« お上りツアーその2・有明ワシントンホテル&中村孝明の店。 | トップページ | テスタッチ起動。 »

2012年8月23日 (木)

海船釣り初体験・東京湾のシロギス釣り。

前回の続きで、職員旅行2日目のイベントは釣りでした。ウチの所長の希望通りの船釣りです。東京湾ってことでシロギス釣りに初挑戦です。

旅行2日目は歌舞伎班と釣り班に分かれました。私は釣り班。6時にホテルを出発。途中、昼食や飲み物を購入し6時40分ごろ船宿さんに到着。

2a1


皆大きなクーラーボックスを持ってるね。私もホームセンターで大きなの2000円で買いましたよ。性能的にはギリギリだろうな。

今回お世話になるのは、葛西橋・荒川屋釣り船店さんです。

2a2


乗合船です。シロギスとアジ五目船の2種類があります。我々はキス狙い。

餌と氷のブロックが1個付いて大人一人8500円です。7時20分頃出船して、16時頃に帰ってきます。その間に何か都合があっても岸には帰れません(笑)。

あの~初心者なんで、船酔いするかもしれないし、半日の船を探して・・・、いや所長さんに却下されました。1日海の上で釣ります!

最近沢山キスが釣れているようですが、お盆頃から釣果は落ち気味のようで・・・、頑張ります。

荒川屋釣り船店さんのHPはこちらです。

荒川の堤防の下にある下町っぽい良いところです。

受付をします。乗船名簿に名前と住所を記入。この時釣座も決まるようです。我々5名並びで席が決まりました。席番号の書いてある札を受け取ります。所長以外は全員船海釣り初体験です。

ライフジャケットは必ず着用、キス船は真っ赤な奴を借りて着る。貸しロッドを500円で借ります。

さあ、乗船。堤防を登って荒川土手を歩く。

2a3


クーラーボックスには氷と飲み物ペットボトルが4本(2リットルは必要とのこと)と昼食が入っています。

桟橋を渡る。船が沢山停泊。

2a4

我々の乗る船はこれだ。船をタラップで1隻またいで乗る

2a5_2


結構大きいので安心。しかし、今まで乗ったことのある船はフェリーやジェットホイルなどだから、手漕ぎボートを除けば私の乗った船の中でこれが諏訪湖の渡船の次に小さい。

真ん中に操舵室。前後に船室があります。トイレもあり。船の周りにぐるっとベンチ状のデッキがありそこが釣座。

7時に乗船したらすぐに出発。

2a6


かっこいい橋をくぐって、荒川を河口に向かって走ります。

2a7


さあ、海に出ますよー。東京湾は波も静かです。うひょー結構速いんだね。風を受けて涼しい。気持ち良いです!

2a8


流石は東京湾、船が多い。かなり近いところを船が横切って行きます。けどこっちの船は小回りが効くから回避できる。

船釣りというと、結構船酔いをしたという話を良く聞きます。なのでトラベルミンをしっかり飲んできましたが、これだけ静かな海なら大丈夫か。釣座が操舵室の横の船の真ん中なんでそんなに揺れませんし。

これはアクアラインのトンネルの換気口島。

2a9


ということは結構東京湾の出口方面に走ってきました。

今回レンタルしたタックルはこれ。船キス竿とスピニングリールはなんかの2000番。

2a10


レンタル料は500円。天秤と15号のオモリがつく。オモリは15号が指定。ラインはPEの1号前後とのことですが、なんか太目のナイロンが巻いてあるような。

ハンドルは右だったけど、私は管釣りのルアーで左ハンドルに慣れきってるので左じゃなきゃ無理。船宿のおねいさんにお願いしたら快くハンドルを外して左へ変えてくれた。ドライバーが必要だったので海の上じゃ出来なかったから、言ってみてよかったよ。

仕掛けは2セットワンパックが200円。これは他に持っていても買ったほうがいい。船宿のオリジナル仕掛けは凄くいいよ。

釣座はこんな感じ。

2a11


ベンチ状のデッキに腰掛ける。足元は水が抜ける穴があり排水可能。靴は長靴がよい。けど暑いので濡れてもいいデッキシューズみたいのを履いてきました。裸足ではいて濡らすつもり。

バケツはまとめてあるので持って来る。ロープが付いているのは水汲み用。大きなバケツは魚を入れる。棚があって餌や飲み物や仕掛けを置ける。

餌は青イソメ。子供の頃父親と海釣りした時に良く使った。その時は砂の中に入っていたが、今回はタッパーの中の水に泳いでいます。一般的にはグロなんで、ここからは餌の部分にはモザイクを掛けてあります。この餌がダメだとこの釣りは難しいよね・・。

こいつは餌のクセに人に噛みつきますし(笑)。ハサミは必ず持参。こいつの頭を噛みつかれる前にスチョンと切って、針を通します。手が汚れるので捨てていいタオルも用意します。餌の垂らしは短めがいいと言われましたが色々変えてみました。2センチくらいかな?

竿たての穴が開いています。今回は空いていたので、3箇所の穴が使えました。一番右の穴に竿を立てて、餌付けの時なんかは真ん中の穴にオモリを入れて、一番左は紙コップが入るドリンクホルダー。

さあ、ポイントにつきました。かなり走った50分くらいか?木更津の方まで来ましたよ。

船長のどうぞの声で釣りが始まる。所長さんが1投目でヒット。さすが~。私は船酔い防止で船が止まってから仕掛けを作る。道糸のスナップに天秤を付けて、天秤にオモリをつけて、仕掛けを天秤につけて、餌をつければ出来上がり。

2投目で釣れました!

2a12


なかなか良い型です。薄いピンク色で綺麗な魚です。繊細な感じですが触ると鱗が結構ざらざらしています。おかげで摑みやすい。

なかなかいい感じで釣れます。あたりは言われているほど大きな感じじゃなかったな。手に来るあたりははっきりしない。竿とラインの感度がいまひとつなのかもしれない。

胴がしっかりしている竿ですが穂先は繊細、先端がククっと震えたら軽くあわせて聞いてみてぶるぶるっと来たら巻きます。ワカサギ釣りの大きくなった感じですか。

おっとダブルです。結構重くて引きますよ。

2a13


片方は針を飲まれているから、あわせ損ねたんだね。ここまでで全員が釣れてボウズはなし。良かったね~。

穏やかな海です。舟の向きで日陰になってるときはホントに気持ちよい。

2a14


アクアラインの横、木更津側です。結構浅いです。水深5~6メートルくらいかな?

食いが渋ってきたら船長の判断でポイント移動です。結構頻繁に場所を変えてくれます。

2a15


この木更津の工場前が結構良かったポイント。ここも岸より沖目とか船長はポイントに詳しい。こことアクアラインの横でバリエーションがある。

移動中に釣ったバケツの中の魚をクーラーに移したり。ホントは氷で冷やした海水の中に釣った直後に入れて氷〆をするといいんだけど、安いクーラーなんであまり開閉すると氷が解けちゃう。なので弱ってきたらジップロックに入れてクーラーへ。

仕掛けを交換したりジュースを飲んだりするひと時。

工場前ポイントは大物も出る。結構いい型。

2a16


釣り方は、アンダーハンドでキャストする決まり。けど飛ばないのよ。頑張って10メートルくらい・・。無理すると仕掛けが絡んだりね。飛ばせれば広範囲に釣れるし誘える。投げてラインを出しながら着底。ベイルを起こして糸ふけをすぐに取る。

底からゆっくり仕掛けを引いて来るんだけど。リールがギクシャクしてね・・。竿をゆっくりあおってロッドを戻しながら糸ふけを取る釣り方にしてみた。途中で誘いを入れる。オモリをトントン底を叩いたり。

キャストせずに真下でもとんとんやれば釣れました。けどキャストした方が当たりは多かった気もします。

2a17


長丁場なんで座って釣りましたが、キャストする時は立ってね。ラインの垂らしは短めで。釣るときも立ってやった方がアタリが取りやすいかも。

2a18


この釣りは向こう合わせかと思ったけど、確実にあわせたほうが釣れました。

管釣りのテクニックを駆使したよ(笑)。ボトムの釣りか縦釣りにちょっと似ていたかな?アワセは。

最初は大き目のあたりにスイープにロッドを引いて乗せていたけど、意外に掛からない。大きなあたりのときは針を飲まれています。飲まれたら、ラインを引っ張れば結構針が出てきます。ラインも切れたけど。

で、ぴくっと穂先が震えるあたりを合わせると結構掛かりました。上あご薄めにフッキングしているのがかなりあったから、きちんと合わせも必要と感じました。活性が高いと向こうあわせでも釣れちゃうんだろうけど。この辺は管釣りのトラウトルアーに似ているなあ。

外道はヒイラギ。

2a19


昔父と港で釣った時は良くこれが釣れたなあ。これも食べられるそうだが。キス料理に集中したいのでリリース。

他の皆さんは、フグやネンブツダイ、小さなタコなんか掛かってました。私は凄い強い引きがあってなんだ?と思ったらイシモチとのこと。キャッチの前にばらしましたが。

釣れたらバケツにポチャリ。

2a20


木更津の工場前はやっぱいい。

2a21


んー、いい型。結構引くよー。

2a22


ていうか何故か私は他の人より大きいのが釣れる。餌の垂らしを長めにしたからかな?

2a23

さて、お昼に休憩。トイレタイム。釣ってる皆さんの背中側を歩いて船尾へ。

船室の入り口横にトイレ個室。入り口の高さは低いのでもぐりこむ感じ。

2a24


水洗の和式トイレ。普通のトイレと変わらない。けど流れた水はどこに行くのかなあ?

最初気が付かなくてここに入ったんだけど、もう一箇所船尾にトイレがありました。男性小専用トイレ。こ、これでは丸見えだ・・。

2a25


非常に開放感があります。釣り船にはこのタイプがついているみたいね。外で立ちション感覚だが。船から直接外に放尿すれば立ちションになってしまうが、この便器もそのまま海中に放尿するものの立派にトイレでしたことになるのである。

女性もカップルやご家族で結構乗ってますが、恥ずかしいから放尿姿を見ちゃいやだよ。けど見てもいいよ・・。

仕掛けは2本針。けど絡んだり飲まれたりで1本針で釣った方が手返しが良かった場合もあった。が、上の針によく掛かったのでやはり2本針がいい。

釣具屋で市販の仕掛けを持ってきましたが、

2a26


結構仕掛けが絡まる。船宿で買った仕掛けが非常に良かった。トラブルが少ないのです。

管釣りのルアーでも割りとフックは交換しますが。これも数を釣るので掛かりが悪くなったら交換したほうが良いと思う。トラブルもあって、7回交換しましたよ・・。

あーなんか穏やか。

2a27


釣れなくなると眠くなる。竿で誘っていないと釣れないのだが。釣れないと手持ち置き竿状態になり・・。

こんなポーズするとお昼寝になってしまうよ。

2a28


すると完全に釣れないのだが、気持ちよくってうとうと。ベタ凪です。ゆらりゆらりと気持ちよく船が揺れてゆりかごのようなんです。あーなんか、えー気持ちです。いいなあこの感じ。

さて、また工場沖に移動です。ラストスパートか?

2a29


やっぱ来るぜー。ダブルでやったー!

2a30

ポツポツ釣れ続いて、喰い渋った2時半過ぎに終了となりました。まあ、風も無く日差しはかなり強かったので、この辺で終わりが良いでしょう。

釣果は・・・、43匹でした!

船釣りが初めての初心者にしては釣れたかなあと、満足しました。やっぱり管釣りでタックルの扱いに慣れているし、スムーズに楽しめました。飽きない程度に釣れ続きましたし。おかずが出来て良かった~。竿頭は常連さんが114匹だったようです。流石ですね。

さあ帰る。木更津から荒川までのクルージングです。アクアラインからまた湾内をすっ飛ばしてます。

2a31

はー、気持ちいい!船酔いが心配でしたが全く大丈夫。今日の東京湾は穏やかでした。

うひゃー、大型船が目の前を横切る。

2a32_2


スリリング。ていうかこっちが東京湾を木更津から横浜方面へ横切っているんだな。

たまにうねりが来て、波しぶきが大きくなる。しょっぱいしぶきが気持ちいいよ。

2a33


東京湾て意外とでっかいど。

羽田沖では飛行機がビュンビュンやってくる。

2a34


こんな短い間隔でよく離着陸できるもんだ。過密ダイヤなんだな。

さあ、荒川に帰ってきましたよ。

2a35


こんなアングルからの鉄道写真はなかなか撮れないだろう。

2a36


さあ到着。凄いテクニックです。縦列駐車ですよ船で。

2a37


くいの間の狭い場所に船を滑り込ませました。

上陸~。15時半、無事に戻ってまいりました。

2a38


皆20匹前後釣れて収穫ありです。

ライフジャケットを返却して終了。麦茶のサービスを頂きました。おいしい~。

2a39


手と顔を洗って終了。お世話になりました。どうなることかと思いましたが、そこそこ釣れましたし船は楽しかった。

ツアーのバスが迎えに来てくれて、夜8時頃には帰宅しました。

バスの中で10匹メンバーにプレゼント。33匹をお持ち帰りです。

2a40


結構大き目がいましたよ。死んでるんで縮んじゃってますが。

2a41


生きていれば24センチ前後はあったか。

初心者シロギス船釣り。思ったより釣れたし、面白いよ。荒海に出る船釣りは無理だけど、東京湾のシロギスならまたやってみたいですね。

この夜のうちに背開きにしましたが結構大変な作業でした。さあ天ぷらです。

シロギスクッキングは、またいつか書きます。

|

« お上りツアーその2・有明ワシントンホテル&中村孝明の店。 | トップページ | テスタッチ起動。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事