« ブロンプトン輪行・足利市巡り・その2。 | トップページ | ボジョレー ヌーヴォー ルー・デュモン2010年。 »

2010年11月17日 (水)

とろろ昆布。

とろろ昆布、好きかい?ええ?とろろ昆布・・・。

いや、別に好きじゃないですけど、スーパーで見かけたら懐かしくなってしまい、買ってみました。

3z1

お吸い物にしようかなと。毎朝、朝食がパンの時はインスタントのコーンスープ。コンビニおにぎりの時はインスタント味噌汁をつけます。ええ、忙しい我が家ではこれが限界です。当然私がやっています。

しかし、妻はすっかりこのパターンに飽きてしまい、うんざり顔です。ならばちょっと目先を変えて、とろろ昆布のお吸い物を出したら喜ばれるんじゃないかと・・。

急に冷え込んだ昨日から、我が家はストーブが出ています。

3z2

こういうアナログの灯油ストーブが暖かいし、お湯も沸かせて便利です。このお湯を利用するのだ。

とろろ昆布とは、お酢で柔らかくした昆布を削ったものだそうで。

3z3

子供の頃、たまに母が作ってくれたお吸い物。昔はインスタントの味噌汁がなかった。しばらくして粉末の「あさげ」が出たんだよね。今は具と味噌を入れて作るタイプになったけど、あれは忙しい朝には面倒くさい。そしたらまだ粉末のあさげも売ってるんだね。愛用しています。

で、昔はほんだしも無かったと思う。母が煮干で出汁をとっていたもの。なので忙しいときは、お湯を注げば出来るとろろ昆布のお吸い物が、インスタント的な役割だったのでしょう。

あの母の味を再現。

お椀にとろろ昆布を一つまみ。

3z4

もう少し多い方がいいか・・。これに小ネギを入れたいが、我が家にそんなものはない。

お湯を注ぎ、醤油をひとたらし。

これで昆布から出汁が出ると思っていたが・・。そんなに出ないよ。一味足りない。

うーん、ネットで調べたら、やっぱほんだしやらめんつゆなどを入れるようだ。

しかし、子供の頃はそんなものはなかったので、母はどうやったのだろうか?

あ、味の素・・。以前料理をやってみて、母の味に近づこうと思ったが出来なかった。が、味の素を一振りすれば全て再現。母の味は味の素・・。

いや、当時は普通であった。さらにはハイミーという味の素の旨み強化バージョンがあり、これで出汁の代わりにしていた時代だ。40歳世代は、化学調味料で育ったのだ。嫌いな人も多いが、私は化学調味料は意識せずに使える。

ぱっぱっ。うん、この味だね。まあほんだしがあればそちらの方がよいか。鰹節でもいいみたい。

醤油を多く入れると酸っぱくなるので注意。味の素の代わりにアジジオを加えたらどうかな?

3z5

うーん、沁みるね。朝のバリエーションが増えたぞ。

このおまけについていた脂取り紙。

3z6

だれ?

|

« ブロンプトン輪行・足利市巡り・その2。 | トップページ | ボジョレー ヌーヴォー ルー・デュモン2010年。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事