« 150万回のアクセスをありがとう。 | トップページ | 1612カスタムスタンドに純正カスタマイズパーツ装着。 »

2013年2月19日 (火)

ヴィラ・デ・マリアージュ高崎。


先日、ご招待頂いた結婚式の式場、ヴィラ・デ・マリアージュ高崎です。

3b1

チャペルが印象的。

これがもう素敵な結婚式。この会場も出席した皆さんに大好評で、自分の娘の結婚式は是非ここでしたいわ、なんて意見が聞かれました。

高崎市近郊で、結婚式場をお探しのカップルは、一度ご覧になると良いと思いますよ。

新郎新婦を写した写真の中に式場のカットがあるのでご紹介します。カメラはオリンパスPEN・MINI、EPM-1と標準ズームで撮影。

四年前に出来たばかりだそうです。私も十数年前、高崎で結婚式場を探した時、殆どの式場のブライダルフェアに行きましたが、当時にここがあったら決めてたかも。結局私達は、あの頃の高崎の式場では満足せずに軽井沢のブレストンコートで式を挙げましたけど・・。

北高崎駅から近い。

3b2


南フランスをイメージしているそうです。この日は冬の晴天で、地中海っぽい感じで日本離れした風景が、忽然と高崎に出現しているという・・。

中に入ってみましょう。

3b3

門をくぐって進みますと、こんなゲートのような建物が迎えてくれます。

3b4


下見のカップルのお二人、ここで間違えないでください!

私は職場の方と二人でこのゲートに突入しましたが大失敗しました~。普通誰だって、この中央の入り口から入りますよね?階段付いているし。

けど良く見ると、入り口の中に鉄製のアーチがあって、その両脇に細い隙間があるだけです。

我々二人は両側からこの細い部分に体を無理矢理ねじ込み、内部へ入ろうとしましたが、向こう側にいる係りのおねいさんに、あ、ここは入れないんですよ、横側にお回りください。と言われてしまった。確かに狭いと思ったよ・・。この建物の脇から入るのです・・。このゲートは飾りなのです。あー恥ずかしかったよ。

こういう人が多いのでしょう、専属のおねいさんがいますから。

邸宅風のおしゃれ建物ですね。静かな中庭。

3b5


回廊が取り囲み、テーブルが置いてあります。

3b6

暖かい時期にはここでガーデンウェディングなんて出来るのですかね?まあ出来ないといわれても無理矢理やりたいことはやるのが結婚式。私の経験では、結婚式って相当無理言っても大抵のリクエストは受け入れてくれますよ。それが式場のプロですから。

そして、ここのウリなんでしょうか、地中海を感じるチャペルです。3b7_3


チャペルの前にある、この長い階段スロープが特徴。新婦の彼女は下見に来た時、この階段をウェディングドレスを着て降りて行く自分のイメージがぱっと脳裏に思い描けて、この会場に決めたとか。

内部は凛とした感じ。厳格な式をイメージさせます。

3b8_2

照明が良い感じ。

3b9_2

参列席の横にお花。細かい配慮です。

3b10_2

ステンドグラスから外光が降り注ぎます。

3b12


その下には二人が。画になるねえ。

3b13


ここはライティングが上手ですね。感動的でした。

どう?イメージできた?素敵な式になっちゃうよ。

この友人の結婚式は、当ブログのこの記事に詳細を書いてあります。披露宴の模様とかはこちらをご覧ください。

チャペル前の階段スロープでのフラワーシャワーは、なんか外国の結婚式に招かれたみたいだったよ。ブーケトスもそこでやったし。凄く画になりますから。

披露宴も楽しかったなあ。会場の天井が高いのが良いと思うよ。私たちが最終候補にした英国風邸宅の式場は天井が低すぎて圧迫感があってやめたからねえ。開放感は大事だよ。

壁が白くて、そこに二人のビデオを映したり出来る。ウェルカムドリンクも旨いし、酒が旨かったな。厨房が会場に隣接していて中が見えるんだよ。最初にオープンキッチンのセレモニーがある。

新婦さんは、試食した時の感じからフォアグラの焼き加減を表面をかりっと焼くように指定したんだって。色々出来るんだね。シェフは若い女性だったな。

建物全体が綺麗でした。外光をうまく取り入れている。

3b14


控え室も沢山あって、カウンターバーがあってお洒落だよ。

白い壁と黒い調度品とのコントラストが見事。

3b15


結婚予定のお二人は、一度下見に行くと良いと思うよ。ここは出席した人に喜ばれると思う。光溢れる明るい感じが素敵です。お天気だけは運ですけどね・・。

ブライダルフェアって、デートに盛り上がるからいっぱい行くと良いよ。結構ちやほやしてくれるし。決定したら、打ち合わせは綿密にな。向こうはプロだから何でも検討してくれるから、やりたいことは出来る出来ないに関係なくどんどん言った方がよいよ。アドバイスしてくれるから。

式を挙げる方は式のイメージだけは考えておいた方が良いよ。その後は出席者の人選からテーブルの・・・。どんどん面倒くさくなるから、最初に楽しい部分を決めておこう。

私も20年若返って、ここで式を挙げたいなあ。結婚式は人生で一番の主役になれる場所とかいうけど、誰でも他に何度も自分の中では主役になっているからね、やってみると人生で一番の人をもてなす時じゃないかなあ、って思ったよ。

3b16

皆さん、お幸せに。



|

« 150万回のアクセスをありがとう。 | トップページ | 1612カスタムスタンドに純正カスタマイズパーツ装着。 »

旅行・地域」カテゴリの記事