« ブロンプトン輪行・足利市巡り・その1。 | トップページ | とろろ昆布。 »

2010年11月15日 (月)

ブロンプトン輪行・足利市巡り・その2。

前回の続きです。

さて、お蕎麦を堪能した後、目的地のココ・ファーム・ワイナリーを目指します。しかし、足利の市街地より郊外へ、徐々にヒルクライム・・。

A1

右手の山の急斜面にあるのがココファームの葡萄畑。こんな斜面に栽培しているのなんて見たこと無い。

急な坂を登る。私のブロンプトンは後ギヤをオリジナルの13Tから15Tへと軽くしてあるので、坂は強くなった。ローギヤで立ち漕ぎしてなんとか登って到着。

ココ・ファーム・ワイナリー。

A3

ここは天然酵母を使った自然派ワイン。「農民ロッソ」「農民ドライ」というワインは評判が良いので、お土産に買うつもり。

ワインショップとカフェがあるので入ってみます。

A2

ワインショップはココで作られるワインと、チーズなどの乳製品、かわいいイラストのポストカードや、ロゴ入りのエプロンとエコバックなど。試飲した「ベルジュ風飲む葡萄酢」は飲んで美味しいお酢でした。

さっき蕎麦を食べたばかりですが、軽くなんか食べようとカフェへ。

オープンカフェでお洒落な感じ。

A4

周りは山でいい感じです。

急斜面の葡萄畑がすぐ横に見えます。

A5

それにしても畑とは思えない急斜面です。平均斜度38度だって。スキー場の上級者バーンみたいです。開墾当時の写真がありましたが、手作業ですよ。この斜面を登るのも大変だと思います。

注文したのは、生ハムとチーズの盛り合わせと、焼きたてベーグル。

A6

お洒落~。思わずワインが欲しくなりますが、われわれは自転車、飲むのは水(笑)。

A7

メニューも色々あるので楽しめます。

これ美味しかった。

A8

枝付き干し葡萄です。

ショップでハーフボトルのワインを3本購入。フルボトルだとバックに入らないからね・・。

ココ・ファーム・ワイナリーはお薦め。来週の11月20~21日は収穫祭で大賑わいでシャトルバスで行きます。それ以外の日なら車で行ける静かな場所です。

ココ・ファーム・ワイナリーのHPはこちら。

さて買い物も出来たので、足利駅に戻りましょう。快調なダウンヒルです。大通りに戻りしばらく走ると、ん?

神社の境内になにやら屋台が出ていて、行列が出来ています!こ、これは何だ?

A9

これは是非ゲットしたい。早速ブロンプトンを置いて列に並びます。

A10

屋台の中には、バンヂュウと書いてあります。

事前にネットで足利名物を調べていた時にあったような。確か大き目のたこ焼きのようなものの中にあんこが入っている奴とか書いてあったのを思い出した。

A11

1個なんと30円!安い。なので皆さんまとめ買い。観察すると一度に40個焼けるようです。大きなたこ焼きのような型に生地を流し入れ、あんこを投入。丸くなっている方が焼きあがると、鉄板に移し平らな面を焼く。その間また40個生地を流し込む、という作業。ご夫婦でしょうか手際よく二人で焼いていきます。

A12

しかし、買う人はこの安さなので20個、30個とまとめ買い、包みを2つ3つ抱えていきます。なので順番がなかなかやってこないのよ・・。

並びながら焼く作業が見られるのも面白い。生地に水飴を入れてましたから、甘めなのかな?

ようやく順番が来て、10個を購入。

元祖 岡田バンヂュウ。

A13

1個30円。袋の中には、平らな面を合わせて入れられています。

A14

神社の境内で包みを開けて、早速食べてみます。コンパクトな大判焼きといった感じか?

A15

食べますと、中はあんこがたっぷりで、やはり大判焼きの感じ。あちちち、焼きたてなので熱いです。甘いが、ん?しょっぱい。あんこに塩が効いていますね。この塩気があるから沢山食べられそう。なので皆さん大量購入?足利名物を堪能しました。

屋台なのになぜか駐車場がある。神社の脇にトイレもあり。足利に行ったら探してみよう!

さあ、出発。

A16

すっかり満足し、足利駅まで走る。

A17

到着。

すぐさまブロンプトンを折りたたみます。

A18

あっという間に折りたたみ。ブロンプトンはここが楽なのよ。機動力がウリですから。

カバーは被せるだけ。チーム負け組オリジナルカバーはカラフルです。

A19

ホームは転がせばよろしい。

A20

階段はエレベーターを利用で・・。

両毛線高崎行きに乗り込む。1時間ちょいの電車旅。

到着したら高崎は暗くなっていました。行きと同じ場所でブロンプトンを展開。

A21

自宅まではダイナモライトのおかげで明るかったし。

久しぶりのブロンプトン輪行、面白かった。やはりこういう電車で行って街散策なんて時はブロンプトンが便利です。

桐生から足利市までの走りも速かった。やはり走りもいいぞ。ギヤを軽い奴に改造した効果もばっちり。負け組メンバーは飛ばすので、ずっとトップギヤを踏む。トップが踏めるようになったし、スピードに丁度良かったな。M氏はギアクランクを44Tに交換(オリジナルは50T)してあるし、S田さんのは6速ブロだし。私のリヤ15Tは3速でもギヤが有効に使えるので二人に付いて行けましたよ。

買ったワイン3本。

A22

右端のは収穫祭限定。こういうお楽しみもいいね。純正フロントバックは、お土産入れて着替えいれてもまだ余裕。

ブロンプトン輪行~街散策走りは、今後もやって行きたいですね。

|

« ブロンプトン輪行・足利市巡り・その1。 | トップページ | とろろ昆布。 »

自転車・ブロンプトン」カテゴリの記事