« ボノボン。 | トップページ | ワカサギ南蛮漬け。 »

2012年12月22日 (土)

忘年会だ。

さあ、年末だ、忘年会です。

先日は職場の忘年会。信越本線の終点横川駅の側にある旅館「東京屋」さんです。

F1


私が春に異動してきた際の歓迎会をやって頂いた場所です。

こじんまりとした旅館ですが、鉄道マニアの方に支持されかなり人気の宿。

F2


前回、料理はお洒落だし、良いワインが沢山あったので、今回も期待。20名の参加で盛り上がります。

5000円で呑み放題付きのコース。ビールで乾杯。

まずは、鴨のローストのサラダ。

F3


香りの良い鴨でおいしい。

ガーリックトーストは2回出てきた。我々が腹が空いているのがわかった?

F4


前回好評だった人参のサラダ。リクエストしました。

F5


鯛のカルパッチョ。

F6


味付けがよろしい。

宿のダイニングを貸切です。

暖炉が燃えていて暖かい。

F7

鉄道マニア御用達の宿だけに、ダイニングにはNゲージが。

F8


碓氷峠の勾配を再現したコースがテーブル脇に設置されていました。

F9


は、走らせたい・・。

ビール、日本酒と飲み放題を堪能し、さあいよいよワインです。これは呑み放題じゃなくってオプションだ。

いきなりシャブリ。

F10


キリットしていておいしい。酸も強くないし飲みやすい。

春のここでの飲み会では、このシャブリのコルクがポンポン開けられて、なんて金持ちの職場なんだと思いましたが。あの時はさらにルイ・ジャドのACブルゴーニュが赤白と開けられ、結局予算を3万円オーバーしていたらしい・・。

今回は警戒して、シャブリを2本開けた後はローヌとスペインワインが続く。

焼きキャベツとソーセージ。

F11


バターが香る甘さでおいしい。

メインのボークのチーズ焼き。

F12


これは柔らかくっておいしい!なんでこんなに柔らかくポークが焼けるんだろう?満足。

やはりワインが止まらない。幹事さんから予算を聞いて、私がカウンターのマスターに伺うと前回あったルイジャドのACブルは無いとのこと。ボジョレーはあったがイマイチ。

ボルドーの良いのが。シャトー・トゥルヌフィーユ

F13


力強いがっつりタンニンのフルボディー。メルロー主体でスパイスの華やかな香り。樽が効いてコリャうまいよ。2007年と2008年の2本を開けたが、07年は甘く酸とのバランスが良く余韻が長く飲み頃。08年はタンニンが多く酸が強くまだ若い。大変余韻の心地よいワインでした。これは高いのでは・・。

市場で4000円程だそうで、こういう店なら7000円以上取るだろう・・。

しかし、前回の様に予算オーバーにならなかった。それは所長さんと副所長さんがご芳志をたっぷりくださったから。ありがとうございます!

シャーベットで終了。しかし、盛り上がりは続いている我々に、サービスでバケットを頂きました。

F14

飲んだ飲んだ。職場からは遠かったが横川で飲むのも新鮮でした。電車で帰れるので、高崎方面まで信越線沿線の職場ならば宴会で行くのも、いつもと雰囲気が違って楽しいかも。

いよいよ年末ですね。

|

« ボノボン。 | トップページ | ワカサギ南蛮漬け。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事