« 春の準備。 | トップページ | らーめんや なかじゅう亭。 »

2011年3月 1日 (火)

解禁見学。

今日は、ここ群馬では渓流釣りの解禁日です。

平日なので仕事です・・。好きな人は休んで行っちゃうんでしょうね。

早めに仕事が上がれたので、川を見に行きます。とは言ってももう夕方。近いところへ。昨年は、烏川の水沼橋、碓氷川の西尾橋に見に行きましたので、今回は違うところへ行こう。南牧川まで行ったら真っ暗になっちゃうよ・・。

小さな川、榛名白川を見に行きました。ここは高崎の自宅から一番近いヤマメの棲む川。住宅の中の里川。なのに何故か春に2回も放流があり、地元の漁協は力を入れています。どうして?

箕郷から鳴沢湖に行く橋、栄橋に行く。ここからが渓流釣り場。この下流にはニジマス放流も20日にやります。管理釣り場「釣りキチけん太」入り口の橋。

1q1

橋の横に駐車スペースがあり、この看板が立っています。

一人釣り人が帰り支度中。川では誰も釣っていません。釣れたのかなあ?

堰堤が連続する川です。

1q2

開けている川ですが葦が凄く茂る。葦の枯れている時期が釣り易そう。夏場は川の中を上がるしかないが、小さな堰堤が連続して苦労しそう。少し上流に釣り人が一人。

落ち込みには魚がいそうな雰囲気です。フライではどうかな?

1q3

支流の車川を見に行きます。4人ほど釣り人が入っていたので放流があったのかな?

1q4

車川も小さな川。静かになったら来てみたい。流れが二つに分かれるあたりまで釣りをしていた。

白川本流は城見橋から上流が渓流の趣。人家がなくなり、農業大学校の下は谷が深い。けど道はあるようです。葦が茂ったら入渓が難しいでしょう。

その上流また開けて集落の橋が落合橋。ここまでが成魚放流区間。ここも3人ほど釣っています。橋の先に車を止めて川を見ていたら、車が岸に。釣り始めます。

1q5

ここまで魚を放したということですか。この先分岐し、流れは細くなる。

夕方遅くまで竿を振っていたので、釣れたのかもしれません。見切れば烏川に行くものね。ていうか、普通烏川に行くと思うけどなあ。私もこういう小さな川の方が好きなので、そういう釣り人もいるということでしょう。

何せ小さな川なので、これだけ釣り人が入っているとすぐに魚は減ってスレると思うよ。もう少し水温が上がってからの朝や夕方もいいかも。4月10日の2回目の放流のあとならドライでいけるかなあ。

裏技的な川ですな。放流時以外は数は期待できなそう。休日はここより烏川に行っちゃうと思うけど、仕事が早く上がれたら夕方に来てみようかなあ・・。開けていて熊が出ない気がするし。

さあ、週末はどの川へ行こうかな?

|

« 春の準備。 | トップページ | らーめんや なかじゅう亭。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事