« E-PM1・その2・ツインレンズキット用のレンズフード。 | トップページ | たんばらラベンダーパーク2012年・その1。 »

2012年8月 6日 (月)

高崎まつり花火大会2012年。

ここ高崎市の夏のイベント花火大会です。今年は夏真っ盛りの先日土曜日に開催されました。

見るのはいつもどおり自宅の駐車場の前。車の前に椅子を二つ並べて夫婦で見る。ビールに焼き鳥、枝豆などなどを沢山用意して。

7時40分から8時30分までに怒涛の連発です。

相変わらず電柱や電線が邪魔で、こんなアングルで見る。

2l1


さて、今回のカメラは先日購入したばかりのオリンパスPEN・MINIのEPM-1です。まだ使い方もわからないのにいきなりの撮影が花火とは過酷な状況。かなり特殊な被写体なんです、花火って・・。

標準ズームを装着するも、やはり望遠側が足りない感じです。手持ちは辛いので、三脚に固定。

2l2


相変わらず良いテンポで連射する花火大会です。

今年も中盤は変り種のキャラ花火。

2l3


実際はもっとニコニコ顔なんだけど、シャッタースピードが遅いのでこうなっちゃう。

2l4


これはなんだ?トトロかと思ったが猫かな?

2l5


土星っぽいの。けど上手に撮れないね。

2l6


これはかなり怖いぞ。きのこ?クラゲ?なんだか高崎の街を巨大エイリアンが攻撃しているような写真になったよ。

2l7


結局望遠側が足りないのでなんとかならんかと、カメラのメニューを探すとデジタルテレコンなるものを発見。テレコンということは望遠側を電気的に拡大してくれるのだろうと、オンにする。2倍ほど伸びるようです。

2l8


相変わらず電柱が写るので、トリミングしています。

まだ操作に慣れていないので、シーンモードの中にある「打ち上げ花火」モードで撮影しています。スローシャッターでマイナス1アンダーに露出補正に自動的になるのね。スローだと露出がオーバー気味になるし、アンダーの方がハイライトが飛ばなくて良い。

2l9

しかし、それでも連発は露出オーバーになるので補正しようとしたら、まったく修正が出来ない。こういうイメージモードは固定なのね。せめて露出補正が出来たらなあ。

2l10

なのでシャッター優先にしたが、なんか露出補正のモードにいかない。するとAFになってしまってピントが無茶苦茶に・・。メニューからAF/MF切り替えを呼び出せばいいんだが、どこにあるんだっけ?一眼レフみたいにボディーやレンズにAF/MF切り替えスイッチが付いていれば便利なんですけど。

どうもまだ慣れていないのでやはり花火モードにする。これは自動でMFフォーカスになるのが嬉しい。花火ってAFだとピントが合わないから。けどピントリングがシビアでなかなか合わない・・・。ただ、ピントリングを回すと自動でファインダー画面が拡大(5倍)になるように事前に設定しておいたので、何とかピントは合いました。

2l11


ビールを飲みながら、夏の夜空に花火は連発です。やはり高崎花火はいいなあ。

2l12


さあ、あっというまにフィナーレです。これぞ高崎花火名物のラスト超特大スターマイン。高崎市提供の凄いやつです。

今回は癒し系でキャラ花火から始まります。これが今年の特徴かな。

2l13


ハートの花火の連発で癒されたところで、いつもの閃光系連発モードです。

2l14


一体どこまで続くんだーと激しい連発きたきたきたー!そして最後はこれだああ!高崎が昼間のようになる大爆裂!やっぱ露出は飛んだよね・・。

2l15


ズドドドドドー!

ふあああ・・・っと山々に轟音がこだまして、消えて、シーンとなって。

じんじんと余韻を感じながら、ああ夏だと思うこの瞬間。

夏、真っ盛りです。

|

« E-PM1・その2・ツインレンズキット用のレンズフード。 | トップページ | たんばらラベンダーパーク2012年・その1。 »

旅行・地域」カテゴリの記事