« JINSで2本目。 | トップページ | 夏の釣りキチけん太・2日目・マートー編。 »

2011年8月26日 (金)

夏の釣りキチけん太・1日目・EIEN編。

夏休みはどっこも行かない~。

後半4日間の夏休み中、3日を地元の管理釣り場釣りキチけん太で釣りをするという、これぞ贅沢の極みです。

自宅から車で20分ちょい、高崎の誇る釣りキチけん太。

3f1_2

もう秋、いよいよ管釣りトラウトルアー釣りの本格始動です。今年こそはスプーンの釣りをマスターしたい。漠然と釣っても釣れる時は釣れる管釣りですが、スプーンでゲームを組み立てることが醍醐味だと思うのです。

スプーンはイヤというほど持っていますが、さらに追加をと楽天ショップでお取り寄せ。

3f2_2

お店のステッカーが付いてきた。ここは発送が速くて良いお店です。

買ったのは、放流時に期待のドーナ1・5グラムを追加。

3f3_2

さらに、評判がいいけどいまひとつメジャーじゃないので期待のEIEN。

3f4_2

塗装の発色が良くて綺麗。肉球マークがかわいい。

3f5_2

カラーローテーションが出来るように、買うときはごっそりと買います。2,3個だとなんか使いにくい。最近はイエローが基準。水が濁っていればカラシ、ピンク系、魚の活性が高ければ派手、低ければ地味、放流時はメタリック。

買い忘れたカラーを追加で頼んだら、またステッカーくれた。

3f6

今回からハードケースタイプのワレットに収納。やっぱメイン釣り場の宮城AVのヒットルアーが大半ですが。

3f7

これをメインにローテーションしていきます。さて、後半夏休みの初日午前の用事を済ませて午後遅くに到着。2~3時間の釣りなのでシンプルな道具で。

プラノのタックルボックスは無しで、ロッド1本、ネットとバック。中身は上記のワレット。

3f8

15時到着なので閉園の18時まで3時間やろう。すみませーん。

・・・あれ?

3f9

あれれ?おじさんがいないよ、誰もいないよ。奥のほうに呼びかけても出てこない。

釣りをしている人は4人ほどいますが・・。事務所はシーンとしています。

3f10_3

うおおお、始まって以来、釣り場の人がいなくて釣れずのボウズになってしまうのか?!

30分近く待って、車から降りておじさんが来ました。ああ良かった、お願いします。

「イヤイヤ、私はここの人じゃないんだけどさ」あ、すんません。「うん、何時間やる?」と券を探す。え?発券するの?そこに本物のおじさんがやってきました。お知り合いだったのね。この緩さがこの釣り場の良いところです。

おじさん、草刈機があったから作業で疲れていたのね。結局15:30~17:30の2時間となりました・・。

池は、最近毎日雨なのでかなり濁っています。ライズも無く、活性は低そう。

3f11_2

夏場のトラウトは、前回の大崎つりぼりでも苦戦したので難しい。高水温で弱っている虹鱒の活性が出る場所は。

このインレットですね。

3f12

夏場はまずはインレットがセオリー。ていうかこの池を見渡しても、ここ以外は澱んでいる感じ。他の釣り人は何故ここを攻めないの?ここは水温が低いし、この勢いある流れ込みなら酸素もあるし、活性は高いはず。

ロッドはいつものシンクロナイザー・ライドオン5フィート10インチ。柔らかいXULロッドです。乗せロッドで食わせやすくバラシ難いそうですが・・。

3f13_2

今日は基本的にEIEN縛りで。折角買い揃えたから。まずはEIEN1・4グラム黄色の裏カラシ。表層から。竿をを立てて。

1投目からヒット。けどバラシ。2投目ヒット。けどバラシ。落ち着いて~。

3投目のヒットでキャッチ。

3f14

しかし夏の虹鱒は元気がいい。物凄く引きます。大崎つりぼりのはジャンプ系だったけど、ここのは走るし潜る。ぐいぐい引いて楽しい。ライドオンが曲がりすぎて25センチクラスでも寄ってきません。

3f15

この曲がり。楽しいが走っているうちにばれてしまったり。真冬の虹鱒はおとなしく上がってくるのであまりばれませんが、真夏の虹鱒は曲者です。もう少し寄せやすいロッドの方がばれないんじゃない?

EIENが良いのかこのポイントの活性が高いのか。

3f16

最初の5キャストで4ヒット2キャッチ2バラシ。

これは今日はいい釣りになるかな?というのは甘い考えですぐに当たらなくなる。カラーローテ。EIENカラシ。

3f17

1キャストで2回は当たる。けど、やっぱツン、って感じの早いバイトで喰わない。そこを何とか乗せていく。

平日のインレットは誰もいないので好き放題。奥の流れ込みにキャストし順番に白泡をくぐらせる、流れに乗せる、流れを斜めに横切る、流れ込みの間の緩やかな部分を通す。どれも当たる。

ルアーを咥えて一緒に流れに乗るのかアタリがとりにくい。ぐっと喰ってドラグがじっと鳴っても外れちゃうし。ドラグを締めたけどだめだなあ。もっと掛けていくロッドがいいのかなあ?

途中、釣れているのを見た家族連れが2組やってきたので手前側だけで釣る。16:30までの1時間で、ジッと鳴るバイトは多数あったものの結局9匹キャッチ、6~7匹バラシというところ・・。バラシやっぱ多すぎ。

その頃、2人組がやってきてインレットを攻める。常連だろうかここが釣れるのを知っているようでインレット側からキャストを始めてしまった。

ここを諦めて、軽装なので池をぐるっと回ることにする。冬場メインで釣っているやぐらの前。

3f18

当たらないね・・。活性が低いというか魚を感じない。

無理かなあと思いながら一番下流部へ。タナを探るがやはり表層に反応が。ここはいるぞ。

3f19

水が止まっていますが魚は多い感じ。けど活性はやはり低くコツコツとあたるのみ。

ようやく出しました。

3f20

今日のあたりのEIEN黄色裏カラシ。

ここなんかはもう、マブナのポイントといった感じ・・。

3f21

表層をねちねち攻めて引っ張り出しました。

3f22

活性の低いところから魚を出すのも楽しい。

結局17時半までの1時間はこの2匹のみ。2時間で11匹でした。バラシすぎたし。ずっとインレットでやっていたらもう少し伸びていたでしょう。

ヒットルアーは・・。今日はEIENだけでローテーションしてみて、色々使ったのですが釣れたのはこのカラーだけでした。

EIEN1・4グラム 黄色裏カラシ、カラシ。

3f23

夏はなんか黄色が当たるな~。濁っているから?

曇りで真夏のような暑さはありませんでしたが、それでも蒸し暑い。やはり活性のある魚はインレット。

夏場の釣りキチけん太は、まずはインレットを攻めよう。横からなら2名様、インレット側からなら4名様くらいの限定ポイント、早い者勝ち~。けど下流部もねちねちやると出ます。

真夏の管釣りは冬と違った難しさがありますね。

一日目終了。2日目に続きます。

|

« JINSで2本目。 | トップページ | 夏の釣りキチけん太・2日目・マートー編。 »

釣り・釣りキチけん太」カテゴリの記事