« VW UP!見てきた。 | トップページ | サンタが街にやってきた、よじ登った。 »

2012年12月11日 (火)

萬年屋、再び。

先週末は飲み会でした。

行って来たのは、以前楽しかった高崎駅西口ロータリーに有る「すし 萬年屋」さんです。

L1


駅前にあるのでアレかなあ?と思いきや、魚は築地から届けているわ、早仕舞いで欲は無いわ、個性的なお店です。

前回の来店記事はこちら。

すし屋というか居酒屋なんですが、照明がめちゃくちゃ明るくて健康的なお店で、なんといってもウェイトレスのおねいさんたちが良い!元気で明るくてかわいい娘が多い!違うお店かと思ってしまうほど良い。

それでリピートなんですけどね・・。

まずは、タコポン酢でスタート。

L2


このタコ茹でていない生で、柔らかい食感です。

続いて自家製さつま揚げ。

L3_2

すり身が魚っぽくていい!

今回のメンバーは、中学の同級生で高校生の時のバンドメンバーであり、大人になってバンドを再結成、自転車チームのメンバーでもあるM氏とS山氏とです。

現在ではもう年に数回の飲み会だけの付き合いですが・・。

さつま揚げはM氏が魚臭くって良い!と絶賛。

生ビールで始めますが、この店は、おねいさんが沢山いるのでやたらテーブルに来てはお酒を勧めるのです。にっこりとお飲み物は?と聞かれるとついおかわりを・・。既に3杯目だ。

酔っ払うと必ずおねいさんと会話。今日のお薦めをしつこく伺うと・・。

下仁田ネギの天ぷらですって。

L4


これは旨いよ!この界隈では有名な料理みたいね。私ははじめて食べましたがM氏は自分で作るとのこと。下仁田ネギを切って天ぷらに揚げただけですが、甘くて旨い。

下仁田ネギはただ焼いて、黒くなった外側を剥がして食べるのも好きです。大名焼きといい、中の白い部分のみ食べる贅沢さ。また喰いたい~。

以前、アカシアという花の天ぷらを野外でやろうと想像。枝に付いたままのアカシアの花に衣を付けて、油を熱した天ぷら鍋を下から持ち上げて揚げる。一枝揚げて枝にぶら下がったままのアカシアの天ぷらにかぶりつくという企画を考えましたが・・。同じノリで、畑に植えたままの下仁田ネギの下に炭火を置いて、地面から生えているままの下仁田ネギの大名焼きをやろうと想像してしまいました・・。

うーん、おねいさんのお薦め旨かったよ。

大山鶏の唐揚げ。

L5


穴子が食べたい・・。おねいさん、お薦めの穴子の食べ方は?そうか、これか。

穴子一本天ぷら。前後でタレと塩。

L6


定番のだし巻き卵を添えて。

ここで日本酒にチェンジだ。久保田・千寿の4合瓶。何故ボトルで頼むかというと、おねいさんが最初の一杯は注いでくれるんだよね・・。

L7


自分大好きなS山さんは今もトレーニングは欠かさずに洋服が似合う体型を維持。この服は奥様が銀座で買ってくれたアルマーニだそうで。さすがはBMWのオープンに乗るセレブだ。

L8

私とM氏はユニクロな。

この店は鶏が結構いけるんだよ。海鮮の店なのにね。

マテ茶鶏の焼き鳥。

L9_2

いかの串焼きはコリコリしていて日本酒が進む。

L10


やはりこの店はアルコールが進む。何故だ・・・?おねいさんの所為だ。

ワインを追加ね。もちろんハーフボトルで。

ああ、おねいさんの指があ。キャップを持っているところがあ。L11_3


そのボトルの持ち方があ。S山氏も腕を組んだ。

L12


ふう、堪能しました。

居酒屋メニューが充実。

L13


すし屋だよね?

どうしても呑みすぎてしまうお店です。おねいさんたち、プロだよ。

ここでまだ一度もスシを頼んでいないよ・・・。




|

« VW UP!見てきた。 | トップページ | サンタが街にやってきた、よじ登った。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事