« 二人でクリスマス。 | トップページ | 宮城AV・激寒の巻き上下デジミノー・その2。 »

2011年12月26日 (月)

宮城AV・激寒の中で巻上げ、巻き下げ、デジ巻き、ミノー・その1。

今日は休暇が取れまして、前橋の宮城アングラーズヴィレッジさん(以下MAV)に釣りに行きました。

激寒の日になりました。雪雲が赤城山を覆い、風花の舞う冷たい風。

1k1

職場の有給休暇は年末締めのため、後3日の稼働日に残り13日の有給休暇を消化しなければならず、それも無理ですが職場も落ち着いたので休みをいただく。有給は取れないねえ・・。

なので釣りはいつも土日祝日。MAVのように人気のエリアは週末の人的プレッシャーはかなりのもの。平日にここに来たいと思っていました。良かったね~。

しかし、いつもどおり朝起きられず、7時開園に1時間以上遅刻の8時20分に釣り開始。

ポイントも一番入りたかった場所は既にアウトで、ここでもいけるか?と通称土手側。ISOファクトリーとメガバスの看板の間辺り。

1k2

川側は空いてますねえ~。夢みたいな空いているMAV。今日は色々やりたいことがあるのだ。

さあ、まずは・・。朝一番用にセットした派手なスプーンをそのまま使うか・・。

上からやってボトムでアタリ。

ギルガメッシュ1・2g黄金(イエロー金)。

1k3

どうやらボトムからの巻上げがいい感じ。これ連続もう1匹。結構調子いい。

冬のMAVならアレ。ご当地スプーンのFドラッグ。調子いいという透過チャート裏メタリックグリーン(限定カラー)1・2g。本来0・9グラムのほうが効きそうだが向かい風の強いポイントだったので広範囲をサーチしたいので1・2g。ボトムから巻上げで連発。

1k4

真冬のMAVは軽量スプーンでボトムが狙えればハマるのでは?と昨年感じてました。狙いが絞れるんだから迷わない。寒いほどハマレば、ハマレばあーーーっ!けどハメルまでが大変・・。

当たりは小さいよ・・。ついばむようなアタリ。ぐーと抑えられるとか、リールのハンドルがなんか重たいなあとか。小さくくっと来た時は逃げた時。プルっとかした時はもう針を口から出す時って感じ。人差し指で竿を叩くタッピングが有効。今回は送り込むフリップ(スプーンが一瞬つまずく感じ)。するとあたりも少し大きく出る感じ。ボトムに溜まっている感じがあったので途中でリーリングを止めて底を取り直す。これで20分で5匹。

止まったのでトイレ休憩。

平日のMAV。

1k5_2

私の釣り座はこの辺。このラウンドしたコーナーにいつもは人がいるのでもう少し階段よりの方が釣りやすいのだが、今日は空いているのでここでもラインクロスも無くつれます。

1k6

再開後、スタッフの新人タタキ氏がやってくる。彼は前日の大会後のアンヴィレ道場でかなり勝ったので、凄いですねーと祝福してご挨拶。かなり腕を上げてらっしゃるようです。今朝の状況をうかがう。

「カウント3からの巻き下げがマジハマリでヤバイっす」と棒読み口調でアドバイスをいただく。ありがとうやってみますー。この日はスタッフさんからのアドバイスでイイ思いをしたのです。

ならばと、ここのパターンの一つ、バディ0・7グラムの巻き下げをやる。カウント3からゆっくり引いて棚を下げていく。

連続2発。ライトピンク。

1k7

このパターンでいけるかな?

というところで9:50頃最初の放流。これは看板側と川側なのでこちらは無し。ちょっと時間を置いてから放流パターン開始。

ドーナ2g、オオツカオリカラのピンク茶色ウラキンで行くが、どうも魚が追いついてこない。今日は魚が動きたがらないのでルアーもゆっくりと引けないと。ドーナ1・5グラムに落とす。例のオレキンで3匹で止まる。遠い場所なのでこんな感じ~。

さて、ここまでのスプーンの釣りの反復で釣果を伸ばせる感じがしましたが、ここで違うことをやります。本日のテーマでミノーとボトムと縦釣りをやってみる。これは今まで後回しにしてきたので本腰入れてやっていません。今日は習得するぞ。

しかし、縦釣りとミノーをレクチャーしてくださるというスタッフ山ちゃんがお休みの日・・。残念!けどミノーはMAV動画で山ちゃんがやっているのを見て学習したのでやってみる。

トゥイッチがね、なかなかコツがいるね・・。調子がいいというパニッシュSP55をシングルフックに自分で改造した奴。

食わせるタイミングがわからん・・。何度もバラシてようやく1匹。

パニッシュ55SP ヤマメGM

1k8

これは達成感があり!狙って釣ったって実感がありますね。これニジマス?銀ザケ狙いでしたが・・。ミノーはなかなかフッキングしませんが、反応は結構有るし1匹の価値を感じる~。ハマりそう・・。

ミノーは達成したので、ちょっと釣果を伸ばそう。寒い時期のマッタリタイムならMAVではスイッチバックでしょう。Fドラッグの次にスタッフY田さんが開発したスプーン。

カウント3~6から竿をやや立て気味でゆっくり巻き下げ。送り込むフリップを入れて。クンと当たる。今回巻きはミネギシ・トラスト60XUL。ティップの入りがいい。

スイッチバック、カラシのみで11時の20分間で9匹!

1k9

これはハマリパターンです。これは銀ザケ?

1k10

上の方から巻き下げだと銀ザケも結構釣れます。巻き下げいけてる。タタキ氏のアドバイス当たり。

こう連続で釣れると、同じルアーで釣れ続いたりするんだけど、何故か違うルアーはどうだろうか?と思ってしまう。

スイッチバックの青銀で1匹・・。それで止まっちゃったね。まあ、そういうもんで。

ならば次のテーマ。この冬マスターしたいボトムのデジ巻きです。アイビーラインのペンタでやるデジ巻きをやるのだ。なぜなら私はシンクロナイザーのロックオンを使っているからだー!ロッドの尻をオデコにくっつけてデジ巻きをやるのです。いや、真冬の渋った時の有効パターンのようなので習得したいのです。

デジ巻きとはボトムにルアーを沈めて、ハンドルを1/4とか小刻みにぴっぴと巻いて止めるリーリング。

ロックオンにペンタ薄茶1・3グラムでデジってみる。なかなかリズムが・・。

1匹目はスレ・・。

けど段々リズムが良くなって、2匹を追加。しかしまだラインでのアタリが取れないよ。巻いたときの重さで合わせた感じ。

そこに、タタキ氏がやってきました「あ、ボトムデスカ。今、ボトムの釣りがアツイですよ。MAVスタッフでブームの釣りがボトムデス、ロッドを貸してくださいます?」と私のミネギシになにやらボトム用のルアーをセット。ボトムでのデジ巻きでヒット。やる~。客へのレクチャーで釣り上げるとは、いよいよ先輩スタッフさん達のレベルに?やりますね。

「バベルGT、これマジヤバイデス」

バベルGT?

ゲストハウスのショップへ直行。そして・・。

次回へ続きます。明日は仕事なのよ・・。

今回のタックル。ようやくロッド3本体制に。

1k12

奥から。

ボトム、ミノー用:シンクロナイザー・ロックオン5フィート8インチ。リール:ルビアス1003。ナイロン2・5lb(カラーライン)

軽量スプーン用:スタジオ峰岸トラスト6002XUL6フィート。リール:ルビアス2004。ナイロン2・5lb

クランク用:ベレッツア602ULG6フィート。リールルビアス2004.ナイロン3lb

次回に続く~。

|

« 二人でクリスマス。 | トップページ | 宮城AV・激寒の巻き上下デジミノー・その2。 »

釣り・宮城アングラーズヴィレッジ」カテゴリの記事