« 今年はプロデューサー? | トップページ | 長野堰小径散歩走。 »

2011年10月15日 (土)

結局買っちゃった、ミキサー。

前回の続きで。秋の職場祭りのバンドステージ用の機材をそろえていますが。

問題はミキサー。手持ちのBOSSの8チャンネルミキサーを会場のスピーカー用アンプに接続してみたところ、無事に音は出ました。けどね、25年前のミキサーっすよ。万が一当日音が出なかったら、出演者の皆さんに申し訳ないよなあ・・。

今後使うかどうかは全くわかりませんが、この一日の為に買いました、ミキサー。責任感の男ですから・・。

今日届いた。

2i1_2

16チャンネルのアナログミキサー。タスカムのM-164FX。

もう時間もないし、在庫を持っているところから購入。楽天は殆ど在庫ないし時間がかかりそう。なので、サウンドハウスという店から購入。ここで買うのは2回目だが、最安値だし在庫持っているし発送が速いので大助かり。けど、カードが使えなくて代引きになってしまうところが残念。

ドキドキしながら開梱。

2i2

じゃーん。

2i3

まあ、こういうのも20年前に比べれば随分安くなったか。

これはかなりシンプルなデザイン。ベリンガーとか派手なのでもっと安いのがあったが、これは今までのBOSSと似た操作系だし、メインアウトがピンジャック。今回会場のアンプにはピンジャックのAVケーブルで入力するのでこれが便利だった。他のは結構業務用っぽいんだよね。これは民生用機器との接続を良く考えてある気がしたので決定。

今回のようなイベントライブの需要を狙って設計したのかもね。とてもわかりやすい操作。

上部のLEDのレベルメーターが各トラックに装備されているなんてのも、このクラスにはなかなか無い。

スイッチやノブが沢山あるが、操作は簡単。

2i4

EQはハイ、ミドル、ローの3バンド。これが感覚的に使いやすいよ。

マニュアルを一読して流れはわかった。後は音楽的なセンスと会場音響への適用。観客は全員身内だけど800人は入るからなあ。あの会場のスピーカーシステム何ワットなんだろ?後ろまで音が届くようにするには結構シビアだぜ~。

来週接続してみて音が出るか確認。

このミキサーのインプレはまた書きますが、今回は概要。

内蔵エフェクターはプリセットのみで設定の変更は効かないが、レベルの強弱で何とか使えそう。

16チャンネルってあるけど、実用的にはそんなに使えない。

マイク入力は6まで。後はステレオのライン入力が5。実際の可能入力数は11だよ。

さらにステレオのライン入力は標準ジャック(MONO兼用)は2だけで、あとはピンジャックが2のステレオミニジャックが1(ipod用らしい)。

ライブ会場で使えるのはマイク6本にライン2入力の8チャンネルになってしまう・・。しかも今回外部エフェクターを使うのでそのリターンにライン入力の1チャンネルを使ってしまう。

結局7チャンネルミキサー(まあ標準プラグをピンに変換すればあとライン入力2チャンネル増えますがそこはEQもエフェクトも効かない)なのか・・。BOSSより1チャンネル減ってしまった。

ギターなどもアンプからマイクで拾うからねえ。今回ボーカル2本、ギター2本、ベース1本。キーボードはラインで入れるか。ドラムにはマイク1本しか立てられないね・・。どうなることやら。

全部のチャンネルに繋いで、スイッチ類と音をチェックしましたが・・・。

チャンネル4の外部エフェクターが掛からないよ・・。EQの前にエフェクトを掛けるPREスイッチを入れると外部エフェクターが効いた。これは結線ミスだろう・・。初期不良で返品交換物だが、もう時間が無い。使えないことも無いのでこれで行こう。

このミキサー、USB対応じゃないので、パソコンと接続するオーディオインターフェースも付いていないし、今後の使い道は無いよ。ライブ会場専用です。宅録のラインミキサーとするか・・。

来週はほんと、どうなることやらです。

|

« 今年はプロデューサー? | トップページ | 長野堰小径散歩走。 »

ギター」カテゴリの記事