« 大和屋セール。 | トップページ | 海夜釣りキャンプ・その2・猫と宴。 »

2012年10月10日 (水)

海夜釣りキャンプ・その1・アジング初釣果。

休日勤務の振り替えを使って、月~火曜日にキャンプ海釣りへ行って来ました。

新潟県は糸魚川先の某漁港に到着。高崎から車で3時間少々。静かな漁港です。

1j1

職場の同僚H氏と二人の釣行です。H氏お気に入りの穴場的な漁港ですが、前回の釣りでは混雑で入れず。イカの時期になり有名になっているようです。なので祝日の夕方から平日にかけて、キャンプをしながら釣ろうという計画。

海無し県の海釣り初心者2回目の堤防釣りです。今回は豆アジ釣りは封印して、アジをルアーで釣るという通称アジングが目的。前回は知識も少なく釣れず。その後アジング超入門という本を読み込んで挑みます。常夜灯という灯りがあるといいらしい。前回ロケハンでこの港には常夜灯があることを確認済み。いけるか?

3時半には到着し、テントを設置。海が近いテン場。

1j2


キャンプ場の看板は無いけど、調べるとキャンプ場らしい?駐車場の両脇にテント設営跡があり、管理人はいませんが、トイレや炊事場らしい屋根付き水道もある。この日は他に2組み野営しています。

H氏が6000円で買ったという、ちょい大き目のテント。ボトムはブルーシートの素材ですが、天気も良いので何とかなりそう。

堤防に行きます。また海まで高いよ、怖いよ。

1j3


この方向が港の奥ね。堤防は外洋に向かう。3連休最終日の夕方なので釣り客は前回より少なめ。けど先端は先客がいるので、途中にある出っ張りの先端に釣座を設置。

1j4


ここは港の外です。魚がいるかな?水も濁りが入って釣れそう。

まずは餌でウキ釣りをやってみます。ここは水深が7メートルもあるらしい。川とかでやるウキ釣りでは無理で、遊動式ウキ釣りというのをやる。仕掛けには色々なパーツが付くので面倒くさく、市販の仕掛けを使ってみます。

1j5


餌は大き目のオキアミの1匹付け。アミコマセも撒いて・・。

ウキが消し込んで引き上げると釣れました。真鯛の稚魚らしい。

1j6


食べ方がわからないのでH氏にプレゼント。H氏は帰宅後御飯と炊き込んで鯛めしにしたそうですが、その手があったか。この魚をもっと本気で狙えばよかった・・。

H氏はイソメを使うので色々な魚が釣れます。

これはカワハギ。

1j7


美味な魚ですね。H氏嬉しそう。カワハギ狙いになったようです。その後カワハギ数匹、ウマヅラハギ、ベラと釣り上げていました。

私はウキ釣りはすぐにやめて、アジングの用意です。

おお、日が沈んでいく。

1j8


日本海に沈む夕陽は美しい。

1j9


今回のタックルは、右のホリデー磯3号4・0はウキ釣り、カゴ釣り、サビキ釣り。

1j10

左は月下美人チューブラー7・6フィートL。買ったばかりのアジングロッドです。

さあ、夕マヅメです。H氏と別れひとり港内へ。

1j11


常夜灯が灯り始めます。1j12_2


ここがポイントなのだ~。アジングの人も2~3人いるようですが、イカのエギングの人のほうが多い。

ちょっと移動して一番港の外海側。常夜灯は背後の遠い場所にありますが、2発灯りジンわりという明るさです。

アジング開始!

しかし、夜のルアー釣りは勝手がわからん・・。どこにキャストしたかもわからん、着水した場所もわからん。ボトムに着いたのかもわからん・・。ラインも見えない。もう感覚勝負だ。アタリは手に伝わる感覚しかないよ。管理釣り場のルアーとはどうも違う。このくらいで底だろうというカン。表層からカウントダウンで下げていく。暗いということでコリャ難しい釣りだ。

これだけカウントダウンすれば底だろうというところから、リフト&フォールで。アジは縦の動きに弱いらしいよ。管釣りの縦釣りで慣れていますが、ラインが見えないので竿の感度頼み。

ティップをあおってからフォール。ぐっと重くなるような感じに巻き合わせるとヒット!

おおお、釣れたあ!アジです。豆アジより大きい。18センチほどのアジです。

1j13


ぬおおお、やったぜー。アジングで初釣果。ルアーでアジが釣れました。

ヒットワームはレインのアジリンガーpro、カラーはグローオキアミパワー。

1j14


ジグヘッドは月下美人・鏃0・9g。ラインはフロロ3Lb。

ふう、結構早めに釣れましたよ。やっぱ教科書読んでおいてよかった。やったことが無い釣りは予習が必要です。

これでこれからの冬のお楽しみが増えましたね。

こんなポイントです。

1j15


常夜灯の明暗部の境を狙いました。

アジは回遊魚、そこに群れがいるはず。この地合を逃すな!けど、ああ、この魚どうしよう・・。ビニール袋に入れたけど、まさか本当に釣れるとは思わなかったので小さめのクーラーは堤防に置いてきてしまった。おいしそうだから冷さねば。テントに戻って大きいクーラーを担いできました。

もう地合は終わっていました・・・。

移動して、港の真ん中の常夜灯へ。豆アジが大量にいるようです。

1j16


毎キャスト、表層でコツコツ、とアタリがある!けど豆アジなんだろう、合わせてもフッキングしません。むう・・。そのうちライントラブル・・。暗いのでトラぶったこともなかなか気付かず。ラインが大半駄目になったのでアジングは終了ですー。1匹釣れたのでよし。今後に繋げましょう。

H氏がやって来る。堤防先も夕マヅメは小アジが回って来たがそれで終わり、止まったそうです。

私は堤防に戻って道具を持ってくる。公園広場前でH氏と並んでウキ釣り。H氏はこの間アタリ無しで、ウミケムシが釣れちゃったそうで・・。アレは怖いよ。

買っておいた電気ウキを使う。初電気ウキ釣りです。海面のぽつんとした赤いLEDを見ているのも風流ですな。

しかし当たりも無い。魚って夜は寝るんじゃないの?じゃあ釣れないね。

我々はテントに戻って宴をすることにします。

次回、猫に囲まれキャンプ編です。

|

« 大和屋セール。 | トップページ | 海夜釣りキャンプ・その2・猫と宴。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事