« 海夜釣りキャンプ・その1・アジング初釣果。 | トップページ | 海夜釣りキャンプ・その3・ウキサビキ釣り。 »

2012年10月11日 (木)

海夜釣りキャンプ・その2・猫と宴。

前回の続きです。

夕飯も食べずに、夜の9時過ぎまで夜釣りをしましたが、ちっとも釣れません。結局この日の私の釣果は、真鯛の幼魚1匹、アジングで釣った小鯵一匹です・・。

夜になったら魚も寝るに違いないという結論に達し、さあ、テン場に戻って宴の準備です。今回はあくまで釣りがメイン、キャンプは夜釣りの後に寝て再び夜明けの釣りを堪能する為です。なので焚き火もないし簡易的な食事です。

テントの前にセッティング。クーラーボックスに座って宴開始。

1i1

米を4合もH氏は持ってきてくれました。これを炊いて、レトルトカレーに乾燥野菜を入れて煮込んで食し、翌朝はあまった御飯をリゾットにして食べるという計画でした。

しかし、もうご飯が炊けるのは待てないよ・・。

缶ビールを開けて始めます。缶詰をコンロにかけて食べる。焼き鳥、イカが定番ね。

1i2


ここの周辺には店が無いので、糸魚川辺りのコンビニで仕入れてきました。

セブンの袋入りおでんは便利だね。

1i3


缶ビールを3本ほど頂きました。

さてメイン。H氏が袋入りラーメンを持っていたので、作る。

1i4


カレーやリゾットに入れるはずだった乾燥野菜がたっぷり入り美味。

1i6


ちなみにコーンはクロダイ釣り用の餌でした(笑)。クロダイの気配も無いのでラーメンに投入。ご馳走様でした。

ここには昼間から大量の猫がいて、どれも良く太っていて毛並みがよろしい。大変愛想が良くて釣り人になついていましたが。

我々のテン場にもいつの間にか一匹セットされていました。

1i5_2


チーズタラをもらって嬉しそう。私が落としてしまったおでんのチクワをさーっと持って行ってしまったが、あまりの熱さに悶絶していました。冷まして完食していました。

するといつの間にか、えらい近くにもう一匹セットされていました。

1i7_2


こ、こいつ可愛い!ちんまり揃えた前足が素敵。

たまらん、ひとなつこなので、いじってしまう。あーん。

1i8


ランタンやストーブの火を怖がらないのでキャンパー慣れしているのか?

あああ、いつのま喰ってるー!下に置いてあったマカロニサラダに顔を突っ込んでいました。

1i9


ああああ、もう一匹いつの間にかいて、なんか咥えていくう。

1i10


もう猫に囲まれているので撤収。さっと片付けて、テントにもぐりこみます。

今回はH氏と同じテント。けど広いので快適。

モンベルのエアマットの上に、モンベル・スーパーストレッチダウンハガー#4のシュラフ。

1i11


結構涼しかったので、このシュラフで快適でした。

11時、すぐにウトウトするが、外洋に面した砂浜のすぐ横。ざっぱーーんと波の音が凄い。波が徐々に大きくなっていくような錯覚。ああ、テントまで波が来ないか?と怖くなる。

うつらうつらすると、車が入ってきて起きてしまう。H氏も同じようで、2時頃、外を見るとなんと!寝る時は我々野営組みの車3台だけだったのが10台に。

いかん、釣り客です。みなさん、仮眠を取っているようですが一組堤防に向かいます。ああ、堤防先端が取られてしまう。何のために前泊しているかわからない状態に。H氏と堤防先端まで真っ暗な中偵察へ。まだ釣り人は一組のようです。

よし、もう一眠りして暗いうちに堤防に行こうということに。しかし3時に、いきなりズドドドドドという爆音が!沖に出ていた漁船が帰ってきました。さらに出港する漁船も。

これではもう眠れん。

3時半、釣り道具を持って真っ暗な堤防に出発しました・・。殆ど寝てないよ。キャンプ釣りどころか徹夜釣り状態に・・。

次回、サビキ釣り解禁・・。

|

« 海夜釣りキャンプ・その1・アジング初釣果。 | トップページ | 海夜釣りキャンプ・その3・ウキサビキ釣り。 »

キャンプ」カテゴリの記事