« バンドやろうぜ。 | トップページ | 管釣りルアーデビュー。「釣キチけん太」 »

2010年11月 2日 (火)

管理釣り場用・ルアータックルを揃える。

この冬からやろうとしている、管理釣り場(通称エリアもしくは管釣り、釣堀ですな)でのトラウト(鱒ですな)のルアー釣り。フライはドライフライしかやらないので、冬場はルアーのほうが釣りやすそうなので、本腰を入れてやってみたい。業界では結構本気らしく、エリア専用タックルなんてのもあるのですね。

このエリアルアーフィッシング、ちょっとだけやってみたことがありますが、昔やっていたバス釣り用タックルなので結構不都合がある。

この夏の猛暑の中、頑張ってお仕事をした自分へのご褒美と言い張って、台風の週末、釣具屋をハシゴして買い揃えてみました。

K1

まず竿ね。ニジマスがメインなんだけど、その中心的な釣り方は超小型のスプーンというルアーを使う。1~2グラムのそれをキャストできる柔軟さ、小さなアタリを取る感度がある繊細なルアーロッド。それでいて60センチクラスの巨大な鱒をも釣り上げる力強さがあるロッドなのです。

シマノ・カーディフX・エリアエディション・62XUL-Fを購入。

K2

6フィート2インチね。フライロッドだったらショートロッドの長さだけど、ルアーロッドはこれが標準の長さ。

フライロッドは海外製品が評判だけど、エリアルアーロッドは国産がメイン(海外にエリアがないのかも)。大手のシマノやダイワが値引率も宜しい。

ネットオークションで中古を探したけど、結局値段がつりあがって新品と3~5千円くらいの差になっちゃう。ティップ(先端)が繊細だし安心の新品を買うことにした。

J州屋さんに行った。こちらのスタッフさんは親切なので、エリアに詳しい店員さんに教えてもらう。以後、その人の解説を交えて書きます。マニアックな国内メーカーが沢山あるけど、値引きが余りよくない・・。シマノは3割引で、しかも本日10%追加で値引き、4割引であります!

いろいろ竿を振らせてもらって、詳しく説明してもらう。

このセパレートグリップがカッコイイ・・。高級感あるし。

K3

このシリーズのアクションには、XULとSULがある。XULは柔らかく、適合ルアーは1~3グラム。軽量繊細なスプーンで小さなアタリも逃さない「乗せ調子」。

SULはやや真ん中がしっかりした適合ルアー1・5~4・5g。スプーンだけでなく、ミノーやクランクのプラグも使える汎用性。ルアーに動きがつけやすく攻撃的な「掛け調子」、だそうで。

店員さんに出した注文は、管理釣り場と今後通う野反湖の両方に1本で対応できる竿はないかということ。これは難しい。

野反湖も小さめのスプーンが主流のよう。なのでアクションは同じで良さそうだが、野反湖はエリアよりロングキャストが必要。なので長い竿がいいのか?店員さん曰く、竿を長くしても飛距離は劇的には伸びない。7フィートあれば違うけど。軽量スプーンならラインを細く出来たほうが飛距離は伸びる。野反湖とエリアでも使える長さなら・・・。6・6フィートSULかなあと。

うーんけど、エリアなら6~6・2フィートが使いやすそうだなあ・・。中途半端になりそうなので結局、野反湖は後に別の長い竿を用意することにして、エリアでの使用を中心に考える。

5・8フィートも奨められて振ってみた。手返しがよく、かけあがりの近いポイントでも釣り易いという。トーナメントに出るわけじゃないのでもう少し長いのがいいよ・・。軽いルアーの釣りはまだ未熟なので、キャストしやすい62SULにした。しかし、店に在庫がないのよ・・・。62XULならある。これはかなり柔らかいスローアクション。スプーン専用で、それはそれでありだが、上手にキャストできるかなあ?

そこで出てきたのが、この62XUL-Fです。

K21

62XULより少し先調子。ファーストアクションのF。Fといっても微妙なくらいの先調子でわからないくらいだとも言う。確かに振ってみると、真ん中からグニャングニャンで、どこが先調子なんだよという感じ。けど、ちょっと張りがあって良さそう。XULよりはキャストしやすくなっているという。私はフライやっているのでスローアクションは慣れているだろうと。XULより0・5g重い3・5グラムがキャストできるのも嬉しい。3・5グラムのスプーンを沢山買ってしまったから。この竿に決定。やって野反湖で使えないこともないぞ・・。

ブルーのカーボンテープで締め上げた構造。細身です。81グラムと軽量。

K4

天然木のリールシートも高級感あり。

K5

これ1本で、まずはスプーンの釣りで、ルアーのサイズやカラーローテーションの勉強。

次にリール。竿もそうなんだけど、そこそこの良いものを買おうと思った。最初だからと廉価版を買うと、私の場合後で上級品が欲しくなってしまう。なので最初からそこそこ良いものを買えば、結局はお得であることを最近ようやく学んだ。

エリアなら2000番という大きさが今はメインだという。

アルテグラ・アドバンスというのを狙っていた。自転車にアルテグラというパーツがあるのでなんか嬉しいし、アドバンスも自転車っぽい・・。

けど、2000番の丁度良いモデルがない・・。重量が軽いのはハイギア仕様で必要ないし、通常の2000番は260グラムと重い。

バイオマスターというのにしようと思ったが、隣にあった数千円高くてもかっこよくて軽いこれにした。

シマノ・レアニウムCL4・C2000S

K6

黒いボディがかっこいいぞ。

これはボディーがなんと、CL4というカーボン素材で出来ている。取り説を見るとデュラエースのSTIレバーの技術がどうたらと書かれている。やはりシマノ、自転車絡みが嬉しいね。

K7

重量はなんと175グラムという軽さ。この軽さで選んでしまった。最上位機種のステラと同じ軽さ。

この軽量化のために開けられた多数の穴がたまらない。この見た目にもやられてしまった。

K8_2

ステラっぽくって気に入ったぞ。穴の中に金メッキしてあるよ・・。こういう技術があるなら自転車コンポも穴開けて軽量化すればいいのに。クランクギヤ板とか昔の欧州パーツみたいに。

ロッドと組み合わせてみる。かっこいいぞ~。

K9

ロッドとリールとセットで300グラムを切るのがエリアタックルの理想だそうだが、これなら余裕で300グラム以下です。

ラインはPEラインを奨められる。扱えるかなあ?バックラッシュしたりして。伸びない糸なのでリーダーをつける。

K10_2

高い糸だなあ・・。めちゃくちゃ細いよ。ラインは0・2号。リールに巻く糸じゃないよね。このバリバスがお薦めだそうで、0・2号でなんと6ポンドの強度って驚異的。

K11

75メートルとこのリールには短くない?と聞いたら、軽いルアーばかり使うので釣りをすればスプールは緩くふかふかに巻かれるので丁度良くなるとのこと。

リーダーを2~3ヒロ先端につける。フロロカーボンの3ポンドにしました。自分で巻くの怖いので、スタッフさんに巻いてもらう。さすがは上手に巻いてくれます。しかも、リーダーの結び方も親切に教えてもらいました。電車結びで良いそうです。ただし、PE側2回、リーダー側1回、かた結びを追加するとのこと。

これで一安心。とても親切な対応で、色々教えてもらいました。

次に、この週末のみの10%引きセール中のワイルドワンへ。

まずはネット。魚を取り込む時に、魚を触ってはいけないルール。リリースするなら魚に傷をつけないラバーネットの使用もエリアのルール。

K12

結構でかい。大物が来ても安心、釣れないだろうけど・・。

寒い時期なので防寒ブーツも買った。これは安くて暖かそうでしたから。

K13

ボアが付いていて中綿はシンサレート。かなりふかふかです。冬のアウトドアは足の防寒をしっかり。冷えたり濡れたりしたら帰りたくなっちゃうから。

K14

真冬のワカサギ釣りでも使うので思い切って買った。先日のワカサギ釣りは雨にも降られたしブーツは必要です。解禁直後のフライ釣りで近所のポイントで使えそうだし。職場の雪かきの時もいつも足が冷たいので持っていこう。

ルアーも10%引きなので購入。買い足してみる。

K16

PALの2・5gとMIUの2・2グラム。この辺を中心に。フォレストというメーカーの品ばかりですが、地元群馬の会社なのでひいきにします。同じもので色違いを試してみたいのです。

この日ワイルドワンでは、フォレストのルアーを5個以上買うと、オリジナルカラーのルアーを1個プレゼントしてくれた、さらにシールもくれた。

K17

さらに日曜日も買い物。ワイルドワンで買い忘れたものを。

K18

ノースフェイスのウエストバック。これにルアーの入ったワレットとか入れる。エリアは軽装です。

リリーサー。これで魚を触らずにフックを外せます。

ネオプレーンのグローブ。暖かい素材でワカサギ釣りでも使う。このモンベルのが一番安かったが10%オフ対象外でした・・。親指から中指まで指先が切ってあって釣りには使いやすい。ルアーのフックはバーブレスなので引っかかっても外れるが、ワカサギの針は外れなさそう。

ルアーも追加。もっと軽いのも必要だろうと。

K19

PALの1・6グラム。またオマケで1個もらえた。交換用フックも購入。

会員カードのポイントが5000円も貯まっていたので使ったらかなり安く買えました。

これでこの冬の釣りはばっちりです。

買ったスプーンをワレットに収納。

K20

充実しました。派手目から地味まで揃えた。同じ種類で。これでサイズとカラーローテーションをひたすら勉強。プラグが釣れそうなんだけど・・。プラグは値段が高いし使える竿もないので、しばらくは封印。たとえ釣れなくてもスプーンで頑張るぞ。

よーし、この装備なら釣れる!釣れる、かなあ?釣れたらいいなあ・・・。

|

« バンドやろうぜ。 | トップページ | 管釣りルアーデビュー。「釣キチけん太」 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事