« 日本のワイン。農民ロッソ&農民ドライ(ココ・ファーム)。 | トップページ | 鮎川湖でワカサギ釣り・爆沈・・・その1。 »

2010年12月 4日 (土)

リリーサー・デビュー、釣りキチけん太。

土曜日って、家の仕事が忙しいよね・・。今日は昨夜ワイン飲んだらグーと眠ってしまい早寝だったから早起きできました。

しかし、洗濯3回、片付けなどをして、ネットをボケーっとみていたらもう午後2時過ぎてた・・なんでなんだ時間てどうしてこんなに早く過ぎるんだ!仕事の疲れもあるのよ・・・。

この時間から遊ぶなら、やっぱ近所の釣りキチけん太ですね。道具を揃えて14時半出発。15時前に到着したが、仕掛けを作って受付は15時5分過ぎ。に、二時間で!「17時までですよ」ええ、いいんです、2時間お願いします。

焦った。あわてるとろくなことはない。なんか糸を絡ませて仕掛けを作り直したら先端のガイドにラインが通ってなくて作り直し。

最初のキャストは15時15分過ぎ・・。もったいない。今日は空いている。フライ4人、ルアー4人くらい。いつもより下流へ。

3q1

やぐらの下。逆光でまぶしい。風は強くて右から左。魚はあまり見えないけどライズ多し。

けど2キャスト目でヒット!前回調子よかったノア1・8グラムのMグリーンで始めたのが正解。

3q2

あ、ネット車に忘れた・・。あわてるとやっぱダメですねえ。車まで戻るのも時間がもったいない。ルアーを持ってひねって外す。

その後もあたり多し。メタリックグリーンはここでは反応がいい。ていうかメタリック系の反応が良いんだよね。放流から時間が過ぎているのでアカキンは使わなかったけど使えばよかったな。

あんまり良くあたるのでノアMグリーン使い続け。7回フッキング4匹キャッチ。

3q3

手でルアーを外すと、結構魚が暴れたりするので危ないんだよね。その都度放して泳がせるもんだから魚も弱るし・・。

あ、そうだ、リリーサーを持っていた。これ使ったことがないから使ってみよう。

これがリリーサー。

3q4

ロデオクラフトのかな?結構安い。

使い方は予習済み。糸をまずリリーサーに引っ掛ける。私の場合、途切れている側を手前にしてラインの向こう側から細棒の部分をラインに当てて左にスライドさせると菱形の先端にラインが納まると。で、ずーと下げて菱形をスプーンが通り抜けてフックが菱形の膨らんだ部分に引っかかると。リリーサーを引っ張りながらロッドを押し出すと簡単に外れました。

これは便利。魚は水以外の物に触れないから弱らない。思ったより簡単だし、魚へのダメージは小さい。コツは、ロッドのグリップから手を最初のガイドの手前くらい短めに持ち替える事。そうすれば手が届くところに魚がいますから。

しかし、キャッチしたのかばれたのかの境目が曖昧になって、釣った数のカウントがわからなくなる。やっぱりネットでキャッチした方が釣り上げたっという感覚になるんだよね・・。ネットは忘れないように。

ポケットからチャット取り出し、スパッと外してぴっぴと水を切りポケットにしまう。一連の動作がなんか上手い人みたいでカッコイイと自分に酔ったり。

下流側に釣り人が移動してきた。下流に風でルアーが流れるのでちょっと上流に移動したらやぐらが目の前で釣り辛いよ・・。交換したビーン青銀2・3グラムが全く当たらず。レンジも合わなくなったみたい。今日はタナがどこでも当たったが、中層より上が良かったかな?

ノアに戻すもカラーが合わずしばらく見失う時間。16時を過ぎると皆さん帰り始めます。風が寒くなったからね・・。ノア・ハウスカラーMピンク裏黒でいくつか釣る。

こっち岸には誰もいなくなった。

3q5

これからの時間がいいのに・・。移動しながらノアMグリーンに戻してポツポツ釣る。しかし、使いすぎかフッキングが甘くなりバラシの連続だよ・・。

いつものポジションに落ち着く。ここで広角にキャスト。

3q6 

16時30分を過ぎたら、いつもの夕マズメパターン、マーシャルトーナメント・タイプ3のGLOWカラー。

暗くなるほどに当たる。

3q7

けど、もう私以外いないよ・・。皆帰るの早いよ、ここからが面白いんだよ~。

交換したフックはいいのか悪いのか。やっぱバラシが多い。

3q8

50分過ぎからはワンキャストワンヒット状態。と思ったら足元でばらした瞬間ルアーが跳ね上がり、ティップにラインが絡まってしまった。手元が暗くてもう直せないよ・・。

5分残して終了~。くうう、この5分が楽しいのにねえ。

夕マズメってほんとに活性が高いよ。

3q9

人がいないのでプレッシャーも無いんだろうね。

今回はリリーサーの使い方が解ったのが収穫でした。

やっぱり2時間はあわただしいです。カラーローテーションやクランクやミノーを使うとかタナを探ったりとか考える余裕が無かった。スプーンのみで行き当たりばったりとなってしまい、充実感はいまひとつ。けど魚の数が多くて活性が高くて釣れたのは良かった。

3q10

実釣1時間40分くらいだったけど、キャッチできたのは10匹ちょいかな?反応はここで今までで一番良い感じでした。フッキングしてバラシたのも多数。やっぱジャンプでばらすのが多かったな。PEラインのせい?腕のせいか・・。

乗るんだけどフッキングした直後にバレるってのも多かったが、それはPEラインの影響もあるんじゃないかなあ?ドラグをもう少し緩くしようか・・。

今回のあたりルアー。

3q11

ノア1・8グラムのMグリーンとハウス・ピンク裏黒。マーシャルトーナメント1・5gのGLOW。

やっぱノアのMグリーンのフック開いちゃってたね。最後ばれ続けたから交換しなくちゃ、ロデオのフック買わないと。

前回当たったメタリックグリーンをパイロットルアーにして、最初釣れ続けられて良かった。今まで最初の1匹目を釣るのに結構時間がかかっていたから。通ってパターンを摑むのも大事。今回Mグリーンが無かったら恐ろしい結果に・・。

やっぱカーディフのXUL-Fは柔らかいよなあ。やり取りは面白いけど、乗せて何となく乗っちゃうみたいな。もっと掛けていく感じのロッドが欲しいな。あと最後のライントラブルはもったいない。やはりロッド2本あればなあ・・。リールとセットで買うか。買うの?

|

« 日本のワイン。農民ロッソ&農民ドライ(ココ・ファーム)。 | トップページ | 鮎川湖でワカサギ釣り・爆沈・・・その1。 »

釣り・釣りキチけん太」カテゴリの記事