« ピナレロFP2(2011年モデル)詳細。 | トップページ | 勝った! »

2011年7月11日 (月)

四十九日法要。

早いもので、父が亡くなって四十九日が経ちました。昨日は四十九日法要を行いました(実際は四十八日目だが休みの日にあわせたのだ)。

うちの菩提寺。浄土宗の由緒あるお寺さん。

3u1

徳川将軍家を家康の頃から支えた井伊家ゆかりのお寺。江戸時代の城跡のすぐ横にある。

自分の家が浄土宗だなんて親が亡くなって初めて意識しました。あまり宗教に縁が無い生活だったもので。

昨日はここ群馬県が国内最高気温で、この日も猛暑日。めちゃくちゃ暑くって、参列してくださったご親戚に申し訳ない感じ。

いろいろあってこの日になったのだが、本当は3ヶ月またいでいるので、あまりよろしくないのです。けど仕方ないんだよ・・。

本堂で蝉の声を聞きながら、四十九日法要が始まりました。参列者は遺族と近い親戚のみです。暑さで背中に汗が流れましたが、ご住職からありがたいお経を頂き、お焼香をして無事終了。お焼香の作法をご住職に教わりましたが、親指人差し指中指の3本で香をつまんで指を上に向け左手を下に添えて顔の前に掲げ祈りをこめるそうで。回数にも意味があるが気にせずに気持ちをこめてくださいとのこと。

ちなみに四十九日とは?父が亡くなって、7日ごとに閻魔大王から裁きを受けています。49日目が父が極楽浄土へ行けるかの最終審判の日なのです。これまでの遺族の祈りが父の善行を足していき閻魔大王のジャッジに有効ポイントとなり良い判断をいただけるのです。なので追善法要と呼ばれます。七七日ともいいます。遺族にとっては忌明けとなります。家にあったお骨はお寺へ、祭壇はこれで無くなります。

やることは、四十九日法要。お墓の開眼法要(お墓を新築したし改築する時に閉眼したからね)、白木の位牌を黒塗りの本位牌にする位牌の開眼法要、お墓にお骨を入れる納骨式。その後お食事会です。

段取りは、お寺でやるか家の仏壇の前でやるか?人数も14人ほどいらっしゃり納骨もやるのでお寺でやることに決定。お寺に打ち合せに行き、段取りや作法を教えてもらう。葬儀屋さんには、本位牌を作ってもらい、葬儀パックにサービスとして付いてきた四十九日法要の祭壇の花をお願いする。あと供物の果物も。お墓を作ってもらった石屋さんにはお骨を入れる作業をお願いする。食事会を地元の温泉ホテルで行うことにして、食事プランと引き出物とお餅の手配、出欠席葉書の作成をお願いする。

なかなか大変です・・。

法要を本堂でやった後はお墓に移動。

3u7 

これは今日撮った画像ですが。

ここは竹やぶがあって日陰でよかった。法要しつつ納骨。逆さまだった家紋は蓋の部分だったので、石屋さんにひっくりかえしてもらって正しい位置になりました。白木のお膳に塩、生米を一掴みとお酒2合。法要が終わったらお墓の周りに撒きます。おだんすという真ん中がへこんだお団子をお墓でみんなで食べます。

これにて終了。

地元の磯部温泉へ。大型温泉ホテルの磯部ガーデンでやります。お寺から車で移動。

ここは舌切り雀のお宿として有名。

3u2_2

スズメの舌を切ったというハサミなどが展示されるが、そもそも作り話なので無理も生じる・・。

この界隈では高級旅館。母方の親戚は磯部ですが、灯台下暗しで皆さん来たのは初めて。私も組合の会合などで数回来たのみ。地元の人は、やはりあまり行かないのです。

ロビーは節電で少し暗いが、吹き抜けから日が差して良い感じ。池があってきれい。

3u3

料理も品数豊富でよかった。

3u4

揚げたての天ぷらと、お肉の鍋と、コンロで炊く釜飯とお椀が付く。

和室で椅子席にしてもらったので楽でした。会食後の風景。

3u5

料理と飲み物で一人6000円くらい。引き出物はタオルケットで5000円くらい。お餅が400円だったか。花束がサービスで付きました。

なかなか美味しかった。

親しい親戚ばかりなので気軽に出来ました。これまでの会食はお酒を注いでまわるのでご飯が食べられなかったけど、今回は1回注いでバクバク食べた。隣の席のいとこと話が弾んだ。昔話だよ・・。親戚と親睦が深められて良かった。これからは親に代わって親戚と付き合っていかなければならないから。

もう父母の兄弟も亡くなったり病気で寝ていたりで、連絡で電話した時割といとこと会話したんだけど、これからは我々いとこ同士が結束して法事とかやっていくんだろうねって。

暑い一日でした・・。

喪主がやることは法要前と食事会前のお礼の挨拶くらいか。献杯は親戚の長老にやってもらう。

ああ、お寺にお礼をお渡ししました。

四十九日法要のお布施5万円。お墓の開眼法要(お墓の代金の10%)6万円、位牌の開眼法要1万円、墓地の永代使用料(追加墓所分)15万円(これはかなり安いと思う・・)、十三仏の掛け軸借りたお礼1万円、ご住職が会食を辞退されたので御膳料1万円です。全て別袋。本来はお盆に乗せるのですが、袱紗に包んでひろげてお渡ししました。

お墓にお骨を収めてくれた石屋さんに、お清め1万円。

はー、これで少しは荷が下りました。

次は8月中ごろの新盆があります。

お父さん、安らかにお眠りくださいね。

|

« ピナレロFP2(2011年モデル)詳細。 | トップページ | 勝った! »

葬儀」カテゴリの記事