« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

JINSでメガネ修理。

三連休後は風邪気味でして・・。頭痛やら熱やらで、風邪薬を飲んで早めに寝ております。

しかーし、先日の深夜、早めに布団に潜ってグッズリ寝ていた1時半ごろ、携帯が鳴った。

昔なら無視ですが、親が死んだのかも?ということもありますから慌てて携帯を探す。しばらく鳴っていたので知らん人ではないだろうとバックをゴソゴソしてようやく携帯をつかんで見ると、全く知らん番号だね・・。

けどこんな夜中に、もしかして職場で何か?職場の誰かかな?と思うと出てしまう。

無言だよ・・・。

くっそー!睡眠を返せええーーーーっ!

ゴリ・・・。ん?んんん?

明かりをつけて見ると、ああああーーーーーっ!膝でメガネ踏んどるううううーーーーっ!

最近メガネを布団の横に積み上げた雑誌の上に置いているのですが、雑誌ごと雪崩てシーツの上に流されてきていたのだ。枕もとのバックを摑もうと伸び上がった時にニードロップ・・。

ああああ・・・・、レンズ取れとる・・。

R1


フレームもねじれていますが曲げて直す。これナイロールなんでナイロン糸でレンズを吊ってある。レンズをはめてみたが、ナイロンが切れとるね。これは修理です。

くうう!無言電話めええええええーーーーーっ!

予備のメガネを使うことにしました。似たようなメガネが何本も有るし。

購入したJINSに修理してもらいましょう。

保証書と・・。JINSではもう何本かわからないほどメガネを買っているので保証書も沢山あるよ。これかな?

うーむ、お渡し日より6ヶ月で2回まで保証が効くという。

しかし、不注意による損傷は対象外とのこと。

これ、モロ不注意やん・・。有料なのかなあ?

まあ、気に入っているメガネだし、直らないと使えないので、本日仕事を定時であがって、地元ショッピングモール内のJINSへ。

ここは、なるべく自分の不注意だとは言わずに、偶発的な事故を装えば何とか無償で修理してもらえないかなあ・・・。

受付のおねいさん(かわいい)に「ああああ、あのあの、メガネ、こ、壊われちゃったんですけどーーーーーっ!」

「あ、はい」

「こ、これこれ、ほほほら、レンズがポロッと外れちゃいましてね、ほらね、ポロっと、ね?ポロっと外れちゃったんですうううーーーーっ!」

「あ、レンズが外れただけですね。大丈夫ですよ。10分ほどで修理いたしますのでお待ちください」

あれ?理由も聞かず思ったより気軽に受け付けてくれましたね。

店内でメガネを見ていると完成しました。

「お待たせいたしました、かけてご確認ください」

おおおお、直っている、ばっちりですよ!

「鼻当ても寝ていたので直しておきました」

「(膝で踏んだからな)ありがとうございます」

「どうもありがとうございました~」

店内のミラーの壁に激突しながら店を出ました。

ん?無料?あの会話の流れから料金は請求されなかったよな?

もし有料なら店のおねいさん(かわいい)が鬼の形相で「お客様御代がまだですううーーー!」と追いかけてくるはずだが・・。来ないね。

無償で修理してもらいました!まあ、保証適応の破損てのはレンズが割れたりフレームが折れたりするレベルのことなんでしょうね。

レンズが外れるくらいは破損ってことじゃないのね。サービスでやってもらえましたよ。ありがとうございました!これで安心しました。ナイロールはレンズ外れが怖かったのだけど、これなら今後もJINSで安心してメガネを買っちゃうぞ。

これが修理後。

R2


ふう、よかったよ。

今回予備で使ったメガネは、これ以前に買ったもの。今回修理した奴をそれの予備として買ったのに、立場が逆転してしまったのだ。

上のが以前のメガネ。似ているが鼻当てが付いていないので、鼻の上が黒くなっているのが気になって、新しい方が好きになった。

R3


久しぶりに使ったが、以前のメガネの方が顔が優しいな。新しいのは顔が引き締まるがちょっと冷たい感じ。

キリッと生きて行きたいのでシャープな表情の修理した方を使っていこう。

JINSに夏以来に行ったが、新モデルが出ていた。けど、品数減った?ちょっと奇抜な感じなのが増えていてね、それで実用的なアイテムが減っていて選び難かったなあ。値段も9990円が大多数で安いのが少なかったなあ。

チタンシリーズ無くなっちゃったのかな?同じの色違いで2,3本買っておけばよかったか。普通な感じのが無くなっちゃったよ・・。大丈夫かなあ?JINSよ。おじさんも利用しているんだよ。

HPを見るといい感じのもあるので、年末にもう1本買ってしまうとは思います。

|

2012年11月23日 (金)

諏訪湖ドーム船ワカサギ釣り・4束超え。

諏訪湖のドーム船でワカサギ釣りをしてきました。

S1

ワカサギ釣りを始めて通算2シーズン目8回目の釣行という初心者の私ですが、4束超えの釣果。

やっぱり諏訪湖のドーム船は釣れますね~。楽しかった。

職場の所長さんプロデュースの私的研修企画。所長さん、参加の皆様お世話になりました。

ドーム船は、3回目の乗船となる「みなと」さん。

S2

こちらでの前回の釣行では、初の1束(百匹)を釣りましたので今回も期待です。

職場関係12名での参加です。

これがドーム船。

S3_7

台船にビニールハウスを被せてあります。

朝、4時半に群馬を出発、6時40分到着。他のドーム船は既に出発。最後の船を予約してあります。7時20分出発。

内部はこんな感じ。農作物になった気分?晴れている日は冬でも暖かですが、この日は雨模様。寒かった。

S4

この溝が湖面。一人の釣りスペース。内部の水が流れているのではなく、船が動いているのです。

S5_8

雨でも濡れないのがドーム船。天気を選ばずにワカサギ釣りが楽しめます。

S6_2

先週までは岸近くの浅場がポイントでしたが、先日より沖合いの深場が釣れているというので、結構沖に出ます。7時半に釣り開始。

いつものリールに35センチの竿。

S7

早朝は活性が高い。一投目から釣れ続きます。いきなりのダブル。

S8

その後ダブルが多発、30分でこれだけ釣れました。

S9

いい調子だぞ。早朝のラッシュはすぐに終わるのが常ですが、この日はやや持続。

9時頃まで続きました。その段階で126匹。早くも一束超えました。

S10

このペースなら自己新記録可能かな?

けどまあ、やはりペースは落ちるわけで、9時過ぎからは沈黙モード。ぽつりぽつり拾っていく感じに・・。

魚をビニール袋に移してクーラーボックスへ。トイレタイムです。外に出る

こんな沖合い。雨ですが風はまだ無い。

S11

このドアはなーんだ?

S12

ドーム船にはトイレが付いています。これなら快適。

S13

簡易水洗の洋式。ブツはどこに流れていくのか?仲間が下にタンクがあるようだといっていましたから溜めているのね。

天気が悪いのは残念ですが、釣れているからオッケー。他のドーム船が見えます。結構色々な場所に散っている。ポイントが複数有るのだろう。

S14

トイレから戻ると、ポツポツ釣れているようです。皆さん溝に釣り糸をたらす。よく考えると不思議な光景。

S15

出船時は少な目のお客でしたが、今日は予約で満杯、徐々に渡船でお客がやってきて満席状態にこの後なりました。

決して側溝で釣りをしているんじゃないよ(笑)。これが湖なんだよ。広い諏訪湖のこの部分が私のスペースだ。相当沖合いなんだよ。

S16

タナは底です。水深は5メートル。錘を底からわずかに切った状態。置き竿はダメだよ。手持ちで必ず誘います。

船が風で流れ動いて場所が変わったり、お客が渡船で帰ったりすると喫水が上がるのか、微妙に水深が変わる。その度に底は取り直そう。底からわずかに錘を切った状態を保つのだ。

10時で166匹。3束を目標にしよう。

S17

仕掛けはドーム船専用。全長45センチの短さ。手返し重視です。とても扱いやすい。

S18

一番下のハリスがやや長いのは底釣を意識。5本針なのも、餌交換をマメにする配慮。諏訪湖は紅サシの半切りでマメな餌交換が原則。これはドーム船のルールのようなもの。新鮮で匂いの出る半切りサシで群れをドーム船の下に留めておくのを全員で協力し合うのです。

やや喰い渋った。針が2・5号と何故かやや大き目の針を使うのも諏訪湖の特徴か?普段使っていない大きさだし、ちょっと大きい気がしたので2号へ落とす。

いつも使っている仕掛けにする。

S19_2

この80センチが長く感じてしまったよ・・。曇りで暗いのでケイムラの効果が出るかな?

お昼には注文したカツ丼。船で出前してくれます。


S20

ホカホカ暖かく、寒かった船で食べるととてもおいしい。この他、何度か売店の船が来て、仕掛けや餌、飲み物などを販売しています。なんかタヒチの水上コテージみたいな贅沢気分。

今回は、ドーム船初体験の方もいます。隣のH君は手バネで釣っています。私もここでのワカサギ初体験は手バネでやりましたね。彼はとてもセンスがよくって、繊細なアタリを上手に合わせていましたね。


S21

しかし、皆さん腰が痛くなってしまったようで・・。

特に若者はこの姿勢が駄目なよう。椅子でも座布団でもダメ。休憩は立っているのが一番楽。お昼も立って食べている(笑)。おじさんたちは平気。


S22

徐々に天気が荒れてきて、波が強くなる。

S23

昼食前の11時頃から活性があがる。昼食後からいい群れが入ってきました。

この日は9時過ぎからの30分くらいが沈黙で、あとはずっと釣れ続いている感じでした。いいぞ。

4連発もあり。

S24

午後は何度も入れ食いモードが来る。もう忙しい~。

12時半で300匹達成。


S25

このまま激しく釣れ続くか?と思ったらやっぱりポツポツに。そこはねちっこく誘って釣果を伸ばす。

小刻みに誘うとアタリがある。それでもダメならそーっと竿を上げて顔の前あたりまであげると当たったり。後半有効だった誘いは、錘を底に付けてちょっとふかす感じにしてまたラインを張ると当たった。

錘に底針も付けてみたが結構それに掛かった。

風雨がかなり強くなり、やや船が動くが前回ほどは仕掛けが流されない。しかし温度はどんどん下がって寒い~。

釣れだすと忙しくボウルに魚が溜まる。

S26

14時10分に400匹達成。


S27

所長さんからの業務命令で、14時から釣った魚は全て職場へのお土産として供出することに(笑)。ならばと真剣モードで釣るけど、ちょっと群れがまばら。

最後はラッシュで3連発の連続。多点掛けもこの日はじっと待ってやるんじゃなく一発のアワセで掛かることが多かった。魚が多くて高活性なんだな。

15時25分に迎えの船が来て納竿。

釣果は477匹でした。4束超え、5束も狙いましたが時間切れ。

S28

今までの自己記録はワカサギ5回目釣行の前回の諏訪湖ドーム船での179匹でしたから、自己記録を大幅に更新しましたよ~。

今回釣果アップの訳は、魚の活性以外には手返しの向上です。前回の丹生湖で練習した、ワカサギ片手外しが成功。親指と人差し指で幹糸を挟んで針のチモトまで下ろす。ワカサギの口を指で挟むと外れます。外れない時は中指でワカサギの頭を押す。これで殆ど外れます。外れない場合は下顎に針が掛かっているので両手で外します。

殆どこれで竿を床に置かなくて済むので、手返しが早くなった。しかも竿を上げてラインをぶら下げたままで出来るので仕掛けのトラブルがグーンと減った。絡んでもフロロのハリスだとすぐに直るし。ライントラブルでの仕掛け交換は無かったよ。前回の丹生湖では4個も交換したが、今回は意図的に一度交換しただけ。

こういうトラブルを抑えて、手返しを速くした効果が出ましたね。

さあ、ボートに押されて岸に戻ります。


S29

ドーム船、ありがとうございました。


S30

他の船も帰ってきます。

S31

今回は群れが多くて釣れ続く時間が長かった。初めての皆さんも100匹前後釣れる良い日でした。

私も合わせが決まり、誘いも有効、針への乗りも良かったのですが、微妙なアタリも意識して取る練習をして、初期アタリがわかるようになりました。

100匹ほどは職場のお土産にしました。それでもこんなに。

S32

お持ち帰りは370匹くらいかな?850グラムありました。

うーん、食べるぞ~。塩水で洗っておく。

S33

サイズの中心は5~7センチですが、なかには10センチも。

S34

諏訪湖はワカサギの魚影が濃いですね。11月中は電動二本の方なら10束が狙えるという。

私は手巻き1本で自分としてはこのくらいが限界な感じです。電動リールの導入も考えていますが、今回わかったのは集中力の持続が大事ですね。途中でちょっと疲れて休みが多かったですから。釣れてる人はやっぱ集中していますね。私は落ち着きがないので、釣れるモードでもこの辺りが限界のようです。あと寒い中長時間同じポーズでいるのも結構体力が必要です。

沢山釣りたくなったら諏訪湖、やっぱ釣れますね。また行きたいなあ~。

|

2012年11月21日 (水)

ワカサギの唐揚げ。

えへっ、今日はワカサギの唐揚げだお!

こんちわ、妄想クッキング娘だおおお。

えー、またワカサギ釣ってきたのお?好きねえ。またちっちゃいのちょこっとだけなんじゃないの?

T1


え?103匹釣れたんだー。あと5匹で煩悩の数じゃん。やるね~。じゃあ早速料理してあげる。

えーっと、前回は天ぷらだっけ?じゃあ今日は唐揚げだお。あれ?唐揚げって前にやった?あれはアジか・・。なんだかもうわからなくなったお。

最近揚げ物ばっかだよね、ワタシの料理ってば・・。ううん、揚げ物って大変なんだお!完全手作りで作るからね~。

じゃあ、こっから先は見ちゃだめだお!テレビでも見ていてね。

ふう、行ったか。手作りって言ったって、今は便利なものがあるんだお・・。唐揚げ粉?そんないつものべたなモノ使わないんだお。

今回は、なんと竜田揚げ粉だおおお。

T2


なんか魚に合うって書いてあったし・・。けど、こんな小さい魚じゃあ竜田揚げっぽくなるの?

まいっか。じゃあ竜田揚げ粉をさらさらさら~・・。コレでも手作りと言い張るんだお。まさか見てないよね?

はっ?!いやーっ!早速ガチみてるうううううーーーーっ!

らめええっ!らめええええええーーーっ!みちゃらめええええーーーーーっ!!これスパイスなのおおおっ!隠し味なのおおーーーっ!

うぐう、ひっく、ふえええーーーん、あんなに見ちゃらめって言ったのにいいい!酷いよお!

ひっく、ひっく、ぐすん、絶対に許してやんないんらからあ!

許して欲しいのお?ぢゃあさあ、ヴィヴィアン・ウエストウッド買ってよ。

ううん、ヴィーンヴィーンあーン・うえしたうっとり、違う、全っ然違う。なにそれキモっ。

そう、ヴィヴィアンの、ウエストのウッド、そうそれ。

え?買ってくれるのお?!やったーっ、じゃあ許してやってもいいよ!

続きねー。粉に良くお魚をまぶして、3分馴染ませますー。

T3


さあ、揚げますよー。

じゅわあーーー。

T4


ふおおおおーー、香ばしそうだおおおーーー!

いい色に出来上がったお!

T5


これぞまさしくリアルおっとっと!

けどさあ、やっぱ竜田揚げにはならなかったよねえ?完全に粉が勝っている感じだよね・・。

でもほら、アップで見ると、このブツブツ感が竜田揚げなんだお!

T6


まあ、体に優しい擬似ビールも付けるからさあ、おつまみにして楽しんでね!

T7


じゃね~。

・・・・・。

・・・・・。

ああああ、妄想クッキング娘!待ってええーーーっ!

くうう、行ってしまったか・・。

自分で作ったのですよ。

ええ、やっぱ、これ、完全に粉が勝っているよね。

醤油っぽくて香ばしくっておいしいんだけどさ、素材の味がわからん・・。この魚の体積にこんだけ衣が付いているからしょっぱいし。次回は塩コショウで唐揚げかなあ?

まあ、酒のつまみにはいいよね!くうう、揚げたては、ほふほふ、熱々で旨いよ~。なんとも香ばしくって最高!

妻と一緒に御飯のおかずにしました。二人でちょうどいい量でしたよ。

ワカサギは釣って食べるのが醍醐味なんだけど、何度も続くとそろそろ飽きてくるよね・・。

次は工夫しないとなあ。

|

2012年11月18日 (日)

丹生湖ワカサギ釣り・桟橋で一束。

今日は、地元群馬の丹生湖へ、ワカサギ釣りに行って来ました。

U1

丹生湖には初めて釣りに行きました。

ここ地元の高崎周辺では、先日に鮎川湖が工事のためワカサギ釣りが中止になり、もう近場のワカサギ釣り場は丹生湖だけになったのです。(鳴沢湖は震災で破損し工事中、榛名湖は不漁、三名湖も工事中)ちょっと遠くの神流湖まで行けば良い型が釣れているようですけど。ワカサギがいるという湖はほかにもあるんですけど、数釣りは難しそう。

今回はテーマを考えての釣。まずは導入したPEラインのチェック。

U2

私、管釣りでの経験からPE嫌いなんですけど。前回の鮎川湖でもっと感度が欲しいと思いまして、キャストしなければライントラブルもそれ程起こらないだろうと。

あと、竿を45センチから35センチに短くしました。誘いやすさなど効果があるかなと。

それから、釣れたワカサギを針から片手で外す方法の練習です。

さて、珍しくというか初めてワカサギ釣りでオープン前の到着です。丹生湖は遅めの7時始まりなので間に合いました。家からも車で30分と近いし。

6時40分到着で既に駐車場は満車直前、行列が出来ていました。

U3

事務所に行って入漁料520円と桟橋料金1日1570円の合計2090円を支払う。半日券というのもあるがそれはお昼の12時からの午後のみです。

車に戻って荷物を持って、ボート用と桟橋用とで分かれている行列に並びます。入場は並んだ順です。

U4

6時50分過ぎに入場開始。ただ危険防止のためか十人くらいずつ区切っての入場。

朝日の通路桟橋を歩く。枝分かれしている釣り桟橋はちょっと先。

丹生湖の地図とか釣情報はこちらの公式HPをご覧ください。

U6

ここは富岡市がやっている公営釣り場なんですね。

一番手前の北桟橋に入る。HPを見ると先日はこの浅い北桟橋の釣果がよろしいようで。手前から混んでいて、真ん中やや先端寄りに釣座を構える。

今回も、最近気に入っている仕掛け。6本針で全長が短くて扱いやすい。

U7

タナがわからないときは長めの仕掛けのほうがいいと思いますが、ラントラブルはつまらないからねえ。

解禁から中層が釣れているようですが、いつもどおりベタ底で開始。水深は4メートルと意外に浅かった。

おお、やはり朝一、当たります。すぐに一匹目。

そしてダブルも。

U8

今日こそいい感じかな?

ダブル連発。

U9

でも釣れている魚を見るとなんかワカサギとは違う魚も混ざっています。丹生湖名物のクチボソも釣れています。釣れるたびに魚は確認していますが、ダブルのときは慌てて混ざってしまったらしい。クチボソは湖に帰します。

クチボソは底にいるようですが、ワカサギもこの日は底に多かったので結構釣れた。けど文字通り口が細いのか大きなアタリを出すがフッキングしないので、ワカサギだかわからないし、いらいらしますね。

今回の釣座。

U10

ここでワンポイントアドバイス。

丹生湖の桟橋は床がスノコ状。隙間が開いています。これが危険。私は釣れた魚を何匹も湖に隙間から帰してしまったし、仕掛けを隙間に入れて針が引っかかってハリスを切ったりしました。はさみ等の小物落とすことも有りそうなので、必ずビニールシートなどを敷いた方が良いです。椅子の場合でもシートを敷くのです。

賑やかですね。中桟橋、南桟橋の風景。

U13

桟橋は両サイドで釣れますが、何故か皆さん南向き。その訳は後でわかるのですが・・。

桟橋こんなに傾いちゃっています。

U14

その後も単発ですがつれ続きます。PEラインの感度が良いのか、クチボソのおかげなのかアタリはとても多い。けど掛からん・・・。

PEライン、良いですね。アタリは以前よりはっきりとわかります。今まで感じていたあのブルっとしたアタリはワカサギが餌を離した時のアタリ。その前にあるクンという咥えたときのアタリがわかるようになった。クチボソはブルブルブルブルーってアタリ・・。

穂先に絡まるトラブルも何回かありましたが、これからはワカサギはPEでいきそう。

時折ダブル。

U15

餌箱はこの茶色のを新調。こういう箱のほうがサシは取り出しやすいと思ったから。

今回のテーマの一つ、片手魚外し。魚を入れるボウルを忘れてしまったーっ!結局、竿を置いて両手で魚を外してジップロックの袋に入れてました。ちょっとまとまると魚を保冷剤を入れたクーラーバックに移しました。

けど、後半ジップロックに水を入れて口を開いて置いて、片手外しに挑戦。結構簡単に出来ましたよ。

開始2時間でこの釣果。自分としてはまずまず。

U16

この調子なら昼ごろには一束(百匹)かな?

けどいつもどおりそうは行かない。

9時半頃からパタっとアタリが止まります・・。ヤバ。まあ、けど、そんなもんだよね。

底狙いだとやはりクチボソ。こいつがクチボソ。

U17


サイズ的に似ているが良く見ると違う魚。鱗の感じと顔が違う。

ここまでは風も穏やかで、なんか長閑な感じです。湖面に映る雲を眺めながら釣り糸を垂れる。

U18

いいねえ。

ぴたっと釣れないので10時半トイレタイム。

事務所の建物はお洒落。

U19

トイレは別棟にあります。

U20

桟橋よりボートの方が釣れるそうですが、私はボートはやらず桟橋派です。その理由はやはりトイレですね。トイレタイムのたびにオールを漕いで戻ってこなければならない手間を考えるとやっぱ桟橋は気軽です。ましてやトイレが大の方でギリギリだったら漕ぐ手に力が入らず力尽きてしまうかも、と思うとボートに乗る勇気が湧きません。

するとボート桟橋にこんな看板が・・。

「湖への放尿をお断りします」(笑)。

U21

やっぱおったんかー!放尿する奴。

考えるでしょうね、やっぱ。ここはワンドの奥に行けば見えないかもしれないし。ちょろっと。湖の広さからみれば個人の放尿量などわずかでしょうが、皆始めたら大変だし、やっぱマナーだよね。

腰にカバーをかけてペットボトルとかの中に出せば・・・。

看板に水深表があった。

U22

やっぱ私のいる一番手前の北桟橋は浅いのか。冬場で深場に魚が落ちたらより奥の桟橋で先端がいいのかも。逆に深すぎたら手前がいいのか。

桟橋に戻ると、ここにも看板が。

桟橋も放尿お断りです!

U23

桟橋でも放尿する奴おったんかーっ!

トイレまで歩いていけばいいのに・・。

U24

この通路桟橋手前も数の出るポイントのようです。

これは私の入った北桟橋。

U26

戻っても相変らずあたりは少なく。ぽつりぽつり釣れる感じ。

さらに、11頃から風が強くなって来ました。

U27

波が強くなり、アタリもとり難く。

12時ごろになるとかなりの強風に。

これは凄い。寒いです。朝のほうが暖かかったくらい。くうう。

U28

なんで皆南側向いて座っているのがわかったよ。北側向けば酷い向かい風。そしてこの波!

U29

海かよ!桟橋が傾いていなかったら波がのってましたよ。危険~。こっち向きには釣れませんがな。

桟橋なのに完全にボートに乗っているような揺れです。船釣りですこれ。

そんな悪条件の中でも、タナをきめ細かに探って12時半頃からアタリが復活。やっぱタナは探さなくちゃ。少ないけど確実に拾えたのが底の4メートルから、やや底を切った3.8メートル、そして群れが良く通るのがこの日の午後は3.5メートルと3メートルのレンジ。そこを探しながら魚を拾う。

お昼からでこんな感じ。ジップロックに水を入れてビク代わり。片手で魚を外して落としていきます。

U30

新しい竿も良好。使いやすかった。35センチがいいね。手巻きリールだしこれ以上短いとバランスがね。

1・5号の錘でこの曲がり。

U31

2時には大会をしていたグループがお帰りに。

その時点で私は90匹。何とか一束釣りたいぞ。2時には上がる予定が、百匹まで続けると決意。かなり苦しいアタリの状況。底はクチボソ。中層の群れは小さくあっという間に通り過ぎる。

ダブルも底に近い針のはクチボソ・・。


U32_7

隣の電動2本のお兄さんは魚探を持っていて、アラーム音がピッピ鳴るので群れが来たのがわかるのです。2時過ぎから結構群れが来るのですがあっという間に通り過ぎる。ピッピ音がしてお兄さんが釣れた時の電動の巻く秒数や音が鳴って電動をちょこっと巻き上げる感じから、私もタナを合わせてみた、ちゃっかり(笑)。

けど、やっぱ最後のタナがバラけている動きの速い群れは魚探のお兄さんの圧勝。群れが来ると確実に1~2本上げていたもの。私は群れ2~3回に一匹・・。

魚探かあ・・。あればそういうケースで釣れそうだけど、そこまでこの釣りに投資はしないだろうな。他の釣りにお金も掛かってるし・・。

うん、タナを探す楽しみもあるし、そんなに魚を釣っても食べきれないので、しばらくは今の勘&手巻きで頑張ろう。

しかし、電動リールが増えましたね。もう手巻きが少数派だよね。椅子も低くなったし。

今回の釣座。


U33_3

何とか100匹を超えて、今回の最大級のワカサギを釣り上げてポロリとスノコの間から逃がして、納竿。15時終了にしました。

釣果は、カウンターで103匹。難しかったけど、小まめに餌交換と半切り、タナのチェックをやって一束に届きました。クチボソを避けて、ワカサギのあたりを確実に取れればもっと釣れたと思う。乗せられないアタリが多かった・・。PEでアタリは良く出ていたんだけどね・・。


U34

魚は小さくてこの量です・・。

U35

まあ、百匹超えたのでよし。

体は痛くなったが、帰路は前回より軽やかです。

U36

サイズは小さかったけど、食べるには十分。

帰宅後数えたら、これは偶然なんだけどカウンターとピッタリ103匹ありました。

U37

なぜなら、クチボソを途中で逃がしましたがそれはカウントしていた。さらにジップロックの水を捨てようとして中のワカサギをスノコの隙間からいくつか放流してしまった。なんでカウンターをポチする誤差は相当あった模様。

次回は魚を入れるボウルは忘れないこと。床にマットを敷くのがコツ。

ワカサギは醤油味のから揚げにして食べました。妻には好評。おかずに二人で食べるのにちょうど良かったです。

丹生湖、また来よう。家から近いし、アタリも結構あるし、楽しめそう。暖かい日に通いそう。

|

2012年11月15日 (木)

コンビニ・ヌーボー。

ボ、ボボッボボボージョレー、ヌボ~ンヌ・・・。

今日はボジョレーヌーボーの解禁日。このブログでは何度も書いていますので、なんでコレがそんなに盛り上がることなのか?ということを今回は書きませんが。

今年買ったヌーボーはすんごーいよ・・。

ここ数年は、私がワインにはまってしまったということもあって高級志向。普通にACブルゴーニュより高いヌーボー飲んじゃってました。ガメイ(葡萄の品種)なのにピノ・ノワールより高いの。

昨年はなんと、ルロワのヌーボー。

V1


これは、なんか普通にブルゴーニュ飲んでいるような気分にさせるようなワインだった。へたすりゃ村名ブルが買えちゃう値段。

レビュー記事はこちら。

2010年は、ルーデュモンでした。これは、ブルゴーニュでワイン生産を頑張っている日本人の仲田さんのプロデュースするヌーボー。

V2


これは甘さ控えめで重厚なヌーボーだったようです。本格的な味わいを目指したのかな。

レビュー記事はこちら。

2009年は、フィリップ・パカレでした。これは高いよ。けどブルゴーニュの奴は激しく高くて私は一生手が届かないので、せめてヌーボー飲んでやろうという魂胆。

V3


これはフレッシュで、とても美味しかったようですね。

レビュー記事はこちら。

例年ひとりでお祭りってことで、散在してましたね・・。

で、今年はどうなったかというと。

2012年のボージョレーヌーボーは、

セブン・イレブンで買いました!ペットボトルに入っています~。

V4


ここ1年くらい、なんか自分変わりましたか。これで十分です。仕事帰りにセブンのレジ前に置いてあったのが目に付いて、あ?今年注文してねえ・・、と気が付いて一番安いのを購入。

購入価格980円。

最近、ACブルゴーニュでも1000円の奴買っていますし、たまに旨いのもあるし。ピノが1000円なのにガメイにそれ以上は出せないなあと。

エチケット(ラベルね)も結構やっつけです。

V5


フィリップ・コパン ボジョレー・ヌーボー2012年。

結構老舗でちゃんと作っている人みたいですね。

ヌーボーはフレッシュで甘酸っぱくてキュートならオッケー。やっぱガブガブ飲める軽快な奴がいいです。

冷やしてから飲む。

ああペットボトルだ。妙に軽い。ペットボトルのワインなんて初めて飲むよ・・。スクリューキャップもプラスチックで簡単に開きます。

V6


けど、一応なで肩のブルゴーニュスタイルのボトル。フルボトルなのになんだか小さいのは、ボトルに厚みがないからだ。リーデルのブルゴーニュグラスはちと荷が重いか。

香り:お、香るよ、甘いフレッシュな香り。ジャム系。ミントっぽさ。なんだか柑橘系も。

飲みますと。んー、軽い甘みと、薄めで、これは軽い軽い。酸が引き締めて、余韻は無いねえ、タンニンはややあって、ほんのり苦味。

全体に薄くて味が良くわからん。酸はありますので、べたーっと甘いだけのヌーボーよりは続けて飲めますし、つまみにも合いそう。

普段ワインを飲まない方には酸っぱく感じると思いますが、良く冷やせば軽快、ガブガブ飲みやすい。

自分的には酸があって助かった。これなら飲める。ヌーボーはもうこのクラスでよろしいです。良く冷やしてどうぞ。

なんか久しぶりのワインレビューですが、ワインを飲んでいないわけじゃなく、むしろかなり飲んでいます。レビューを面倒くさくてアップしていないだけで。ワープロの方にはレビューを残しているので、正月辺りの時間が出来た時にまとめでアップするつもりです。

は~、酔っ払いましたー。

|

2012年11月13日 (火)

F.S01。

釣りのルアーのお話。

管理釣り場の鱒用スプーン、オオツカオリカラのF.S01です。

W1

オリカラというのはショップのオリジナルカラー。

スプーンってのは金属片に針がついてるやつ。昔、ピクニックに出掛けた家族が誤って池にスプーンを落としたところ、それを鱒が咥えていったのを見て考案されたとか。ホントかよ?中学生くらいの頃そんな話を聞いた気がするよ。子供の頃はこんなもんで魚がつれるかよ、って思っていたけど、大人になったら釣れたよ。

北関東に展開するルアー釣り道具ショップのプロショップオオツカさんは、地元高崎にもあるショップです。近所なのにHPからネットで買い物しちゃうんだけどね。

そこのオリカラ、F.S01。

W2


黄色と赤のグラデーションでラメが散りばめられている表側。裏はゴールドです。

いわゆる放流カラーです。管理釣り場では魚を活性を上げる為に追加で放流してくれますが、放流したての活性の高い鱒に効果的なのが放流カラーのスプーン。

メタリック赤と金色のアカキンやオレンジ金のオレキンなんかが有名。ちょっと重め1・5~2・5gくらいでアクションが派手目のスプーンでそのカラーが定番。派手な色と金色の組み合わせってことです。

なので、このF.S01はモロ放流カラー。放流直後に効きます。アタレば放流狩り。人気もありますが、私も放流時には信頼を寄せて、まずは使います。

最初に使ったこの釣りの印象が良かった。

オリカラってのはメーカーにはないカラーなので、魚にとって新鮮で釣れるとか、地元のショップが地元の特徴に合わせて作ったので釣れるとか言われますけど。皆結構もっていて使われてすぐに新鮮じゃなくなるけどね(笑)。

ショップで考案したカラーをメーカーに発注して塗ってもらうのかな?メーカーの解釈なのかカラーの具合が微妙に違ったり、付属のフックが違う特徴がありますね。

私が持っているF.S01。自分がカラーを揃えているスプーンのみ購入しています。限定的な販売で人気のモデルはすぐに売れちゃうから気をつけていないと。

W3


この前ノア1・8g買いそびれたな・・。

ハイバーストの1・6gと1・3g。

W4

ミュー2・2gとエイエン1・4g。W5_2


アクティー1・8gとバスター1・2g。

W6


放流の定番、ドーナの2グラムと1・5gの各種。F.S01、F.S01LTD、F.S01改。

W7

ドーナは派手な動きなので、放流だとまずは使っちゃう。けど、最近は放流じゃないと使わなくなったね・・。1・5gでも早めで引かないと動かないので渋い時には難しいし、動きが荒いというか魚が上手く咥えられなくってフッキングし難いんじゃないかと思うこともある。1・5~2グラムは放流のみの使用になったが、活性が高い放流魚のときは高速巻きで使うといいよ。1グラムは渋いときに使うようになったけどね。

F.S01・LTD。

W8


ノーマルのF.S01となにが違うかと言うと、裏面のゴールドの色合い。

右がLTD。

W9


イエローゴールドっていうの?派手な輝きの金色。

ドーナのヒーローズ放流カラーっていうんだっけか、この派手なゴールドのオレキンで放流爆釣したことがあって好きなカラー。

先日使ってみたけど反応よし。ノーマルと状況に応じて使い分けるといいかも。

右側はF.S01改。え?単なるゴールドのドーナじゃあ?と思ったら。

W10

裏面がF.S01なのです。W11_2


色々作りますね~。これは1個しかないのでもったいなくて使えない(笑)。

オオツカのオリカラは結構チェックしています。クランクだとF.S02というのが私の中では釣れています。

大きなショップだと各種オリカラがあって、評判もいいので集めてみると面白いかも。ただ、すぐに売れ切れちゃうので、マメにHPをチェックしないと入手困難です。

F.S01。

W12


コレでガンガン釣るには、放流回数の多い釣り場に行くのがコツです・・。

|

2012年11月12日 (月)

かき揚げ天ぷらうどん。

今日はかき揚げ天ぷらうどんだお!

こんちは、妄想クッキング娘だおおお~。

えへっ、またワカサギ釣って来たんだってえ?凄いよねえ、君ってホントに釣りピー三平だよねー。

で?どんだけ釣れたのよ。え?あ?コレだけえ?たったの41匹なのお?

あっちゃあ。

X1


しかも小っちゃ!まさしく君のアレ並だお。

あ?うそ、落ち込んじゃったね、大丈夫、君のアレの方がもうちょっと大きいぞ!

まあ、あんだけ金かけてこの不漁じゃあねえ、なにやってんだか・・。

しゃあない、天ぷらやるっきゃないでしょ。塩水で洗ったワカサギをいつもの天ぷら粉につけて揚げまーす。

じゅわー。

X2


ふおお。からっと揚がったお!段々天ぷらのコツがわかってきた感じ?

X3


けどねえ、量が足りないでしょ、41匹じゃあ。ったく、天ぷら粉がえらい余っちゃったよ。

冷蔵庫に何か・・。お?コレなに、野菜発見。

え?奥さんが切っておいた野菜だって?もうこれ揚げるっきゃないでしょ!

X4


え?奥さんに不倫がばれるからやめろって?大丈夫ー、料理になっていれば感謝されるって!

これならやっぱ、かき揚げでしょ?おいしいよ~。

じゅわあああーーー。適当な量をまとめて揚げればいいの。

X5


からっと揚がったよ!これは旨そうだおおおお!

X6

さあ、揚げたての熱々をビールと一緒にいっちゃって!がんがん揚げちゃうよ!

X7


だおおおーーー!旨そうっ!私天才?ねえ、天才?

だおっ、だおっ、だおっ!(歓喜のだお)

あ?ご飯が無いや・・。うん、天ぷらがあればうどんでしょう!やっぱ群馬県民の主食はうどんなのだ!

お、ベイシアのうどんだね。一玉30円しないんだからすごいよね~。

X8


お汁には舞茸も入れちゃうんだよ。あと長ネギもね~。

完成!どうよ~。

X9

かき揚げ天ぷら舞茸うどんだお!

じゃあ、おいしく食べてねー、ばいばい~。

・・・・・。・・・・・・。

・・・・。

自分で作ったんだよおおおおーーーーっ!

妄想クッキング娘に逢いたいよおおーーーっ!

うん、これは旨いね。

天ぷらもからっと揚がって。私かき揚げ大好きなんスよ。

けど、一人暮らし10年ちょいやったけど、天ぷらって自炊で一度も揚げなかったね。揚げ物って油の後処理とかね、一人のためにするには大変なんだよねー。

さあ、妻にも食べてもらいましょう。ワカサギは塩でね。お、好評ですね。

次にかき揚げ。え?塩じゃ無理?天つゆで食べるって?あ、そうだよね。

妻はめんつゆを水で希釈した冷たい天つゆで食べていましたよ・・。

うん、けど、天ぷらうどん、いいじゃないですか!私かき揚げの天ぷらうどんが一番好きだよ!

中学生の時にさ、たまに電車で高崎まで遊びに行って、帰りに駅のホームで立ち食いうどん食べるのよ。あのかき揚げがのった天ぷらうどん。アレが一番のご馳走でしたね。

高校生になるとね、学校帰りの高崎駅で一時間に一~二本しか来ない信越線待っている間にホームで食べるのよ、かき揚げうどん。当時は4番線の店が旨いって噂で、あれ?7番線だっけかな?各ホームを食べ比べたんだよね。当時、某駅弁店がやっていたホームじゃなくて地元のうどん屋すかやがやっていたのが旨かったんだよ。確かに甘い味付けでね、うどんが平たい奴で旨かったな。今はどうなのかな?久しぶりに駅で食べてみたくなったよ。

天ぷらって、やってみると案外楽だよね。またやってみましょう。

|

2012年11月10日 (土)

宮城AV・2012~13年シーズン開始。

今日はトラウト(鱒)管理釣り場、宮城アングラーズヴィレッジ(以下MAV)さんに釣りに行きました。

Y1

昨年も何度も通ってお世話になったMAVさん、3日にバスからトラウトへのリニューアルオープンしました。私も2012~13年シーズンのトラウト管釣り、今回より本格始動です。

土曜日は仕事の疲れから休養日にしていますが、明日は天気が悪いらしいので頑張って出発。しかし、朝は起きられず・・、高崎の自宅を7時半出発。8時20分MAVに到着、8時半スタートです。6時オープンなんで完全に出遅れ・・。

受付でチーフスタッフのY田さんから今シーズンも宜しくとご挨拶を頂きました。こちらこそ宜しく~。

早朝からこのお客の数。さすがは人気の釣り場、盛況ですね。

Y3

土手側、ダイドー看板前辺りに入る。今日は予報では6メートルの強風だそうなので、ここにしました。土手側は北側の看板側の土手で赤城おろしの風が少し弱まる。川側は風の強い日は横風が凄いよ。ただ、土手側は向かい風になるのでラインがたるんでアタリが取り難いのだけどね。風下に魚が溜まることもあるので楽しいポイントです。まあ、空いていたのがここだけだったんですけどね・・。

ハイバースト1・6g、黄色でスタート。中層~表層~ボトムと探る。ボトムでコツコツとアタリ、けど小さいアタリ。ボトムでの反応がいいね。オープン1週間で既にボトムに高反応とはMAVらしい。

既に早朝の活性は終わって、釣り場全体はややマッタリムードの中でのスタートですが、あたりはあります。

よし、やっぱMAVならFドラッグでしょう。パステル系でいくか。ライトピンク1・2gでヒットするも3連発バラシ・・・。あれ?

ならばクランク。モカSS/DRのライトピンクでヒット。ジャンプ一発バラシ・・。あれ?うん・・、魚の元気がいいんだよな!

場内アナウンスで、グリーンメタリックが当たってますとの案内が。サンキュー!えーと。

じゃあ、Fドラッグ1・2g透過チャート裏メタリックグリーンで。

ヒット。慎重にネットイン。

Y2


開始20分でキャッチ。良かったよ~。

その後も単発ながら、同じFドラッグでキャッチ。

Y4


コツコツとしたショートバイトを拾って、ボトムを取り直したりのテクニカルな雰囲気にワクワク。ポツポツですが。

9時に最初の放流です。MAVの魅力といえば何度もやってくれる放流でしょう。

山ちゃん今シーズンも飛ばしているね。

Y5


対岸なので、放流パターンはやらず。うーん、向かい風も強くなったので1・5gへ。セカンドパターンでFドラッグ1・5g透過チャート裏金でポツポツ。

Y6

今日の午前中はアタリが小さかったよ。コツコツとか、クンと咥えてすぐに離したり。浅い掛が多かった。バラシも多かった・・。

ま、まだ管釣りに体が馴染んでいないんだよ!慣れれば合わせが決まるさ。

その後Fドラッグ1・5gカラシでポツポツ。

まったりして、10時に2回目の放流。今度は側だぞ。Y7_2


今度こそ放流パターン。ハデ系スプーンだ。

放流なら私の中ではドーナ2gカラーはこれも定番のオオツカオリカラFS01のLTDという裏が派手金の奴だ。

Y8


ただ、なんだか魚がすぐどっかに泳いでいってしまう感じで長続きしないよ・・。

やはりこの濁りも影響があるかな。

Y9


ターンオーバーしてしまったようで。昨日までとは状況が変わってしまったとのこと。バイトが小さめ。いや、このテクニカルな感じ、面白いですよ。やっぱこういうワクワク感が大事。

盛り上がってますね。

Y10


お昼前はまったりしたのでクランクの練習。モカSS/DRライトピンクでやっと釣れたよ。かなりバラシてのキャッチです。

Y11

これフック逆に付けちゃったんだよねー。

風が強い日でしたが、予報ほどは強くなかった。赤城山は紅葉ですね。Y12_2


山崎屋に行って炭火串焼きを注文。

鶏串の塩七味にしました。

Y13


350円。とっても大きい。やっぱコレを食べなきゃ。

車なんでビールは飲めないけど、オールフリーを飲んで雰囲気を味わう。

Y14


くうう、いいねえ。おいしいよ~。

今回のタックル。ロッドは3本です。最初なんで簡単なセットにしようと思ったが、MAVは色々な釣りが出来るのでやっぱフルセットでいこう。

Y15


プラノのタックルボックスのタナハシ改。ボックスのふたはマジックテープが貼ってあってルアーケースとか貼り付けられる。スポンジも貼ってあって使ったルアーが仮刺ししておける。

ロッドは左からクランク用ベレッツア602ULG。ティップがグラスのクランク専用ロッド。スプーン用のミネギシ・トラスト6フィートXUL。縦&ボトム用のシンクロナイザー・ロックオン5フィート8インチ。

リールは07ルビアス。ラインはナイロン3lb、縦用は2・5lbのカラーライン。

午後も放流の連続。ストックが増えたのか、活性が上がったのか釣れはじめます。何よりバイトが午前より大きい。明確なアタリが出てきました。

よっしゃ釣るぜー。と思ったらライントラブルやるんだよね・・。直していると両隣で連続ヒット。どうやら大きな群れ高速で回遊している状態のよう。なんだか今日のMAVは回遊魚釣りのようで、ワカサギとかアジを釣っているような・・。

右隣の高校生はセニョールトルネードで連荘、左のカップルはアラベスクで連荘・・。

も、もう我慢できん!バ、バベルをやってやるー!

いや午前中もやったんだけど風でアタリが取れなかった。今なら風が弱いぞ。

釣れますねーバベル。MAVらしさ全開。はああ楽しい。このラインのピクンという動きでアタリを取る刺激。アジングをシミュレーションしてしまったよ。

いつもの黒ラメは不発、茶色ペレットかこげ茶がいい。

Y16


ドンピシャフッキング。何故かバベルはバレないんだよな。クランクはあんなにバレるのに・・。

群れが来るたびにプチ連荘です。一番まったりする1時~3時が一番釣れたという。

それも、この日なんと6回も放流してくれたおかげ。尻上りに活性が上がりましたよ。放流パターンもドーナ1・5gで何度か取れましたが、それよりもしばらくしてまた群れになって来る奴が釣れるのだ。

スタッフさんに聞くと、放流した魚の回遊に既存の魚も誘われて一緒に回遊を始め大きな群れになるそうで、群れが来ると面白い。

まだオープン1週間だから、今後もうちょっとストックが増えれば。今日は手前のカケアガリに魚が付いていなかったから、満遍なく魚が入ればいつものMAVのように釣れ続くでしょう。

夕暮れがやってきた。

Y17


今日はクランクもよく当たったが、手前まで寄せてばらしたのが悔しかったので、クランクの練習を。

モカSS/DRがやはり良い。魚が上ずったかな?とSRでシャローを攻めるが不発。ディープクラピーやマイクロクラピー反応がなくって、モカSS/DRしか釣れなかったなあ。

色々カラーを試すが、ライトピンクで1匹、2匹バラシてチェンジ。なかなかつれなくてやっと当たったのがコレ。

モカSS/DRのイリュージョンペレット。

Y18


これ人気があるけど、私はあまり釣れてなかったカラー。何故か凄く反応が良い。3匹キャッチ。5匹はばらしたがな・・。

MAVは5時半まで一日券で釣れるので嬉しい。プチナイターを楽しめます。

Y19


今日はここまでやるつもりじゃなかったので、グローカラーが玉不足で不発。Y田さんとしばしお話。アジングの話とかね。やっぱトラウトやっている人ってアジング向いている、やっぱそうか~。

さておしまい。

午前中はテクニカル、午後はプチ連荘。放流も多いし、今シーズンもMAVは元気で楽しめそう。また通っちゃおう。

釣った匹数は39匹でしたっ。オープン1時間半後からのスタートで午前中はこれはどうなるか?と思ったけど、コレだけ釣れれば。

クランクとスプーンではバラシた数も半端じゃない。手元まで寄せてバイバイした奴を合わせれば全部で50匹は軽く超えていた状況。楽しかったよ。

まだ体が馴染んでないし、魚も元気だったからさ~。うん、そうそう、徐々に慣れるさ。

今日釣れたルアー

Y20


モカはSS/DRのみ。FS02、ブラオレ、ライトピンク、イリュージョンペレット。

Fドラッグは1・5g透過チャート、カラシ。やっぱ重い方が良かったね。1・2gライトピンク、透過チャート裏メタリックグリーン。

ドーナFS01LTD・2g&1・5g。バベルバベ王・黒ラメ、ペレット、こげ茶。

特にヒットしたのは、

Y21


MAVは真冬のガイドが凍るほどになると面白いよ。ボトムでジットしているトラウトに口を使わせるメソッドが色々用意されている。管釣りの醍醐味である「パターンにはめる」というのを実践できます。

真冬が楽しみ。けどからっ風は勘弁してね・・。

23日からアンヴィレ道場も始まるそうです。スタッフさんとのプチ勝負。5勝でバッチがもらえます。トーナメントはちょっとという人でもゲーム感覚で参加できます。腕試しになりますよ。

昨シーズンは3勝で止まってしまったけど、今年はどうかな?

|

2012年11月 4日 (日)

鮎川湖のワカサギ。再び、爆、ち・・・・。

2012-13年シーズンのワカサギ釣り、本日より始めてみました。昨年度は一度も行かなかったので2年ぶりです。

ワカサギの朝は早い。いつもは遅刻して出遅れるので今朝はスタートに間に合うように4時半起き。Z1_2

まだ暗いよ・・。

初心者ながら2年前の最後の釣行では、諏訪湖で一束超え釣りをしましたので、今回も釣れるかな?と地元の鮎川湖に行ってきました。

鮎川湖は、前回行った時は見事に爆沈・・。難しい釣り場でしたよ。今回は大丈夫か?

カーナビのセットに手間取り、出発は5時半。けど住んでいる高崎の隣町なので、湖の釣りスタート時間の6時に到着。

Z2


既に堰堤上の駐車場は満車です・・。今年の鮎川湖は例年より早く解禁、既に解禁から20日程が経っています。解禁直後は2000匹なんて釣果が出たそうですが、そういうのは一部のマニアックな人が叩き出しているので、私のような初心者にはその十分の一も難しい釣り場なんです。既に釣り場も落ち着き釣果は下がってトップの人の釣果も桟橋では3~400匹台になってますし、その十分の一の釣果を出せればねえ・・。

前回は桟橋の場所が悪かったので、今回は頑張って早起きをしたが、やはり出遅れたか。満車の堰堤を歩く。

Z3


これって狭いよね・・。

事務所についた時には既に皆さん釣り始めていました。

私ボートは嫌いなので桟橋です。ん?そんなに混んではいないかな?真ん中より手前に入れそう。

Z4


手前側に陣取っているベテランっぽい人の姿が見えない・・。解禁したばかりの釣り場がこの週末から多いのでそちらに流れたか?

最初に空いていた隙間に入る。

Z5


しかし、今はみなさん電動リールですね。お若い方も電動に魚探を持っていますよ。私は手巻きと勘でやりますよ。

桟橋料金は入漁料込みで2500円也。元を取るには相当釣らなくちゃ。いや、元を取るほど釣ったらあとの魚の処理に困るぞ。あくまでレジャーです。

入場番号は48番。これは桟橋の48番目の入場という意味。

Z6


桟橋に書いてある場所の番号とは違うとのこと。順番に好きな場所に入れます。

前回桟橋手前のヘラ師のすぐとなりが爆釣していたので、出来るだけ事務所側がいいのかあ?

今回の仕掛けは先日買ったこれ。仕掛け全長が短くてトラブルを避けたいから導入。

Z7


これよかったよ。ケイムラの効果は分からないが少なくとも左右の人よりかは釣れてたし、ハリスにコシがあって絡みにくいのです。

さて釣り座は28番。真ん中辺り。ん?なんか人数がチケット番号より少ない気が。後でわかったのですが、もう一箇所、今年新たに解放された釣れる桟橋があったのです・・。

さて、仕掛けをアセアセとセットして釣り始める。こんなかんじ。Z9_2


水深は?

Z10


私のリールでの測定値で6・1m。結構深いね。期待しちゃおう。餌は白サシの半切りで。

6時20分スタート。1分後に1匹目釣れました!

Z11


いいスタートですぞ。今日は釣れるのかあ?

しかしサイズは小さいねえ・・。

タナは底で始めました。だんだん浮いてきて、5m~4mを狙う。

群れが何度か来て、ちょっと連続。ダブルもありましたが、長くは続かず・・。

Z12


1時間後の7時20分にはこんな感じ。うーん・・・。最初の感じからもう少し盛り上がるかと思ったが・・。

Z13


ただ、このペースで釣れ続けば、15時の終了時間迄に一束(百匹)は行けるぞ!?

しかしこの後はポツポツ・・。

ちょっと群れが来たとき、慌ててズボンと靴紐に針を引っ掛けてしまい、ハリスを切ってしまった。3本針でダブルを取ったりしましたがロスが多かった。この後、仕掛けを替えたのですが、フッキングを良くしようと針を1号に変えたのがこのあと裏目に出てしまう・・。

あたりが小さくなって針にも乗らなくなり、完全に沈黙・・。

風が冷たい朝でしたが、陽が出てくると暖かくなります。ボートの方が釣れるのかなあ?

Z14


周りも全く釣れなくなりました・・。

となりの上手そうな方が「静かになっちゃいましたね・・」ぼそりとつぶやき、私も全く釣れませんねえと返事・・。

さらにその隣の方は横になってガーガーいびきをかいて寝ています。右側はいつの間にかごっそりいなくなっていました!

Z15


いかん、これはいかん。アタリがないのだ。うーむ。

カモカモがやって来ましたよ・・。

Z16


かわいいねえ。

もう釣れないので、散歩に出かけます。事務所の奥にも釣り場がある様子。

東桟橋です。以前はヘラ専用の桟橋だったようですが、今年はワカサギでも釣れるようになりました。

Z17


今年は工事のために早めに終了するとの話が。その為なのか、この桟橋が解放されています。桟橋全体で、ヘラとワカサギが今年は混ざっています。

ここは急な階段を下りていく秘密の場所みたいな感じで、最近ではこの桟橋が高釣果らしいよ・・。

移動しようかと思ったが、ちょっと遠いので、もう少し事務所側に移動しただけにする。21番に移動しました。

しかしこの日は、桟橋の真ん中あたりが釣れていたのです。みなさん先端方向に移動したようです。

Z18


真ん中のロープのあたり、ヘラ師のとなりあたりが妙に釣れていました。

場所を変えて最初はポツポツとあたっていましたが、その後全く沈黙・・。

巨大なヘラブナが横切ります。

Z19


この竿、なかなか敏感でよかったです。たまにラインが横に流れるあたりがあったけど、それはヘラがラインを引っ掛けて行ったんだよな・・。

モロコやら外道があちらこちらで釣れていたようですが、私はワカサギしか釣れませんでした。ヘラが釣れて大変な人もいましたよ。

ああ、なんか長閑です。

Z20


桟橋から伸びるロープにボートが集まってきました。最初は釣れていたけど、徐々に沈黙していましたね。

もう全く釣れず。桟橋の私の周りは電動に魚探の皆さんも釣れなくなりました。昼寝とかしてます。

東桟橋が釣れるという情報が流れたので移動を決心します。

ヘラ師と混合なので、賑やかです。

Z21


森林がバックで自然を感じる趣です。

ヘラ師のとなりの方がいい感じに釣れています。これは期待できるか?先端に近い場所しか空いていないので38番に入る。

しかし、水深が浅い・・。

Z22


2・4mかあ。

けど底であたりが続きます。活性が高いか?うーん、針に乗らない。どうしたんだ?

2匹釣れて止まりました・・。皆さんも一緒に止まりました。私が来た時はあんなに釣れていたのに?なんでー?

目の前のボートの釣り人も全く釣れないを連発。

Z23


ボートは入った場所で釣果に大きな差が出るようです。

ぴくりともアタらなくなったので、元の桟橋に戻ります。

うーん、事務所側は全く人がいなくなってしまった・・。

Z24


ロープ辺りから先端側に集中しています。そっちが釣れるのかなあ・・。

けど、空いている事務所側にまた入りましたよ・・。31番です。少しは中央よりです。

今回の釣座。

Z25


私は椅子派。けど殆どの釣り人が座布団座椅子派になっていたのは驚きました。私はアグラが苦手なんで椅子です。けど膝が痛くなってしまった。

結局この釣座でも釣れませんでした。前回は終了間際にプチラッシュがあって匹数を上げたので期待したのですが。確かにあたりは何度かあったのですが針に乗らず、ここでは一匹のみ・・。午後は結局3匹という釣果。8時半頃からずっと不調です。

早朝来てよかったよ・・。9時過ぎに来ていたら悲惨だった。

釣れたのはコレだけ。サイズも小さい。大きなジプロックにしたのに悲しい・・。

Z26


全部で41匹でした・・。

Z27


・・・前回に続いて爆沈でした。

やはり鮎川湖は難しい。解禁1~2週間くらいまでなのかなあ?3週間を過ぎるとダメなのか?

いや、今日の釣果を見ると、桟橋と東桟橋のトップは400匹越え!ええー、あの状況で?私が見ていた周りの人は皆さん爆沈してましたけど。ロープのヘラ師の隣の人かなあ?

うーむ、ヘラ師の横で釣る、というのも一つのポイントかもしれませんね。今年はヘラとワカサギが桟橋で混在している・・。そういえば2年前に桟橋で釣れていたのは唯一ヘラ師の横だった場所・・。

鮎川湖はレジャー向きじゃないかもね。ベテランさんが集中して釣るイメージです。ポイントのセオリーとか、独特のやり方とか有るのかもしれませんね。

足取りも重く、また帰り道。

Z28


最初は気付かなかったけど、帰りに気づいた。1メートルほど減水していました。工事の関係か?

Z29


こういう影響もあるのかなあ?

工事でもうすぐ閉場になって、春にまた再開するという噂なので、この冬に鮎川湖に行く予定の方は必ず確認を。来週で終わりみたいな話も言ってましたが、どうなんだろうか。

いずれにしても、ここはもっと腕を上げてから来なければなるまい。上級者になったらね。

それまでサラバ、鮎川湖・・。

Z30


もう近場では丹生湖しかない・・。けど、一束釣りたい!ならば諏訪湖に遠征!ドーム船じゃ!

次回のワカサギ釣りは諏訪湖でドーム船にしましょう。

|

2012年11月 1日 (木)

今年のワカサギ釣り道具を揃える。

仕事を定時に上がれたので、帰りに釣り道具屋さんに行ってみました。

そろそろワカサギ釣りでも行こうかなあと買ってきたのがこれ。

1a1


寒、っと思ったら、地元群馬の鮎川湖はもう10月中旬から、丹生湖が本日11月1日から解禁。鮎川湖は最初2000匹とか出てましたが、もう落ち着いたみたいね。

鳴沢湖はあの大震災でダムが破損して未だに釣りはできないようですし、赤城山は釣りはできるがワカサギは放射線物質が基準値超えで回収。榛名湖は全くワカサギが釣れず放射線量調査もできない。

なので、この高崎周辺では鮎川湖と丹生湖が釣り場ですね。他に岸から釣れる湖もありますけど、桟橋やボートから狙うならこの2箇所。

いつ行けるかなあ?道具だけは揃えないと。なぜなら以前の釣りで竿を折ってしまったままで、新たな竿が必要なのです。

今年の竿はこんなの。

扁平な穂先にしてみました。

1a2


本当は丸い穂先が好きなんだけど。だって竿らしいから。けど、扁平な竿は結構使っている人が多いから感度がいいのかなあと。あと強度があるかなと。

下が折っちゃった竿。繊細な穂先でよそ見して巻いていてガイドにスイベルを巻き込んじゃった。

1a3


扁平の竿を試してみましょう。錘1~1・5号が使えれば大丈夫。

前の竿と今回買った竿は同じメーカーなのでグリップ部分は前回のが使えます。

グリップを差し替えてオッケー。

1a4


リールを装着すれば完成。リールが妙に大きく短いアンバランスな竿ですね。

1a5


これで基本セット。竿は別売りのハードケースに収納。ケースは安いので、竿はいかにも折れそうだから移動や保管の際には入れたほうが良い。

1a6


竿置きは、基本手持ちで誘って釣るんだけど、一休みするときに置き竿にできるのであるといいよ。ボートのヘチや、桟橋ならクランプを固定する突起がある。

リールはダイワの棚ハンターGS-MINI。巻き心地や音は最悪ですが、水深がわかるカウンターがついているので便利。

1a7

ベアリングを装着して改造するそうですが、私はノーマル。確かに軽いオモリの落ちは悪い感じですが、1号からならなんとかなるか?

ラインは上手な人は感度重視でPEを使うようですが、私は管釣からのPE嫌い。ライントラブルのくしゃくしゃの塊になる時が嫌。結束も下手だし。

フロロにしました。ナイロンより伸びなそうだし、細くして感度をあげようと。

仕掛けもいくつか。

1a8


鳴沢湖に通っていたとき、あまりのワカサギの小ささに針1号にラビットが定番だったので、手持ちの仕掛けが1号針ばかりに。なんで1・5号と2号。2・5号も買えばよかったな。

針が多いと面倒くさいので6本針。全長も80センチからの短さ。やっぱ扱いが楽なのがいいよ。高いのはハリスまでフロロなんで感度を期待。

これらをボックスに入れて。

1a9


錘が数種。1号がメインかな。深い時は1・5号。その中間やもっと軽いのも感度重視なら用意。ヨリモドシとスナップスイベル。仕掛けがスナップだと道糸にはヨリモドシね。たまにヨリモドシの仕掛けもあるのでスナップも用意。

ハサミは2本。仕掛け作り用と、餌のサシを切る用。サシは小さくしてさらに匂いを出して食いを上げるために切る。

底針も用意。オモリにハリス止めが付いているので装着可能。案外釣れたりするし。

釣れたワカサギを一時期入れておくボウルとザル。

1a10


台所用品コーナーで売ってるやつ。ザルと組み合わさるようになってるタイプ。これに水を汲んで釣った魚を入れる。沢山釣れて弱ってきたり釣れが止まった時にザルを上げ、魚をジップロックにまとめて移す。それで保冷剤を入れたクーラーボックスに仕舞って鮮度を落とさない。ジップロックに入れればクーラーも臭くならないし。

右端のプラ容器は餌のサシ入れ。白サシやラビット、紅サシなど種類ごとにいくつかあると便利。

これをバックに入れると。

1a11


この他に折りたたみの椅子。コンパクトな椅子なら桟橋の縁まで前進できるし、大ぶりな椅子なら快適にリラックス釣りができます(その際はやや長めの竿が良い)。上手な人は座布団で直座りだけどね。

あと保冷剤を入れたクーラーボックス。6リットルとかの小さいやつでオッケー。寒い時期なんで保冷剤が入る大きめの保冷バックでも大丈夫でしょう。

あと捨ててもいいタオルを数枚とウェットティッシュね。手が汚れますから。ウロコだらけになるしね・・。

お飲み物とオヤツがあると和めます。寒い時は使い捨てカイロ。秋は日中晴れると暑いくらいだけど、天気の悪い日や冬になってくると寒いよ。特に防寒ブーツと手袋が欲しくなりますから。

今年はワカサギ釣に行くだろうな。なんといっても、以前何度も諏訪湖に連れて行ってもらった職場に私が異動してしまったから。これも何かの縁。よろしくお願いします。

諏訪湖の前に、近所で久しぶりに釣ってみたいけど、朝が起きられないんだよねえ・・。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »