人たち。ここも人気席。

N12

私の席はこの部分の真ん中辺り。もう普通の席ね・・。

これが今回の釣り座。

N13

1・5号の錘をつけると竿は結構しなる。1号のがいいかな。

N14

ほんと、この先端から次のガイドの間くらいまでが、ほんの数ミリ、ツツ、と揺れるのを合わせる。3番目のガイドまで揺れたり手元にコンと来るのは10回に1回くらい。ガンガン釣れるのも面白いんだろうけど、こういう繊細なアタリを取るのも段々はまってくる。スリリングで楽しいよ。腕自慢の方は鳴沢湖にチャレンジしてみましょう。ほんと繊細。

サイズはこれでも大きいほう。

N15_2

これで5センチくらい。アベレージは4センチだよ・・。

マクロワカサギ釣りも、ゲームとしては面白いぞ。ヘラ釣りに近いかも・・。

雨が強くなり寒くなる。フリースの上にとうとうインナーダウンジャケットを着る。持ってきてよかった。ゴアテックスの雨具も効果抜群。

N16

今回の仕掛け、サンビーム特注の鳴沢湖用と売っていた「赤・渋りワカサギ狐1号・6本」も良かった。赤虫っぽい針に集まったか。小さな口にフィット。餌も今回は念願のラビットサシが現地で買えた。315円と普通の白サシの3倍だが、マクロサイズなので食いがよい。切らなくても自然につぶれるし。

うーん、ここは、赤渋りワカサギ1号+ラビットか?さらに高感度竿にPEラインに軽い錘が使えればベストか?次回はPEラインを買おう・・。

その後、上州屋特注のさらに繊細な「赤城大沼・金軸ハイパー細袖1号5本」にしたけどこれも良かった。上州屋さんはこれを鳴沢湖用と奨めていた。

細軸1号にラビットサシを刺すのは、神業な器用さが求められるぞ。しかも、寒くて手がかじかんでしまって・・・。つ、辛い。が、頑張る。

皆傘をさしてがんばる。

N17

10時を過ぎると帰る人もちらほら。なので、事務所に近い場所に移動。

N18

ここの水深は5メートルか。ん?以前は4メートルだと思ったが。

N19

便利だなあ。誤差があっても、実際の深さよりタナがわかるのが大事だからね。何メートルでアタルかが。もっと深い釣り場なら有効に違いない。私はいつも底釣りだけど・・。

11時にはもう人がかなり少ない。

N20

やっぱ事務所に近い場所は活性が高いな。仕掛けを入れればあたる。取れるのは1/3以下・・。前回は当たらない上に1/5くらいしか取れなかったので、ちょっと進歩したぞ。

12時頃に2匹掛け。

N21

2匹掛けは4回ほどあったが、掛かったのを見逃しているだけかもね・・。掛かっていたって竿が揺れないくらい魚が小さいんです・・。

一度クーラーに仕舞ってからこれだけ釣れた。

N22

もう寒くて冷たくってだめ・・。13時におしまい。もう数人しか残っていない。

N23

雨が強くなって冷たい。ブルブル震えたよ・・。

結果、67匹でした。7時~13時の釣果。

N24

1時間10匹か・・。あと30分早く釣り始めてたらなあ・・。せめてアタリの半分取れたら、100匹はいったかもしれない。ワカサギは100匹からの世界。くうう、もっと進歩しなくちゃ。

けど、前回の5匹から、ちょっとリベンジ!若干は進化したぞ。これなら料理可能。食べるぞ。

鳴沢湖の公式毎日最高釣果数はこちら。

ワカサギはこれからが本番さ。11月1日からこの辺じゃあ鮎川湖、丹生湖が解禁です。鳴沢湖も活性がまた上がってきたかな?今回は無料で得した。次回2000円払っても楽しかった~ってくらい釣れればいいな。

次こそは、100匹~。

|

2010年10月25日 (月)

ルアーに転向か?

今日ルアーを沢山買ってしまった。ワイルドワンで在庫処分の半額で売っていたから。

O1

安い安いと言いながらカゴに入れていたらこんなに買っちゃったよ。全部スプーンです。

そう、この冬はルアーで管理釣り場のトラウト釣りをやろうかなーと。

いやフライをやめるわけじゃないですよ。私はやっぱりドライフライの釣りが好きなんだなーと。だけどこれからの時期、ニジマスなんか水面を向いてくれないとドライはなかなかつれない訳で。ルースニングってキャストのときのカクカクした感じが嫌いで、ライントラブル多いし・・。マーカー見ているのって地味だし、ならルアーのほうがアクティブじゃないかと。ウェット引っ張るならルアー引っ張るほうが効率よさそうだし。

まあ、冬はルアーもやろうと。

このマーシャルトーナメントの1・5g、以前釣れたことがあって買い足した。

O2

半額以下なんで激安いのでこんなに。

これは軽くて扱いは大変。釣れない管理釣り場には有効だと思う。

ラインも買った。3lb。細いライン使うんだよね。

O3

こういうスナップはどうかわからないんだけど、ルアー交換のときは楽そう。

ラインを巻くリールがね、昔のシマノの2000番で重いのよ。釣り道具やさんハシゴしてリールもいじってみた。1万円くらいのスピニングは凄くよく回るねえ。軽いし。びっくりしたのはスピニングでシマノの7万円とかあるの。スゴイの出てるねえ。6000円クラスでもかなり良かったので,1台買い換えようかなあ。

で、スプーンを収納するのが、こういうワレットというの。

O4

筆箱みたいなんだけど。ワイルドワンのオリジナルで600円ちょいでした。

中身はこんな感じ。ウレタンが貼ってあってフックを差し込む。

O5

さっきのマーシャルトーナメント1・5g。これは以前から持っているのもあったので充実。左から活性の高い時~右に行くほど渋い時用。

下側は、MIUとPAL。こいつの2グラム台が今後ズラッと並ぶ予定。

次のコーナーは2グラム。一番使うレンジ。スミスのPURE。

O6

これも安かったが、売れ残りのカラーは、活性が高い時用ばかりか。釣れそうな所で使おう。

まだ、山のダム湖のトラウトは禁漁になってないな。それように買った3・5グラムのMIU.これは定価のを買いました。必要だったから。

O7

ダム湖は長い竿がほしいなあ・・。あれ、竿が見つからないよ。うーん、竿とリールもそろえないとダメか!

ルアーをやるのは、

1)ダム湖のトラウト。ドライフライに出ない時。まあ、フライでは私の技術ではまだ辛いのよ。3・5g前後のスプーンで、ULタックル。6・6~7ftのULロッドが必要だな・・。これは初夏から秋に出来るぞ。

2)管理釣り場。これは冬だなあ。実家のすぐ側にもあるし、高崎市内にもう一軒。赤城の麓にはぞろぞろあるし。渓流タイプのエリアもあるよ。1~2グラムのスプーンが快適なXULタックル。6~6・2ftのXULロッドを何とかしなくちゃ。もちろんドライフライが出来そうな時はそっちをやる。

3)河川の冬期ニジマス釣り場。子持村の吾妻川や、上野村の神流川にある。60センチオーバーのレインボーもいるらしい。7ftのLかMLロッドが必要。ダム湖のミノーでも使えるし。ここは一番難しそう。ドライフライでもチャレンジしたいなあ。ティペット4Xらしいが。

春~夏の渓流のミノーはやらないだろうなあ。その時期はドライフライに夢中だろうから。

と言うわけで、ネットオークションサイトを探索中なのです。

|

2010年10月24日 (日)

イケメン風・・。

キャンプに行ったあとの週末は、後片付け。流石にコッフェルは帰ってきてすぐに洗ったけど。テントを干して畳む。そうしないと次に使うときに大変。袋からはみ出していた袋類も畳みなおす。

洗濯4回。毎週は遊べないよ、兼業主夫だもの。今日は床屋さんに行ってきたよ。

「どうもー、久しぶり!」「あー、お久しぶりですー。そろそろ来てくれるかなー、なんてー、思ってたんですよおー」

ふおおおー、やっぱりギャルスタッフがいる床屋さんはいいね!

「今回はいつものカットで大丈夫ですよねー?」「うん、カットと、永久脱毛と全身マッサージもね!」

「それって、違うサロンですよー・・・。ヘアスタイルカタログの本があるんでご覧くださいー」

おお、何冊もヘア関係のカタログ本があります。いやー笑った。

IT企業の猛者と渡り合うヘア。営業、金融など誰からも好かれるヘア、など沢山あったが、どれも会社員ならクビになりそう・・。新卒なら不採用って感じ。みーんなボサボサなのです。

お、これカッコイイな・・。成宮 寛貴クン。よしこれにしてもらおう!

「あ、すいません、今回は成宮君のカットで・・・」「あーそれってダメですね、○○さんには無理っす」「えーなんで?」「これって2ブロックっていって、前に長い髪があって、後に凄く短い髪があるんすよ。小まめに切りに来てくれないと。○○さん3ヶ月に1度だからむりっすよ」「ふーん、じゃあいいよ。ならこの雑誌の加藤鷹さんにして・・。」「何すかこの記事?包茎の医者の広告じゃないすか、男のカリスマ加藤鷹・・」「いや、この長茎手術ってのやりたいわあ」「・・・・、ヘアスタイルは?」「イケメン風で!」「わかりやしたー!」

ちょきちょき。「じゃあ、ここから先はギャルのアシスタントがやりますから、。お楽しみください」

「はい、じゃああのー、今日もー、スカルプケア、やってくれますよねー」「うん、もちろん、あれね、寿命が3年延びるからね!」「うれしいですー、じゃあー、トリートメントしますね。この液をえい、えいえい!」「え?何でそんなに液を出しきろうとするわけ?」「だってー、この白い液、出し切らないと、嫌じゃないですかー。出たのに全部出してない感じー」「ああ、わかるわかる。出し切ったと思ったのに、あとから出てくるの」「そうなんですよー、全部出したいのにー」「うんうん、後から出てくるとまずいしねー。」

「じゃあ、頭皮のマッサージをしますねー。」はああああーーー、そ、その黒いマニュキアを塗った長い爪で刺激がああ、「あ、あ、あ、・・」

「ええー、今日○○さん変~。いつも変ですけどー、今日はなんか変ー。」

すんません、ここから先はもう無理っす。この上品なブログでは書けません。椅子が倒れてもずっと腹筋使って上半身倒さないとか、シャンプー終わっても洗面台に顔を突っ込んだままとか小ネタを挟みながらギリギリトークしましたよ・・。自分でも行くところまで行っちゃった感じでした・・。

結局、完成したイケメン風ヘアとは?

ギャルの書くブログ風に、自画撮り画像を掲載しちゃおう!これで私もギャル風~。アヒル口もやってみました・・。

P1

全然いけてねー。なんか普通・・・。店長の小細工で2ヶ月で切りに行く長さに切られてしまった。床屋さんは3ヶ月に一度だったのにー。

|

2010年10月20日 (水)

野反湖ソロキャンプ秋・その3・フィッシング&撤収。

熊?

いや、風でススキがざわめいている音だ・・・。

野反湖のソロキャンプ、21時にはぐっすり寝付いて、1時半ごろ、そんな音で目が覚めました。結構今回、全国で出没している熊には警戒していました。まあ、これだけテントが並んでいれば、自分のテントだけは大丈夫だろうと、根拠の無い安心感はありましたが。

市街地の近くに出る熊は危険だと思うが、この山中ではしっかり棲み分けが出来ているのだろうか?過去のキャンプでは、いつもテントの周りを歩く動物の足音がカサカサしたが、野反湖ではそういうことも無かった。

パラパラ雨が降った。その後は、眠りが浅くて、夢を沢山見たよ。仕事の夢が多かったのはゲッソリしたけど・・・。

4時半ごろ起きて、テントの中で釣りの仕掛けを作ったりした。5時半、明るくなったので釣りに出発。

Q1

ウェーダーを履いて出掛ける。うーん、なんかカッコいいぞ。テントから釣り場に行くなんて、なんか本物のアングラー?みたいな気分。

湖畔まで歩いて1分。霧が出ている。

Q2

波がある。こういう水面の方が良いんだ。

Q3

岸から10メートルくらいの場所で小さなライズ。単発の大きなライズは30メートルくらい先。

フライフィッシング開始。キャスト!あああ・・・・、少し立ちこんでも届かないよ・・。4番ラインで私の技術じゃ飛ばないよ・・。手前のライズを狙うが消えてしまった。

テン場ポイントね。黒系のドライフライ。ブラックパラシュート、クイルボディパラシュート、そして自作の便所バチパターン。出ないね・・。

6時を過ぎると風が止まって、湖面は鏡のよう。フライの師匠I氏によると、こうなると釣れないらしい。

Q4

ツツジ見晴らしへと移動。

Q5_2

ここは足元から急に深い。岸から釣る。ここはニジマスの回遊ポイントとのこと。遠投できなくてもこれだけ深ければ魚はいる?あたらないなあ。ライズもぴたりと無くなった。

突端で餌釣りをしている釣り人が歩いてきて話しかけてくる。釣れないと言う。ニシブタワンドの内側はどうですか?と聞くと、以前は良かったが先週はダメで、だから今日はここだと言う。

対岸にも釣り人がちらほら出てきたが釣れてはいない。

7時にニシブタワンドに行く。釣り人がたくさんいるが釣れてないねえ・・。

Q6

どうもかなり減水しているようです。前回野反湖に来た時、丁度減水した時のようで釣れなかった。フライフィッシャーという雑誌が同じころ取材をして釣れてなかった。前の週までは水が多くてかなりつれたらしい。今回は、前回来た時よりさらに水が少ないのです。

ワンドの入り口からロッジの下までやる。

時折、ワンドの真ん中でドッボーンと相当でかい魚がライズしている。けど届かないね・・。

Q7

すごい静か。ダブルハンドでスペイキャスト?をしている人のヒュンヒュンバシャビュンという音が響く。

鏡のような水面。

Q8

横に5メートル岸から4メートルくらいの場所で小さなライズ。届くぞ。もらったああーーーっ!

便所バチフライを落とす。

ちょぱ。

ぴしっ!と私が合わせた音が響く。対岸の釣り人がいっせいに顔をあげてこちらを見たのがわかった。

ヒット!

けどね、透き通った鏡のような湖面なので、もう出た時から魚は丸見え。10センチくらいのニジマスの稚魚・・・。またかよ。しかも、途中でバレました~。

しかしここで慌ててはいけない。あたかも稚魚だったのでフックをわざと外したような仕草をし、すかさずフライを乾かすキャストを数回・・。

ふう・・バラしたのバレた?

まあ、1回でも魚が出たからいいか・・。ドライフライは無理っぽいよ。やっぱルアーだよ!

またテン場ポイントに戻る。

Q9

8時半にひとまず終わりにしてテントに戻ります。しかし、最近このブログ釣れてないなあ・・。

Q10

周りのソロテントも中年グループも撤収していた。私のテントだけこのエリアにポツリとあった。

お腹すいた~。すぐに食べられるもの。

おお、おなべに入れて5分で出来上がりのスパゲッティー。

Q11

イタリア製だよ本場だよ。鍋のお湯にパスタと粉末スープを入れて5分煮込む。水気が無くなったら出来上がり、っていつまでたっても水気あるよ。

スープパスタでいただきました。

Q12

味はよかったです。山食の試食結果はまたいつか書きます。

炭火を熾して。薪を燃やす。

やっぱニジマスは焼けなかったよおおおーーーっ!サイズ的に似ているとうもろこしを焼こう。

Q13

焼く。やっぱこの炭火は火力が弱くてダメ。薪の炎で焼く。

Q14

けどね、薪はね、炭と違ってススが出るのよ。

真っ黒・・。焦げてるんじゃなくて黒くなったの・・。

Q15

けど、香ばしくて旨いよ、うん・・。

さて、シュラフを干して乾かそう。

Q16

もうなんだか、釣りはいいか・・。コーヒーを入れてまったりする。

天気がちょっと回復して、のどかな陽気。

Q17

あー、良い場所だ。

ススキの穂が光る。

Q18

ここはもう秋が深い。

シュラフカバーとインナーシーツも乾かす。荷物をまとめよう。撤収です。

テントの底も乾かそう。

Q19

しかし、なんで荷物は持って来たときの袋に入りきらないかなあ・・。苦労してパッキング。

なんとかまとめる。一段上の広場を見てみると、皆さん撤収していた。後4グループくらい。

Q20

さて、帰りの荷物を運ぶリヤカーを持っていこう。

ん?ええ?リヤカーが無いいいいーーーーっ!

Q21

リヤカー置き場に一台もありません。ここは持って来たリヤカーをここに置き、帰りにまた持っていって戻すというシステム。うーん営業最終日で、チェックインの客が一人もいないからか?

いや、持って来た台数はあるはずなんだから、来た時より多くのリヤカーをキープしているグループがあるんじゃないか?残っているグループは皆リヤカーキープ済み。中には複数台テント脇に置いてあります。

くうう、釣りなんかしているうちに、キープされちゃったのか・・。

仕方ない、ロッジまでリヤカーを取りに歩こう。

遊歩道をとぼとぼと歩く。

Q22

リヤカーを引っ張ってまた戻る。ああ、紅葉が綺麗だよ。

Q23

ようやく荷物を全て積み込む。

Q24

テントサイドまでリヤカーが降りられない。一段下側へ階段で降りるから。何往復もして積み込み完了。さあ、またロッジへ・・。ハアハア、疲れたよ。最後のこの坂が結構辛いです。

Q25

12時、ようやく車に荷物搭載。ロッジに挨拶に行く。また来年も宜しくお願いします。笑顔で送ってもらいました。

ダムサイトの売店でお昼を食べる。カレーうどん。

Q26

これがすごかった。カレーライスのカレールーが掛かっている感じで、お芋がゴロゴロしているもの。ボリュームありました。

野反湖。必ず釣ってやるからな。待ってろよ!(こんなんばっか)。

Q27

野反湖キャンプ場。静かでした。グループの宴会が終わればシーンとします。風でススキや熊笹の擦れる音。対岸の放水路の水音くらい。対岸を車の走る音がたまにしますが。

側に車が無いキャンプ場が好きな方にお勧め。ここは良いよ~。

今年はもうキャンプ場の営業は終わり。もうしばらくすると深い雪の下です。再開は雪が溶ける6月からのようです。

|

2010年10月19日 (火)

野反湖ソロキャンプ秋・その2・夜の一人宴。

さて、前回の続きです。薪と日釣り券を買うためにロッジへ歩きます。

途中、ニシブタ沢に掛かる橋から沢を見ると、大きな魚が泳いでいるのを発見。早速下に降りました。

R1

近づくとさっと泳いで落ち込みに消えていきました。体長40センチほどのニジマスでした。こんな浅い沢を遡上するのですね。この沢は通年禁漁で、イワナとニジマスが産卵します。

流れ込むニシブタワンドは、40~60センチのニジマスが釣れる場所です。

隣のカメヤマ沢を渡る。遊歩道脇にある淵をのぞく。

R2

よく見ると、イワナが沢山泳いでいました。上流から落ちてきた奴か?良い型のもいました。ここは保護水面じゃないので渓流禁漁期以外なら釣っていいのかな?釣りたい人は事務所に聞いてみて。

ロッジに到着。霧が濃くなってかなり寒い。もう15時半だしこの視界の悪さでは早く暗くなるだろう。今日の釣りはやめることに決定・・。翌朝早くからやるぞ。しかし、明日の暗い内にここの販売機に日釣り券を買いに来るのか?スタッフの方に聞いてみると、明日の日釣り券はここで手売りできるとのこと。ならばと明日の日付が手書きされた日鑑札を1000円で購入しました。

薪も一人でそんなに燃やさないだろうと、薪(小)200円を購入、キャンプ場に戻ります。

ニシブタ沢の橋からは霧で湖面がもう見えない。

R3

キャンプ場は霧で幻想的。かなり暗く、寒いです。

R4

フリースの上にゴアテックスのジャケット。登山ズボンの下にはタイツも着用。

霧の中、遊歩道を散策します。途中、野反湖の弁天様という看板を発見。林の中を奥へと入っていきます。

祠があった。

R5

中にかわいい弁天様。

R24 

横の賽銭箱の下に「リボンに願い事を書いて、紐に結び付けてください」と書いてある。下の箱に色とりどりのリボンと油性ペンが入っている。賽銭箱に100円を入れて、リボンを取り出す。

R25

こんな誰も知らないようなスポットなのに、紐にはリボンが沢山結んであった。

私は1枚のリボンに、家族が元気でいますように、私たち夫婦が幸福になれますようにと願いをこめて書いて結んだ。

静か。霧の中で神秘的な場所でした。

R26

キャンプ場の上の段から、1周遊歩道コースを富士見方面へ歩いてすぐの場所です。

テントへ戻る。クロノスドーム2。この薪の束が200円の小。

R6

クーラーバックに保冷剤を兼ねて冷凍食品の茶豆を入れておいたが、外に出して自然解凍。これがなかなか旨いのです。

もう16時半。あとは宴をやるのみです。準備に取り掛かる。

先日書いた、EPIのSBランタン。グローブをメッシュに換えた奴。マントルを取り付け焼成させる。そして点火。マントルが焼ききれてなかったようで大きな炎が上がりびびった。

うん、明るい。

R7

眩しい位に明るい。曇りガラスの標準ホヤは温かい光だったけど、メッシュはもろ灯りだね。いいんんじゃないでしょうか。

今回の新兵器は焚火台。ユニフレームのファイアグリルです。取り説を見ながら組み立てて設置。

R8

この焚火台はかなり良かったので、後日レビューを書きます。

結局夕食にニジマスはないよおおおーーっ!いいんだ、明朝釣って朝食に焼くんだ。

コッフェルなんかはこんな感じ。

R9

ガスストーブは、EPIのPSSAⅡです。昔から使っている奴。コンパクトなREVOも持ってきたけど、こっちのほうが安定感が抜群に良い。

コッフェルはスノーピークのチタントレック900とエバニューのチタンクッカー1セラミック。結局チタントレックだけで間に合ってしまった。山食がメインだったから。

カップはスノーピークのチタンシングルマグとチタンシェラカップ。

テントサイドの一人宴会場はこんな感じになりました。

R10

テントに火の粉が掛からないように焚火台を少し離した。地面に直火の跡があったので丁度いいや。風は画面右から左なのでオッケー。

炭火は熾すのも大変なので簡易型。

R11

らくらく炭。炭の破片を粉砕して固めたものらしい。着火剤が表面に付いているのか火のつきは良い。モノによっては着火した後瞬間激しく燃え上がるのもあってびびる。火が安定すれば煙も出ないが、着火直後はすごい煙と匂いなので注意が必要です。

着火時の炎を利用して、薪にも点火。

R12

さて、つまみを焼こう。ししゃも・・。ニジマスがなぜかししゃもになってしまった!

R13

なんか淋しいよ・・。ニジマスがあったらなあ。

このらくらく炭には欠点があった。火力が弱い。もっと沢山着火しないとだめみたい。

スーパーで買ってきたセレブ系ウィンナー、生シイタケ、ソーセージも焼く。

R14

ビール、ワインをぐびぐび。途中の道の駅六合で売っていた、六合ソーセージは旨そうだったけど高かったので買えなかった・・。きのこもいっぱい売っていたので買えばよかったな。

らくらく炭の火力じゃあちっとも焼けないので薪で焼く。岩塩、胡椒、醤油で味付け。

ガンガン飲むぜ。

このファイアグリル、網が斜めに設置されるのに違和感があるよ。けど隙間から火をいじれるので良いか。

ニジマスが釣れないことを想定して缶詰も用意してあったのだ。

いわしレモンスープ。

R15

オイルサーディンが欲しかったが500円近くしたのでこれに。98円だもの。

味付けいか。これも98円。

R16

ふたを開けて、火にかければ熱々です。

R17

つまみはこういうので良いんだよね~。日本酒と焼酎も持ってくりゃよかったな。

真っ暗で、時折風が熊笹を囁かせる。静かだなあ。

火をじっと見てる。心も静まる。

R18

一人も良いもんだな。色々考える。こういう時間もたまには必要だな。

随分飲んでしまった。つまみだけでお腹はもう一杯だ。

火を始末して、濡れそうなものはテントに仕舞いこむ。動物も来そうなので、焚火台以外は仕舞った。

まだ20時だが、テントに潜り込む。

テント前室内部。クロノスドーム2の前室は使えるなあ。広いよ。

R19

あ、テント内でランタンなどのガス器具を使ってはいけないよ。これは演出だからすぐ消したよ。暖かかったけど。

前室内にシートを敷いて、キャンプ道具と釣り道具を置けた。タープが無くても大丈夫。この前室はとても良いスペース。

テント内部。

R20

なんか、枕元上部の本体が垂れ下がってきたので、ザックを押し付けて張った。(撤収の時見たら本体のフックがポールから外れていました。)

寝転がって天井のLEDランタンを見つめながら、ポケットボトルのバーボンをちびちびラッパ飲みする。ソロキャンプって、色々考えて、良い時間だなあ。

眠気がやってきて、シュラフに潜る。今回は寒いかなと思ってシュラフ周りは対策。

R21

モンベルのULストレッチダウンハガー#4。それにモンベルのウオームアップシーツを入れて、外側はモンベルのボルカテックスカバー。下はモンベルULコンフォートシステムパッド&ピロー。モンベルの中の人が見たら泣いて喜びそうな組み合わせ。いつの間に私はモンベラー・・。

このシュラフ、薄でだがダウンの質がよいのかとても暖かい。

R22_2

軽いしコンパクト。色で気に入ったんだけど。この厚みはなかなか汎用性があると思う。今回も全く寒くなかった。明けがたシーツとカバーは取ってしまったくらい。フリースの上下は着ていたけど。

テント内部はフライシートのベンチレーターは閉じたけど、本体のベンチファスナーは少しだけ開けて頭上を空気が流れたからか結露しなかった。シュラフカバーはしっとり濡れていたので、やはりカバーは必要。

トイレに行く時は、インナー用の薄いダウンを着用。やはり外は寒い。

さあ、もう寝ましょう。

R23

一人寝のソロキャンプ。

次回は、早朝からフライフィッシング&撤収です。

|

2010年10月18日 (月)

野反湖ソロキャンプ秋・その1・キャンプ場詳細。

群馬の県境、野反湖へキャンプに行って来ました。キャンプレポート第1回目は、野反湖キャンプ場の詳細情報です。

野反湖は秋も深まっています。

S1

これは野反湖が最初に見える富士見峠からの画像。ダムはこの一番奥にあります。そう、群馬県にありながら湖の水は、日本海側に流れ出るのです。野反湖キャンプ場は、ダムサイトを右手側から渡って湖奥の左側にあります。

今回は、まずは野反湖で虹鱒釣りをする計画でした。ここは、渓流が禁漁の秋も11月10日まで釣りができるのです(イワナは渓流と同じ9月21日より禁漁)。なんで、トラウト(マス類)狙っているルアーやフライマンが数多く秋に訪れるのです。

で、フライで以前、野反湖で稚魚しか釣れなかった記事はこちらをご覧いただければわかると思いますが、非常に良いところです。

なのでまた行きたかったし、フライで秋にニジマスを釣りたかったので野反湖行きを決定。

キャンプ場もとても良いということで、1泊2日でたっぷり釣りをすることに決定。

計画では、1)野反湖でフライ釣りをたっぷり。

2)野反湖の湖畔でソロキャンプをする。

3)釣ったニジマスを炭火で焼いて宴。

うーん、上手くいくのか?キャンプの道具を揃えて準備をするうちに、段々道具が増えて、キャンプがメインになりましたよ・・。雑誌のPEAKSのソロ山行特集でのテント泊記事にかなり影響されているのだ。

さて、自宅の高崎から野反湖までは、倉渕~川原湯経由で2時間というところ。ゆったりと9時出発。途中吾妻渓谷付近で渋滞に巻き込まれ、野反湖到着は12時近くになってしまった。

S2

ロッジで受付をします。

S3

このロッジが老朽化のため、今年限りで取り壊されるそうです。なので今年度は工事のため早仕舞い。この日で今年の営業はおしまい、最終日です。そしてこのロッジともお別れの日。

事務所のお二人はとても良い方々で、利用方法を詳しく説明をしていただきました。

野反湖キャンプ場のHPはこちら。

ここはバンガローとキャンプ場があります。湖に近い第2キャンプ場に設営します。

そこは、このロッジから徒歩で10分掛かります。そう、ここは車進入禁止。オートキャンプは出来ません。AC電源ももちろん無いフリーサイト。入り口ゲートも19時に閉じられ、キャンパー以外は誰も入れない静かなキャンプ場なのです。

なので、荷物の多い人は、このロッジの下に有るリヤカーを借りるのです。

S4

なかなか使える人を選ぶキャンプ場です。(バンガローは建物の近くまで車が入れるようです)

料金は、施設使用料が300円、テント一張りが1300円。なのでソロなら合計で1600円になります。お風呂は17時からロッジ内の浴場が300円で入れるとのこと。

駐車場があった場所には建物が建築中。

S5_2

HPに書いてあった、役所が建てているビジターセンターでしょうか?来年度はこの近辺かなり様子が変わるようです。

駐車場が殆ど使えないため、この日は下の身障者用の駐車場にも車を置いてよいとのこと。

S6

駐車証を渡され、ダッシュボードに置いておく事。車は19時~朝7時の間はゲートが閉じて出入りが出来ません。車で出掛けても19時までには帰ってくること。早朝帰るにも7時までは車が出られないことを認識しましょう。

テントサイトまで遠いので、背負える荷物だけにしようと思ったのですが、結局増えてこんな感じ。

S7

キャンプ道具に、炭火焼道具、釣り道具があるのでこんなことになってしまったよ・・。

遊歩道をリヤカーを引いて出発。道はウッドチップかな?足に優しく路面はフラットなのでリヤカーは引きやすい。

S8

紅葉も楽しめる良い道です。

途中沢を2つ越える。これはニシブタ沢。

S9

この沢は保護水面で全面禁漁です。湖から大型のイワナや虹鱒が遡上し産卵するのです。繁殖地の保護の為釣りは出来ません。

沢を越えると道は曲がって、ニシブタワンドの対岸へ。リヤカーが無ければ、この橋を渡れてショートカットできるのですが・・。

S10

リヤカーがあると、橋の対岸からぐるっと迂回してここに来る。

最後上り坂を引っ張り上げると、キャンプサイトが見えてきます。

S11

そんなには遠くないです。中年でも平気でしたから、若者なら問題ないです。

さて、ここからはテントサイトの解説です。大きく4つのブロックに分かれていると見た。

1)大きな広場。

S12

遊歩道が終わると最初にあるのがこの広場。かなり広くフラットです。グループとか良さそうですが、広すぎてなんか落ち着かない・・。混雑していれば使えると思います。右の建物はトイレ。綺麗な水洗で、男子の個室は和式が6箇所。トイレットペーパー有り。どーしても洋式じゃなくちゃいやだと言う人は、真ん中に1箇所ありますが。

広場の左側。

S13

左の建物は炊事場。第2キャンプ場はトイレ1箇所、炊事場2箇所です。

この広場の湖に向かっての端はもう1段下がっています。なので、端にテントを張れば湖の眺めが良い。トイレと炊事場が近いので便利なポイント。リヤカーからすぐに荷物が降ろせる。しかも、しっかりしたテーブルと椅子が何基かあるので、ゲットできれば宴会に便利です

2)広場から湖に向かって左側の樹林の中。

S14

木々の間の草刈がしてある場所にテントが張れます。ある意味個室感覚?炊事場近くは大人数のグループがいて、奥の草陰にはソロキャンパーがいくつか。野趣溢れるフリーサイトという感じ。木が多いので湖はあまりよく見えないか?夏場は木陰を期待。途中までリヤカーで中に入れる。

最初、ここにテントを張ろうと思ったが、案外混んでいて、トイレも遠いし、良い場所は使っていたのでやめた。

3)広場の一段上。

S15

ここは高い位置なので湖の眺めはよさそう。草地の広場と、木々の間の草地が点在、結構奥までありそう。炊事場があるので便利。下が混雑していればこのエリアを探せばいい場所がありそうです。木にタープも張れそう。遊歩道が繋がっていてリヤカーは手前は入れそうですが、奥は?です。ここから湖方面の広場を見下ろす。

S16

階段を降りればトイレも近い。湖の近くでなくても良いなら静かかも。

4)広場の下。

S17

傾斜地ですが、一面草地で、小分けしてフラットな場所が点在。一段下がった湖に一番近いエリア。近すぎて湖は木々の間から見る感じ。

ちなみに湖畔はテント設営禁止です。このエリアの草刈がしてある場所が一番湖に近そう。

私はここがいい感じに思えた。ただし、広場からは細い階段かスロープを下りるのでリヤカーは入れません。荷物の多い人やグループは困難か?ソロ向きかも。

最初、この画像の右のシラカバの下に設営を決定。

ここは木陰で、地面が磨いたようにフラットだったのです。

S18

荷物を出して、テントを張る。

S19

けど、木の下ってこの時期、落ち葉がはらはら落ちて、フライシートがガサガサうるさいんだよね・・。

しかも、中年3人組がやってきて、この上の草地を物色。結局、この下の草むらの間にそのグループは設営しましたが、こちらを見ながら、最初に熊に襲われるのはこの辺だよね・・・、とか言ってる!

ああ、最近熊が頻発していますよね。襲われる事故が。確かに一番端で、熊笹原に近い、山から湖沿いに来たらここが最初の場所だ・・。急に怖くなったよ。下が土だと冷たそうだし、左にソロテントが既に張ってある草地に変更。

ここにしました。

S20

なかなかいい場所。湖に近いし、ここはまっ平。囲まれ感のある広場っていうのもソロっぽくてよい。

いつものクロノスドーム2。さっきの場所からテントごと担いで持って来た。

S21

さっきの中年グループは、その後移動して私が先程張っていた上の広場に・・。最初からそこがよかったんだね~。なるべくグループから離れて静かにいたいソロキャンプなので、この距離は正解。隣のグリーンのソロテントとの距離も充分。持ち主はルアーマンでずっと釣りに行っていて不在。

その後、私の上にソロテントが一張り登場。ライダー君の様子。挨拶して話しかけるが、一人になりたいようなのでそこそこに。私も一人になりたいのだ。

このエリアに、ソロテントが3基並ぶ。ソロキャンプエリアになって、いい環境です。静けさが期待できます。

S22

皆テントの出口がお互いに見えないように張っている。食事場も見えない位置。一人が好きな人たちです・・。

設営が終わって荷も解いた。ちょっと探索。13時です。

炊事場の内部。かなり綺麗。

S23

流しも炉も沢山ある。調理台もピカピカです。とても清潔。300基のテントが張れるので満員になれば混むだろうけど。この日はテントは15張りくらいなので余裕です。

焚き火は直火でも良いそうですが、草が生えていない地面でするようにとのことです。直火オッケーは嬉しいですね。私は焚き火台を持っていきましたが。炭や焚き火の灰は、炊事場の炉の中に捨てるとのこと。

ゴミ捨て場は、専用の建物があって、紙、プラスチック、ペットボトル、生ゴミ、不燃物など分別。扉はきちんと閉めます。トイレも入り口の戸はきちんと閉めます。

受付時に、利用証がもらえて、テントにぶら下げます。

S24

イラスト部分はステッカーになっています。確かステッカーのデザインは3種類あったみたいだけど、係りの人が「もう最後ですから・・・」と言ってこれを渡してくれました。その意味は、このイラスト奥のロッジがもう無くなってしまうのです、この日を最後に・・。ロッジが描かれた利用証の最後の発行かもしれない。

13時半。さてどうしよう。設営を頑張ったらお腹がすきました。お昼をまだ食べていなかった。

テーブルと椅子を出して、昼食の準備。

S25

かなりお腹が空いたので、手持ちの食材で早くできるものを・・。

パック詰めのおでんを温めました。

S26

発泡酒で乾杯。ぷっはー、旨いねえ~。キャンプで昼間から飲むのは最高~。キリンゼロは飲んでも飲んでもあまり酔わない低アルコールだから沢山飲めるのだ。

おでんも良いねえ。

えーい、ワインも出しちゃえ。ラーケンのボトルに昨日栓を抜いたブルゴーニュの赤を入れてきたのだ。

S27_2

チーズをつまみにクイクイ。うーん沁みる。ブルゴーニュはやっぱ好きだわ。

ご飯類も食べましょう。今回は釣った虹鱒の炭火焼をメインに設定しているので、その他はクイックメニューにした。

来年度、自分と家族が健康だったら山キャンプもしたい。その時使う山食を試食するのも今回の計画です。

こんだけ買って持って来た山食。

S28

全部は食べないけど、釣れなかった場合の非常食として・・。

以前食べた尾西のご飯シリーズのチキンライスにした。沸かしたお湯でコーヒーも。高崎の大和屋謹製うまかコーヒーのドリッパー。

S29

はー食った、飲んだ。あれ~、なんだか気持ちいいぞ、酔っ払っちゃったぞー。

酔い冷ましに、湖まで降りてみる。テントサイドから道があってすぐです。

S30

うーん、釣り人の姿が無いな・・。ライズもないし釣れるのかなあ?そう思いながらテントに戻る。

そうそう、行きに持って来たリヤカーはどうなったかと言うと、キャンプ場に置き場がある。

S31

チェックアウトをする人が荷物を積んでまた戻すと言うシステム。来た人が持って来たリヤカーは帰りにもあるはず。 次の日に来た人の分があればもっとあるはずだが、この日は最終日なのでこれ以上は増えない。翌日、私だけを悲劇が襲うのですが・・。

あと、ロッジの前から拡がるバンガローっていうのはこんな感じです。

S32

かなり沢山あった。新しいのもあったので、1戸ずつHPにかなり詳しく載っていましたので、利用する際は確認すると良いと思います。この手前のトイレには洋式ありでした。どーしても洋式じゃなくちゃダメだと言う人は、キャンプ場からここまで往復20分歩いてくるのも手です・・・。

以上で、野反湖キャンプ場の施設面の詳細は書けたと思います。来年はまたロッジ周り、駐車場の様子が変わっていると思いますのでHPを確認してください。来年も行けたら詳細を書きます。

さあさあ、酔っ払って湖畔から戻ったら15時だよ・・。釣りはどうするんだ!

日釣り券を買わないといけないので、ロッジまで歩いていかなくちゃ。暗くなるまで2時間しかない・・。風が出て霧がやってきた。急に冷えてきました。

あー、釣りどうしよう。ロッジまで行きながら考えよう。そうだ、夜用にロッジで売っていた薪を買わなくちゃ。なんでもその場で自分だけの考えで決められるのがソロキャンプの気軽さです。

遊歩道を出発、ロッジに向かいます。

紅葉が綺麗です。

S33

次回、夜のひとり宴、に続きます。

|

2010年10月17日 (日)

キャンプ&フィッシング。

昨日、今日とキャンプ&フライ釣りに行ってきました。

自然がいっぱいの群馬県内キャンプ場。いい所だよ、静かだよ、ワイルドだよ。

T1

さて、ここはどこでしょう?

キャンプ好き、釣り好き、群馬好きの人ならすぐにお判りでしょう。

某誌の「ほんとうに気持ちのいいキャンプ場100」で第一位に選ばれたそうです。

T2

湖はニジマスのポイント。秋も釣りができます。

標高1500m。対岸の山は標高1900メートル。

今回のキャンプは新兵器を投入。

T3

焚き火と炭火焼を楽しみました。

あちらこちらにワイルドな自然が。

T4

この禁漁の沢では、40センチクラスの魚が遡上しているのを目撃。

もう晩秋の装いでしたが、紅葉はまだ綺麗でした。

T5

自然を満喫。釣りは・・。

見渡す限り人家は無し。群馬にこんなところがあるんですよー。

T6

このブログをいつもお読みいただいている皆様なら、ここがどこなのかもうお判りですね。

そう、そこだあっ!

今夜はヘロヘロなので、次回よりキャンプレポートをぽつぽつ書きまーす。

|

2010年10月14日 (木)

安いスパークリングワイン・4本。

この夏は暑かった。毎夜ビールをがぶがぶと飲みましたが、シュワッと出来てぷっはー出来ればよかったのです。なのでスパークリングワインも飲みました。発泡しているワインね。

うん、結構優雅な気分になれましたよ。ビールよりは高いのでそんなに飲めませんけど、1000円前半で評判の良いやつを4本購入。

U1

あのシャンパンってのは、フランスのシャンパーニュ地方で決めらた製法で作られた奴だけね。あれは高くて買えないし。その他はスパークリングワインと呼ぶ。この4本を真夏に飲み比べました。レポートはもう秋になっちゃったけど・・。

サンテロ・ピノ・シャルドネ・スプマンテ(イタリア)

U2

購入価格1080円(税抜き)・度数11・5%。ピノビアンコ50%・シャルドネ50%。

イタリアの泡、スプマンテね。

オレンジのラベルがお洒落。イタリア~ンって感じ。

U3

安い泡の中では評価が高くて人気が有ります。神の雫にも登場したとか。

コルクの頭の笑顔が可愛い。

U4

パーティーにはいいと思う。

泡立ちはいいけど、すぐ消えちゃうね。コルクは抜くと☆印。

U5

微かな果実の香り。

飲むと・・・、ややドライな口当たりだけど、ほんのりと甘い果実の香りが口に広がる。辛口だけど後から甘くなる。後味は軽い酸味と苦味。ちょっと苦いかな?

うん、すっきりしていて、食事にはあわせやすいと思う。もうちょっと味があるといいんだけど・・。きりっと冷やして、ビール替わりの1本です。飲みやすい爽やか系84点。

ムッサ NVブリュット・カヴァ

U6

購入価格1080円(税抜き)度数11・5%

マカベオ35%、チャレロ30%、パレリャーダ35%。

U7

スペインの泡はカヴァね。うー、コルクが抜き難いぞ。

香りは微かなリンゴ。

U8

飲むと・・。お、フルーティーな香りが拡がって、酸味もきりりとして、すっきり系。

辛口だけど、苦味が少なくて飲みやすいです。酸っぱいりんごの風味と、甘いぶどうの風味があり、旨みは少ないけど、くいくいと爽快に飲める。

値段の割りに旨いと思う。85点。

泡は消えるのが早いね。温度が上がれば風味が増し、甘い感じなりこれも旨い。

モンムソーNVクレマン・ド・ロワール

U9

購入価格1390円(税抜き)。

シュナン・ブラン58%、シャルドネ30%、カベルネ・フラン12%。

これはやや値段が高い。けど、定価は3150円なのでお得。

フランスの泡クレマンです。

U10

抜栓時の音が派手。が、抜きやすい。やっぱフランスはエレガンスなのか?ANAのビジネスクラスのウェルカムドリンクらしいぞ。クレマンコンクール金賞、神の雫にも掲載されたとかで鳴り物入りの登場。

U13

発泡が強く、泡が持続する。これは期待。香りも今までの2本より多くて良いぞ。

飲むと・・。うん、やっぱ爽やか系。ちょっと味もある。辛口の中に少しの甘みと、果実、蜜、少しナッツの風味。さすがはフランス、洗練された上品さ、エレガンスをちょこっと感じる。他より300円高いだけの旨みと味わいがあった。飲みやすく爽快、こんなのを真夏の真昼間から飲んでみたいなあ。86点。

ランブルスコ アッソーロ レッジアーロ フリッアンテ ロッソ セッコ

U11 

購入価格1300円(税抜き)。ランブルスコ・サラミーノ85%、アンチェッロッタ15%。

U12_2

赤ワインのスパークリング、初めて飲んだなあ・・。

U14

色はすごいね、巨峰ジュースみたいだ。発泡はそれ程強くなく、泡はすぐに消えます。

香りは、なんか甘い果実、面白い香り。

飲みますと・・。辛口だけど、果実の甘さがあります。なんかカクテルを飲んでいるような感じ。酸は多めで、甘酸っぱい。弱めの発泡は爽やかで、のど越しよく、いけるのでは?

果実感が充分にあり、赤ワインの様なタンニンの渋みは感じないので飲みやすい。

見た目のインパクトでパーティーにいいかも。85点。

これは面白い。赤が飲みたいけど暑いから、なんてときに。休日のランチにどうかな。そんなに旨いって感じじゃないのに飲んでしまう。

さて、以上4本、真夏にぐびぐびやりました。ワインのような旨みを感じるタイプではなかったけど、爽やかさで夏に似合う。ビールより高いけど、アルコール度数を考えれば同じくらいか?

夏の休日の昼下がり、チーズとパン、フライドチキン、サンドイッチやピザ、パスタと一緒にこんなスパークリングで酔っ払うの。贅沢だなあ。

安いけど、爽やかに楽しめました。このクラスのスパークリングを冷蔵庫に1本常備しておこうと思いました。

|

2010年10月13日 (水)

SBランタン・スペアグローブ・メッシュを装着。

キャンプ用のガスランタン。灯りです。愛用のEPIgasSBランタンオート。

V1

ミニランタンで、コンパクトなのになかなか明るい。ガードががばっと開くのでマントルの交換が簡単。

また使おうと、キャンプ道具箱から出してみました。

V2

このグローブ(ホヤ)という、カバーがまたよろしい。標準装備はこの曇りガラス。これが暖かな色合いで、キャンプサイトの雰囲気を盛り上げてくれます。

しかし、ケースから出してみると、ん・・・?

ああーーーっ!

V3

割れてるううー・・・。

まあ、ガラス製なんで、いつかは割れるとは思いましたけどね。扱い荒いからなあ。

マントルがぼろぼろだったので、それが原因かも。マントルに穴が開いたりすると異常燃焼して、熱でグローブが破損することがあるらしい。

また使うときのために、スペアグローブを購入することにします。

が、近所のアウトドアショップでは売っていなかったので、通販で買うことに。

ガラスだとまた破損するかもしれない・・。やっぱザックに放り込んだりするし。使用中に割れたらかなり嫌だし。

スペアグローブの中から、丈夫そうなメッシュタイプを選択しました。

ナチュラムで購入。税込み1410円。

V4

EPI SBランタンオート・スペアグローブ・メッシュ。

V5

金属製の網ですね。これなら壊れない。しかし、モノに対して値段高いよね。数が出ないからか・・。

装着してみました。

V6

これはこれでかっこいいかもね。装着は簡単。マントルは手持ちのがあったので、使うときに現場で交換しましょう。マントルも移動中に崩れたりするから。

なので、使用感は次回使った時にレポートします。

マントルの光が直接見えるので、結構眩しいかな?

|

2010年10月11日 (月)

鳴沢湖でワカサギ釣り・爆沈。

昨日揃えたワカサギ釣り道具を試そうと、地元高崎市は箕郷町の鳴沢湖に釣りに行きました。

W1

ワカサギ釣りは群馬県民にとって冬場の最大の楽しみです(ウソ)。群馬の釣り好きなら冬場はこれをやる。春は渓流、夏は鮎、秋冬はワカサギって感じ。私もこの冬のレジャーとして、ワカサギ釣りをやってみたいのです。釣れれば天ぷらで美味しいしね。

まだ秋ですが、鳴沢湖は一足早く10月1日に解禁していて、こんなに早い時期に釣れるのです。

しかし、今年から始めた渓流のフライ釣りが動の釣りなら、こちらはじっと座ってやる釣り(激しく釣れれば忙しい釣りですが)。落ち着きのない私に出来るかな?

で、いつものように早起きが出来ませんね。これで釣りが趣味なんだろうか?ワカサギ釣りは過去一度だけやりましたが、日の出の頃が一番釣れた。朝が勝負だと思うのですが・・。

9時半に鳴沢湖に到着。ここは6時半には釣りができます。完全な出遅れ。自宅から車で25分。近いね。

管理棟脇の駐車場は既に満車。堰堤の反対側の駐車場へ。ここも殆ど埋まっています。

W2

少し歩きますね・・。相当人が来ているようです。

堰堤というかダムなんですが、その上を歩いて管理棟へ。

W3

ワカサギ管理釣り場。高崎市がやっている公営施設です。有料ですよ。でかい釣堀ですから。

釣り方はボートで沖合いに出るのと、管理棟の側から伸びる浮き桟橋からの2通り。私はボートが沈没したら嫌だしトイレに行けないのも辛いので桟橋から釣ります。

おお、桟橋は大変な賑わいです。完璧に出遅れましたああっ!

W4

この時期浅場が良いのか、桟橋は管理棟よりのエリアが賑わっています。ぎっしりで入り込めそうもない。

W5

ダムを渡ると入り口。ここから管理棟に入って受付。

W6

料金を払って、餌を買って、いざ出陣。

W7

アオコが湧いてあんまり水質よくないなあ・・。桟橋の入り口からこの時期の優良ポイントのようで混雑しています。

ズラッと人が並ぶ。

W8

すんません、と言って入れてもらえそうなスペースもありますが、あんまりギッシリ混んだところで釣りたくないんだ。お薦めポイントじゃなくてもいいから、この秋空の下、ゆったりと釣り糸を垂れたい、と思ったので桟橋の先のほうに行きます。この段階で負けてる?

しかし、本気の人はすごいよ。なんかアームの先にローラーが付いている道具をセットして糸を手繰っています。漁師みたい。電動リールを2本駆使している人たちは魚群探知機使ってる!魚探ですよ!もう趣味の範疇越えてますよ、漁師ですよ。魚群探知機を持っている人が結構いたので普及しているようです。いくらするんだろう?回遊するワカサギのタナ(水深)がわかるみたいね。

釣りも自転車も趣味って凝ると行くところまで行くね(笑)。周りのあまりの本格的装備にビビった。私買ったばかりの竿1本なんですけど・・。

圧倒されて、桟橋の奥のほうへ来てしまったあ・・。まあ、ここで始めます。

買ったタックルを準備、釣り開始!仕掛けを投下。

W9

なんかカジキ釣るトローリングのでかいリールみたいだけど、実際は手に納まるサイズね。

ちなみに料金は。入漁料500円、桟橋使用料1500円なので、桟橋1日券は2000円と。

W10

ワカサギっていくらするんだろう。相当釣らないと元は取れないよね・・。あくまでレジャーっすよ。

この竿、やっぱ少し長く感じるけど、穂先は敏感そうで良かった。見やすいし。

W11

この先端の動きであたりを取ります。

錘を湖底まで沈めます。水深は4・5メートルくらいか、案外浅いぞ。底から糸ふけを取って数回竿をしゃくる。タナがわからないのでまずは底から。しかし、ドライフライの水面の釣りからいきなり水深何メートルの世界とかギャップがあるなあ。慣れなければ。

1投目、しばらくして、竿先がプルッ、ちょいとあわせて巻き上げると・・・、

釣れました!

W12

真正面から見たワカサギは愛嬌がある。

これでボウズじゃないぞ。幸先がいいです。天ぷら~。

バケツでしばらく泳いでもらいます。

W13

なかなかいいぞ~。けど、噂どおり、アタリは微細で難しい。

こんな感じで釣る。

W14

竿が長いかなあと思ったけど、椅子に踏ん反りかえってもオッケー。穴釣り様の短い竿だとへちギリギリまで前進して釣る感じだから、こっちのほうがゆとりがあります。

続けてもう1匹。今度はコツンと明確なアタリがあった。

W15

これが、この湖では結構大きめだということが、この後わかるのです。綺麗な魚ですね。

クーラーボックスには飲み物とパンが冷やしてあります。

W16

これが帰りには大量のワカサギに置き換わっていたらいいなあ。とりあえず、餌が活発で脱走を図るので、クーラーの中で静かになってもらう。

正面には榛名山を代表する相馬山が見えます。

W17

とんがってるね。この山への登山記はこちらです。

私の右側はこんな感じ。ちょっと先で桟橋は沖合いに曲がる。湖の先端方面はかなり深いらしい。

W18

左側はこんな感じ。

W19

管理棟まで人でぎっしり。私のいるここからようやく空いています。ゆったりとやりますから。

しかし、パタッと釣れないよ・・。あんなに出だしは良かったのに。

なんかぽかぽか通り越して暑いです。半袖のTシャツになる。

背もたれ付きの椅子を買ってよかったな。置き竿にしてうとうとしてしまう。

W20

この縁に足が載せられて快適。はーいい天気。これで釣れればなあ・・。

みんなもぱったりと釣れなくなったようで、あちらこちらため息とブーイングが・・。

お昼過ぎには皆さん帰り始めました。解禁当初は調子良かったみたいですが、今日はダメなようです。気温が高すぎるのかな?この近辺は11月1日解禁が多いので、まだ早いのかも。

混雑していた左側がだいぶ空きましたね。

W21

早速移動します。管理棟に近づきましたが、まだ人気ポイントは人でぎっしりです。

移動して1投目でヒット。これまた微妙なアタリで、よく乗ったもんだ。(変な色に写っていますがワカサギでした)。

W22

ここで3匹。けど、アタリは本当に小さいです。あわせられなかったのも相当ある。あれ?これ?あたった?みたいな。針も小さいけど餌が大きかったかな?カットした白と紅さし。ラビットは売れ切れだったので。魚も小さい、何もかも小さいのがこの湖。

この小さい当たりを乗せられれば数に繋がるんだろうな・・。

今回の釣り座はこんな感じ。

W23

ゆとりのある場所ではこれだけ広げられますが、人気ポイントではもっとコンパクトにしなければ。

その後なんか、飽きちゃったのか気力を失い散歩したりで、4時に終了時間。

あー、惨敗。とぼとぼと桟橋を戻ります。

W26

結局5匹でした・・。ジップロックに入れて冷やされてた獲物。

W27

今回は冷凍庫行きだ。50匹貯まったら天ぷらにしよう。今日は皆さん苦戦した日。ボートは200匹を越える人もいれば全然ダメで怒っている人も。入った場所で明暗を分けたようです。

桟橋は、ベテランの漁師系の人でも50~100匹くらいかな?隣の電動リールを4本並べた親子は二人で110匹といっていました。

反対側の若者グループは、釣れると大歓声で、一人2~3匹というところ。簡易型の魚探を持っていて、お、水深2メートルにいるぞとかいって、本当に釣ってましたから。夕方はタナが上がったのに底に固執した私の負け。

ダムの上を歩く距離が長く感じるなあ。

W28

腕の差が出るね。あと道具、装備も結構ある。つりの装備は趣味性が大きいと思っていましたが、この釣りは装備でも差が出ると見た。はまると怖いな・・。

今回の敗因。

1)朝の3時間出遅れたのは大失敗(笑)。朝で稼ぐ。いいポイントも入れるし、早起きは必要。

2)数少ないあたりを取りこぼしている。乗せられなかった。

3)アタリが少ないのは、タナ、餌、誘い、まあ経験が足りない。

うーん、深い。凝るのか?いや、タダじゃないから。

次回は置き竿でやろうかなあ。アタリなのか手の震え、心臓の鼓動かわからない。お、ブルブル来た、と思ったら不整脈だった・・。

よし、11月になったらさらに近所の鮎川湖、丹生湖が解禁になるんだよね・・。誘惑多いぜ。

W29

鳴沢湖、リベンジにまた来るよ。

|

2010年10月10日 (日)

ワカサギ釣り道具を揃える。

今日は、この冬、釣りのメインになるだろうワカサギ釣りの道具を買いに行きました。

X1

3連休2日目。天気予報のバカーん。今日まで雨が残るって言ってたから、予定キャンセルしちゃったじゃん~。秋晴れの気持ちのよい日になりましたね。急きょ妻と出掛けることにしましたが、妻も体調が悪いと言い出して・・。まあ、3連休、明日があるさ。

地元高崎では、10月から既にワカサギ釣りは始まっています。お店にもワカサギコーナーが出現。そんなにお金もかけられないよなあ・・、と思って、リールとセットになっている振出し竿1980円を買おうと思いました。何気に店員さんに声を掛けたら・・。うおおお!怒涛の営業攻勢です。

いや、本格的にやるならそんな竿じゃダメだそうで。

リールとセットになっていない竿を出してきました。

X2

ダイナミック・ワカサギⅡ(笑)。竿にもワカサギって書いてあるから。

ワカサギ釣りって、リールを使わずに、糸を手で手繰る竿が一般的です。

一昨年、諏訪湖でドーム船というのに乗ってワカサギ釣りをしました。面白かった。その時感じたのは、やはり手で糸を手繰る竿よりリールのほうが良さそうだなあと。諏訪湖は浅かったけど、この辺りの湖は水深10メートルくらいあるので手繰るのは結構大変。あと、手繰ったラインをちゃんと置かないと絡まったりのトラブルがあるのです。だから今回はリールでやってみます。

で、魚のあたりは、竿の先端、穂先で取るのです。なので穂先は繊細で敏感でしなやかでなければだめ。1980円セットモノの穂先は太くて硬いのです。これでは感度も悪く、魚の食い込みにも影響が出るのでは。

店の人は、セットモノの安い竿を使う場合は、仕掛けにマーカーをつけて、水面で当たりを取る工夫が必要とのこと。

それって可動式の浮き釣りみたいなもの?面倒くさい・・。ならばちょっと高級の竿にします。3696円・・。いきなり高くなってきたよ。まあ、フライロッドよりは安いさ。

これの穂先はかなり細く繊細です。これよこれ。こうでないと。

X3

こういうの手作りしちゃう人もいるくらいですから、穂先は大切。私はそこまでは凝らないけど、ちょっとの出資で釣りやすくなるならよし。先日、人間ドックの補助金が入ったから気が大きくなってます・・。病院に自分で払ったお金が半分戻っただけで得してるわけじゃないんですけど。

長さは1・3メートル。ちょっと長いかなあ、と思いましたが、店員さんは桟橋釣りメインならこのくらい長いほうが良いという。仕掛けの全長が長いから、このくらいがいいかなあ。

リールの予算は削ろう。あれはキャストしたり、魚とやり取りがあるわけじゃないから、糸が巻ければいいよね。

なのに店員さんは、シマノのワカサギ専用リールを出してきた!5000円・・・。いやいやいや、それはないでしょう。相手はワカサギっすよ。しかも結構サイズ大きい。バス釣れそう。大きさは関係ないとか店員さんは言っているけど、私は魚が小さい場合、なるべく小さな道具でやりたいのです。

とりあえずは糸が巻ければいいやというもの。

ピカ丸くん。

X4

860円(笑)。使えないことはなさそう。色はすごいよ。メタリック。色は他にもあったがピンクよりはブルーがよかろう。

竿にセットしてみる。

X5

おお、コンパクト。いいじゃーん。この竿グリップがヘラ竿みたいに糸が巻いてあって、使いやすそう。

さて竿関係はこれでオッケー。

仕掛け関係。

X6

リールに巻く糸。最初からリールには2号の糸が50メートル巻いてありましたが、ああいうのは巻き癖が酷くて使えないらしい。私がメインで行こうとしている湖は魚が小さく当たりも繊細なので、0・3号あたりが良いという。そんな細いラインリールに巻いたことないぞ・・。

しかもPEラインというのが良いですと、50メートルで2500円もするラインを出してきた。無理、フライラインじゃないんだから。相当感度がいいらしいので、もう少し凝ったら使うけど、今回はナイロンで756円のにしました。扱いやすさを考え0・6号にしてみましたが、リールに巻くには未経験の細さだなあ・・。

錘とサルカンというスナップのついたヨリモドシ。

仕掛け部分はこれ。もう針がセットされている。

X7

その湖のワカサギはよほど小さいらしく、一番小さな1号ハリじゃないとか掛からないという。うーん。その前に餌が刺さらないんじゃないか?という小さい針。5本針のから何種類かまとめて買う。ワカサギは群れで来るので、釣れている時にライントラブルがあっても直さずに仕掛けごと交換してしまうのです。群れが行っちゃったら釣れないからね。

餌は、サシというキュートな虫さんだ。これを入れるケース。

X8

それとハサミ。サシをちょっとはさみで切ると匂いが出て集魚力がアップするのです。なのではさみはそれ専用にしよう。

さあ、ここはこれでおしまい。ホームセンターに移動して、もろもろの道具を揃える。

バケツは魚を入れる。餌を飲んでいるときは、バケツの水の中に入れておくと吐き出すのです。

X9

ジップロックは魚を小分けして入れて保存する。で保冷剤の入ったクーラーボックスへ入れときます。まさに、取らぬ狸の皮算用。クーラーボックスは980円でした。大きいのはいらないのです。

椅子も、このテのは沢山持っていますが、クッションの入っているタイプを新調しました。コールマンの1280円。これは、この冬もう一つやってみたい釣りがあるんだけどそれで使えそうなのだ。

これらをスノーピークのトートバッグに収める。

X12

これとクーラーボックスにペットボトルの飲み物を冷やして担いで行きます。

さらに、これで釣れなかったら、どーすんだよ!というものも買ってきました。

X11_2

天ぷら&唐揚げセット。うひゃああーー、これぞタヌキの皮算用だああ。釣れますように~。

ここ群馬県は北海道に継いでワカサギ釣りが盛んな場所だそうです。冬の釣りとして流行っています。2月末までワカサギ釣りはシーズンなので、何度か出掛けたいと思います。

|

2010年10月 7日 (木)

代車のポルテ。

愛車VWポロを8月に車検に出したのですが、その時、代車をお借りしました。

他のVW車に乗れるのでこれも楽しみです。ゴルフ、ボーラ、と乗って今回は何かな?パサートあたりかなあ?と思ったらこれだった・・。

Y1

トヨタ・ポルテ。ファミリーユースのトールワゴンです・・。

何でVW車じゃないんだよう!お世話になっているDUOはトヨタ系列なので、トヨタ車も沢山有るもんね。くう、この前、もうVW車は買わないかな発言が影響したのか?

もう6年前にデビューした車で、こういう家族向けの車って全く興味が無いのです。しかしこのポルテ、乗ってみたら結構良かったのです。

この車はすごいよ。私も、街中で圧倒的に多く走っているわけじゃないのに、案外目を引いていた。その訳は・・。

なんと、今時3ドアハッチバックなのだ。

Y2

5ドア全盛時代になぜなのか。3ドアハッチは、ファミリアやカローラⅡの時代に大ブームでしたが、あれは今思えばクーペ的に使っていたよね。これはトールワゴン。普通は5ドアだろう?

その秘密は左側に有る電動スライドドア。

Y3

デザインも左側のほうが良い。左右でデザインは異なる。三角窓と後ろの窓の大きさが違うし。カタログも左側の写真ばっかりだし、なかなかカッコイイ。

電動スライドドアってなんかいいなあ。かなり開口部は大きい。

Y4

電動というこういうギミックぽいのって好き。おもちゃっぽくって。普通こういうのは後部座席用で、子供がいなければなかなか使わない。けど、これは助手席にも使うので、デートのドライブなんかで彼女におもしろーいって言われるかも。だって結婚前の女性ってそんなに普段電動スライドドア乗り降りしないよね?デートカーとしてもアトラクション効果ありか?

ただちょっと遅いよね開閉が。安全面もあるのだろうがもう少し速くならないかなあ。山の中で熊に追いかけられて間一髪車に乗り込んだが、電動ドアがゆっくり閉まる間に熊さん車に入っちゃいました、なんてこともあるかも。ないか。

助手席のスライド量が半端じゃない。一番前にスライドさせれば、後部座席も乗り降り簡単。屋根も高いし。

Y5

後部座席の人も、前の人が降りたら、この背面のレバーを引いていて座席を押せば、

Y6

こんなに助手席が前に行くので、乗り降り簡単。

Y7

昔の2ドア車、乗り降りし難かったよなあ。若者は今みたいに4ドアなんて乗らなかった、皆2ドアだったよ。で、後の人はレバー踏んで助手席の背もたれを前に倒して乗り降りしたよね。狭かったよなあ・・。

これなら快適。

スライドドアのスイッチは2箇所。センターコンソール下。運転席から操作。

Y8

電動ドアの車自分で運転するの初めてだったから面白くって。

後部座席に乗っている人も、ピラーにスイッチがある。

Y9

子供とか勝手に開けると危ないので、運転席に開閉スイッチのロックボタンもありました。

見た目はコンパクトなのに、中は相当広い。背が高いと良いね。

コラムシフトなので、ウオークスルー可能。

Y10

助手席のシートバックを倒すとテーブルになる。

Y11

後部座席がメインならこうやると目の前は広大なスペース。

Y12

完全に足を伸ばせちゃうね。

こういう特殊なシートなんで、助手席のシートベルトはピラーじゃなくてシートの左肩についていました。

最近、なぜか子供が助手席じゃなくて後部座席に乗っている親子を見かける。そんな時このモードはいいかも。けどなんでああなんだろう?会話したくないのかな?

で、後部座席の広いパッケージングですが、そのしわ寄せはトランクに。こんなに狭いトランク。

Y13

後部座席も分割で折りたためるんだけど、こんな感じ。

Y14

この段差は何よ。まとまった荷物が積み難い。長いものは助手席を畳めば相当詰めそうだけど。

こっちの畳み方がメインのようですが。

Y15

座面を上げる。けどなんかヒモで固定するんだよね・・。こうすればスライドドアから荷物を入れられる。自転車も入っちゃうらしいよ。けど、なんか変だよね・・。折角ハッチバックなのになんで狭いところから荷物入れるの。

走りは。エンジンパワーはあるよ。おお流石に国産の1500は走るな、ポロより速いぜと思ったら1300だったよ・・。くううう、ポロの1400エンジンどんだけ非力なんだよ!こっちのほうが加速は圧倒的にいいです。

ハンドリングは・・・?なんで真ん中がびしっとしないのかなあ?ハンドル軽すぎ。ポロが重すぎなのか?ワインディング行けばポロの勝ち。剛性がなあ、足元と天井が一体化してないというか、腰高感あって、曲がるのは楽しくない。

センターメーターも嫌いだなあ。

Y16

視線の移動が少ないからよしだそうだが、視線異動するよ。メーターがあるところに小物入れって変だよなあ。

コラムシフトも慣れないや。レバーが長すぎて扱い難い。

Y17

ODボタンもいまだにあるのか。これもレバーで操作しやすければいいのに。

このピラーも太くて、右折の際には邪魔です。ここまで太くしないと剛性でないんだろうな。

Y18

車的な部分は物足りないところも有りますが、パッケージングは素晴らしい。

電動ドアの3ドアもいいと思う。後部用の電動ドアより助手席にも使う電動ドアのほうが使用頻度高いし。助手席に乗る人も面白いだろう。

だから、運転席も電動スライドドアだったら最高。乗り降りが楽しくなるよね。開閉スイッチをステアリングにつけてね。トヨタ・セラのガルウィング以来の衝撃だっただろうに。ちょっと保守的に普通のドアにしてしまったのが残念。プジョーで両側スライドドアの3ドアハッチが有ったけどかっこよかったなあ。欲しかったけどもう輸入していないみたいだし。

この左側は、やっぱスタイリッシュ。他にないもの。

Y19

モデルチェンジで、両側電動スライドドアで、もうちょっと屋根を低くしてウェッジ効かせたスタイルになったら欲しいかも。

いや、全く違う車で、両側電動スライドドアの3ドアRVっぽいので、コンパクトで四駆で最低地上高をぐっと上げたの出ないかなあ?さらに軽だったら、買う。買っちゃうよ。

|

2010年10月 6日 (水)

チーバくん。

知り合いが、今日まで開催されていた千葉国体に出場しました。こんな身近に国体選手がいたとは。私も出たいよ、国体。漫画早読みとか種目ないかな。

で、お土産をいただきました。

チーバくんクッキー。

Z1

チーバくん?

どうやら、この千葉国体のマスコットキャラクター。いわゆるゆるキャラ?落花生飛んでいるし。

これを頂いた時、周りの人々はこれは何の動物だろうと首を傾げた。鼻が尖っていて、お腹が出ているよ・・。こんな動物いたかなあ・・。

なんとも不思議な生きモノです。これ実は、この画像でわかると思うのですが・・。

Z2

横から見た姿が千葉県の形なのです。房総半島の。耳の先端が犬吠埼、背中から腕のラインが九十九里浜、足首が館山でお腹が木更津か。咽元が千葉市で鼻が野田、目は印旛沼かなあ。

確かにそういわれれば見えるような・・。

横向きが千葉の形から作ったキャラなのか。じゃあさあ、真正面から見れば何の生き物なんだよ!

チーバくんのHP

あ、真正面。何の生き物かわからんよ・・。

さらにはチーバくんのブログでは3次元の動いているチーバくんが登場していますが、横を向いても、もはや千葉県の形はしてませんねえ。

クッキーはどうだったかというと。

Z3

あ、割れちゃってた、ごめん。

うん、味は良いよ、女子にも好評でした。チーバくんの色は毒々しかったけどさ。

チーバくんは千葉の地元では結構人気になっているようで、もう千葉県の形がどうとかは関係なくなっているいるみたい。そんなもんだよね。可愛ければいいんだよね。

奴のブログを見ると、ギャルに囲まれたりしていて、妬ましい・・。

|

2010年10月 5日 (火)

コタツふとんカバー。

昨シーズン、私がコーヒーをぶっこぼしてダメにしたコタツ布団カバー。

もう既にコタツを出しているのですが、本日買ってきました。

0a1

コタツふとんカバー980円。コタツ中掛毛布1480円。

地元のホームセンターとスーパーをハシゴして探しました。サイズがわからなかったけど、適当に選んだらぴったりでした。

コタツカバーは昨年までは水色だったけど、今年はピンクだよ。温かい色で、きっと夫婦関係もぽかぽかに暖かい感じになるよっ。

中掛毛布は、マイクロファイバー製でとても肌触りが良い。今まで布団一枚だったから熱効率も悪かっただろう。動物さんのようなモフモフの感触なので気持ちよいはず。

ただ、2枚になると、ずれたりしてぐちゃぐちゃになっちゃうかなあ?妻になんかその辺を指摘されて怒られないかなあ?妻は案外保守的で、いつもと違うことがあると怒り出しちゃうんだ・・・。

妻は、冬場はコタツ生活者。仕事から帰ってきてコタツに潜るとそのまま寝てしまう。なので、コタツが快適になったら喜んでくれるはずです。「わー、ふわふわだね、温かいよー、ありがとう!」ってね。むふふふ。いいぞ~。

さあ、セッティング。ああ、やっぱ毛布は良いね。温かそう。妻の為ならなんでもやるさ~。

0a2

なんかシックで良いね。

さあ、カバーに布団を入れて、完成!

0a3

ふおおおーーー、一気に部屋が明るくなったよ!やっぱピンクは良いね。コタツって部屋の中で面積占めてるから、色合いも大切だよね。

うん、幸せ感いっぱい!これで夫婦関係もグッドだよ。やったぜー。くうう、ナイス夫。幸せに、幸せになってもいいですかあ~。

あ、妻が帰ってきましたよ。

お、おおおかえり。こ、コタツどうかな?ほほら、ピンクだよ~、暖かそうでしょ?

「ふーん」

あは、あはは。ね、ね、入ってみて、早速入ってみてよ、温かさが、去年と違うはずだよ。

ね?ね?どどどう?ほらっ!じゃーん、中にね、モフモフの毛布があってね、2枚重ねなの、ね、どう?いいでしょっ?

・・・・。

「ああ?

どーせ、あんたが布団引っ張ってさ、2枚がずれてグチャグチャになっちゃうんだよ」

|

2010年10月 4日 (月)

タオル当たった。

ポストにでかい封筒が入っていました。

これ。

0b1

ゴアテックス?おお、キャンペーンに応募したやつの景品が届いたのです!当たった~。

これは、ゴアテックスオーナーキャンペーン「夏雨楽楽(なつうらら)」。なるほど、ゴアテックスの雨でも蒸れずに快適なのをアピールしてますね。夏で雨でも楽々ってこと。

これは夏までやっていたんだけど、期間中にゴアテックス製品を買った人は、レシートを葉書に貼って応募すると景品が当たるのです。

モンベルの通販でゴア製品を買ったんだけど、応募葉書が同梱されていて、購入明細をコピーして貼った。締め切りぎりぎりで気がついて間に合いました~。

HPはこちら。

A賞:屋久島体感ツアー30名、B賞:防水デジカメ100名、C賞:ロゴ入りスポーツタオル10000名。

当然、当選したのはC賞のタオルですね!

いーんだもーん、これが欲しかったんだもーん、だって、もう屋久島行く時間ないし、防水デジカメこの前買ったし。タオルが一番さ!

これがなかなか良いタオルでした。

0b2

欲しかった水色でよかった。

素材はゴアテックス、のわけはない。ゴアゴアしちゃって水はじいちゃってタオルにならんわ!

いい感じだよ。しかも、国内のタオル生産最大の今治産タオル。国産だよ。モノは大変よろしい。

マフラータイプなので、登山の際には首に巻いたりベルトに引っ掛けておけば汗拭き放題。この形状、アウトドアでは意外と便利かも。コンパクトなので常備すれば、突然の日帰り温泉にも使えるな。

ありがとうございます。愛用します。

ちなみに、このとき購入したゴア製品のレポートはまた後日。

|

2010年10月 3日 (日)

ポケロケ散ポタ・富岡・揚げたてカレーパン。

そろそろ自転車乗りのリハビリしなくちゃ。夏に全然乗ってなかったから。自宅の高崎から隣町の富岡方面へ、おいしいもの目当ての散ポタに出掛けます。富岡が今、アツいと思うのです・・。

今回はバイクフライデーのポケットロケットを使用。

0c1

20インチの小径ロードバイク。走るよ~。調整して注油して。サイコンの電池が切れていたので交換、セッティング。

フロントバックはモンベルの大きい奴。

0c2

ボトルは2つもいらなかったか。結構涼しいね。

買った旨い物をお土産に持ち帰るので大きなフロントバック。

0c4

ちょっと大きすぎたか・・。この時期、着ている服の調節も難しいので、ウィンドブレーカーとか入っています。山用の長袖Tシャツの上に半袖の自転車ジャージ、下はレーパンの上に山用のパンツ。ちょっと腕が寒かったな。

途中、ノリピーが在籍している大学の横を通る。

0c5

ここにノリピーがあの時来たのだな・・。通信課程なので滅多にはここへは来ないだろう。最近話を聞かないがノリピー、勉強してる?

富岡方面になかなか行きたくないのは、この中山峠があるから。峠って言うより丘という感じの短い坂ですが。頂上に到着。

0c6

自転車に乗り始めた39歳の頃、この坂をMTBで上がってハーハー言ってた。今ではきつくない。あの頃に比べれば随分体が強くなったものです。

鏑川を渡って、吉井のベイシアの裏から田んぼの中へ。今回は裏道をさらに探しましたが、路面が悪く結局もとの道へ。

0c8_2

富岡バイバスを走って富岡の街中へ。

教科書にも載っている、富岡製糸工場に到着。

0c10

明治時代の官営工場。日本近代化の象徴です。世界遺産に申請してるということで、以前より活気があります。観光バスもやってくる。この正門前の通りは人で賑やかです。

裏通りに回れば静か。ここからレンガ造りの工場が近くに見えますよ。

0c12

ここの駐車場は穴場です。

さて、今回は富岡散策がテーマ。路地に入り込みます。

0c13

渋いなあ。お祭りが近いのか提灯が下がっています。

七味唐辛子専門店、吉田七味店。

0c14

地元の有名店です。妻が出張で買ってきた京都のお寺の前の七味が我が家には沢山あるので、今回は買わず。

今回の買い物ポイント、松伊堂さん。ここのぶどう焼きというお菓子が欲しかったのですが、店の中のショーケースを見ると、売り切れですね・・。残念。

0c15

さて、今回の目的地に向かいます。

この路地が狭くなるところにある肉屋さん。

0c16

なんと、揚げたてのカレーパンを売っているそうです。肉屋さんなら揚げたてのコロッケは旨いですが、カレーパンとは期待です。

肉の岡重さん。

0c17

揚げ物関係のメニューが豊富。おお、なんか迷っちゃうな。

0c18

ちくわ揚げ3本110円。どんな感じなんだろう?

あは!地元の学生さんたちのランキング表が貼ってありました。これは面白い。

0c19

ジャンボ竜田揚げが人気のようですね。チーズハンバーグって見つからなかったなあ。

ハリケーンポテトはそそった。「ポテトがうずまきじょうで串にささっている」

が、ここは目当てのカレーパンと、名物のまゆコロッケにします。

0c24

日本で最初のまゆコロッケ。やっぱ余所ではやらないと思うけど・・。繭は入ってないらしい。

ん?左上のたい焼き、あつあつってことは、揚げちゃうの?気になるー。

お昼過ぎなので他の客もいない。店の中にも誰もいないんですけど。店の左側に入り口っぽい場所、そこをちょっと入るとセンサーブザーが鳴って、奥からご主人が現れます。

カレーパン150円を2個、まゆコロッケ60円を4個注文。店の右側で揚げてくれます。しばし待つ。

出来上がりー。揚げたてですよ~。

0c20

店の反対側にテーブルと椅子があって、座って食べられます。嬉しいですね。

0c21

いい感じです。この路地の全体はこんな感じ。

0c22

たまらんね。

お店にソースがあって掛けられるようですが、揚げたてはそのままが一番。

まゆコロッケをいただきます!

0c23

衣がさっくり。おお、ラードのかおりとポテトの甘みがいい!これは美味しいですよ。しゃきっとする食感の素材も入っていて、ホクホクでいけます。

この形もこうやってつまんで食べるのには、とても食べやすい。普通のコロッケも相当いけるとみた。

続いてカレーパンです。揚げたてというところが嬉しいですね。

0c25

お、これもいいね。ピリ辛で。

0c26

やっぱ揚げたてっていいわ。ちなみに家で食べた冷めたやつも旨かったよ。

むー。この店の揚げ物、もっと食べてみたい。

0c27

次回、ぶどう焼きとともにゲットしよう。

この路地を真っ直ぐ抜けると、ここに出ます。

0c28

近道だそうだけど、そんなに変わらんだろう。けど、富岡に来たらこの路地を歩かなくちゃ損だよ。いい感じだよ。

富岡の路地を散策。

ここは煙突の見える通り、だっけな?名所には看板が出ていて、書いてあったとおりの風景を楽しむ。

0c29

奥に製糸工場の煙突が見える。

いちいち風景が心に引っかかるよ。

0c30

なんか、富岡に住みたくなった。夜も楽しめそうだし。

0c31

この店も次回来よう。喫茶?富士屋さん。

0c32

メニューの写真があったがどれも旨そうで安い。タンメン食いたかったな。カレーパン食った後だったから断念。渋い店構えですが、中は綺麗でした。

くううー、たまらんよ富岡商店街。渋すぎるよ~。是非、観光で製糸工場に来たら、ちょっと周りの路地も散策してみてください。

さて、フロントバックに入れたコロッケをお土産に帰ります。

ああ、帰り道のこの店もそそるー。再開してくれないかな。だって、お好み焼きとギョウザとジュースだなんて。店名もナイスだ。

0c33

ここを通るたびに、やっている時に来たかったと思う・・。

稲刈り前の田んぼの中を走る。曼珠沙華がまだ咲いている。

0c34

中山峠を越えて、無事帰宅。やっぱボトルは一本でよかったね。

久しぶりに乗ったポケットロケットですが、良く走ってくれました。

0c35

走行距離は、43.2キロでした。まったりお散歩にちょうど良い感じです。

また富岡行こう。あの町は、もっと楽しめる。かなりディープです。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »