« 宮城AV・だから真冬だって。 | トップページ | バレンタインデェーーーイッ。 »

2013年2月13日 (水)

花粉症の投薬開始。

来た?おおお、来たか?ああああ、来る、来る、くうう、もう、もう・・・。

ぴくっと来ましたよ!花粉が来てますよ!

もう2週間ほど前から鼻はぴくぴくしていたんですけどね。

先週末辺りからは、目の痒み、顔の紅潮感とかあって、今日なんて鼻がムズムズします。もうちょっとで本格化しそう。予報ではバレンタインデイ辺りから飛ぶって言っていましたもの。

なので、今日仕事帰りに、昨シーズンからお世話になっています耳鼻咽喉科へ行って来ました。

3f1

昨年は比較的軽い年という事でしたが、やはりトップシーズンは酷くなりました。終わりが早かった感じかな?

今年は凄いという予報です。しかも、昨年に異動してきた今の職場は四方八方が杉林に囲まれています。

それはもう猛々しく尖った立派な杉どもで、ずいぶん前から赤く膨れ上がり、今にでも出してやるぜ、といった雰囲気満々なのですよ!強気攻めの杉なのです。

「くっくく、そろそろ出そうだぜ・・・、ええ?どうなんだよ?出すぞ、ああ?やめてくださいだとお?もう出しちまうぜ?おーら、出るぞ出るぞ、出すぞお!おらおらおらおらああーーーーっ!・・・うっ。」

バックショイイイイーーー!

ちきしょー、花粉出しやがったなあ、杉めえっ!

もう投薬開始です。

お医者様は、ちょこっと鼻の穴を器具で押し広げて中を覗き、「また眠くならない薬がいいですかね?目薬は?ああ出しときますね」みたいな感じで、すぐに済みました。

今回のお薬。受付のおねいさんは、新しいお薬ですって言っていたな。

3f2

クラリチン錠。

おお、これは!去年欲しかった薬では?

昨年のこのブログを読み返してみました。(ブログって日記として便利だねえ)。

昨年度は、アレグラから始まりました。これは副作用が殆どありませんが効きはマイルド、最初は効いていたのにピーク時には全く効かなくなりました。

→なので次にセチリジン塩酸塩というジルテックというメジャーな薬のジェネリック。これは劇的に効いたが副作用が酷すぎた。

→また医者に行き、ロラタジンに。これはよく効いて副作用は殆どありませんでした。まあシーズン末期だったので判断は出来ませんが。

昨シーズンのこの3種の薬の比較を以前書きましたが、

効き目:セチリジン(ジルテック)>ロラタジン(クラリチン)>アレグラ

副作用:セチリジン(ジルテック)>アレグラ>ロラタジン(クラリチン)

という感じだったそうで。

ちなみにどんな副作用が出るかというと、眠い、だるい、無気力、喉が乾く。さらに副作用として、綺麗なおねいさんが好きだ、ビールが旨い、物欲が止まらないなどが出ますがこれは薬を飲まなくても1年中出ていますから。

やはりそんな副作用は少ないほど良い。

で、今年の薬、クラリチンは、昨年最後に飲んで気に入ったジェネリック薬ロラタジンの先発薬なのです~。これが飲みたかったので偶然にも願いがかなった。

ジェネリック薬は安いのがいいけど、調べると先発薬メーカーは有効成分のみ公表して製造方法は公表しないそうな。なので全く同じ薬になるとは限らないとのことで、やはり不安がある。

ロラタジンは気に入っているので先発薬が欲しかったのよ~。

目薬も変更になった。

リボスチン点眼薬。

3f3

昨年度のリザベン点眼液からの変更。

リザベンは酷くなると効かないので早めの投与が必要だけど、リボスチンは即効性があるそうな。私は目の痒みが特に酷いので効くといいな。

クラリチンとリボスチン。どちらも「チン」が付いているのでとても親しみやすく、効く気がします・・。

こういう薬は予防薬っていうか、効き始めるまで少し時間が掛かるので、症状が出始める前に投与するのが肝心。悪化してからだとなかなか効かないし辛いし。

けど、私ったら、直前にならないと使わないタイプなんですよね・・・。もう出そうになってからあわてて装着したりとか。あれってダメなんだよな。

よし、今シーズンこそ早めに投与して、多い日も安心で乗り切ろう。

|

« 宮城AV・だから真冬だって。 | トップページ | バレンタインデェーーーイッ。 »

つぶやき日記」カテゴリの記事