« 長野堰小径散歩走。 | トップページ | ライブ終了。 »

2011年10月23日 (日)

ベリーズ青柳・まだか、まだなのか・・。

昨日は二日酔いで唸っていましたが、本日は復活。雨もあがったし釣りにいこう。

ここ群馬は、私がやっている鱒のルアー釣りの管理釣り場が沢山あります。しかし、メインの赤城山南麓は、自宅の高崎から1時間ちょい掛かってしまう。もっと近くに良い釣り場はないかと探していってみたのがここ。

ベリーズ青柳。

2g1

前橋の市街地を抜けてすぐ。高崎の自宅から35分。地元の釣キチけん太(自宅から20分)に次いで近い釣り場です。これで釣れるなら通っちゃうぞ。

ポンドは小さめですが、釣りには問題ない。廻りにマンションとかあるので小さく感じるのかもしれない。

2g2

やっぱり早起きは出来ないので、11時半到着。午後の12時からの半日券で入場するつもりなので、しばらく見学。

すると、事務所の方に声をかけていただいた。上品な感じの優しいおばちゃまです。初めて来たのでよろしくとご挨拶。釣り場の説明をしていただきます。

深さは最大4メートルあるそう。そりゃ深いや。冬場のボトムはどうなるんだろう?魚は、週末にまとめてトラックで放流。今はまだピークの放流量ではないが徐々に増えていくとのこと。護岸はコンクリートで手前は小石が敷いてある。ゴミも落ちていないし、手入れが行き届いている感じ。まだ色々工事中のようですが、整備されています。御夫婦でやっているようで、しっかり管理されているようで期待が膨らむ。

が、見た感じ、10人ほど釣っていますが20分見ていて釣れたのは1匹・・。

おばちゃまに様子を聞くと、魚は入っていますが、また気温が上がって渋いんですよ。昨日もレギュラーサイズのニジマスをトラック放流。早朝はいいんですが、お昼ごろはもう・・。今年はなかなか気温が下がらないのでどうなっているのだか・・、とのこと。確かに今日も午後は半袖でいけます。皆さん半袖状態。やはり平地エリア、赤城南麓より水温も高いので厳しそう。

どうしようかなあ?と思ったけど、一人を除いて皆さん午前券だそうで。午後はかなり空くので、ならばのんびりやりますと言って午後券を購入。

ここは冬の風が強いらしく、本番の空っ風の中で釣るのが一番いい時期とのこと。辛いですが・・。いや群馬県民なら空っ風は平気ですから。真冬に期待するとして、この状況での釣りを楽しみましょう。

駐車場はポンドの脇、事務所のすぐ裏にあります。

2g3

以前はこの画像の奥側、川の向こうのマンションの横の駐車場のみだったかが、昨シーズンこの近い駐車場が出来たそう。ポンドの横の道に看板があり、細いダート道を入ります。12~3台可能。満車なら以前の川向こうに駐車するそう。

さて、お昼、皆帰ったね・・。ガラガラだよ。私ともう一人だけ。場所は選び放題。

2g4

水温が高いし日差しも強い。活性の高い魚はインレットの表層と考えてみる。放水口は4箇所。事務所側の手前の放水口に入ります。

2g5

2gのスプーンで対岸まで行ってしまいそう。

水はマディって程じゃないけど濁っている。

2g6_2

私の好きな全く魚が見えないポンド。たまに40センチほどのブルックやレインボーが見えます。

ハイバースト1・3グラムで入るが無反応。

ライズは散発ですが、何かスイッチが入ると盛んにライズが起こる。すると当たりも始まる。

おばちゃんは、スプーンとの相性の良い釣り場です、と言っていたのでスプーンで探る。

マートー不発。タナもボトムまで探るが、やはり表層が濃い感じ。

ならばと、最近の表層パターンのウィーパー0.9グラム。しかも何故か当たっているバッタコンポジットで1匹目。

2g7

流れの沖を横切らせて。開始10分。ホッとする。このペースでいけるかな?ただ魚の引きがとても弱かったのが心配。

その後沈黙。ウィーパーで竿を立てたり寝かしたり。食いが浅いのか少しばらして、20分後2匹目。ウィーパー09、コンクリートオアシス。

2g8

ウィーパーはカラーの名前が面白い。魚の型はちょっと小さめ。

今回は久しぶりにプラノをもって来ました。やっぱスタンドがあると便利だし、どんなルアーがいいのかわからないし。

2g9

プラスチックのルアーケースは本来横4列だけど、縦で8列に改造。マジックテープでプラノにくっついています。

その後お客が5人ほど増えますが、皆さん沈黙・・。日差しが眩しい。ますます気温が上がりTシャツ1枚で過ごせる。

こりゃあかん。クランクにする。シャロークランクも当たりなし。表層のちょっと下を狙う。モカSSダークグリーンのデッドスロー引き。1時間ぶりの1匹。いくつかバラして、もう一寸潜らないように・・。

ミディアムクラピーのグレープ半透明。

2g10

これを潜らないように超デッドスローで引く。基本はフローティングなので表層で使える。他のクラピーは皆シンカーが貼ってあるのでこれだけシャローで使えるの・・。あたりが浅くてなかなか乗らない。乗ってもバラシて・・。

10月後半と思えないくらいの陽気。気持ちいいけど、当たりも遠のいて一寸休憩。

事務所横のトイレに行く。綺麗な洋式。事務所はプレハブで小さめ。ご飯はカップヌードルのみ。

おばちゃんに、結構釣れてるじゃないですか、と言われる。ここまで4匹ですが・・・。5~6匹バラしているから、確かに私が一番竿は曲がっているかも・・。

販売機でペットボトル買って、持って来たパンを食べて休憩。

その後もクランクで続ける。

今回はロッドは1本。シンクロナイザー・ライドオン。

2g11

ロックオンも持ってきましたが、この渋い状況は乗せロッドだろうと。はじかないようにばらさないようにとこの柔らかいロッドを使う。クランクもいけるロッド。けどやっぱクランクロッドじゃないし~、腕もないし~、フッキングが浅めでバラシを連発。

さっきのミディアムクラピーでもう1匹。ここまでの釣果。12時台2匹、13時台1匹、14時台1匹、15時台1匹・・。5匹だよ。まあ、ポンド全体でも1時間に3匹あがるかというところ。私ったら健闘しているのよ。

こういう低活性時には、途中に網で放流してもらえない釣り場は苦しいんだよね。昨日トラックで放流はされて魚はいるんだけど、活性が上がらない。

スプーンでやり直す。マートーで掛けたがバラシ・・。

16時におじさんがやってくる。「魚はいるんだけど、なんで釣れないんだろうね」と言いながらペレットを撒いてくれました!水面におびただしい数の魚がジャンプ!これはいただき。

けど、放流ならアカキンだけど、ペレット撒きなら?ペレットカラーか?手持ちで唯一のペレットカラー、EIEN1・4gのペレット。無数のライズにキャスト。

3連荘だ~。

2g12

活性が上がり、魚の引きも強くなりやり取りが楽しい。

まだ、ライズがあちこちで続いています。流れの横を狙う。表層ならやっぱりウィーパー0.9グラムしかもバッタコンポジットだよな。

4連荘!

2g13

型もでっぷりとしてきてとてもよく引く。なんか斑点の濃い奴が続いて型も上がったので別の放流魚にスイッチが入ったか。

もう~、もっと早くペレット撒いてよ。20分間で7匹出ました。

17時、日が沈んで終了。

2g14_2

やはり魚は多いのでスイッチが入れば。活性だよな。もうちょっと温度が下がればここは一気に活性が上がる予感。20度以下になれば相当いけるのでは?

うん、最後で楽しかったので良かった。

2g15

おばちゃんにこれからも宜しくとご挨拶いただく。こちらこそ、家から近いんで通いますよとご挨拶。良い人がやっているので気持ちよい釣り場。また来よう。

冬になったら大型の色物も放流するとのこと。この時期は毎週末トラック放流して魚を増やすとのこと。途中放流はないからトラック放流の日が狙い目です。もうすぐ気温も下がるから、もうすぐ、もうすぐです・・。

ちなみにポンド横の駐車場が満車の時は、このアパートの隣にある駐車場に車を置く。

2g16

上流の橋を渡ってちょっと歩きますが・・。けど、手前の川を見ると。

水位が低ければ渡れそうになっていました。これなら近い。

2g17

本日の当たりルアー・あんまり当たらなかったけど・・。

2g18

ウィーパー0・9gバッタコンポジット5匹、同コンクリートオアシス1匹、EIEN1・4gペレット3匹、モカSSモスグリーン1匹、ミディアムクラピーグレープ透明2匹。

キャッチ12匹、バラシ7~8匹といったところ・・。

寒波が来ればなあ・・。せめてパーカーを着る位の気温になれば、ここは釣れそうですよ。

ポイントカードももらった。

2g20

キャラが可愛い。

今シーズンのメイン釣り場になるかな。

それは次回の釣果次第。

|

« 長野堰小径散歩走。 | トップページ | ライブ終了。 »

釣り・FPベリーズ青柳」カテゴリの記事