« ベースのれんしゅう。 | トップページ | 入漁証年券を購入。 »

2011年2月24日 (木)

VWシャラン・デビュー。

先日、ポロでお世話になっているフォルクスワーゲンのディーラーからDMが届きました。

VWからフルサイズミニバンがデビューするらしい。これが届いたDM。今週末はデビューフェア。

1t1

シャラン。三列シートのスライドドアのミニバンです。

1t2

そういえば今のVWのラインナップにこういうミニバンはなかったですね・・。こういうのは日本車のお得意分野なんですが、VWのを乗る価値があるのかが気になるところ。

やはりエンジンは最近のVWお得意の小排気量過給機付きエンジンTSIです。

エコを気にして、ブレーキエネルギー回生システムのブルーモーションとアイドリングストップを搭載して、ミニバンなのにリッター14キロの燃費。

しかし、全長4・8メートル、全幅1・9メートル、重量1・8トンのこの立派なボディーに対し、エンジン排気量はなんと1400CCだっ!

これは驚いたの1・4リッターミニバンです。ツインチャージャーの方なので、出力は150PSと、走るとは思いますが・・。

F1の世界では、昔の1・5リッターターボの時代が最もハイパワーだったと言われています。過給機が付けば排気量なんて問題じゃなくなるということです。

ですが、車格としてどうなのよと。

日本の市場だと、やはり排気量というのが車格を表す指標になっていると思う。このクラスのミニバンだと、2400CCが標準だと思うし、3リッター以上のV6あたりでステータスという感じでは?

なので、日本市場でこの小排気量ミニバンが受け入れられるのかが心配です。VWらしく走りの質感などは上質だと思いますが、このクラスの外車にはステータス感を求める人も多いかと思います。1・4リッターでそれが出るのかと。威張りは効かないかなあ。私の9Nポロも1・4リッターだもの。

価格は・・・。

1t3

379万円~438万円。

果たして日本人が1・4リッターの車にこの価格を支払うのか?車格という概念を壊して売れるのか?やはりエコを起点に売っていくのかな。今後が気になります。

|

« ベースのれんしゅう。 | トップページ | 入漁証年券を購入。 »

フォルクスワーゲン・ポロ」カテゴリの記事