« 靴を磨く。 | トップページ | 今年最初のヤマメ。 »

2011年4月 9日 (土)

計画停電を終了。

計画停電は終わったと新聞に書いてあった。

「東京電力は8日、計画停電の実施を同日以降打ち切り、冷房用の電力需要が高まる夏も原則実施しない方針を発表した。」

信じていいの?原則って何?真夏はエアコン使えるの?いや、これも皆の節電が原則ということなんだろうね。

火力発電所を復旧させ、また海外からプラントを取り寄せ増設したりして対応するよう。現在東電で稼動させている原子炉は、柏崎の4機のみ。調べてみたらこの柏崎って世界最大の原発なんだってね・・。あと東電が震災前までに稼動させていたのは今停止中の福島第一と第二。この三箇所の原発で東電はやっていた(もう一箇所青森県(何で青森まで・・)で建設中)。もうちょい火力発電所を増やして、柏崎も止めていいんじゃないのか?ちゃんと補強工事が完了するまで。

この計画停電に、我々関東人は応対してきた。電力に依存するヨーグルトと納豆が無くなった。新学期に入って学校給食が難しくなり、TVで見たけどパンとスープだけという学校もあった。インタビューに答えた小学生は「ちょっと少なくなったけど、地震にあって避難している人はパン1個とかもっと少ないので、我慢します」とけなげ。えらいぞ~。被災して辛い人達のことを思えば我慢できたよね。

これで、我々も普通の生活が戻ってきて、日本を前に進めようよ。被災地の復興を後押ししなくては。余震が続いて被災地の皆さんも心細いと思うけど、どうか希望を持って。皆でがんばりましょう。

ただ、景気も回復させなければならないが、またもとの平和な感覚に戻ってはいけない、危機意識は継続させよう。なぜかというと気になるのが福島第一原発。どこまで東電や政府のことを信じてよいのやら。

汚染水放出では世界に怒られてしまったし。

私は第一原発のデータを公表しているサイトを見ている。

1号機の放射能量が8日に異常に上がったけど東電は測定機器の故障とのこと。

1c1

1号機は、燃料棒の損傷が一番酷く、水素爆発で建屋が損傷。原子炉内部にも水素が溜まり、酸素があれば原子炉の爆発もありえる。酸素は本来原子炉内には無いそうだが、放射線で水が分解され酸素が発生するそう。怖い・・。なので窒素を入れ始め、爆発を抑えようとしているそう。

2号機は、既に原子炉の下部の装置が破損しているようで、内部の高放射能な冷却水が漏れている。

3号機は水素爆発の影響で配管はどうなっているのか。注水を続けているので、使用済み燃料プールの冷却機能は損失しているのだろう。

4号機は停止中だったが、使用済み核燃料がプールにたっぷり保管されており、発熱中。しかし保管プールの冷却機能はもう無い。蒸発する冷却水は減少、燃料棒が露出すれば大変なことに。壊れた屋根の上からコンクリートポンプ車で注水するも溢れれば汚染水が漏れるので、蒸発したぶんを足すだけで温度は下がってくれない。

冷却材の漏えいが無いのは4~6号機。1~3号機は漏れている。高放射能を帯びた水は建屋の下に溜まっていく。

周囲の土壌汚染はチェルノブイリを越えたという報道も目にしたが、周辺に住んでいた方々が帰れるのはいつになるのだろうか。

まだまだ危険な状況であるのは変わらないのです。

現在どうなっているかは、これを読めば、解るはず。作業員で負傷している方も増えている。

斉藤和義 「ずっとウソだった」(ユーチューブ)

♪ずっとウソだったんだぜ ホウレンソウ食いてえなあ♪

斉藤サン、かっこいいよ。天国で清志郎も笑っていることだろう。応援するぜ。

原子力が安全だっていうことはウソだった。未曾有の災害だったとかどんな言い訳をしても事実として。君も見ただろう?

彼は自分の曲を犠牲にしてまでもメッセージを発信している。だって原曲は切ない良い曲だもの。

ずっと好きだった(プロモ)(ユーチューブ)

このプロモすげえ。ゲットバックのパロだけどジョージ似すぎ。

彼が言いたいのはひとつ、想定外ということで原発が安全というのがウソだったんだということ。

想定外とはあってはならない。今回より酷いM9.0の直下型だったらどうなったんだ?

そこまで高い津波は想定外?全電源の喪失はありえない?そうなっちゃっただろう。

同じく被災地の福島第2や女川は破損しながらもリカバリーした。何故第一が駄目になったのか。GE設計の原子炉マーク1がクソだったとか、欠陥を改修するのに金が掛かる構造で想定外の部分は放置されたとか言われているが、人が関わる部分でウソがあったのではないか。

人間が関わる事柄は思惑が邪魔をする。金がかかることはなおさらだ。

他の原発ではこんな原発事故もあったんだ。

  • 「事故後に、所長以下関係者が発電所へ集まって対応を協議しましたが、約2ヵ月後に控えていた2号機着工などに影響があると考え、最終的に所長が外部へ報告しないことを決断しました。
  • 事故に関するデータを改ざんして必要な記録を残していませんでした。」
  • 絶句だよ。

    最初に1号機が吹っ飛んだ時、私は慌ててガソリンスタンドに行った。買占めの走りだと非難されそうだけど、恐ろしいのはあの時ガソリンスタンドはガラガラだったこと。あの画像を見れば誰もが逃げたくなると思ったのに。あの時は建屋の損傷だったけど、もし原子炉の爆発が起こっていたら、100キロ圏内は誰も今頃いない。東京だってまともに機能してなかっただろう。

    今日の関東は雨が降ったり止んだりで、渓流釣りには良かったろうね。けど、出掛ける気にはなれなかったよ。

    今度のことは5年、10年後に色々なことが起こり出すかもしれない。

    復興の為に、明るく頑張らばければならない。ただ、原子炉はいまだに安定していない。そこのところは危機意識を持っていたいと思う。

    |

    « 靴を磨く。 | トップページ | 今年最初のヤマメ。 »

    つぶやき日記」カテゴリの記事