« AGF・マキシム・モカブレンド。 | トップページ | 宮城アンヴィレ・リセット放流・その2。 »

2011年1月23日 (日)

宮城アンヴィレ・リセット放流・その1。

  昨日1月22日、二週続けて「宮城アングラーズ・ヴィレッジ(以下MAV)」に釣りに行きました。

今週は寒いし仕事色々あったし土曜日はゆっくり寝ようと思ったのですが、この日MAVではリセット放流なるものが行われるらしい。昨夜に新しいニジマスをどっさり放流するとのこと。正月にやった時はもう凄く釣れたようです。ならば行かなくちゃ・・。

頑張って早起き。6時に高崎の自宅を出発。7時前に到着すると、事務所前には長い列が・・。皆さんやる気満々です。もう良い場所は取れそうもないので、ゆっくりとタックルを準備。

2n1

駐車場も今までで一番混んでいるなあ・・。

もうみんなが釣り始めた頃、チケットを購入。良いポイントはびっしり。

看板側に行こうと思いましたが、目の前に枝の障害物ありでルアーを無くしそう・・。土手を登って、今まで入ったことのない川側へ行きました。

2n2

目の前に噴水となんか青い箱がありますが、まあ良い感じ。

丁度この場所が間隔が妙に開いていたので、ラッキーと思って入ったのですが・・。

目の前の水面が凍っています!アンラッキー・・。

2n3

この日はマイナス4度くらい。日の出の時間なので仕方ない・・。けどこの池の中でここだけ凍ってしまった。この場所の水温が低いのでは?うう、釣れるのか?

上の画像のように、ネットで目の前の届く範囲の氷をすくいましたが、1・5メートル先から沖へ1メートルの部分の氷が取れない・・。何とか1匹釣って、ニジマス君に砕氷してもらう作戦にします。

ううう、しかし、手前でラインが氷に擦れてゴリゴリ言ってる・・。氷にのっけてルアーを手元へ。あう、ガイドが3番目まで凍結、ツララのように下がっています。ラインに付いた氷をスプールに巻き込んで凄い状態。

しかも、なんか活性がよくない・・。水は普段も緑系に濁って、私の好きな魚の見えないエリアなのですが、この日はなんか茶色くかなり濁っています・・。あたりもとても小さい。

10分後、ボトムからの巻上げ、やっとロッドを弱く引き込むあたりで1匹目。

2n4

エフドラッグ1・2gカーキ裏からし。なんか魚も寝ているのかファイトせずにすんなり上がる。けど氷のところで頑張って暴れてもらう。

このスプーンで、今度は中層からロッドを立てた超スロー巻き下げでもう1匹。今回も釣れるたびにデジカメで撮影しているので、釣れたルアーは正確だと思う。数は放流の連荘中では夢中なので撮影していないのもあります。

この2匹に砕氷作業をしてもらい、幅50センチほどの水路が完成。釣りになります。スイッチバック・オリーブで1匹。

日が当たってきて活性が徐々に上がる。エフドラッグ1・2gピンク裏キンで1匹。しかし、このフッキング。

2n5

アタリはまだまだ小さめ。なかなか乗りません。

ここでスタッフの養田さんが来る。

「昨日の夜頑張ってリセット放流したのですが、まだ活性が上がらなくて、相当冷え込んだみたいです」いや~、温度が上がればきっと釣れだしますから。

あちこちで釣れ始めたようです。私は完全に渋めパターンで行きます。

スイッチバック・カーキで8時36分~53分の間で4匹。

2n6

リセット放流は普段よりちょっとサイズが大き目かな?魚も元気が出てきて引いてくれます。

4匹続いていい感じでしたが、実はこのときオレキンで爆釣していた方がいたそうで・・。派手目で出ていたんか~。

9時に最初の放流です。リセット放流しても魚に刺激を与える放流はしてくれます。この辺は流石はMAV。

2n7

ナベチャンの放流魚が空を舞う。

2n8

コレで一気に高活性か?ハイバーストのアカキン。出ないね・・。

やはりエフドラッグか?とピンクキンと青銀で1匹ずつ。放流効果は終わった・・。

その後は、ならば前回よかったエフドラッグ0・9ライトピンク。ポツリと2匹。

2n9

うーん、リセット放流の波に乗れてない・・。

10時50分、2度目の放流。

しかし、この放流は様子が違いました。放流魚を飛ばさずに、ネットを水中に入れてそっと放しています。

2n10

これはMAVに来て初めて見る。この低活性状態での打開策なのか?

そっと放すよ。

2n11 

スタッフさんも色々工夫してくれます。釣れるように頑張ってくれるところが嬉しいです。

今度こそ放流モードで。ドーナ2gアカキン。連続ヒット。よ~しいけるぞー。

はああ、目の前の青い箱に引っ掛けちゃった・・。放流で信頼しているドーナアカキンを失くして呆然。

いや、ドーナアカキンは1グラムも持っている。これで・・・。底に引っ掛けてロスト・・。くうう。

どうも今回入っているところはなんか目の前の底に障害物がある。あと底に藻がかなりあってボトムを引きずると必ず藻が付いてきます。気をつけなくちゃ。

そうこうしている内に放流効果もおしまい。

そこに養田さんがやってきました。スタンドに挿してあるベレッツア602ULGクランクロッドを見つけると、「クラピー釣れているみたいですよ」え?そうなんですか?さっきちょっとやったけど出なくて・・。

「じゃあ、クランクのここでの釣り方を教えますよ~」ありがとうございます!

「6ミリシンカー2枚貼りは正解です。で、このフック。クランク用のフックって嫌いなんですよ」と言って、フックを交換してくれました。「00番のリングを追加します。こうするとスプーン用のフックが使えるんですよ」

おお、リングを追加してクランクからフックを離すと釣れるというのは聞いたことがありますが、なるほどスプーンのフックが使える、ならばお勧めの細軸フックが使えるわけですね。

「寒い時は作業が辛いので、先に00番をつけて、それから付属のリングをつける。こうすればフック交換もやりやすい」

2n12_2

11番#8フック。しかもクランクフックよりブレが少なくなりフッキングしやすくなるらしい。

「ちょっと投げてもいいですか?」今度はクランクの操作をレクチャーしてくれます。

着水してこの時期は5回リーリングして沈める。引く感じのアクション、戻す感じのアクション、ロッドではなくリーリングで緩急をつけるアクションを教えてくれました。

最後にミノーのトゥイッチみたいに4回ほど短くアクションをしてからずーっと引く。それをやって1匹ヒット!凄い~。またかっちょ良く釣り上げてしまいました。

スタッフさんが親切丁寧に釣り方を教えてくれる、MAVはホント嬉しいです。お世話になりました~。

早速やってみる。なかなかロッドさばきが難しい。唯一できそうな引っ張る感じのアクションで、おおヒット!

2n13

このアクションのクランクで2匹釣れました。マイクロクラピーDRココアミルクね。

さて、お昼も近くなったので休憩。先ほどスタッフのヤマチャンが串焼きの注文を取りに来たので頼んだ鶏串が出来たとの放送があった。

イワナ池は今日も釣れているみたい。

2n14

トラウトが安定して釣れるようになったら、イワナもミノーで狙いたいなあ。

焼き処山崎屋へ。ヤマチャンは今日も快調に焼いていますね。味付けはお任せのお薦めで。

鶏串もでかいです!

2n15

旨い。これが一番好きかも。炭火の香りがよい。

2n16

塩ダレと胡椒の味付けが絶妙。くううビールが欲しい!目の前にビールの自販機が・・・。我慢~。

あー美味しかった。中池に戻ってベンチに座り持って来たパンを食べます。いつもは昼食は串焼きだけですが、今日は長丁場になりそうなのでしっかり食べる。

2n17

今回の釣り座は、右のオレンジのタックルボックスの向こう隣ね。

売店でスプーンも買ってきた。ナベチャンお薦めのファットバディーと、エフドラッグ、スイッチバックを追加。

2n18

さあ、午後です。リセット放流の効果でいよいよ大爆釣か?アンヴィレ道場連勝なるか?

そろそろ1杯やりたいので、続きはまた明日です。引っ張るな~・・。

|

« AGF・マキシム・モカブレンド。 | トップページ | 宮城アンヴィレ・リセット放流・その2。 »

釣り・宮城アングラーズヴィレッジ」カテゴリの記事