« 小田原への旅・その3・洋便VS和便編。 | トップページ | 小田原への旅・その5・思い出の道編。 »

2011年10月 4日 (火)

小田原への旅・その4・ホテル・ボストンイン小田原。

小田原の旅、前回の続き。今夜の宿は、ビジネスホテルのボストンイン小田原です。

2n1

なんか外観は凝っていて、違う系統のホテルの様ですが、ビジネスホテルです。

小田原は駅周辺に小規模なビジネスホテルが点在しています。部屋数はそれ程多くないので、週末は2週間程前にはどこも満室になってしまう。価格も全体に高めですかね?

この日も殆ど満室で、楽天トラベルで探して予約が取れたのがここ。もっと駅前が良かったが、ここは少し歩く。駅から徒歩15分~20分くらいかな。初めて来る人にはわかり難い場所。部屋がやや広いが値段がちょっと高め。禁煙シングルで6930円でした。

小田原は駅前に大手チェーンの大規模ホテルが無い。やはりビジネスマンにとっては日帰り圏内なのだろう。小さい古めのホテルが改装をしながら少し高めの料金で営業している感じ。数ヶ月ネットで予約検索してきたが満室率は高そうなので意外と宿泊はしてるか?ルートインや東横インやアパなんかにはチャンスかも?

ホテルクニミ、クリスタルってところが見たら綺麗な感じだった。ホテル登山は改修したよう、ポシュは二人向きでちょっと高いね。小田原は通いそうなので、色々宿泊するつもり。

フロントは綺麗。アンティークな感じを演出。

2n2

フロントのおば様がなかなか出てこなくて、次の客も来て受付に手間取っていた。カードは使用可。なかなか親切な対応で丁寧。

フロントは2階。1階から乗れたエレベーターは1階乗り口が封鎖され、2階からしか乗れない。フロントまでは階段で上るしかない。

おそらく以前は、1階からエレベーターでフロントを通らずに客室に行けたため、デリバリーエッチ系のプロの方が出入りしていたのかも?規制したのかなあ。いや、プロの方が入れるようならちょっと興味があったのですけど・・。

入り口の鍵の開け方に戸惑う。ガチャガチャやっていると、ベットメイクのおばちゃまが音を聞いて来てくれて開けてくれた。とても親切で嬉しい。おばちゃんの指導で何度か練習。鍵は左に回しながら押すのだ。

4階の部屋。ちなみに4階建て。部屋はビジホにしては広い。ちょっと古い感じだけど普通に綺麗。ベッドはセミダブルで広い。これは快適そうだ。

2n3

窓は普通に開く。

テーブルもある。

2n4

液晶テレビは有料アダルトチャンネルもあって廊下の販売機でカードを買う。最近はもう見ないね・・。

ユニットバスはかなり広い。シティホテル並み。

2n5

これなら湯船に浸かれそう。

アメニティーはこんな感じ。

2n6

2回風呂に入る人には足りないけど。

窓から見る風景は・・・。

2n7

なんかビルと空き地のパーキング・・。

目の前に屋上のペントハウス?やたら換気扇のある窓の無いビル。

どうやら風俗店のようです。

2n8

ヘルスだかソープだか。この界隈では有名店らしい。ここのボイラーの音は夜中まで響いていたなあ。あと石鹸の香りが漂っていた。お風呂付って看板に書いてある。

そう、このホテルがある場所は歓楽街。宮小路という昔は栄えた小田原の盛り場で、飲食店や風俗店が多かったらしい。今ではちょっと店は少なめで空き地も目立つ。昼間はいいのだが、夜歩くのはちょいと怖いかも。こういうのが嫌いな方には。ホテルの斜め前にも綺麗なおねいさんが立っているお店があるし。ホテルの1階の裏はスナックが並んでいるし。

いや、そういう場所を選んだんじゃなくてたまたまです。行きませんよ、今回は・・。

4階からの眺め。ここからなら海も近い。

2n9

ここもマンションが沢山あるね。都心まで割りと近いから。

こんな寝巻きが付属。お洒落なおねいさんのワンピースみたい。

2n10

ちょっとスースーしてタイトだったので持参のTシャツで寝ましたけど。

歩き疲れたのか、ベットでちょっと休んだ。窓からは秋の空。

2n11

子供の頃の自分も、この空を見ていたのか・・。

どこかで食事をしようと出掛ける。駅まで歩いた。

2n12

駅ビルは賑やか。

このビルは元は丸井だった気がするが、今は居酒屋とお土産屋の雑居ビル。

2n13

さて何を食べよう?小田原といえば魚だろう。魚の旨そうな店が沢山並んでいる。うーん、一人だと入りにくいね。やっぱ普段の自分のスタイルだよね。牛丼では淋しいので王将に行ったが(笑)。混んでいた・・。

なのでこの店。やっぱ中華さ。

2n14

カウンターで一人でも入りやすかったの・・。

餃子で一杯。

2n15

小田原は魚が旨い町なんだ。

野菜炒めでもう一杯。

2n16

小田原は魚が旨い町なんだよ・・。

けど、どこへ行っても自分のスタイルは崩さないぜ!

生ビールが美味しかったよ・・。

次回一人で入れそうな店を探しつつ夜の町を散策。住んでいた家の側で素敵なジャズバーを見つけたので次回こそは行くぞ。

結局、中華を食べてホテルに帰る。

市民会館前の国道1号線の上の歩道橋でしばらくぼんやりする。

2n17

ここで父と一緒に箱根駅伝を見たことを思い出す。家からここまで結構遠かったのにどうやってきたんだろろうな?そこは思い出せないや。父が亡くなる前に、元気だった頃に小田原にいた時のことをもっと聞けばよかったよ。

父は子供の私を色々なところに連れて行ってくれたんだなあ。明日は父と歩いた道を辿ろう。

2時間くらいうろうろしてコンビニで酒とつまみを買ってホテルに戻る。セブンがホテルの近くにあり。けど帰る路地は選ぼう。フロントのお兄さんには「はは~ん」という顔をされる。いや、風俗には行ってませんから!

部屋でワインやらチューハイを結構飲んで寝る。

ぐっすり眠れた。国道の車の音かな?たまに大きい音が聞こえて起きたけど、なかなか快適な部屋でした。

翌朝。買ってきたコーヒーを飲もうとお湯を沸かそうとしたが機械が壊れていて沸かないよ。

2n18

朝の風景。今日は曇りかな。

2n19

風俗店は繁盛しただろうか・・。

買ってきてあった朝食を食べてチェックアウト。

フロントロビーのテーブルに、コーヒーとイチゴジャムサンドが置いてあった。サービスらしい。知らなかったよ・・。

このホテル、このクラスのビジホにしては部屋が広くて圧迫感が無いし、お風呂も広くてゆったり湯船に入れる。清潔で必要十分。駅からの距離と繁華街の雰囲気は気になる人はチェック。ゆっくり休めた。

2n20

さて2日目の小田原散策。まだまだ続く~。

|

« 小田原への旅・その3・洋便VS和便編。 | トップページ | 小田原への旅・その5・思い出の道編。 »

旅行・地域」カテゴリの記事