« 初防波堤釣り・その1・富山の入善漁港。 | トップページ | 秋彼岸。 »

2012年9月18日 (火)

初防波堤釣り・その2・ブラックラーメン&夜釣り。

前回の続きです。

初の防波堤釣り。

1s1


このように、三連休の上越の漁港は何処もとても混雑しています。

彷徨って富山まで行って、入善漁港で豆アジを食べる分だけゲット。コマセで汚してしまった防波堤を汲んだ海水でお掃除して帰ります。とても素敵なところでした。ありがとうございました。

しかし暑い。なんか群馬より暑い。大汗をかいて、シャツから塩が。お昼なので御飯にしましょう。コマセで手が臭いので、なにを食べてもコマセっぽい感じがしてしまいそうだが。

H氏が、富山まで来たんだからブラックラーメンを食べようと。おお、有名な富山ブラック!朝もラーメンでしたが、ま、いっか。

といっても店がわからん。どこでブラックラーメンが食べられるのか?黒部市の街中でくろべえ、というラーメン店を見つけ、店名にくろが付いているのできっとブラックラーメンがあるだろうと行ったが店の前のメニューにブラックラーメンは無い。黒部のくろべえだったのか・・。

たまたま通った道の店に富山ブラックの看板が。店は古そうだが駐車場に車が多いし、ここにしよう。

1s2

手書きっぽい看板にちょっと不安がありましたがGO!

店内はカウンターのみ。お客は5名ほどいますが皆さん常連でTVののど自慢を観ていますよ・・。

ブラックラーメンを注文。500円です。

おお、黒い!

1s3


噂には聞いていたが、ここまで黒いとは。戦後、肉体労働者の塩分補給のために醤油を濃くしたという。

麺は太め。

1s4


おお、色に反してそんなにしょっぱくは無い。我々が大汗をかいているというのもあるなあ。塩分補給が必要だったのです。

醤油の風味が前面で、醤油の酸味が口に広がります。色よりも強烈な個性ではありませんが、とろとろのチャーシューがおいしかったね。

こんなお店でした。

1s5


ブラックラーメンを食したので満足。なんかヘロヘロだったのが塩分補給で元気になりましたよ。

外は無茶苦茶暑いので、車の中が一番涼しいだろうとドライブモード。夕方までに上越方面に行けばいいと下道を走る。

ペプシの塩スイカ味を飲む。

1s6

微妙・・・。

途中上越の釣りポイントを見学しながら走ります。

市振漁港は朝よりかは人が減ったけど、まだ混んでいますね。道の駅「越後市振の関」でお土産に地ビールと糸魚川の日本酒を購入。ここでH氏から地元群馬は藤岡名物「たまごまんじゅう」をご馳走になる。中にゆで卵入っていましたよ・・。ごちそうさまでした。

親不知の展望台から一番険しい部分を見る。

1s7_2

凄い断崖絶壁。明治までこの崖の下の海岸線が北陸街道だった・・。命懸けの道だったんですね。今では隧道や高速が出来ています。廃道になった旧街道があちこちにあって廃道マニアの私は興奮しましたよ。あと、久比岐自転車道という旧北陸本線の廃線跡を使ったサイクリングロードも見つけて、自転車で走りたくなったよ。

「親不知魚港」も見学。とても綺麗になっています。けど高い堤防は立ち入り禁止。上がることは不可能。と思ったが釣り人が多数・・。どうやって入ったんだろうと思ったら、脚立を担いだ人が帰ってきました・・。そこまでするんか。

上の画像の断崖部分以外の場所は、親不知は海まで降りる道があったりして、釣りのポイントになっている。H氏とここ降りられるんじゃね?とか降り道を探しながら楽しいドライブ。

H氏が持っている新潟釣り場マップに沿って散策する。空いていれば竿を出そうという計画。

「前川放水路」

1s8


場所がわかりにくいので穴場的ポイントのようですが先客ありで諦める。

その流れで「梶屋敷防波堤」。ここも人が多く、釣り場マップで駐車可の場所にロープが張られ駐車は何処も不可能です。なので画像無し。見てたら釣っていた人は電車で来ているようでした・・。

「浦本漁港」

1s9


ぱっと見いい感じですが、砂地でとても浅い。港の一番奥で波をかぶっています・・。

雰囲気がいいのでこの左の堤防に入って、立ち入り禁止フェンスの手前で釣る。

アジングタックルを出すも・・。

1s10


浅すぎ・・。あたりも無し。H氏はアミ餌のウキ釣りで豆アジを何匹か。ここは入り口の角辺り(建物の手前)に豆アジが沢山います。サビキで釣れます。

もう面倒でサビキ竿も出さず。夕マズメまで粘ってもダメそうなので移動。

もうここで夕マヅメ~夜釣りをしようと決定「能生漁港」です。

ここも立ち入り禁止の防波堤が多く規模の割りに釣り場は少ない感じ。足場の良い東堤防付け根の埠頭にする。

1s11


ここは車で横付けできるので家族連れで賑わっています。

日が落ちると皆さん帰って静かな埠頭に。

1s12


この先の東埠頭に有刺鉄線のフェンスを乗り越えて行く人が多数。皆さん身が軽いねえ。危ないよ。私は入れるところにしか入れません。ここは隣接の道の駅のトイレもあって快適です。

もうコマセも無いので、サビキだけでやる。既に食べる分の豆アジは釣ったので、もうのんびりやるのです。

H氏はちょい投げのカゴ釣りとイソメのちょい投げで豆アジがポツポツ。私はもう置き竿ですが、たまに回遊してくる豆アジが釣れます。コマセを撒いている周りの釣り人は豆アジが入れ食いね。

夕マヅメにルアーロッドを出してアジングしてみる。

1s13


港の奥の奥なんでどうもだめっぽい。

暗くなる。H氏は電気ウキで餌釣りです。

1s14


水面の赤いぽつんとした灯火を眺める釣りも風流ですな。こんど電気ウキ買って来よう。

常夜灯が何箇所か灯っているので、ヒップバックとルアーロッドを持って私はランガンモードに。港内を移動します。

対岸の建物前の常夜灯は人気らしく、アジングの若者が数名。車で乗りつけては次々と人が来てルアーをキャストしますが、全くアジの気配は無くすぐに帰ってしまいます。

漁船の間などを探りますが反応無し。船揚げ場のスロープの常夜灯下は浅場ですが、表層でコツコツとアタリが!けど小さい魚なのかヒットしませんでした。残念。

元の埠頭に戻ると、隣で発電機を使って大光量のランプをセットして魚を集めている人が。

1s15


これが始まってからはH氏にはアタリがありません。魚が皆集まってしまったようです。網ですくっていたけどそれって漁だよなあ。タープを張って宴会状態でした。

すると左隣にも家族連れが来て

1s16_3


また発電機でライトをセット。網ですくっています。左右からバルルルと発電機の大音量で、静かな夜の港が騒がしく。こりゃもう釣ってられんと退散しました。

この港の夜の独特な漁なんでしょうかね?

帰り途中、「筒石漁港」を見学。夜釣りで賑わっていました。右手のテトラ置き場の周辺が良いようですね。次回来てみたい港でしたね。

名立谷浜ICから高速に乗って帰宅しました。23時過ぎに無事帰宅。Hさんお世話になりました。ありがとうございます。

結局、真剣にサビキで釣ったのは入善漁港の1時間ちょいでした。暑すぎでした。

釣果は、豆アジ47匹。これ以上は食べ切れんと、まだ釣れそうでしたが止めました。

1s17


なんか怖っ!

翌日早速唐揚げに。さらに次の日には南蛮漬けにしてみました。料理記はまた今度。

しましまの奴は料理方法がわからず、冷凍庫行きです。タイっぽいのと濃紺のぬるっとしているのはリリースでした。

初の防波堤釣り、おかずがゲットできたので楽しかったですね。次回はもう少し大物狙いがしたいな。カゴ釣りかな?

お土産も釣りたいので、サビキで豆アジをご飯分釣ってから、ルアーで遊ぶってのが楽しそうですね。

以前の新潟の防波堤は何処も入れて釣り天国だったそうですが、現在は規制が入って沖へ伸びる堤防の殆どが入れず、新潟の漁港はちょっと釣りが難しい状況のようです。色々な港を開拓してみましょう。

|

« 初防波堤釣り・その1・富山の入善漁港。 | トップページ | 秋彼岸。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事