« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

オリンパス・ペン・ミニ・EPM-1購入、その1。

うくくっ、暑い!こんな暑い中で働く自分へのご褒美だっ!

ご褒美が多すぎだっ・・。これで最後だから。

アマゾンから箱が届く。

2n1


中から出てきたのは・・。

2n2


最近流行のミラーレス一眼カメラ、オリンパスペンの一番小さいミニのEPM-1ツインレンズキットです。

こういうセット。オリンパスペンシリーズは書体が統一されていてカッコイイね。

2n3

とうとうカメラを新調です。カメラは毎日のように何かしら撮っているので、私にとってパソコンに並ぶ必需品です。

まずはなんでカメラを新調したかというと。

当ブログの画像の画質があまりよくないよねえ・・。もっともココログでは画像は全部で1MBまでなんで画像はかなり圧縮してあります。

それでもなんかねむい画質。今使っているコンデジなんだけど、ソニーのDSC-TX5.

これは防水なんで、釣りや登山の現場では重宝。前面カバーを下げると起動するので片手で扱いやすく自転車で乗りながらでも撮影オッケー。レンズが繰り出さないので撮影中もコンパクトで邪魔になりません。広角側25ミリのズームレンズとともに非常に使いやすい。

しかし、いかにカールツアイスレンズでもやはり繰り出さない設計に無理があるのか写りはイマイチです。後継のTX20も検討したけど、それはもうすこし安くなったら考えましょう。

箱を開けますと。う、梱包材。

2n4


こんな中身。

2n5


いろんなモンが入っているねえ。

2n6


核心部分は、カメラ本体とレンズが2本。

2n7

なんでミラーレスにしたかというと・・。

高級コンデジも検討した。フジのX10なんてかなりそそった。けど、やっぱセンサーが小さいのよコンデジは。写りや背景ボケなどの写真表現が物足りない。

一眼レフはペンタックスの昔のAPS-Cサイズのを持っている。なのでニコンかキャノンのフルサイズデジ一眼レフに思い切っていこうかと思ったが、店頭で見てこりゃでかすぎる。

キャノンは昔からでかかったが、ニコンのでかさはなんだ?APSーCの方まででかくなっとる・・。レンズも何でこんなに大きくなってきたのか?これではちょっとしたスナップや物撮りには大袈裟すぎだし、疲れるよ。

フルサイズ一眼は風景写真を撮りたくなったら考えましょう。ニコンなら昔のAiニッコールも使えるしね。

で、軽量コンパクトでセンサーもそこそこ大きくてレンズ交換が可能なので選んだのがミラーレス一眼です。

このペンミニはボディーを小さくするあまりストロボを内蔵していません。これは不便だなあと思いましたが、外付けストロボがなんと同梱されています。付属品です。

2n8


お洒落なケースつきです。シューの部分になんか装着するのが好きなのでこれは好感度アップ。殆どの人は面倒くさいと思いますけど。

電池と充電器。ちょっと充電器は大きいね。こんなコードは要らないからアダプターから直接コンセントに差し込めた方がいいよ。

2n9


ボディーはこんなに小さい。レンズさえ装着しなければ、大きさは小さめのコンデジ並です。高級コンデジより小さい。

2n10


黒にしました。ミラーレスは女の子もターゲットなので結構カラフル。けど、カメラはやっぱ黒じゃい!

ところでミラーレス一眼カメラって何かと言うと、レンズ交換式のコンデジって感じ。こいつのセンサーサイズはマイクロフォーサーズという規格で、センサーの大きさは一般的なコンデジより遥かに大きく、APS-Cより小さい。APS-Cのミラーレスもあるけどね。キャノンも出すみたいね。EFレンズが使えるは魅力、ゴクリ・・。

もともと一眼レフというのはレンズから入ってきた画像をそのままファインダーで見られるカメラ。レンズの画角や背景のボケ(レンズ絞り開放時のボケね)やピントがファインダーで確認できた。レンズから入ってきた画像をミラーでフィルム方向とファイダー方向で分けていたのね。普段は画像はファインダー方向でシャッターを押した瞬間にミラーがアップしてフィルム側に画像を切り替えるの。だから一眼レフでシャッター切れる時はファインダーが一瞬暗転するんだ。

それに対してフィルムコンパクトやレンジファインダーと言うカメラはレンズとは別に光学ファインダーがあって、撮影する実際の画像とは別の画像を見て撮影する。だからピントがあわない写真ができたりしたんだけどね。

で、デジカメが出来て、背面の液晶画面でレンズから入ってきた画像をフィルム代わりのセンサーで取り込んだデータとして見られるようになった。だからコンデジだって考え方によっては一眼カメラな訳。

レンズ交換式のデジ一眼はセンサー前にミラーが付いていて、光学ファインダーで見る為に必要なんだけど、デジカメは背面液晶を見ながら撮影する人が多いから光学ファインダーいらなくねえ?ってことになって、じゃあデジ一眼レフからミラーを取って光学ファインダーをなくしましょうとして出来たのがミラーレス一眼なのか。お洒落な名前だが、要はレンズ交換式のコンデジのセンサーが大きいやつだ。(シャッター幕は、液晶画面用に常に開いていて露光しているんだけど、レリーズを押した瞬間に1回閉じてから、シャッターとしてまた開閉作動させるんだそうで、タイムラグもあるんだろうな。)

だからコンパクトなボディーになった。ミラーからの画像をファインダーに持っていくためのペンタプリズムという三角屋根の部分がそっくり無くなってますから。(ちなみにミラーレスなのにそこに電子ビューファインダーをペンタプリズムのデザインでくっ付けてクラシックな一眼レフスタイルにしたのがOM-Dなのね。)ミラーボックスがない分ボディも薄くなったし、その分バックフォーカスが短くなって、設計しやすくなったレンズもデジ一眼よりかなり小さい。

とまあ長々と説明しましたが・・。

センサーが大きい分、画質向上を期待。

レンズの交換でボケや圧縮効果や接写能力の向上を期待、して導入しました。

ツインレンズキットの2本のレンズは、ズームと単焦点レンズ。普通は標準ズームと望遠ズームの2本セットだと思う(ビギナーにはその方がわかりやすい)けど、このPENミニはどうやら写真好き、いわゆる写ガールさんも対象としているようで、それでこの組み合わせなのか結構マニアック。汎用性の高い標準ズームを普段使いし、パンケーキレンズというコンパクトな17ミリ(34ミリ相当)というスナップ撮影に最適な画角とF2.8の明るさと接写能力で背景ボケを演出、単焦点レンズでスナップのフットワークと絞り効果を勉強可能だ。実際ミラーレスのコンパクトさを味わうならパンケーキレンズの方がふさわしいし・・。望遠ズームが必要なら別途お買い求めくださいというスタンス。

この上位機種のペン・ライトだとダブルズームなんだけどね。エントリーモデルのミニほうが写真好きが買うだろうという企画なのか。

まずは標準ズーム。結構コンパクトです。

2n11


M・ZUIKO デジタル14-42ミリ(28-84ミリ相当)F3.5-5.6ⅡR

モデルチェンジがあってこれは3代目かな?専用フードも装着可能。

ZUIKOって名前、おじさん世代には興奮ものです。昔のOMとか使っていたのを思い出すよ。昔はレンズにメーカー名以外のレンズネームが付いていたんだよ。オリンパスのズイコーは瑞光から。ミノルタのロッコール、コニカのヘキサノンとか。こういうの一時期は無くなった名前だけど高級コンパクト辺りから復活してきた。フジフィルムのフジノン、ニコンのニッコールなんて完全復活。ペンタックスはSMC、キャノンはFD、このへんは面白くないけど。

最短撮影距離25センチ~30センチと寄れます。普段使いに十分なズーム。

ただコンパクトなのは沈胴式なわけで・・。撮影可能な位置までズームレンズを回して繰り出します。するとこんな長さになっちゃうよ。

2n12


撮影する時はこの長さに。くっ・・。これは残念だが普段短いんでそれは助かるよ。縮める時はズームリングのロックスイッチを解除しないとならない。113グラムとズームとしては軽い。

もう1本は短焦点のパンケーキレンズ。パンケーキのように薄いからこの名とか。フィルム時代にレンズキャップ代わりに装着するのが昔は若干流行。ちゃんと流行った時には不人気から絶版になっていて一時期プレミアがついたという歴史がパンケーキレンズにはあるのだが、ミラーレスのコンパクトさを活かす為にまた流行中。

2n13


結構薄いが、一眼用パンケーキよりは径が小さいので薄く見えないか・・。

2n14


17ミリ(34ミリ相当)F2.8

マイクロフォーサースは焦点距離の2倍が35ミリ版の画角だからわかりやすいや。APS-Cはメーカーによりけりだがほぼ1・5倍。

なんと71グラムという軽さ。最短撮影距離20センチ。もうすこし明るいと良いがズームより明るいし寄れる。これ1本で街中スナップなんて面白いよ。軽快だし、カフェでテーブルフォトなんかもさりげなくてお洒落だよ。

黒レンズは黒ボディーのキットのみ付属。他の色はシルバー色のレンズになるようです、カタログの写真を見ると。

結局アマゾンで買ってしまった。

カメラはあとの修理とか保証とかあるから必ずカメラ量販店さんで買っていたのですが・・。

ここ高崎で地元の誇る2大家電量販店、ヤマダ電機とビックカメラ。発祥の地なんでここで家電はチェックします(実際はベイシア電器で結構買うんだけど・・)。

今回も店を見たが高い・・。もうネット通販で最安値を確認できる時代です、いかに国内最大手の量販店でも勝てないのか・・。

ヤマダで最安値より1万は高い。ビックの方が安いがまだまだ。うう、それでもカメラは店で買ったほうが安心だしと思ったが、オリンパスは修理の場合は家まで宅配便が取りに来てくれて対応してくれるんだそうで。オンラインで申し込めるし。ならネット通販でいいや(ケロッ)。

最安値のネットショップはカードが使えなかったり、新規に個人情報渡したくないし、本やCDの購入で慣れているアマゾンが最安値の数十円高いだけだったので購入しました。

アマゾンなら発送のデータが入力されているし注文も楽で安心だから。翌日には1000円ほど高くなっていたから、変動相場制なのか小まめにチェックした方が良さそうです。安く買えてよかった。

しかし安いよ。本体にレンズ2本付いて3万円台中半だよ・・。ちょっと良いコンデジより安いよ。ズーム1本のキットなら2万円台でコンデジと同じ値段だよ。どうする?今が買いだよ。

なんでPENMINIにしたかというとまずはこの安さ。相当安いよ。本当はルミックスのGX1がカッコイイと思ったんだけどね、アレはまだ高いや。MINIはコンパクトだし、操作性もシンプル。

背面はこんなにボタンが少ない。

2n18


昔はボタンが沢山あるほうがう操作性が良いと思ったけど、コンデジ使ううちにこういうの慣れちゃった。メニュー呼び出してダイヤルで選んでOKっていうの。慣れればわかりやすいよ。すぐに呼び出せるようになっているし、自分で最初に設定をカスタムしておけば大丈夫。カメラ好き中年おやじ向けのカスタム設定はまた書きます。

タッチパネルも無いんだけど、こっちの方がレスポンスがいいし私は使いやすい。

あとは付属品。これはビックカメラで購入。いつの間にかポイントが溜まっていてビックリ。久しぶりに買い物に行ったからなあ・・。殆どこれがポイントで買えて(もらえて)しまったよ。

2n15


レンズ保護フィルターは必要。前玉に傷が付いたら描写に影響あります。安い保護フィルターで結構。マルミので径は37ミリと小さい。

ズームに装着。

2n16


パンケーキに装着。

2n17


本体&ズーム。

2n19


やっぱ大きいよな・・。ボディーが小さいからますますレンズが目立つ。

小ささならやはりコンデジ。ミラーレスはレンズを装着すると大きいです。レンズの交換とセンサーサイズの大きさにメリットを感じる人ならお薦め。小ささを求めるならコンデジだよ。

本体&パンケーキ。

2n20


うん、これならレンズが飛び出しているタイプのコンデジ並ですね。

2n21_2


これでまた写真が楽しめるかな?

こういうレンズ交換式はメーカーごとに規格がばらばらで困っちゃうんですけどね。このマイクロフォーサーズはパナソニックのルミックスと互換性があります。

なのでレンズの種類はあわせれば結構豊富。なんかレンズが増えそうな予感・・。

高倍率ズーム、大口径標準レンズ、マクロ、中望遠、超望遠ズームと続きそう。ルミックスにはライカレンズもあるし、散在の予感がああ。

次回は、レンズフード装着の図です。

え?写真はどうしたって?

撮影はいいよ~(笑)。

|

2012年7月29日 (日)

100万回のアクセスをありがとう。

先月ですが、当ブログのアクセスカウンターが100万件を超えました。

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます!こんなに見てもらえるなんて感謝感激です。

2009年の6月14日にアップ開始。3年で100万アクセスだなんて、驚いております。

思えばあの時、色々と思うことあって以前やっていたブログの更新を終了し、新たにこのブログを立ち上げました。とにかく時間がなくなってきて、以前のように頂いたコメントにお返事が出来なくなってきました。返事を書いているうちに記事を書く時間がなくなってしまうという。

なので、当ブログにはコメント欄がありませんが、そんな一方通行なブログに来て頂いた皆さんには申し訳ない気持ちです。

その分頑張って記事を書きたいところなのですが、春から異動になった職場での疲れが溜まって、最近は平日の更新が困難になってきました。

以前勤務していた大規模な事業所では体が辛く、小規模の事業所へ異動させてもらったのですが・・。仕事の量はむしろ増えてしまった。規模は小さくなっても仕事量は変わらず、今までは仲間と二人でやっていた仕事を一人でやることになり、大変なことになってしまったよ・・。こればっかりはコツをつかんで徐々に工夫して乗り越えるしかない。今までどおりのやり方ではダメってことだな。頑張るんだ・・。

週末には何とか書くようにはしたいのですが。やはり内容としては、何か使える内容の記事を書きたいというポリシーは続けたいのです。

ブログをはじめる時に決めたこと。検索サイトから来てくださった方に少しでも情報を提供出来ればなあ、となるべく記事に使えそうな情報を書き込もうと思っています。けど平日はもうそんな記事を書く気力がないのよ・・。

検索サイトから来ていただく方も沢山いらっしゃると思います。一度だけの訪問かもしれませんが、読んで頂ければありがたいです。

毎日のようにアクセスしていただいている方、本当にありがとうございます。最近記事が書けなくてごめんなさい。いつかは復活できるように頑張ります。

このブログにはライバルがあるのだ。

以前私がやっていたブログ、おやぢの殿堂・電動おやぢです。

このブログのアクセス数を追い越すことが私の目標。しかしあのブログは今日で193万アクセスあるよ・・。

3年前に更新をやめたブログがなんでそんなにアクセスがあるんだろう。まあ、内容的にはあっちの方が面白いのかなあ・・。今より楽しいことをやっていたし、記事もやんちゃな内容だし面白いかなあ。

昔の自分を追い越せないのはちょっと悲しいですが、なんとか頑張って書きますから。

更新がないときは、バックナンバーでも読んでやってくださいな。私のお薦めはクッキングカテゴリーです。ここの前の方から書いてある妄想クッキング娘シリーズは私は大好きです。全く人気のないカテゴリーですが良かったら読んでみてくださいね。

これからも当ブログを宜しくお願いいたします。

|

2012年7月24日 (火)

バーコードおじさんクッキーを食す。

先日妻が、こんなクッキーを買ってきました。

「バーコードおじさんクッキー」

2o1


おおお、なんか可愛い!結構ウけた。笑ってしまったよ。

そっかー、ああいう人をバーコードおじさんていうんだね。

ここ高崎の自宅近所にあるコーヒー&スイーツのお店ビヨップコーヒーで売っていたそうです。

赤くて可愛いお店。以前夫婦でここに行ったその時の記事はこちら。

小さなお店なんだけど、おねいさんが一人で切り盛りしています。クレープがおいしいよ。地元の小学生からOLのおねいさんたちに大人気です。

これもお店のおねいさんが一人で作って売っています。

色々な表情がある。

2o2


この頭のスタイルがバーコードなのね。

2o3

おねいさんのアイデアや手書きのイラストとか可愛いよ。このおねいさん、なかなかセンスがあるよ。

お店も忙しい時があるし、一人でてきぱきと頑張っているんだよ。ああ、おねいさん・・・。

うちの妻はこの店をかなりお気に入りで、休日に結構買いに行っています。いつもクレープを私の分も買ってきてくれるんだけど、うまいよ。

このおじさんクッキーは、お味は素朴でいいよ。さくさくいけちゃうよ。

2o4

お店のHPはこちら

ブログはこちら

このHPスゴイな。メニューが面白いよ。ニコニコシリーズは何でも顔が付いているよ・・。クッキーたちもいろいろあるな。

手間が掛かっているのに、おねいさん一人で頑張っているなあ。

今度店に行ったら、ニコニコパフェを頼んでみるか~。

|

2012年7月23日 (月)

噂のザクとうふを食す。

これ食べたかったんだ。妻が近所のスーパーで買ってきました。

相模屋さんの「ザクとうふ」

2q1


かっちょいい・・。

ザクの頭部パッケージにお豆腐が入っています。ネットでこの話を見るたびに興味をそそっておりました。

ガンダムね。私ガンダム世代だから。初代ガンダム(ファーストガンダムと言うらしい)を再放送じゃなくって初回放送で観たという、歳がばれる中年だから。

アニメは鉄腕アトムから巨人の星、あしたのジョー、ルパン3世、ヤマトを経て機動戦士ガンダムという流れの黄金世代ですね(笑)。アッコちゃんやらア太郎やら、インパクトがあったのはタイガーマスクやアパッチ野球軍の劇画タッチ・・。昔のアニメは凄かったよ。

で、ガンダムは作品の設定やらの理屈をこねながら観たお年頃でしたから。

おお、ジオンマーク。こだわっていますね。

2q2

妻は数年前までガンダムは観ていなかった。なにやら子供の頃にモビルスーツが理解できなくて、なんでロボットじゃいけないんだよ!と反発して見なかったらしい・・。

けど最近ネットで、ガンダムの名言集(坊やだからさとか)を見て、これはどんなシーンで使われたのだろうと興味を持ち、ビデオを熱心に見たのだ。

スーパーでザクとうふを見つけてぴくっと来たのね。

しかし、店頭でこのパッケージを見て、わかる人にはわかるが、知らない人はわけがわからんでしょうね。

2q3


キヌとはちがうのだよ、キヌとは!!

2q4

名言であります。本当は、「ザクとは違うのだよ、ザクとは」ね。

グフに乗ったランバ・ラルが戦闘中にアムロに放った言葉だ。まあグフでもガンダムより性能は劣っていたが、ラルは強かったのだ。

ガンダムはスマートで正義って感じだったが、ジオンのモビルスーツは重量感があって武器って感じが魅力的だった。

さて、食す。

2q5


ぬおお、インパクトあるぜい。

食べると旨い。これはいけるのでは。枝豆の甘みが広がり風味がよい。

おいしく頂きました。ネタだけではなく豆腐としてもよろしいかと。

こちらに相模屋さんのザクとうふページがあります。悪乗りしていて面白いね。ジオラマって・・。

シリーズ化するのか?いや、枝豆豆腐を作っていたら、なんかザクっぽい色だよね、とかの発想で出来ちゃったのかもしれませんねえ。

100万機突破だそうで、売れてよかった。みんなガンダム好きなのね。


|

2012年7月22日 (日)

9Nポロ・7年目の車検・詳細。

さて、車検から帰ってきたポロです。購入した正規ディーラーで購入3回目の車検です。

2r1


オプションのお薦めボディーコーティングをしていただきました。簡易ガラスコーティングとのことで、お値段は3150円也。

盛り上がってるところが盛り上がって見える。つるつる。

2r2


膜を被せたような感じ。ピカピカになって嬉しい。

2r3


ホイールも洗ってくださって、輝きが甦りました。

エンジンルームもスチーム洗浄。こちらはあまり綺麗になっていないのは経年的なものか・・。

2r4


さて、気になるお値段は・・。

9Nポロの3回目の車検です。

2r5


12万9千円でした。

基本的な経費が63755円。点検整備代金が65225円です。

この2年間に色々直しておいたので、思っていたより掛からなかった。計画していた予算どおりです。

内訳は・・。

2r6


24ヶ月定期点検がパック料金で26000円です。

で、点検時に掛かったパーツ代と工賃はと。

エンジンクリーナーが1155円。洗浄する時に使うんですかね。

ブレーキクリーニング時にブレーキクリーナー1439円とショートパーツ1050円。ブレーキの効きが良くなるんですかね。

オイルとエレメント交換はオイル代とショートパーツ代はサービスで無料です。エレメントが1155円、交換工賃は全部で2100円と。

冷却水は1・5Lで3570円の工賃2205円と。

エアコンの外気導入フィルターね、私は常に外気導入で使っているので汚れます。夏場のエアコンの効きに影響がある。あまり夏場効かないのでこれは重要。風が強くなります。

フィルターが3885円の工賃が2205円と。

ブレーキフルード交換はフルード代が1930円の工賃が2205円と。

バッテリーは交換したばかりなので問題なしと。交換していなければン万円の追加ですよ。

2r7


エンジン吸気のエアクリーナーが汚れていますと電話があり、追加で交換になりました。これが唯一の見積もり以外の追加作業料金です。

エアクリーナーエレメントが5355円の工賃が2100円と。これでパワーアップか?

で、今回の整備での懸念箇所、ハンドルが最近妙に重いこと。診てもらった結果、パワステのオイルが減っていたとのこと。パワステのオイルを補充してもらいました。これはサービス。

で、さっきのボディーコーティングを追加してと。値引きを684円頂きまして合計金額となります。

この二年間にやったバッテリー交換とブッシュ交換をもし交換していなかったら、このお値段に上乗せだったわけで、そう考えると恐ろしい・・。

翌日の夕方になってもディーラーから電話が来ないので、もしや難しい作業が発生か?とヤキモキしていたら5時半過ぎに電話が来て、どうしました?まだ取りに着ていただけないようですがって感じで言われたよ。

いつも出来上がると出来たよ電話をもらえたんですが、サービスの人の方針が変わったのか?夕方には出来ているので自動で取りに来ると思っていたようです・・。ああ、出来きてたんですか、と言って取りに行きました。

車検証がまだ来ないので、こういうのがフロントウィンドウに貼ってある。

2r8


ああ、車検証は郵送で来るのですが先日不在で郵便局止めになっているから今日取りに行こう。

次回の点検は12ヶ月点検が来年の8月ですね。

2r9


あとは車検証と同時に送られてくる小さいな次回車検時期のシールを貼って完成。

で、乗ってみて。ブレーキもカッチリ効くし、エアコンも効くし、エンジンの吹けも良くなったし。そしてパワステも随分軽くなりました。パワステオイル補充で復活。相変わらずハンドルはびしっとしてますし。

ピカピカになったし。

2r10


気になるガラスコートですが、撥水性もアップ。ワックスかけたての感じです。

2r11


雨上がりに窓を開けて走ったらカーブで屋根の水が車内にバシャバシャ入ってきました・・。

次の車検は9年目ですね。それまでどんなことが起きますか。壊れないで無事であって欲しい。

まだまだ長く乗りたいですからね。

|

2012年7月16日 (月)

9Nポロ・3回目の車検(7年目)のお見積もり。

愛車9Nポロも購入から7年が経ちます。

2s1


3回目の車検を迎えました。確か期日は8月中旬までなのですが、夏は何かと出掛けて車を使いそうなのです。1ヶ月前から車検は出来ますよとディーラーさんに言われたので、新車購入した時のディーラーさんに車検整備をお願いしました。

走行距離は71484キロ。年間1万キロのペースですね。7万キロの際にオイル交換時期ですが、定期整備の際に車を持ち込むとオイル交換の油脂&ショートパーツ代が無料になるので、交換せずにじっと我慢していたのです。

前回の、5年目の車検の費用は12万5千円でした。痛い出費ですがこればっかりは仕方ない。この2年間にバッテリーやサスのブッシュ交換はしているので、今回も12万円台を予想して予算を組みました。車両税や任意保険でさらに9万円ほど出るのでトホホですが・・。

ディーラーから案内ハガキが来たので電話予約。朝の開店10時に持ち込めば翌日の夕方には完成するとのこと。

持ち込みますと、サービスの人に「この年数の車検が一番費用が掛かるのですよね。」と言われビビルが、なあにブッシュもバッテリーも換えているんじゃい。代車をお借りして受け付け終了。

今回の見積もり金額はこちら。

2s2

うおおお、上がっとるう!

なんだ、何が上がったんだ?

2s3


車検整備のところはパック料金になっています。

標準整備のところで・・。

うん、この見積もりではオイル交換が実費になっていますが、持ち込んだのでサービスとして丸印の部分が無料になります。ありがとう!これでオイル交換サイクルが6ヵ月ごとの点検サイクルとまた一緒になれば助かるぞ。

ああ、ワイパーゴムはいいです。結構頻繁に交換しているので、今回は大丈夫だと思います。まあ見てもらいますが。

それと、

2s4


おおっと、オイル添加剤はいらんねえ。お薦めしておりますが言われるが、半年でオイル交換をしているので必要ないでしょう。

お薦めボディーコーティング・・。

最近ガソリンスタンドでもやっているような簡易的なガラスコーティングをディーラーさんでも始めたとのことです。

新車時に結構高価なクリスタルコーティングというのをやってもらってあるのだが、7年目で既に輝きは落ちている。撥水性は全くないし。確かスタンドでは5000円位したので、クリスタルコーティングの上からやっても大丈夫とのことで、洗車もしてくれることだし3000円ならとお願いします。これで輝きが増せばうれしい。

これで合計金額は前回並になりそうな予感ですが・・。

何か調子の悪いところは?と聞かれましたが、最近はあまり気にしなくなってきましたよ、ちょっとくらいの調子の悪さは。停車時のエンストも年2回くらいはありますが、診てもエラーログが無くて原因はわかりませんと言われるしね。今回は言わなかったよ。

ただ、春にスタッドレスタイヤから夏タイヤに交換した時に、あれ?ハンドル重っ!と感じました。さらにパワステの動きになんか低速時ギクシャクする感じがあるんですよね。そのことを伝えました。

さて、3回目の車検はどうなったでしょうか?

どこも壊れていませんように・・。パワステ交換とか言われませんように。大きな交換がありませんように・・。

|

2012年7月10日 (火)

新ホイール初走り。

ちょっと前の週末のことですが、新しく買ったホイールで走ってきました。

梅雨の晴れ間の日曜日、前日に一日寝ていたので仕事の疲れは若干取れたね。お昼ちょっと前に出発。最高気温は30度を軽く超える予報なので、Wボトル体制で水分補給。

2t1_2


キシリウムSLでの初走りです。

うーんやっぱカッコいいわ。こういう見た目でもやる気が出ますよね。歳とともに走り出すまでが億劫になったので。走りたいという気持ちになれるのは効果が大きい。

ホイールの調子を見るので、平地をぽたぽた行きたいですから利根川方面へサイクリングロードメインのコースで。

2t2_4


新しく出来た私立高校の野球グランド横では、球拾いの1年生たちが気持ち良く挨拶をくれる。

いつものコースで、例の誰も通らないサイクリングロードに入る。誰も見ていないのでいつものポイントで撮影会です。

うーんいいね。

2t4

見た目が引き締まったね。速そう( ̄ー ̄)ニヤリ

乗っている人がこれだから速くはないんだけどね。

2t5

ここまでのところの乗り味は。

期待していた踏み出しの軽さですが・・・、やっぱそお圧倒的に変わるもんじゃないです(^-^;

若干低速からの加速がよくなったかな?

気になる回転ですが、うーん、以前アルテグラハブの手組みホイールに乗った時にはこのハブ回るな~と思ったけど、これはそれ程でもないか。フルクラムのレーシング3に乗った時のような、ま、こんなものかなあ?という感じ・・。イーストンもスムーズだなあと思ったがこれはそこまでの感覚はないかな?

段々わかって来るだろうと先に進む。いつものゴルフ場の横で、やはりおとなしくサイクリングロードを降りて一般道へ。ここも殆ど車は通りません。

2t6


新幹線の高架下からもとのサイクリングロードに戻るんだけど、そこの直線で下ハン持ってダンシングでフル加速してみた。

はえ~。私のような貧脚でも加速してくれます。平地で40キロまで一気に。今ままでのホイールじゃあ途中でやめとるわ。ていうか下ハン持とうという気になったってことが自分にとってビックリ。これが新ホイールの最大の効果(*゚▽゚)ノ

力がダイレクトに伝わるというのは実感。踏めば速いホイールという印象。滅多に踏まないけどな。今までロスしていた部分は大きかったんだなあ。フレームばかり気になっていたが以前のホイールも相当柔らかかったんだな。

鏑川サイクリングロードの好きな場所。木をちょっと切ったね。

2t7


乗り心地はややごつごつ感が出ます。けどフレームの振動吸収が良いのでそれほど気にならない。むしろホイールの存在と路面状況がわかってよい。

言われているほど硬くはないねえ。04年ごろ乗ったSSC/SLのほうがこれより硬かったと思う。当時はこれがアルミスポークかあ、とか思ったけど。マイルドになったのか、自分の感覚が変わったのか。アルミスポークも意識しないし、硬くはないです。しなやかでもないですけど。カッチリはしています。

烏川サイクリングロードに入る。

2t8


なんか懐かしいと思ってしまう。最近走ってなかったんだねエ。

踏み出しの加速感は感動的ではなかったが、まあ軽くはなった。

なんで低速からの加速を重要視しているのかというと・・。

私はまったりと河川敷のサイクリングロードを流すだけの走りになってきましたが、最大の敵はこいつだ!

2t9


車止めであります。これ減速しろってことでもあるんですけど。すり抜けるには減速してまた再加速するわけです。その時にエネルギーを使う(*´v゚*)ゞ

少しでも体力を温存したい中年おやじですから、特に後半は結構疲れます。

この車止めは15キロほどに減速すればしゅぱっとかわせますが、20キロで突っ込むと10回に1回はペダルを引っ掛けて転倒、顔面から大出血する予感がします。

さらにこのタイプの車止めがやっかい。

2t10


もう10キロ以下まで減速しないと疲れているときはやらかしそうです。20キロで突っ込めば3回に1回はペダルを引っ掛けて大転倒、頭をかち割りそうです。

で、再加速の際の踏み出しの軽さを期待したのですが・・。

実際は違う効果があった。結局、車止めではギヤを落とさずにダンシングで再加速するんだよね。その時の加速感がいい!

このホイールで一番感じたメリットはダンシングで踏み込んだときの加速です。今までは立ちコギしても、なんかどっかで力を食われているような感じで思うような加速をしてくれなかった。それがぐっと車体が前に出るようになりましたね。こりゃ良かったヽ(´▽`)/

まあ、シッティングで踏んでも、あんまり踏めていないってことなんだけどね・・。このホイールって踏める人にはいいよ。私はダンシング時限定ということで・・。瞬間立ち漕ぎなら疲れているときにも出来るからね。

サイクリングロードは続くよどこまでも。

2t11


足元を見ると、おお、真っ赤なハブが派手~。しかもカーボンだぜええ!効果はわからんが見ていてウキウキだぜ~。

2t12


こういうサイクリングロードが広くなったから下を向いて撮影できました。

2t13


しかし、暑い・・。この日群馬の館林で国内最高気温だったのかな。もう夏だねエ。

まだまだ走れそうだが、帰りに暑さでやられたらヤバイので、この辺で引き返そう。

2t14


今日のところはこのくらいで許してやるわい!と絶叫してUターンしたところすれ違ったローディーに挨拶された。聴こえてしまったか?

メイタンのカフェイン入りをチャージして気合を入れる。

まあ、平均時速はこんなもんで。

2t15


いやカメラを向けた瞬間ちょっと踏んでしまいましたが(o^-^o)、いつもより少し速くなりましたよ。ペダルも軽めで回っております。ホイールの効果もそりゃアルでしょう。ケイデンスもこの前まで70維持にヒーヒー言っていましたが75キープがオッケーです。調子いい時には80キープいけてます。なんかヘタレおやじがローディーっぽくなってきたかあ?

快調に走りますが、やはり単調なんですよね、このコース。

2t16


しかし気温が上がってきました。暑いー(@Д@;

まだ体が夏モードになっていないというのもありますが。Wボトルを飲み尽くした。水分補給は大事です。

予定通り、このコース辺りで唯一道から見える自販機で補給です。

2t17


スポーツドリンク2本購入。ぐびぐび飲んでボトルに入れます。

小腹も空いたので、近くの神社で初の休憩。

2t18

ジャージのポケットから最近お気に入りの補給食を。

練り羊羹ね。

2t19_3


スポーツ用の補給食より安いし旨いし。結構リカバリーします。ハンガーノックが怖いからね。一度山奥で一人でやって凄く怖い目にあったから、補給食は必ず持ちます。

さて出発。この先に休息所があるのでトイレを借ります。

2t20_3


サイクリングロードは、なかなか施設が充実していますよね。殆ど平地で100キロコースも設定できますから、利根川は偉大です。

その後も気温30度超えのサイクリングロードをマイペースで走ります。

あの公園のゴリラもそろそろ草に埋もれそうでワイルド。

2t21


はひー、やっぱ暑いってば。誰も通らないサイクリングロードの日陰で暑さから逃げる休憩。

2t22

ここまでで、キシリウムSLの私なりの感想は。

一番感じたのはダンシングでの加速感ね。力が良く伝わるようになりました。今まではあまり加速してくれなかったからね。

踏み出しの軽さは、ちょっと良くはなったな。けど以前アルミに乗っていた時のような踏み出しの軽い感覚はないので、フレームの性能もあるのだろう。ただ、自宅近くの急坂でヒルクライムもしてみたが低速での軽さは感じた。何よりホイールの軽さを坂では感じる。私は持続力がないので途中で失速するけど・・。

ハブは行きより帰りのほうが回転の軽さを感じたので、徐々に馴染んでくればもっと回るだろうと期待。漕がなくても巡航するような夢のホイールではないけど、漕いでいれば巡航してくれますから。

巡航時のペダルの軽さは感じた。以前より軽く回る。回転が良いってことなのかなあ?このフレームはペダルを回しやすいんだけど、それをさらに実感。今までこのフレームはしなやかだけどそれ程柔らかくは無いなと思っていたが、このホイールにしたらBB付近が結構柔らかく感じるようになった。けど、ペダルは回しやすい特性はそのまま。踏み抜きやすくていいんだよ。これが高剛性だとペダルを押し返されるような感じがあるし、疲れると踏み抜けなくなっちゃうんだ。そういうバイクに乗ったことあるけど。FP2は今の自分の体力にはピッタリです。まあ回転は上げないとスピードには繋がらないんだけど。

2t23


乗り心地はちょっとごつごつするけど、突き上げ感があるとか不快感は無い。04年のSSC・SLは突き上げ感があったし、ハンドルに凄く衝撃が来たんだけど・・・、アレはTIMEのフレームの所為かなあ?FP2なら問題なし。

あと軽量ホイールにすると、下が軽くなって重心が高くなるんで安定性が損なわれることがあると思う。過去、軽量ホイールにしたら面の上を走っている感覚が線の上を走っている感覚になってしまったことがあって怖かった。あのバイクはもともとハンドルがクイックだったから・・。けどこれはそんなことはない。

やはりFP2の直進安定性はよろしい。ドッシリ感はちょっと減ったかもしれないけど乗りにくさは全く無い。むしろ軽快感を少しもらった。ハンドリングはまったり系だったのが前輪の軽さの恩恵かちょっとハンドリングが軽くなった気がする。

全体的には、マイルド系の走りがシャープになってきたか。緩かった感じがかっちりしたというか、シャキシャキ感が出てきたと思う。

見た目で自分のやる気が出たっていうのが、一番なんでしょうけどね・・。

無事に帰宅。

2t24


暑かった・・・。

本日の走行距離。66・7キロ・・。こ、今回はこのくらいで許してやるわい~!

新ホイールで暑さのわりには以前より楽に走れました。体が馴染んできたのもあるんでしょうけど。

こんなレーシーなホイール、自分のような貧脚おやじには必要なさそうですが、加速やペダルの回転にメリットを感じ、何かに勝ちたいわけではなく「楽に遠くまで走る」という私の目的に効果はありそうです。FP2とのマッチングも良好で使い難さは無いので、導入して良かったと思います。

ロングライド系や入門系のカーボンロードに乗って、なんかモッサリしてるなあとか反応性がいまひとつと感じたら、ちょっと剛性があって軽目のホイールに換えるのはお勧めです。ハブが回るものならさらに良し。

その際は、ドッカーンとやってね。中途半端はあまり変わらなく感じるから。凄いやつでお願いします。硬い奴はペダリングがぎこちなくても踏めれば走るよ。あまり軽さにこだわって柔らかいのにするとペダルを上手に回転させないとあれれ?ってなるから。硬いほうが変化は感じるかも。

これから暑くなってサイクリングロードは辛いよ・・。ここ群馬は昨年のようになると体温より温度が高いんだから。曇りの日とか夕方に走るとか工夫しないとね。

新ホイールでやる気が持続しますように・・。けど仕事の疲れがあああ~。

|

2012年7月 8日 (日)

新ホイールにスプロケット装着&FP2に装着。

さて、新ホイールシリーズも最終回です。

タイヤも付いたし、後はスプロケットを装着します。他のホイールについているスプロケットを外してキシリウムSLに移します。

こんな工具があれば簡単に出来ます。

2u1_5


以前装着していたカンパのヴェントから、私のお気に入りの12-27Tを外します。ええ、山に行くこともあると思えば私はこれしか考えられません。105の奴です。11-28Tの購入も考えましたが、どうもチェーンの調整が必要らしい。それは面倒くさいのでやめる。

しかし、問題が発生。スプロケットがヴェントから固くて外れません・・。これはFP2を買う時にショップの人に付け替えてもらったのですが、どんな力で付けたのよ。散々やったが諦める。うーんどうしよう?

そういえば・・・、完成車に付いていたR500をホイールバックから取り出してみると、おお!スプロケットが付いておる。

無事に取り外してキシリウムSLに装着。

2u2


これはアルテグラの14-25Tです!これ結構愛用していたのよ。平地巡航用に貧脚の私にはピッタリ。12T,13Tなんて平地じゃ私には踏めません。よっぽどの追い風か下りでしか。トップが14Tの分とてもクロスしていてまさに平地スペシャル。

14,15,16,17,18,19、20,21,23,25Tです。この18Tと20Tってのが他のスプロケットには無い仕様(デュラの11-21Tには18Tがありますけど。前のアウターが46Tだったら私にも使えるのだが・・)。

私の巡航スピードだと17~21のところの繋がりが嬉しい。特に18,19Tが真ん中ってのがチェーンラインが気持ちいい。

通称ハイスクールスプロケット。高校自転車部仕様。規則で14Tより重い後ギヤはダメなんだそうで。というかトップが13Tより大きい奴はジュニアスプロケットとか呼んでいますよね。

あれ?これってホイールについているときから10速用のスペーサーがないぞ、と一瞬パニクリましたが、トップが13Tより大きなスプロケットはスペーサーが要らなかったんだっけか?確かそのような。だから10速専用ホイールには装着できないんですよ。イーストンの90SLXは10速専用なのでそっちを選んだらこれは装着出来なかったんだな。危ない~。

で、完成と。

早速FP2装着です。

前輪。むおおお、艶かしく曲線を描くオンダフォークの真っ赤とハブの赤がマッチング!

2u3


こんな感じです。

2u4


後輪は。14Tトップはフレームによってはシートステーと干渉して装着できないこともありますが、これは大丈夫。

2u5


こんな感じ。

2u6


そして全体は・・。

2u7


うーん、派手(笑)。

早速外に出して撮影会だ~。

バックが開けているところってなかなか無いんだよね。田舎ですから田植えの終わった長閑な田んぼをバックに撮影。

横から。

2u8


前から。

2u9

2u10

後から。

2u10_2


強そう(笑)。見た目は入門車からグレードアップしましたね。ホイールから速そうなオーラが出ていますよ。フレームからは出ていないので微妙ですけど。

実測重量は従来の8・8キロから8・3キロになりました。ペダル(322グラム)、ボトルケージ2個(82グラム)、サイコンセンサーなどが装着された状態なので、良くあるペダル無し重量だと約7・9キロといったところ。

やっと7キロ台かよ・・。元が重過ぎますから。まあ105装着車としては軽くなったと思います。これをアルテグラにすれば200グラム近く軽くはなると思いますが、このフレームならこの辺りが落としどころでしょう。ボトルを2本積めばなんでも同じさ(笑)。

しかし、このMOSTのシートポストが結構重たいのですよね。これをカーボンにすれば・・。

さあ、撮影終了、部屋に戻して磨きましょう!

え?乗らないのかって?

・・・乗るのはいいよ~(笑)。

次回は初乗り記です。

|

2012年7月 7日 (土)

七夕そうめん。

今日は七夕ですね。雨ですけど。七夕って最近は雨のイメージですね。

今日のお昼ごはんは、妻がそうめんを茹でてくれました。

題して、七夕そうめんです。

2v1


可愛いですね~。

今日は涼しいので、暖かいお汁をリクエスト。温かいそうめんもおいしいんですよ。

夏野菜がたっぷり。七夕ならではの星型野菜も。

2v2


甘い味付けでおいしい~。

最近妻は良く料理を作ってくれます。春の異動で職場が変わったのですが、いい感じで働けているようです。以前の職場では帰宅が夜9時とか10時過ぎだったのが最近は7時前に帰ってくるように。休日出勤も無くなって、余裕があるようです。

私は春の異動で逆に疲れています・・。もうぐったりで、今日も午後はずっとお昼寝していました。休日は休息が必要なのです。疲れているよ・・。

妻はお弁当も作っているようで、キャラ弁も練習中。それを応用して作ったのがこれ。七夕の二人ね。

2v3


なんか雰囲気出ているなあ。

癒されたそうめんでした。

|

2012年7月 3日 (火)

新ホイールの実測重量&タイヤ装着。

さて、シリーズで書いていますロードバイクの新ホイールの記事。マヴィックのキシリウムSLです。

購入してからも日々仕事の疲れでタイヤも装着せず、走り出せない状況。仕方なく部屋でくるくるホイールを回していたら・・。

あんぎゃあああーーーっ!傷が付いているう!

前後のホイールをガチャガチャ重ねた際についてしまったの、真っ赤なハブがああ!

2w1

塗装がところどころはげてしまったよ・・。この赤い塗装は弱いので要注意です。もう使わないうちにボロボロになる前にタイヤを装着しましょう。

さて、折角の軽量ホイール、タイヤ装着前に重さを測ってみましょう。

クイックを外した状態。リムテープはもともと必要なし。

我が家の汚いタニタの食材ハカリなので、この重さだと誤差があるかなあ?

前輪。

2w2

640グラム。

え?カタログ値では645グラムではなかったか?まあ誤差の範囲でしょう。

後輪。

2w3


875グラム。

カタログ値では840グラムなので、これは重いですね。

自転車パーツではカタログ値より重くなるものですが・・。

実測合計1515グラム。

カタログ値が1485グラムなんで、まあ、近いほうじゃないでしょうかねえ。

十分に軽いです。今までのホイールは2キロ近いはずですから。

このマビック独特のクイック、重そう・・。

2w4


108グラム。

完組付属のメーカー品はこんな感じですから。

軽量手組みホイールに付いているチタン製のシャフト&レバーのえらい軽いクイックも持っていますが、マヴィックの純正クイックで行こうと思う。

あのパクンという独特の締め心地と、やはりマヴィックのハブに合うように設計されているとの話もあるので軽さより純正で。

さて、タイヤです。

実は以前、某通販店のセールで、えらい安くなっていたフルクラムレーシングゼロを買おうとしましたが、カードが認識しないといわれて購入は見送りに。けどタイヤは買ってあったのでそれを使います。

シュワルベ アルトレモZX。

2w5


結構高いよ。バーゲンで安かったけど。

軽さとデザインの派手さで選んだ。転がりも評判いいみたいだし。

赤にしようかなーと思ったけど、白にした。他のバイクで使うかもしれないし。

タイヤはずーっとミシュランのプロレース派でしたが、パナレーサーを使ったらよかったし、これからは色々使ってみよう。

チューブはと・・。自転車お道具箱をゴソゴソやったらこれだけ出てきた。

2w6

リムハイトは低いけど、空気の入れやすさを考えて、ミシュラン・エアコンプの52ミリにした。

タイヤの実測重量は、

2w7_2


192グラム。軽いね。カタログ値が195グラムなので優秀。

さて装着。新品タイヤなのでちょっと硬いが、レバーで入れる。

チューブが噛んでないかは必ずチェックだよ。バーストするから。1周タイヤを押して隙間を見てちょこっとでもチューブが見えたら噛んでいるんだよ。

はい出来上がり。

シュワルベのロゴがでかい・・。

2w8


見た目とバルブの探しやすさでバルブにタイヤのロゴをあわせるのが基本だが。メーカー名とモデル名のロゴがどタイヤにデカク書いてあるので、モデル名をバルブに。

2w9


これが前輪。

2w10


かちょいい!

けど、なんかロゴが多くてごちゃごちゃするぞ。

ホイールのロゴがでかい時はロゴにタイヤのロゴをあわせても良いのだが・・。

ホイールのキシリウムロゴが3箇所、タイヤのロゴが2箇所なので結局合わないから、これでいいや。

後輪。

2w11


タイヤを装着するとホイールらしさが出るね。派手だね。

両方あわせて。

2w12


ごちゃごちゃする~。地味なタイヤにすれば良かったか・・。けどこの派手さもいい!

さあ、そろそろ走るのか?

いや、次回はスプロケット装着・そしてFP2に装着です。

引っ張るのね(笑)。

|

2012年7月 2日 (月)

新ホイールの詳細。

先日購入したロードバイク用ホイール、マヴィック・キシリウムSLの詳細です。

アルミリムにアルミスポークの先駆けキシリウム。04年頃にもSSCーSLというのに乗っていましたが、当時は大人気のホイールだったのですよ。

当時のSLと違うのは、赤い・・。

これが前輪。

2x6


ハブも赤いし、スポークが1本だけ赤い。確か私が昔のSLを買った直後だったか、ツールドフランス限定なんとかで1本だけスポークの色が違うモデルが出た気がします。ショップの人が地元ではウチだけの入荷みたいと自慢をしていたけど、それは欲しくなかった・・。で、それ以降いつのまにか1本だけ色違いが仕様になって現在。単にデザインですね。

キシリウムSLの最大の特徴はこれだ。

リムの軽量化を目的にリムを削ってあるのです。

2x4

スポークの間のリムをこのようにザクってあるのだ。これは当時はときめいたよ。ホイールの外周が軽いほど踏み出しが軽くヒルクライムに向くのか~と感心した。あの頃のは全部シルバーだったので良くわからなかったが、この黒リムで削ったところが素材むき出しの感じになっているところがまた削った感があっていい!

細かい筋が溝についていて削りましたって雰囲気ムンムン。

バルブ穴の部分なんて2箇所削るという芸の細かさ。

2x5_2

しかも対角線上の部分も同じように2箇所削ってバランスを取っているのだ。くうう、たまらん。

これより上位グレードのRシスとかのキシリウム系も削ってあるが、削り面が黒色でわかりにくい。やはりSLの黒が削った感があっていいのです。この下のキシリウム・エリートも切削リムに何年か前になってかっこいいよ。

この切削加工は特許みたいで、昔ボントレガーでMTB用だったかそっくりなリムがあったけどいつの間にか無くなったよね。カンパやフルクラムもリムを削ってあるけど、こういう削り方じゃなくってスポークの廻りからスパッと下がって削っているので逆にスポークの下に盛ってある様にも見える。やはり削り感ではキシリウムだよ。

けどね、店でおねいさんにも言ったんだけど・・。

最初から低いリムにすれば軽いじゃん、削らずに・・・。

いや、そういうもんじゃないんだよ!削ることに意味があるのだ!

確かにカーボンリムも今じゃ普通になっているし、何もアルミリムを削らなくても軽く出来る最近、わざわざ削って頑張って軽くしましたなんてギミックというか、ちょっと演出過剰じゃない?とか今になれば思うかも・・。しかし、当時の技術ならこれが最高の軽量化だったのだ~。その伝統を継続しているホイールなのです。

昔ながらの自転車好きならば、削るだの切るだの、穴を開けて肉抜きをするなんてのはドキドキするほど大好きなんです!今の自転車好きは素材なんだろうけど。

昔のカンパのチェンリングにびっしり肉抜きの穴を空けてしまったとか、ユーレー・ジュビリーという後変速機なんてプーリーケージにびっしりと小さな穴が空いていて軽量化していたのだ。ああいうパーツはトキメいちゃうよね!

そんなんでおじさんはキシリウムSLの見た目にはかなりドキドキしてしまうのです。

さて、ハブは赤い。最近マビックのハブは白になってきたみたい。どんなバイクにも合わせやすいからかな。私のFP2は黒赤だから、ここの赤は色が合う。

2x7


赤いよ・・。なんかブリキみたいで高級感は無いけど、これが軽いんだろう。

で、なんとフロントハブの胴はカーボン製だ。カーボンの筒。

2x8


これも軽くするため素材で頑張ったのか。いいよ~。04年のSLより15グラムほど軽いのはこの部分なのかなあ?まあ誤差の範囲くらいの軽さなんだけど、軽くしましたっていう雰囲気を楽しめます。

スポークも昔は特徴的だった、アルミ合金ジクラル製スポーク。

2x9


通常のステンレススポークより同じ重量なら強度が10%増しという。軽く出来るのでしょう。幅広なんできしめんスポークとか言われたり、インパクトはあったよ。空力も良いらしいよ。

で、1本だけ赤い部分、これってシールじゃなくてちゃんとプリントしてあった。リムのロゴはシールなのにね。けど、全体のデザインが昔のと同じ感じになって嬉しい。一時期リムが真っ黒で細かい文字のロゴがびッチリのデザインになったけど、やっぱこっちの方が懐かしくてよい。

で、リムにはスポーク穴が無い。

2x10

といってもチューブレス対応じゃなくてクリンチャー用。リムテープが無い分軽くなるよ。軽量化が好きな人にはこれ重要。

次は後輪です。

2x11_2


こっちも赤いね。

リムの高さは前輪より後輪の方が高い。こういうところもドキドキ・・。

2x12


リムの高さだとかスポークの本数だとかは別のサイトをご参照ください。私はもうロング缶1本空けてぶっ飛ばして書き進みます。

やはり切削加工。後輪のほうがスポークが多いので、スポーク間のピッチが狭い分見た目の削った感じは派手です。

2x13


後のハブはカーボンじゃない。真っ赤かです。

2x14

フリーボディね。このシールをはがしてスプロケットをはめ込む。シマノ用をM10という(byお店のお兄さん)。

2x15_2


でフリーボディの根元にあるのがマビックM10ホイールに最初から付属ではまっている噂のスペーサー・・。これを取ると新型デュラの11速スプロケットが装着可能という噂が早くから飛んでいましたね。そんなまさか、と思っていましたが・・。

なにやらマヴィックの2013年モデル展示会で、公式にこのスペーサーを外せばシマノの11速スプロケットが装着可能というアナウンスがあったとの話のようです・・。

ホントかよ!凄いですね~。そうじゃないかなーと思ってマヴィック購入しましたが、ほんとにそうだとは。読みが当たった。これで一安心。まだ疑っていますが・・。

まあ、新型デュラの発売はまだ先なので、それまでにはほかのホイールメーカーも11速に対応すると思いますが、マヴィックはそのまま使えるとは、やはり選んで正解。だってすぐにホイール欲しかったけど、11速化に対応しないと不安だったものね。

リアハブはなんかごついよね。これで軽いのかしらん。

2x16


スポークの組み方も、なんかいい。

2x17


で、購入時にお店のお兄さんに調整して頂きました。フレがないかチェック、ハブの回転も一番回るようにしてっ!

ハブの調整方法も教えていただきましたよ。通販じゃこうはいかないよ。いわゆる玉当り調整なのかな、簡単です。ハブにガタが出た場合の対処方法なんだけど、ガタが出ないぎりぎりのところのハブが一番回る位置のセッティング。

これはホイールがバイクに装着されている状態で行えるので、実際キシリウムSLが装着されている展示車で教えてもらえました。素晴らしい~。

こんなレンチが付属されています。

2x18


これは反対側がタイヤレバーとしても使えるのでサドルバックに入れてもオッケー。

これを、ハブにあるこの穴4箇所に入れる。

2x19


実際ホイールにガタが出ている状態をお兄さんが作ってくれて、これがガタですと教えていただく。で、レンチを回してガタが出ない位置を探す。ガタがでなくて回る位置をカンで探すんだけど、その状態を実際にやってもらえたので出来そうです。お兄さん、ありがとうございました。

これが付属品ね。

2x20


マヴィックホイールは過去にこのキシリウムSLとMTB用のクロスマックスSLを使ったことがあるけど、シールが付いて来て、結構車体やらべたべた貼ってしまう。

2x21


正規品なんで保証書つき。2年間保証です。通常に走っていてスポークが折れたとかハブが壊れたとかなら無償で修理交換してもらえる。落車や事故はダメですけどね・・。体重がありすぎてやたらスポークが切れるなんていうのは有りなのかな。

ぶ厚い取り説は何ヶ国語で書いてあるのか、日本語は1ページ・・。

専用のサイコンセンサー用のマグネット。結構でかくて重そう。

2x22

ジクラルスポークに対応しています。装着方法はまた後日・・。

さらにこんなものが。なんかファンシー。

2x23


お会計時にお店のお兄さんとおねいさんがカウンターの後の冷蔵庫から取り出したもの。

ホイール購入プレゼントだそうです!

2x24


中身はなんとケーキです。

ホイール買ってケーキがもらえるとは驚きです。そんなの初めてです。じゃあ、完成車を買えば大きなホールのケーキがもらえるの?って聞いたら同じものだそうです。

自転車買ってケーキをもらおう!

さて、それではインプレです。

おお、中は二つですね。女子が好きそうな感じです。

2x25_2


キャンディーレインっていうお店のようです。伊勢崎のケーキ屋さんのようですね、この自転車屋さんの本店も伊勢崎ですから。

おお、しっとりしっかりしていて、おいしそうです。

2x26


うん、旨い!

2x27


しっかりとしたチョコの味わいにナッツの香ばしさのハーモニー。これはいけています。ごちそう様でした!

って、そっちのインプレかい(笑)!

次回は、新ホイールの実測重量&タイヤを装着です。

|

2012年7月 1日 (日)

新ホイールを購入。

お待たせしました、ようやくピナレロFP2用に購入した新ホイールのことを書きます。

結局、ショップで購入した新ホイールはこれです。

2x1


ごちゃごちゃしていて良くわかりませんが・・、マヴィックのキシリウムSLです。

レースをやるわけでもなく安楽な走りをしているのに何故こんなにレーシーなホイールなのかというと、やはり踏み出しの軽さ、加速性の高さを評価。乗っているバイクのまったりとした反応性を補ってもらおうという方向です。ヒルクライム性能も期待できますが、坂は徐々にね・・。

実はキシリウムSLに乗るのはこれで2度目。最初は2004年頃に乗っていたTIME。

その記事はこちら。 当時のはマビックキシリウムSSC-SLといっていたのね。当時のキシリウムというかマビックの最高峰だったのか、ワークスネームのSSCを冠されていた。

だって、ランスがツールの山岳ステージで使っていたもの。ヒルクライムだったらこれッって感じだった。万能ホイールでもあり、当時はこれが決戦ホイールとしてロードイベント会場では皆さんこのホイールだった時代もあったのです。

当時は物凄く硬いホイールという印象でしたが(なんか乗っていてホイールがバキバキ言っている様な感じだった)、今乗っているFP2は振動減衰性が非常によろしいので、乗り心地にそんなに悪影響は無いだろうと。

もう既に時代はキシリウムより高性能ホイールが沢山出ていますが、なんか自転車に夢中になっていたあの頃に使っていた機材に対する懐古的な感じが自分の中に最近出てきまして・・。2002~6年頃に使っていた機材を再び手元に呼び戻そうかなというプロジェクトを開始しています(笑)。

これが前輪。

2x2


スポーク18本のラジアル組。シマノやフルクラムなんかは前輪16本のラジアル組なんでちょっとごちゃごちゃ見えるか。

後輪。

2x3


こっちはもっと見た目は複雑・・。

昔は自転車仲間に「大八車の車輪」とか「邪悪な見た目」とか散々言われて手放したけど(実はもっと軽量なホイールを入手したから・・)、今見ればそんなに変じゃないよね。

確か2011年と12年はモデル変わっていない気が。これはあの店の在庫で飾ってあった。本当はキシリウムエリートで十分だったが在庫が無く取り寄せだったので、面倒だからあるものにした感じ・・。

ちょうど2013年モデルのマヴィックも発表されましたね。これはキシリウムSLSになるのかな?軽くなってお値段も上がった。リムサイドも削るのかな?スポークもバテッド化されるらしい。剛性は若干下がるだろうね。ハブは白になるのかな?赤いハブが欲しければこれだよ。店によっては安くなっていますし・・。

エリートもエリートSになるのかな?タイヤつきになるとか。タイヤは持っているからこれでよしとしよう。

Rシスもちょっと足せば買えたが、カーボンスポークは不安だし、耐久性重視で。最近体重が増えたので剛性重視で行こう。そこまで軽くなくってもよし。空力もSLのスポークの方がよさそうだし。

お店では、あのおねいさんはCADD10の納車で忙しそう。前回も女性の接客で忙しそうだったし・・。

なので若いお兄さんに接客してもらう。

セールストークが上手で、ホイールをグレードアップしながら完成車を買う方向になってしまった~。CADD10、スーパーシックス、TREKマドン4・7~5・2で検討。ホイールと一緒に購入するとしょぼいホイールもないしお得な感じに・・。

いやいや、そこを振り切って、今のバイクに新ホイールで乗ってみて、それでも走りが良くならなければ新バイクということでホイールを購入。

試乗していたらやばかったよ。たまたま雨が降っていて試乗できなかったから。CADD10はアルミ好きな私にはたまらない。剛性感に期待してたが、剛性はマドンの3と4シリーズの間くらいだという。え、4と5の間くらいかと思っていたので意外です。じゃあマドンの4は走るのか・・。13年モデルのマドンが発表になって12年モデルの4・7が安くなっているから気になる方はどうぞ・・。マドン5の新型も気になるし、あのリヤブレーキの位置が・・。ただカラーが全体にイマイチだよね13年型マドンは。スーパーシックスも気になるよ・・。

ま、新バイクはリムハイトの高い奴でグレードアップするだろうし・・。

最近まとめた考えをお兄さんに聞いてみます。

「シマノの11速化に現段階で一番対応しやすい10速ホイールってマビックじゃないかと思うのですが」「ええ、私もそう思います。マビックの営業さんに聞きましたが、今後の対応もあるようです」

「あのフリーボディに入っているスペーサーを外せば11速スプロケットが入るという噂は?」「うーんそれは、まだわからないので・・。」

どうなんでしょうね?今月号のサイスポ誌ではあのスペーサーを外せば11速スプロケットが入ると思いっきり書いてありますが・・。どっちにしろリヤホイールの設計は11速が入る状態なので性能的に問題が出ることはなさそう。

11速が必要かどうかという話もあるが、9速から10速の時もいつの間にかそうなってしまったから。将来的には11速で当たり前になってしまうのだろう。その時にホイールが使えないと困る。安いもんじゃないし。なのでマビックでこの段階では正解じゃなかろうか。

「マビックってハブが回らないって噂が・・。」「回ります、回ります。」

「キシリウムSLって硬いですよね?」「硬くないです、硬くないです」

え、そうなの?仕様が変わったのかもしれないしな、カーボンの乗り心地も良くなったろうし、ハブは調整次第だって言うし、まあ若いお兄さんの脚力もあるかもしれないが、お兄さんのインプレに従って購入決定。

並行品ならもっと安いが、保証もあるし、ハブの調整もしてもらって、調整方法も教えてもらえるし、今後のメンテも考えて値段は高いが正規販売店で買ったほうが自分にとってはメリットがあるだろう。

というわけで買ってしまったキシリウムSL。

今回は字ばっかりになっちゃったけど、次回は詳細を画像で。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »