« ポロ・交換×3。 | トップページ | 冬ポロ。 »

2011年12月20日 (火)

水戸黄門・最終回。

うがあ、年末忙しいよ・・。

週末も釣竿を3本車に積み込んだものの、用事が出来て出掛けられなかったよ。年の瀬なんだなあ。

昨日は、海外からビッグニュースが飛び込んできましたが、我が家はニュースも見ないで観たTV番組は、水戸黄門の最終回スペシャルでした。

いや、別に観たかった訳ではないのですが・・。妻が妙に観たがって、彼女は普段は仕事で9時過ぎに帰ってくるのに7時前に帰宅、TVにかじりついていました。なぜ?

妻は水戸黄門って、1話を通して完全に観た事はないらしい。なのになぜ?最後だから初めて観てみようと言うことらしい。私なんか水戸黄門は嫌と言うほど見たよ。子供の頃は好きだったもの。東野英治郎だもの、黄門様ってのは。あの人じゃなきゃ。

けど、最近は全く見ていなかったので、はあ、こんなキャストなんだ。妻はこれが前の格さんで、とか私より詳しいじゃないか!そういえば私はずっと角さんだと思っていたよ・・。

というわけで、いつもどおりのお話で安心でした。印籠は2回出るわ入浴シーンは出るわ(何故これがいいのかわからんが)サービス満点でした。

妻の感想は、わかりやすい話だね~、観てよかったよ、とのこと。

これでもう終わりなのか。ちょっと淋しいね。時代劇ドラマもNHK大河ドラマを除けば無くなってしまうらしいよ。

子供の頃は時代劇はドリフト同じくらいのポジションだったよ。父が時代劇大好きだったのでTVは時代劇かナイターだった。

水戸黄門と同じお忍び成敗モノは「遠山の金さん」てのも好きだったなあ。あれは印籠じゃなくて桜吹雪の刺青ね。町奉行の金さんが遊び人として悪人と喧嘩してその時刺青を見せるわけ、でそいつらが捕まって奉行所でしらを切ったら奉行の金さんが「おいおいおい、この桜吹雪が目に入らねえかい?」とやるのだ。「お、お前はあの時の町人!へ、へへー」奉行が刺青しているかねえ・・。

権力者のお忍びものでは「家光がゆく」だっけ。徳川家光が遊び人になって江戸の町をぶらつくという・・、ありえねえ。今回の水戸黄門も将軍綱吉が外出するのに警備が薄すぎ。主演の沖雅美さんを姉と一緒に小田原城に来るんでって見に行ったことがあったな。

うーん、銭形平次もよかったねえ。古銭を投げるのも我が家では流行ったねえ。父は古銭を沢山持っていて、あれを紐に通すのだが、どうしたら銭形平次のようにカチャッと外せるのか不思議だったねえ。

家には十手があったもの。銭形平次は青い房だったか、赤い房はだれだったかな?両方家にはあったよ(笑)。

「風」という時代劇は♪風~があ吹いている~♪という主題歌だけ憶えているなあ。小さい頃見たんだよ。

腰元風の娘が「おとっつあん力を貸して」と言って頭のかんざしを抜いて人を刺すという時代劇はなんだったか?

大河ドラマは「樅ノ木は残った」というのが最初見たやつ。父が好きだったなあ・・。

他にも色々観たけど。時代劇は結構好きだったんだな。もうTVでやらなくなるのは淋しいね。

先日職場で「水戸黄門の存続を訴える署名」がまわってきたので、一応署名しておいたのだけど、どうなるんでしょうかねえ・・。

|

« ポロ・交換×3。 | トップページ | 冬ポロ。 »

つぶやき日記」カテゴリの記事