« だ。 | トップページ | パシフィックで初ちょい乗り。 »

2013年5月25日 (土)

海釣り初級者・投げ釣り用具を揃える。

届いた。宅配便来たよ。

また、自分へのご褒美、やっちまいました。

1h1


ここ海の無い群馬県から、新潟の海へ一緒に海釣りに行ってくれる同僚のH氏が、今年の海釣りはサーフで投げ釣りやるぞと宣言しましたので、私も道具を揃えてみました。

昨年度は海釣り初体験だったので、防波堤でのサビキやそれをちょっと投げるウキサビキ釣り、それとアジングをやっていました。狙いはアジです。

今回は砂浜でぶん投げて沖にいるシロギスやカレイを狙う釣りです。かなり専用の道具が必要です・・。

まずは竿。重い錘を全力で投げるもので、長く硬く反発力の有る専用の投げ竿が必要。本気でやるには4メートル20cmほどの30号以上の錘対応の並継ぎ竿だそうですが、こちらは初級者なんで投げやすい4メートルの27号で持ち運びやすい振り出し竿にしてみました。

最近ダイワ好きなもんで、ダイワのプライムサーフT・27号ー4・05m。

1h2

もう一ランク下の入門投げ竿もあったし、ノーブランド物でもいいかな?と思いましたが、竿に負荷の掛かる釣りだからちょっと良いもの方が頑丈だろうし、カーボン含有率が高いほうが軽くて反発も良いだろうと、入門より一ランク上のモデルにしました。

海遠いからそれ程の頻度で使わないかなと、この辺りを落としどころに。ハマって月に何度も通うようになったらもっと良い竿にしちゃうかも。

23~30号の錘対応。

1h3


んん?竿袋のダイワロゴが古い~。結構前から売っているモデルですが、在庫?それともこの仕様で続けちゃっているのか?

長く売っているということは、評判も性能も安定しているということでしょう。

投げ竿としては柔らかい竿だそうですが、もう先端から硬いよ。さすがにしっかりしている。

1h4


カーボン含有率92%です。結構軽いです。他の釣じゃあ使えないくらい固め。投げ専用って事ね。

ガイドはSicじゃないから、PEラインで使うと減っちゃうのね。そこまで使いこめばもっと良い竿が欲しくなるだろうから・・。

このクラスでガイドロックが付いているのはこのモデルくらいらしい。ガイドがずれないように、竿に溝が付いていてガイドの溝と合うのかな?

1h5


フルキャストするのでガイドがずれていると危ないしね。良い機能です。

さて、次はリールです。この竿に合う投げ専用リールと、もっと防波堤とかで近距離に投げて軽快に釣る「ちょい投げ」用のリールの2台も揃えちゃった・・。巻くPEラインも。

1h6


まずはちょい投げ用に使うリール。このクラスなら色々な釣りに使えるけど。

ダイワのレブロスMX2500。

1h7


入門用ですがそこそこ軽い。巻きは・・・。普段ルビアス使っているからねえ。ゴリゴリシャーって感じ。けど、そんなリールの感度で当たりを取る釣じゃないし。海釣りって潮の影響もあるし砂も噛むし、ジャブジャブ水洗するし、このクラスを使い倒した方が良いんじゃないかと。もっと凄いモデルになると完璧な防水らしいけどね。

ルビアスの1/4の値段だしこの機能ならCP高し。

PE1・5号が200メートル巻ける。安めのPEラインを巻いてみます。

1h8


けど200メートルみっちり巻いたら巻き過ぎ・・。1号で良かったかな。うーん、大きな魚が釣れるライトジギングもしたいし、1・5号でいくか。

現在、サビキなどはナイロンを巻いた十数年前の2000番リールを使っていますが、今後はこのレブロスに換えよう。

このリールで、ちょい投げ、サビキ、ウキサビキ、投げサビキ、ジグサビキ、ルアー、ライトショアジギングを任せてしまおう。遠投カゴ釣りは大袈裟過ぎるのでやらないよ。

竿は・・。手持ちのホリデー磯Rの3号4メートルがあってPTSという遠投仕様なので、これでちょい投げからウキサビキが出来るだろう。

けど、もうちょっと軽快にしたいし、ルアー系もやりたいので、6~8号の錘を背負わせる8フィート6インチのシーバスロッドを検討中です。

次に投げ専用リール。

ダイワのファインサーフ35(細糸)。

1h9

ラインが出て行くときの抵抗を出来るだけ少なくしようと、スプールは長くて径が大きくて薄い。

リールは入門用にしました・・。専用リールなんで機能は十分だろうと。重いけどね。物足りなくなったら上級機種にしてこれを予備にすればよい。

しかし、でかい。ビックリするくらいデカイ。

さっきのレブロスMX2500と比べるとこんなにデカイ。

1h10

それなのにレブロスより糸が多く巻けないのだ。20センチくらいのシロギスを釣るのにこんなにデカイリールが必要だとは、海釣りって大袈裟だよねえ・・。

ラインもビックリのPE0・8号を巻く。細いよ~。

1h11


空気抵抗を低くするのだ。これで25号の錘を投げるのは無理なんでPE力糸を先に結ぶ。

先端が太いテーパーになっていて0・8号から6号になる。

これで4色(100メートル)投げられたら合格にしましょう。

こんなものを買い揃えてみました。あとは天秤だの仕掛けだの、ちょい投げ用のショックリーダーだの揃えなくちゃ。

クーラーもホームセンターモノを使っているけど、この際に高性能な釣用クーラーにしようかな。暑い時期に氷がすぐに解けちゃったから。

それなら、小物入れや竿掛けが装着されている投げ釣り専用のクーラーを思い切って購入しちゃうかな。砂浜を歩くそうなので装備は一まとめにしたほうが軽快だし。他の釣にも便利そうだし。私は小物しか釣らないからね。

初期費用は何をするにも掛かるものです・・。

後は仕事の忙しいH氏が釣りに行けるかどうかですよ。

|

« だ。 | トップページ | パシフィックで初ちょい乗り。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事