« リーデル ワイングラス ヴィノム・ブルゴーニュ。 | トップページ | 最近読んだ漫画。 »

2013年3月23日 (土)

フライ・ベストを洗濯。

うう、休日だというのに、深夜にサッカー日本代表戦をTVで観てしまった為、起きたらお昼だったよ・・。

今日は夕方に床屋さんに行くことにして、日中はそろそろ行こうと思っている渓流フライ釣りの準備です。

フライ釣の装備といえば、まずはロッドとリールとライン、もちろんフライが思い浮かびますが、私が象徴的に思うのが、このフライ用のベストです。

2k1


3年程前、フライを始めるにあたって購入したフォックスファイヤーのやつ。こういうのはピンからキリまでありますが、長く使うだろうと良いものを買った。

色々試着してみてこれが気に入った。機能もありますが、この大き目の襟の有るデザインがかっこよかった。Tシャツとか襟のない服を下に着た時にさまになったのだ。

フライ入門の時には、こんなの実は着たくなかったのです。なんかやり過ぎのような気がして、もっとさりげなく釣りをしたいと以前は思っていました。けどフライを教えてくれた師匠がフライは装備が大事、これは着たほうが良いよと勧めてくれたので買ったのです。

実際使えば、とても便利。ロッドを持って川に入ったりの釣りだから、装備を身につけているのは有効。案外この釣りはフライを交換したりラインを結びなおしたり、フライやラインの浮力を付けたりと道具が沢山必要なのです。

やはりどんな趣味でも形から入るのは大事、本格的な格好をしていれば、かっこいいし、気持ちも乗りますからね。

装着している装備はこんな感じ。

2k2


ぶら下がっているのはフロータントというドライフライに浮力を与えるやつ。ネバッとしたペースト状の奴とスプレー式とパウダータイプ。スプレータイプはゴツイがとても良いと思った。

ハサミみたいのはフォーセップといってハサミじゃなくて針を魚から外す道具。フライって針を飲まれることは少ないから出番は少ないけど、なんかアングラーのアイコンという感じでここに挟んでセットするのがお決まり。

最近はフライベストにこういったグッズをブラブラぶら下げないようです。特に上手な人は出来るだけぶら下げないみたい。

ロングリーダーといって、やたら長い仕掛けを上手な人は使います。出来るだけ川の流れに対して自然にフライを流した方が釣れる。ドラグというラインに引かれる不自然な動きを与えないように長いリーダーやティペットを使っている。

そうすると仕掛けの全長がめちゃ長くなって、こういうベストにぶら下がっているものにリーダーが絡まったりするので、ぶら下げないようです。

そんな長い仕掛け、長いロッドを使ってなおもリーダーを竿先から手元のリールの根元に巻いて折り返してまた先端付近のガイドにフライを引っ掛けて持ち歩くという・・。

そんなこと出来るか!面倒くさい・・。私はキャストも下手でそんな長いリーダーキャストできんし、絡まってストレス溜まるのは耐えられん。ストレス解消に釣りをしているんだから、扱いやすい短い仕掛けを使っております。小さい川ばかり行くのでフライを流す距離が短いしね・・。短いリーダーでも出る時は出るし、あんまり釣れなくても気持ち良いほうが良いや。

けど、こういうベストにぶら下げるのは、昔からかっこいいイメージなのでぶら下げちゃうのよ。ピニオンリールといって引っ張るとぶら下がっているのが伸びるのはとても便利だし。

沢山のポケットにはこんなに道具が入っていましたよ・・。

2k3


さらにペットボトルの飲み物や、長丁場のときはパンとか食べ物も入っている。結構重くなるけど、肩パットが入っているし大丈夫。こんなにフロータントはいらいないよな・・。

で、洗濯しました。なので道具を全部出したのです。洗って陰干ししました。

しかし、ポケットが多いね。

前面左側。

2k4


前面右側。

2k5


裏側。

2k6


内側。

2k7


これだけポケットがあると、どこに何をいれたか忘れちゃいます・・。

さて、洗って乾いたので、道具を戻します。少し減らしました。けどやっぱり、ぶら下げちゃうよね。

2k10_2

ちょっとシンプルに。残りはポケットへ。

裏側は。ランディングネットを装着。

2k8_2


ネットを摑みやすい様にか、これとは逆にネット側を上向きに付ける人が多いと思うけど、魚を取り込むときになんかマグネットが邪魔なのでこの向き。摑む時もネット部分どこでも摑めるし、持ち換えるのも苦にならないし。

鑑札の装着は結局この向きに。横向きに背中に付けてみたがネットが邪魔で良く見えなかった。左わき腹ならキャストの邪魔じゃないし。

ネットは強力マグネットで取り外しが簡単に出来るんだよ。

2k9


これで4シーズン目もばっちり使えるでしょう。さあ、あとはラインをクリーニングしてリーダーをセットして。そして釣りに行くだけ。

もう桜がここ群馬でも咲き始めそうだし、いつもより春が早いようなので、そろそろ大きなドライフライで釣れるかな?

まずは、キャスト練習に行きましょう(笑)。

あれ?ウェーダーとシューズはどこだったっけ・・・。

|

« リーデル ワイングラス ヴィノム・ブルゴーニュ。 | トップページ | 最近読んだ漫画。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事