« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

魚津の夜・ねんじり亭。

先週、釣りに行きました富山県の魚津です。「うおつ」だと思っていたが「うおず」です。

釣りをしなければ縁もなかった街ですが、見知らぬ街で初めての居酒屋を楽しもうという企画です。糸魚川に続く第二弾です。

釣りの前泊として、土曜の夜に宿泊したのが魚津スカイホテルです。

0p1


外観はアレですが、部屋は普通です。

何故ここにしたかというと、一泊なんと3800円です。これは安い。H氏が予約してくれたがじゃらん価格だそうです。

シングルルーム。あいにく禁煙ルームが一杯だったのでタバコの匂いは気になりましたが。寝るぶんにはそんなに狭くなく、綺麗。

0p2


ユニットバスも広めです。

0p3


タオルも完備。シャンプー、ボディーソープも有る。それ以外のアメニティはフロントで必要なものだけもらってくるのが合理的。歯ブラシ、櫛、シャワーキャップなどなど。私は歯ブラシと入浴剤をもらってきました。

窓の外にはホテルサンルートとカラオケ屋。

0p4


スカイホテルはサンルートの姉妹ホテルのようで、アメニティはサンルートのものでした。ちゃんと窓があって3800円だよ。昔札幌のビジホに宿泊した時、窓が無い部屋と有る部屋どちらにしますか?と言われて、ちょっと高かった窓の有る方にしたが、窓の外は狭いシャフト状の空間で窓を開けると直ぐ壁でした・・。

なのでここは立派なホテルだぞ。

お湯を沸かす奴や、ドライヤーも完備。

0p5


これで3800円ならお得だと思う。

さて、チェックインした直後にH氏と夕方の魚津の街に繰り出します。

なかなか渋い町並みですが、早速見つけたもの。

こちらの宿は1泊3000円だそうで・・。

0p6


ううーーん渋い!泊まるのには勇気がいるかあ?しかしH氏は次回はこの宿が良い!と絶賛だ。

釣具屋さんはすぐに見つかった。

0p7


餌も有る。明朝4時半から店が開くというので、餌を買うのは明朝とする。

最近のキス釣りの状況を聞くと、釣れないねえ・・・ということです。今年のキスは不調ですね。

さあ、駅方面に行くと早速飲み屋街です。結構飲み屋の密度が濃いです。

0p8


H氏が突然「う!ここは!」と叫んだ。なに?何々?

「こ、この店は、太田さんが絶賛していた店じゃあないか!やはり、あったか・・。」「え?H氏さあ、太田さんって誰よ?」

「なに?太田さんを知らないのか?」「だからどこの太田さんだよ!」

「太田さんのその著書、居酒屋味酒覧の第1版で紹介されていた店が目の前にあるとは・・。」「居酒屋ミシュラン?」「ミシュランではなく味酒覧だ!」「いや、どうでもいいけど・・。」

「居酒屋業界のバイブルとも言われている居酒屋味酒覧に掲載された店に行きたいのだ。だが、この店は味酒覧の第1版のあとには掲載されていない・・。やはりここはもう一つの店、第3版で掲載されているあの店に行くべきかな?ブツブツ・・・」

H氏は居酒屋探しには野生の勘を持っていますが、今夜はその太田さん絶賛の店に行きたいらしい。

そんな会話をしているうちに、魚津の駅前に出た。

0p9

渋い駅だね。

駅前も、特には盛り上がっていない。

0p10


この魚津の特徴として、駅前にショッピングできる店がなく、ビジネス街でもなく、駅前から横道に入れば、いきなり飲み屋街なのである。

駅前から飲み屋ばかりとは、飲兵衛の街なのかも知れない。これは期待できるぞ。

しばらく歩くと、H氏が立ち止まり叫んだ。

「こ、ここだ!太田さんが味酒覧の第3版で紹介していた店があったぞ!」「だから太田さんて何者なの?」

「太田さんはなあ、本業はデザイナーなのだが、全国の居酒屋をめぐっては良い店をレポートしているお方なのだ!」「はあ・・・。」

「よし、この店にしよう。」とH氏は指差した。「ねんじり亭ですか。綺麗な店ですね。」

0p11


「H氏、この店はなにがうまいの?やっぱ地元の魚?」「いや、太田さんは日本酒が旨いと言っていたな」「えー、なにそれ」「しかも日本酒はいいものばかりで高いらしい」「だ、大丈夫かなあ?」

入店して、カウンターは人がいるので、小上がりのテーブルに。

オーダーを取りに来たのは若い女性。女子大生風だ。ここの娘さんっぽい。なかなか愛想の良いおねいさんだ。

まずはお通しにビックリ。おねいさんの持っているお盆にびっしり小鉢が十ほど乗っている。ここから一人二つ選んでよいというシステム。

じゃあこの4つを選択。

0p12


エビスの生ビールで乾杯!おつかれー。お通しも、お通しとしてバッチリだ。

すかさず太田さんも絶賛していた日本酒を頼む。地酒の満寿泉の大吟醸クラスの生酒がメイン。これはさすがに贅沢すぎるだろう・・。

なので飲んだ事がない、富山の地酒・勝駒(かちこま)純米生酒を頼む。このグラスで350円とこれが一番安かった・・。

0p13


後ろに見えるのは、ほたるイカのたまり漬け。凍っていてシャーベット状のを頂く。日本酒が進むね。

おねいさんが来るたびにお勧めはなに?と聞いてみる。同時に休みの日は何してるのお?え、ジェットスキーに乗ってるの?海があっていいね、群馬じゃあ川でジェット乗ってるんだよ、利根川広いよ。え?群馬に来たこと有るの?伊勢崎に友達がいるんだ?

とか、いつものトークでコミュニケーション。やはりこちらも一見客で店も緊張するので、こうやってトークしてお互い心をほぐしていくのが、見知らぬ街で旨い物を食べるコツだと、H氏と色々な店に行って気がついたよ。お勧めを聞けばどんどん応えてくれる。

やはり魚津、魚だよな。メニューを見ると、お刺身高級だね。

0p29

今日のうおづ魚。やはりこの時期白身魚メイン。食べたことの無い地場の魚が沢山。
じゃあ、このメニューが色々食べられるのがいいから、刺身の盛り合わせ2100円にする?

念のため、おねいさんに確認すると・・・。刺身の盛り合わせとは、この単品メニュー以外の魚の盛り合わせだそうで・・。

危ねえ。やはり聞いとくべきだな。コミュニケーションが取れていて良かったよ。この店の刺身は単品の今日の魚を頼むべきだ。

高級で幻の魚・のどぐろと、地元名物白えびの刺身を頼む。

0p14

高価だが、せっかく来たのだからな。高級魚であるのどぐろは、きときと寿司でも一番高くて頼めなかったし。おねいさんに聞けば他所の店ではこれより少なくて2000円すると言う。うん、旨いよ。

白えびもきときと寿司で躊躇したが、これだけ食べられれば満足だ。

さらに幻魚と書くげんげの天ぷら。0p15_2


富山や上越辺りでしか食べないそうだが、これもおいしい。

焼き物は「めだい」。

0p16


日本酒が合うメニューが豊富だな。

その日本酒は、おねいさんがお薦めのやつを頼む。この店のオリジナルだそうで、満寿泉の生酒という「旨酒ねんじり」。

0p17


地酒の生酒を飲めるってのが、いいねえ。

おねいさんに、さらにお薦めは?と聞くと、お客さんはもうお薦めはみんな頼んでますね、さすがです~。と言われる。

じゃあ、はしごもしたいし、お勘定。

ねんじり亭、お財布を開放するといいもの食べられるし、旨い生酒が飲めるぞ。せっかく見知らぬ土地に来たらパーッとやる。満足度の高い店でした。

さあ、次はどこへ?H氏はナビゲーションで検索。

0p18


うーん、背景の店も渋いねえ。

太田さん掲載のもう一つの店に向かったが、なんと店じまい。8時閉店とは、この街の夜は早いぜ。

魚津の街をぐるんと周って歩いてしまった。

う、入善レッドラーメンを出す店があるらしい・・。

行ってみたが、

0p19


もうレッドラーメンはやっていないようだ・・。残念。

なので、アジのたたきや、

0p20


あ、あの赤いのはケチャップ?っと思ったら梅肉でした・・。

串揚屋さんなので串揚げの盛り合わせを頼むが

0p21


喰いすぎた・・。

さらに魚津の街を徘徊し、H氏がどうしても気になるという店。歩いていて偶然発見したのだが、

0p22


2回覗いてみたが満席であった。繁華街から離れた場所にあるが、H氏の居酒屋アンテナがかなり反応し野生の勘が正解したか、地元の人に人気の店のようだ。残念だが、いつかまた来よう。

H氏が富山の米をまだ食べていないぞ、と言うので仕上げの店を探す。

ここにした。赤提灯が決めて。

0p23


塩辛のイカスミ入りの奴。なんていったけ?

0p24


最後のビールをチャージしつつ、鶏のお尻の肉ボンジリ。

0p25


そしてお米は、おにぎりをオーダー。この地方でおにぎりと言えば、こういう感じみたい。

0p26


とろろ昆布?が巻いてある。コンビニでも売っていたから、このスタイルが基本なのかも。

お米がおいしい!

ディープな魚津の夜を堪能できました。これも居酒屋ハンターの異名を取るH氏と、太田さんのおかげですよ!

ホテルへの帰り道。うーん、私もこの宿気になる・・。

0p27


次回はここに泊まろうか?

あ、太田さんの本はこれね。

0p28


いまだに太田さんってだれ?っていう感じなんですけど・・。読んでみますよ。

魚津の夜、なんか歩いている人より居酒屋が多いんじゃないかと思うくらい、呑み文化のある街だと感じましたね。

また呑みに行きたい、魚津へ。

 

|

2013年6月26日 (水)

ビジホでキス・その3・軽く触れるだけのキス。

前回の続きです。またタイトルを省略しすぎてしまいました。

魚津のビジネスホテルに前泊し、キスの投げ釣りをやっております。富山から新潟へと移動してきました。

すっかり、ちょい投げモードになって目的地の浦本漁港です。

0q1


小さな漁港です。以前一度釣りにきましたね。

車から出したのはこの竿一本。やはり振り出し竿は便利です。これとタックルボックスが装着されているクーラーボックスを肩にかけるだけ。

0q2

H氏のクーラーボックスは自作のスペシャルだ。両面テープで道具箱を接着し、様々な釣りに対応できる。

0q3

これ、皆クーラーにくっついていますから。

さて、釣座はここ。小さい漁港だが、この位置だと目の前が開けている。

0q4

ここは砂地です。以前はこの左手側の角がとても浅くて砂浜になっていたのだが、

0q5


深くなっていた。なぜかというと、最近に港内を掘って砂を上げたようです。

0q6


以前車で入れた場所には砂が積み上げられていました。

これで目の前は結構深いと思う。船を繋留するロープを結ぶアレに腰掛けて14時50分釣り開始。

1投目。軽く投げてサビいてくる。岸から近いところでプルッとアタリ。

かわいいピンギスです。

0q7


ワカサギみたい・・。やはり浦本漁港にはキスがいました。小さいけどな・・。

20メートルくらい沖に帯状に茶色い部分があったが、どうやら根のようです。その根の周辺、向こう側とこちら側の境目でよく当たります。

ブルブルっと竿先を震わせますが、なかなか掛からない・・。まるで軽く触れるだけのようなキスのアタリです。

なんとか食わせて2匹目。

0q8


ここはピンギスばかりか・・。

このちょい投げロッド、ダイワの振り出しシーバス等の万能ルアーロッドです。

0q9


クロスビート864TMLFS。ルアーは28グラムまでオッケーなので、錘だと7号くらいまでのちょい投げがいける。

6号錘を天秤にセットしたが、アタリがあっても掛からない為、食い込みを良くしようと錘を2号まで軽くしたが・・あんまり関係ないか?むしろ重くして向こうアワセを確実にするとか?2号から8号まで色々試してみる。

やっと1匹。浦本で一番大きかった12センチくらいかな。

0q10

アタリはあるんだけどねえ・・。もっと竿先の繊細なULタックルにしようかなあ。食い込みが悪いのよ。

根から足元まで、プリプリリ、と当たって、食うか?食うのか?ああーー、離した・・・。H氏と二人で悶絶しています。

空いてたので横にキャストしてサビくとガツンとアタリ。おお引くぞ。

フグでした・・。

0q11_3

繊細なアタリと格闘しましたが、最後はマイクロキスを釣って終了。18時に納竿です。

まあ、のんびりと椅子に腰掛けて投げて引いて、小さなアタリを楽しんで、癒される釣りでした。もう少し魚が大きいか活性が高かったら良かったんだけどね・・。

0q12


さて、帰ろう。途中、次回の釣りの下見の為、能生漁港に立ち寄ってみました。そのときは知らなかったんだけど、この前日に立ち入り禁止の堤防から転落した死亡事故があったそうだけど。

次回は秋ですかねー、とかH氏とポイントを下見しました。

夕食を食べようと、能生漁港側のラーメン屋さんに立ち寄ります。港の直ぐ横、多喜屋さん。

メニューを見て・・。

0q13


能生みそらーめん。

なに?脳ミソらーめん?H氏とウケて二人とも注文。

店内はお洒落な、海の見えるレストランという感じ。

0q14

お、来た来た。

これが、能生みそらーめん。

0q15_2

能生の町の田中味噌店の地元味噌を使ったラーメンです。

ネギが別添になっているところはネギ嫌いな人には親切かもね。お箸も紙が巻いてあっておしゃれ。

見た目は濃厚そうですが案外あっさりとしていて、それでいて味噌の風味を感じるラーメン。縮れ麺もスープにマッチしています。強い個性があるわけではないけど、味噌の旨みを楽しめました。煮卵も旨い。

夜は飲み屋になるのかバーカウンターがありました。黒板にあった酒の肴はどれもうまそう。能生の民宿に宿泊して夜に呑みに来たい店です。

店の窓から綺麗な夕陽が見えました。

0q16_2

帰りがけに、お店のおばちゃまが出てきてご挨拶を頂きました。駐車場の車が群馬ナンバーだったので驚いてしまったとのこと。店の玄関で丁寧なお見送りを頂きました。また来ますね~。

高速に乗って、最初のSAでお土産を購入。H氏はまたこんなものを。

0q17_2

去年もこんなの買ったじゃん・・。スイカ風味のファンタって感じですよ。

22時半には無事に群馬へ帰宅しました。

さて、今回の釣行、また遠投投げ釣りは不発気味でしたが・・、ちょい投げに開眼。面白いよ・・。軽快で釣り味の良いちょい投げに注目しそうです。

釣果は。

あれ?凍ったらキスが縮んで曲がったからか20センチより小さくなってる。釣った時は20センチあったんだよ。

0q18

結果、シロギス(20cm、18cm&ピンギス)7匹、ベラ1匹、小オコゼ1匹、フグ1匹、ヒトデ1つ。H氏も同じ感じの釣果です。キスはキープしましたが、この数の天ぷらもなあ、とH氏にプレゼント。おいしく食べてくれたそうです。

もうちょっと釣りたいねえ・・。

新クーラーにも魚が入りました。この投げ釣り専用クーラー、使いやすくて便利です。保冷力も12時間経過でコンビニ板氷が3/1以上残っていました。海水氷はキンキン。

0q19


アジングにも使えそう。今後も工夫してみます。クーラーの詳細はまたいつか書きますね。

そうそう、魚津の夜、地元の居酒屋めぐりと魚津スカイホテルの詳細はまた後日書きます。この夜が楽しかったのよ。

釣りをやらなければ魚津には泊まらんかったろうな、一生。これも縁だね。

H氏、お世話になりました。次回はどこに釣りに行きましょうか。

|

2013年6月25日 (火)

ビジホでキス投げ釣り・その2・ちょっと長めのキスが好き。

前回の続きです。富山県は魚津のビジネスホテルに前泊、早朝から人生2度目のキス投げ釣りをやっています。

経田海岸でピンギス1匹の釣果に疲れ果て、すぐ裏にある経田漁港でちょい投げをします。

タックルは振り出しシーバスロッド、クロスビート8フィート6インチMLに6号錘、2500番リールにPE1.5号と3号のフロロリーダーにちょい投げ仕掛けです。

0r1


かなり足場が高い堤防の上です。水面に近い下の段がありますが、バックスペースが無いのでこの高い場所でやります。キャストする時は堤防のヘチから離れないと股間がスーッとするような高さです。

港内は手前が浅く小魚が見えます。海草帯があってちょっと厄介。その先に深い船道があって手前のカケアガリが狙いか。

H氏が目撃したように隣の若者はキスを釣り上げています。10フィートくらいのルアーロッドでジェット天秤のちょい投げをやっています。

うーむ、やはりH氏の言うように水温の高い漁港内にキスが溜まっているのか?

手前から探っていきます。完全な砂地のようです。やはり途中の海草帯は手強いが、なんとか強行突破すれば仕掛けを回収可能。しかし天秤と仕掛けは海草まみれ。

0r2


これがホントの海草天秤・・。いや、となりの若者のようにジェット天秤なら海草帯の上を回収できそうですが、食い込みと感度を優先してこの小型L型天秤に6号錘で強行します。

開始5分、船道の奥側からサビく。カケアガリでちょっと止めてアタリを待つと・・。

ブルンブルンと大きなアタリ。ちょっと送り込んで聞いてみるとロッドの先が引き込まれる。

来たああああーーー!重い。これはキスだろう?

海草帯でぐううっと重くなるが無事強引突破し、おお、魚が見えた、キス~。このロッドだと引き味が楽しめます。

食べごろサイズのキスゲット!

0r3


釣りをしない読者様を考慮しエサの部分はグロいのでモザイクを掛けます・・。

やったぜ。待っていた。18センチです。やっとキス釣りっぽくなってきましたよ。

ちょい投げなんで遠投しても向こう岸右側の堤防くらいの距離。

0r4


手前の底が見える部分は浅い。その先の色が変わっているところが海草帯。そのちょっと先から向こう岸からこちらに伸びる堤防辺りまでが深い船道。

結構アタリがある。船道を探りながらちょっとサビいて止める。竿先にブルンと来るが、掛からない。

錘を8号にしてもう少し向こう側を探ろうかと、クーラーの竿掛けに竿を置いてゴソゴソやっていたら・・。

置き竿がグングン引かれて竿尻が持ち上がった!

これはなんだあ!巻くと結構重い。キスだ。ぐぐっと引いたりして元気なキスです。

おー、さっきより大きい。

0r5


20センチです。このサイズになると釣り味も面白い。ちょい投げロッドは釣った感じがして良いですね。

いるぞ、漁港内にキスがいました。H氏の読みが当たりましたね。

船道にキスがついています。H氏も食べごろのキスを釣っています。

その後も船道に投げて止めているとブルブルとアタリがありますが、乗らない・・。

難しいモードになってきました。隣の若者も久しぶりに釣れましたよ~と1匹釣りましたが、その後止まり、手のひら2枚サイズの大きなカニを釣って彼は納竿しました。なかなか気さくなお兄さんで、ここの前に富山でキジハタを5枚釣ったそうで羨ましい。

しかし暑くなりました。地合が過ぎたのかアタリがパッタリ無くなる。

振り向くと灯台の場所は一人だけ。

0r6


沢山あった車も数台のみ。

最初に釣った経田海岸を見てみると・・・ビックリ!

あんなにいた釣り人が一人もいません。

0r7


やっぱりここはキス釣れなかったのね・・。

H氏は釣り人に話しかけまくるので沢山の情報をゲットできました。

漁港に飛び出した堤防先で朝から釣っている地元の人は、港内で早朝キス4匹、その後全く釣れず。「去年は経田漁港でキス入れ食いで大勢の釣り人がいたが今年は全く釣れない」

灯台堤防ではアジの生き餌でヒラメ、フクラギ(イナダ)が釣れていました。

その他の情報「今年はキスが釣れない、アジも釣れない」「今日は滑川もキスが釣れなかった」「今年はもう終わった」とか悲観的な情報ばかりでしたね・・。困ったなあ。

かなり暑くなりました。ああ、やはりキスは連発しませんでした・・。

昨夜の深酒の二日酔いに熱中症が加わったのか頭痛がひどくなってしまった。

アタリもなくなったので、経田漁港は終了して別の漁港に移動することに。12時20分納竿。

0r8

食べごろサイズが2匹釣れて満足。ここまでの私の釣果はキス3匹、ベラ1匹、オコゼ1匹、ヒトデ1つ。

漁港に湧水があったので手を洗わせていただく。しかしこの地方は海ギリギリで水が沸くので驚く。

サヨナラ魚津。とても良い街だったよ。

しかし、直ぐ隣が前回釣った石田浜だったとはビックリした。前回とそんなに変わらない場所で釣っていたなんて・・。

昼食はおかずを選べる食堂に入る。私は頭痛が治らないので軽め。オムレツと御飯。

0r9


H氏はトンカツに御飯の大盛りにモツ煮うどんまで完食しました。

黒部のお米はおいしかったですよ。

さて黒部から高速に乗って次のポイントへ。砂地で水温が上がりそうな小さな漁港・・。

富山県から新潟県に戻りました。

0r10


目指すは、H氏が以前キスを釣ったという、浦本漁港です。ここは昨年釣りに行きましたが確かに砂地です。

さあ、キスは釣れるか?

次回、「浦本漁港は触れるだけの軽いキス」の巻きです。

|

2013年6月24日 (月)

魚津ビジホでキス投げ釣り・その1・ちょい投げデビューでファーストキス。

行ってきましたよ、富山の海です。

0s1

ここ海の無い群馬から高速を走って、富山県は魚津のビジネスホテルに前泊、前回不発だったキス投げ釣り2回目の挑戦です。

先週末の土曜の午後3時、休日勤務の終わったH氏宅を出発。今回もH氏お世話になります!

燃費を考慮し、前回よりゆっくり目でH氏のフィットは巡航。メーターの燃費計はリッター19キロを表示します。それでも2時間半で新潟県と富山県境に到着。越中境PAで最初の休憩。

購入した富山塩生シュークリーム。

0s2

しょっぱかったです。

魚津ICで高速を降りて18時には今回の宿泊地に到着。この日は釣りをせずに、魚津の町を散策、我々の大好きな地元居酒屋を探って呑んだくれようという作戦。釣りは翌日の早朝からです。

さて、何故魚津に前泊することにしたのか?

釣りのポイントのためじゃないんです。H氏が「魚津に凄い安いビジホを発見したぞ。じゃらんで予約すればなんと一泊3800円!」

と、いうことで宿の安さにつられたわけで、釣りの優良ポイントが近いわけではなかった・・・。

今回宿泊したビジネスホテル、魚津スカイホテルさん。

0s3


見た目はちょっとアレだが、サンルートの姉妹ホテルのようで、部屋は普通に綺麗だし、3800円はお得だと思った。呑んで帰ってシャワー浴びて寝るだけの部屋なので十分です。

このホテルの詳細と、居酒屋めぐりをした魚津の夜の記事は釣り編の後に書きますね。

前泊したので、早朝から釣りが出来て帰りも楽だろうという計画。

前日訪れたホテルの近所にあった釣具屋さんが早朝4時半から店を開けているということで、エサは朝買おうと、H氏とはホテルロビーに朝4時半集合ということに。

しかし・・・。前夜の酒が残り二人とも起きたのは4時40分ごろ。結局5時過ぎに出発。

釣具屋さんで砂イソメを購入。情報を得るが・・。キスは不調とのこと。今シーズンは全然釣れていない様子・・。前回の時も黒部の釣具屋さんで同じことを言われたなあ。最近徐々によくなっているようですが、前日までの台風の影響で富山は大雨、川の濁りやゴミが海に入っている様子。どうなることやら。

この時間じゃ遠くには行けないね。魚津の地元でその釣具屋さんがお勧めの経田漁港方面に向かう。この港の外側には砂浜がある。

経田海岸に到着。

0s4


波は静かです。富山湾は鏡のようです。

砂浜では既に10人くらいの人が釣っていますね。おお、人気ポイントなの?期待しましょう。

灯台のある堤防でも何人か釣っています。

0s5


よし、砂浜で投げ釣りをやりましょう。早速、投げ釣りタックルをセットする。堤防横が空いていたが、なんか目の前にブイが数個浮かんでいます。定置網?100メートル以上沖ですが、今の私のキャストなら届いてしまうな(笑)。目の前が開けている方が気持ちよいだろうと、右手側に移動。

ここにしますか。

0s6


前日まで荒れたのか、ゴミが漂着していますね。

イソメをいじる前に、コンビニで買った朝食をとる。H氏が手に持っていたサンドイッチを飛んできたトビに取られるというアクシデント発生!H氏と私は並んで立っていたのでその間は1メートルちょい。トビの羽根は結構デカイのに我々にもぶつからず二人の間を音もなく飛んでいったということは羽根を畳んで降下したのか?凄いものを見てしまったよ。

さて、人生2回目の投げ釣りです。6時20分スタート。

初めて投げた前回は23号錘を使って3色半(力糸を入れて100メートルほど)を投げましたが、今回は飛距離アップを狙います。

23号の海草天秤から今回は25号のデルナー天秤にして、重さと空力をアップ!

ダイワのプライムサーフ405-27号でキャスト。

0s7


行っけええええーーーーーーっ!オレのデルナーアアアアーーーーっ!

フニャフニャフニャ~、ドボン・・。

あれ?あれれ?

4色目が出たとこ。3色しか投げられませんよ。くうう、錘を重くしたらなんか調子悪くなったよ・・。やっぱビギナーらしく23号で練習するべきだったか・・。

0s8


まあ3色からサビいてきます。けっこう砂地な感じ。2号を切るとゴツゴツしてきて、手前10メートルくらいは石だらけ。

しかし、生体反応ゼロ・・。全く当たりません。私はサビク時は真横を向くので良く見えたが、周りの人々も全く釣れていません・・。

水温が下がったのかなあ?これはイカン。ひたすらキャスト。

持って来た投げ釣り専用クーラー。パーツも取り付けて満足。

0s9


ダイワのSURF SU800X。高価でしたが、とても使いやすい。ローソンで買った板氷が丁度ピッタリ入る。考えてある~。

大切に長く使おう。やっぱ良い道具を使うと気分がウキウキするね。さあ、後はこれに魚を入れるだけよ!釣るぜえええっ!

・・・。

うう・・。

・・・・釣れない。アタリもない・・。

重たいロッドを2時間振って、アタリも無いと虚しい・・。いったい私は海に向かって何をやっているの?という気分に。

気分転換にタックルを変えてみよう。どうせ遠投セットなのに飛ばないし、ちょい投げセットをデビューさせよう。

車に戻り道具交換。8時からはちょい投げで気分一新。

0s10


ダイワのクロスビート864TMLFS。振り出しのシーバスロッド、8フィート6インチのミディアムライト。リールはダイワのレブロスMX2500番。これでちょい投げをやります。

PE1・5号にフロロ3号のリーダー。小型の天秤に6号のナス型錘をつけてキャスト。

お、結構飛びますよ。これのほうが軽快だなあ・・。普段やっている管釣りルアーに近い感覚です。軽いのは楽だし、ちょっと投げ釣り道具に大振りな感じを抱いていたので、この軽さは気持ちも楽になる。

かなり敏感です。ゴツゴツ石が多くなったあたりで、ゴゴッとアタリが!巻いてみると重いぜ。

きたあああーーーー!

これは?

0s11


ベラでした・・。

料理すれば結構美味しいらしい。けどキス狙いだからリリース。

ちょい投げロッド入魂・・。遠投ロッドもメゴチで入魂しましたが、キスがまだ釣れていない。

H氏もベラを釣ってお互いボウズは免れました。

キ、キスをください・・。

その後、オコゼの幼魚を釣る。メゴチバサミで摑んで棘に気をつけて針を外してリリース。

ちょい投げタックルにもこのクーラーは合うね!

0s12


やっぱり投げ釣り専用だもんね。専用・・・、少佐になった気分さ。

くうう、かっこいい、良い道具は良い。これは良いものだ!

「この砂浜でそんな高いクーラー持っている奴はいないよ」とH氏は言う。

え?そうなの?これって投げ釣り師なら普通じゃないの?あれ?よく見ると周りの遠投している人も青いホームセンターっぽいクーラーだし、地元の人は発泡スチロールの箱・・。

皆シンプルな道具でやっているよ。あああ!そうだよなあ、こんな凄いクーラー使ってもベラしか釣れないなんて!まだ1匹も魚入っていないし!ああ、このまま魚は一生このクーラーに入らないんだきっと。こんな凄いクーラー使えるのは本物のキス投げ釣り師だけだよなあ?こんな初心者で3色しか投げられないベラ師が使えるクーラーじゃないんだ!くうう、失敗したあ!気負ってやり過ぎたああ!こんな高いクーラー買わなけりゃ良かったんだ。ああそうさ、オレには無理だ、こんな凄いクーラーなんて必要ないんだ、捨てよう、海に投げちゃおう、恥ずかしい、投げ専用クーラーだなんて投げられないキス釣れないそんなオレには無理だったんだ、あは、あはははははーっ、ああ見られたら恥ずかしい、顔から火が出るほど恥ずかしい、キスなんて無理だったんだ、こんなの持っていてもキスも入れることも出来ないなんて恥ずかしすぎる、もう穴があったら挿入したい。

そんなことをブツブツつぶやきながら、3投ほどして1色目まで引いてきたら、プルン。

あれ?なんか掛かったよ。

キスが釣れたあっ!

小さめですが投げ釣りでファーストキスです!

0s13


12センチくらいだけど、無理矢理天ぷらできるかな?

無事に海水氷を作ったクーラーにチャポン。

はーははは!やっぱキス釣りには投げ専用クーラー、イイですよね!

いやー投げ釣りで夢にまで見たファーストキスですよ。ちょい投げですが、何か?

けどさ、キス自体は船で結構釣ったことがあるんだよね。

まあ、あれはプロのキスみたいなもので、今回が純なファーストキスさ。

ふう、すっかり満足。

しかしその後が続かない。

H氏は裏手にある漁港はどうだろうと言う。この低活性が水温が低いことが理由なら、水温が比較的高い漁港内にキスが入ってきているんじゃないだろうか?ということらしい。

H氏は道具を持って経田漁港に移動しました。私はまだキスが釣れるんじゃないじゃろかと海岸で続行。

そこにH氏が戻って来て「大変だ、隣の若者が良型のキスを漁港のちょい投げで釣っているよ。しかも連発だ」

何いーっ!若者が連発でキスしているってえ!

悔しい、おじさんは連発していないのに連続キスしている若者にジェラシーい!

どうしよう?やっぱ投げ釣りはサーフだよな?けどちょい投げは漁港が似合うよな?うーん。

そこでヒトデが釣れてショボン。

0s14


嫌な感じになったので、漁港に移動することにしました。

経田漁港。

0s15


さっきの砂浜のすぐ裏です。

手前は浅くて底まで見えていますね・・・。釣れるのかなあ?

おお、その若者はまた釣っている!キスです。ジェット天秤でちょい投げスタイルです。

かなり高い堤防の上からですが、釣れるのか?

次回は、経田漁港編です。

|

2013年6月22日 (土)

第三弾と遠征出発。

ハアハア、また届いたよ・・・。

0t1


また購入しちゃった・・。もう止まらないよ。けど必要なんだってば。

0t2


投げ釣り道具を追加購入。今回は投げ釣り専門店からお取り寄せ。あるんだ、そんな店・・。趣味の世界ってほんとピンポイントだな。

今回の買い物の目的はこれ。木製エサ箱。

0t3


エサのキュートな虫さんは、暑さと渇きに弱いの。木製だとプラスチックより適度な湿り気と温度を保てるらしい。クーラーの中で涼んでいる虫さんを小出しにしてここに移して使う。クーラーボックス付属の金具で取り付けて取り外しも可能。

結構高価だが、ワカサギ釣りのエサのサシ入れにも使えそうなので、思いきって購入。

投げる時用の指サック。ラインが細いので指を怪我しないように。

0t4


まあ、買い物をしているうちに、あれもこれもポチッとしていくよね・・。

ここ海無し県での釣具屋さんではなかなか売っていないもの。このテンビン錘。あとは力糸やスナップ。

0t5


3000円以上お買い上げだとサービスでもらえるプレゼントがある。これは嬉しい。色々選べるが今回はこれ。

ショップオリジナルの石粉。虫さんはぬるぬるなのでエサを付ける時にこの石粉を虫さんにまぶすと付け易い。

0t7_2


3パックも頂ける。どうもありがとうございます。

ショップオリジナルステッカー。

ショップチームステッカーは、プレゼントでももらえるが、今回は石粉にしたのでこれは購入。クーラーボックスになんだか貼りたくなるのは管釣りタックルボックスの時と同じ感覚。

チーム拙者ステッカー。拙者かっこいいよ拙者。

0t6

メジャーステッカーはクーラー上面に貼っておくと釣れた魚の大きさがすぐに解ります。

あとお買い上げのお客様には投げ釣りカタログをタダでもらえます。今回はダイワを頂きました。

0t8


投魂って・・。ありがとうございます。楽しく読んでいます。物欲が・・。

なかなかサービスの良いショップでした。次回もここで買おう。拙者シールも種類が沢山あるのでまたもらっちゃおう。

で、以上の商品で取り付けられるものは装着してみました。

キス投げ釣り専用クーラーがさらにこんな感じに。

0t9


これで釣れないと恥ずかしい・・。けど釣ってさ、こういう準備するところも楽しみなんだよね!このクーラーについてはまた後日書きます。

さて、投げ釣り行ってきます。

またH氏と富山県まで遠征です。自宅の側には海は無いからね・・。片道車で4時間の遠征だよ・・。遠いから年間そんなに回数釣りにいけませんから。だから道具も他の釣りよりあまり凄くはならないよね、ってこんなに購入しちゃったけど(笑)。これでも他のジャンルよりは抑え気味、遠くて助かった・・・・。

昨日までの台風で北陸の河川は大増水で海は濁っているだろうな。釣れない予感。だめなら港湾でちょい投げか、シーバス狙うか。シーバス道具もちょっと揃えたし(くううっ)。

今日は魚津で1泊して、明日どこかで釣り。最大の目的は地元の居酒屋で飲むことなんだけどね。あの糸魚川の夜のような素敵な出会いがあるのか?

果たして新クーラーに1匹でも魚を入れることが出来るのか?既に無理そう・・。

無事に帰ってきたら釣行記を書きます。

|

2013年6月20日 (木)

投げ釣り道具・第二弾。

くっふー、投げ釣り道具の基本セットは以前書きましたが、今回はその後追加した第二弾の投げ釣り道具です。

0u1


まずは買ってしまったクーラーボックス。

ダイワの「サーフSU800X」

投げ釣り専用のクーラーボックスです。

0u0

結構高かったんだけどね・・。

今までホームセンター物のレジャークーラーは持っていたけど、本物の(?)釣り用クーラーは初めて購入しました。

これはどうして投げ釣専用かというと・・・。

まずは、砂浜の投げ釣りは移動が多い。キスを求めて砂浜を彷徨う。キスはどこだ~、とかつぶやきながらな。

その時、クーラーには魚を瞬時に〆て保存する為の氷と海水が入っているので、大きいクーラーだと重い。なのでまずはコンパクト。

さらに荷物が多いと持ち運びが大変なので、クーラーに小型のタックルボックスが装着されている。

そしてエサや仕掛けの交換の時に竿を置くスタンドもあって、リールが砂まみれにならない。

0u2


冬場メインでやっている管理釣り場のトラウトルアー釣りも便利なボックスがあります。

プラノの1612をタナハシというところがカスタムしたスタンドボックス。

0u8


このプラノボックスの詳しくはこの記事に書きました。

で、管釣りルアーの場合はボックスの中にルアーが沢山入っているわけだけど、投げ釣りならば魚を持ち帰りたいので、クーラーボックスになるという。

釣り専用なんだから、ホームセンター物のレジャー用より保冷力を期待。このダイワのサーフは保冷力には定評があるみたい。

だって、キスの投げつりは暑い時期が多いし、炎天下の砂浜は砂が焼けて底部から熱が上がってくる。なのでこのモデルは底部に真空パネルというのが入っていてより底部からの熱を遮断するように工夫されているようです。

0u3


これなら漁港の堤防釣りでも下のコンクリートからの熱を防いでくれるだろう。

さらに、テンビン錘を収納するケースや、エサ箱などを装着できるフックも付属され、自分で好きなところに取り付けられる。うーん、どこに付けようか?

サイドボックスも見た目より物が結構入ります。

0u4

クーラー内部には中蓋もついていて、エサなどを冷やしておける。

この上に11リットルのモデルもあって、この8リットルと悩んだのだけどね、結局8リットルにした。

11リットルの方が魚も沢山入るし、仕切れば弁当やペットボトルも上手に入りそう。

しかし私はこういう収納ものはワンサイズ小さいのを必ず選んじゃう。登山用のザックもそうだったし。大きいとつい余分なものも入れて重くなってしまうからね。

移動が多いなら軽い方がよいだろう。ただ釣りが上手な人や沢山持ち帰りたい人なら大き目がよいだろう。私は初心者なんでそんなに釣れないだろうし、自宅で妻と二人で食べられるだけ持ち帰れればいいし。

万が一40センチの青物が釣れたらどうするって?そんな大きい魚を捌いて料理できないし、食べきれないからリリースします(笑)。

投げ釣りと堤防釣りに特化したクーラーが欲しかったので8リットルにしました。自分の料理のレパートリー対象のキスと中アジが15匹くらい、もしくは豆アジが30匹ほど入ればおかずとしてオッケー。もっと大物を釣る時はまた大きめのクーラーを用意しようと。その時はまたタックルが必要になっちゃうから・・。もうこれ以上釣り種を増やしたくない・・。

あと、真冬にやるワカサギ釣りにも使えそうだなあと思ったのも8リットルの決め手。ワカサギ600匹釣れても十分これに入りそうだし。付属のボックスに道具も入るし、エサのさしも中蓋で冷やせるし、竿と椅子を持てばこのクーラーを担いで桟橋に行けるし。

11リットルには付属していない中蓋(11リットルはタッパーみたいなボックスが付属)が8リットルには付属しているのも決め手だったけど、これは使い難そうだった・・。

さて、このクーラーについては、また使ったら詳しく書きます。初心者に必要ないくらい良いものですが、長く使えるし、投げ釣り以外にも使えそうなので思い切って導入しました。

次に竿。

チョイ投げ用としてのロッド。実際はシーバスロッドです。

ダイワのクロスビート864TMLFS。

0u5


振り出しのシーバス用ルアーロッドの8フィート6インチML。

28グラムのルアーまで乗せられて、ライトショアジギングも可能とあったが、ケースを見たらエギング、ライトロックフィッシュと書いてあった。イカも根魚もやらないんですけど・・。

まあ沿岸のライトルアー全般可能な万能振り出しルアーロッドです。

0u6


仕舞寸法76センチと結構コンパクト。振り出しの海用ルアーロッドってあまりないから即決。やっぱ車で移動する釣りは振出が便利よ。ルアー装着しておけばさっと使えるし、トランクルームで邪魔にならないし。

これで6号前後の錘でちょい投げやって、重めのルアーやライトジギングなんかやってみようかなと。

2号錘のULちょい投げは持っている月下美人のアジングロッドでやろう。

8~10号錘のもうちょっとちょい投げ(?)は、このクロスビートの9フィート6インチMを狙っています。

ちょと使えそうなロッドですが、次回はちょい投げやってみます。

でと。前回全く釣れなかったキス投げ釣り。初めてやってみて、やっぱ20センチくらいの魚を釣るには大ぶりなタックルだと感じてしまったわけで・・。

気軽に出来るチョイ投げ用の小物類を充実させてみた。遠投投げ釣りとボックスで分けて、どちらかにクーラーの小物入れの中身を入替えようという作戦。

左が遠投投げ釣りボックスで、右がちょい投げボックス。

0u7


両方楽しみましょう。

全く釣れていないのに、道具ばかりが充実してきましたよ・・。

腐るものじゃないので、揃えておけば使うときが来るでしょう。そのうち釣れるようになるって!

次回投げ釣りは今度の週末かな?台風の影響はどうでしょうかね・・。

|

2013年6月19日 (水)

ヒザサポーターズ。

このタイトルわかった人は相当うすた京介ファンな人だと思うけど。

いや、本物の膝サポーターのお話。

以前書きました、

ボク!

うぎゃあああーーーーっ!

ふぐうう!ふぐうう!

の左膝関節亜脱臼。いやー痛かった。その後も連続して何度も膝関節が抜けては、ふぐうふぐうと悶絶しながらなんとか関節をはめる日々でしたが・・。

その後、最近はボクっとなっておりません。それはヒザサポーターを装着してから大丈夫になりました。こんなの。

0v1


あれ以来、なんか左ひざを動かす度に膝頭がぐりんと回転するような感覚になりまして、どうにも膝がぐらぐらしてしまう。そして、膝を深く曲げたり立ち上がったりするときに、なんとも言えぬ不安定感がありました。

それなんで、薬局に行ってヒザサポーターを買ってみた。

中山式ひざ用医学固定帯。

0v2


なんとも硬い名前がついていますが、機能的にテーピングをサポーターにしたような感じ。

膝頭を開けて包み込むように、ひざの裏側から固定する感じ。結構しっかりひざが固定されて頼もしいサポートです。

ただ、売り場にあった一番大きいLサイズを買ったのですが、私には小さかった。箱の写真のようにマジックテープ部分がひざの表に来ると良いのですが、私だと届かずにひざ裏でマジックテープを接着して一杯一杯。

なのでひざ裏の肉が挟まったりチクチクしていてね。また装着時にちょっとずれやすい。自分の好みの位置で圧迫感を調整できるのが良いが、装着も手間取るし、長時間はきついかな。

しばらくして、妻が私の為に買ってくれたのがこれ。

ワコールのCW-X。

0v3


これが良い!

CWーXと言えばあのタイツタイプのかっこいい奴のイメージだが、あの機能をひざ部分だけの限定にした感じだろう。

さっきのと同じようにひざを包む感じのテーピング効果だ。

履くだけでいいので装着は非常に簡単。しかも締め付け効果の部分に沿って模様があるがこれがデザインだけではなく、装着時に所定の位置やねじれなんかも一発でわかるし便利。

ひざがびしっと固定され不安感が無くなった。ひざがぶれる感じも無い。Lサイズで丁度良かった。妻よ、ありがとう!助かったよ~。

結構太もも側に長いんだけど、太ももの筋肉を使ってひざをフォローするっていう感じなんだ。ひざを動かしやすくなった。

素材も良く伸びるし、吸汗素材だし、圧迫感が最初はあるが直ぐに慣れるし、蒸れ難いよ。

かなり良いので、そのうちCW-Xのタイツも買ってしまいそう。登山にも良いしね。歩きやすそう。ひざがびしっとなれば結構歩けると思うし、自転車も乗れてくるでしょう。

よーしCW-Xタイツを履いてデュークっぽくなるぞ!

その後の膝関節なんだけど、ボクッとはならないけど、深く動かしたりひねったりするとポキポキ言うようになってしまった・・。

これは幼少の頃に両肘関節を抜いてしまって以来ポキポキいうのと同じ感じだね・・。

きちんとはまっていないまま固定されてきたのだろう。

軟骨が削れて行くんだね。そしてある日突然壮絶なボックウウウウーーーーっ、となる日が来るのかな・・。

次に関節が外れたら、医者に行くってば・・。それまでヒザサポーターのお世話になります。

|

2013年6月16日 (日)

映画の街・高崎。

以前、高崎は倉渕にある日帰り温泉でもらってきたパンフレット。

0w1


「まだ知らない高崎は映像の中に。映画の街・高崎」

私の住んでいる高崎市で撮影された映画のロケ地マップです。

どんな映画のどのシーンが高崎のどこで撮影されたのかがわかるマップ。

0w2


高崎市は、もともと二十数年前から高崎映画祭っていうのをやっています。映画館や公民館で邦画ロードショー作品を中心に、自主作成のショートムービーや、海外作品でロードショーでやらないようなマイナーな作品などを上映。何本かを安くみられるチケットを買っては若かりし頃の私も観に行きましたっけ。今じゃ映画館なんて殆んど行かないけどさ。

そんな映画文化の濃い町でしたが、平成14年に高崎フィルムコミッションというのが設立され、積極的に映画やTVドラマ、CMやミュージックPVなどロケ地を提供しているのです。

都内から近いし、ロケ地探しや地元の協力もあって、結構たくさんの作品が撮影されています。

なんか全体に寂れた地方都市の商店街って設定のロケ地が多いような気もしますが・・。

ちょことしたシーンだけっていうのなら無数にある。仮面ライダーシリーズや戦隊ものは阿久津水処理センターが多い。「相棒」「アンフェア」「君に届け」などなども。商店街、市庁舎、高崎商科大学もよく使われていますね。

詳しいロケ地は公式HPの

ここに詳しく載っています。

オール高崎ロケならばやっぱこれ。

包帯クラブ。トレーラー。

良い作品だったけど、興行成績がいまひとつで残念。高崎のいいところが沢山出てきます。観る人によっては心に残る作品になりますから。

自分のブログに書いた包帯クラブロケ地めぐりはこちら。

石原さとみちゃんかわいい・・。ロケでさとみちゃんが座っていた高崎公園のブランコに私もたまに座っていますよ・・。

で、最近観たのが「神童」

これも面白かったな。高崎中央銀座商店街に八百屋さんのセットを作っちゃたんだから。本当に野菜を買いにお客さんが来たほどの出来だったらしい。

神童・トレーラー

主人公うた役の成海璃子チャンは当時13歳だったか。凄いもんですね。

友人の成海璃子ファンの彼に「TRICK」で子役で出ているところからDVD見せられましたが、この神童はよかった。また最近DVD借りてきて観てしまったよ。

原作は、さそうあきらの漫画。これまた良い漫画で、うたは小学生の設定。この漫画のレビューも書きますから。お勧めです。

璃子ちゃんは実際にピアノが弾けるんだよ。前かがみにピアノを弾く姿は原作のイメージかな。

映画はうたと音大生ワオとの切ない交流を描いているけど、漫画はうたの神童ッぷりが凄い。映画ももっと原作に近く出来なかったものか・・。

先日、神童ロケ地の一つに行ってみた。上のトレーラーでもちょっと出てきたが、ウチの近所の碓氷川サイクリングロード。成海璃子ちゃんが制服姿で走っているシーン。

0w3

あああ、ここを成海璃子ちゃんが走っていたなんて・・。かわいいよ。

市役所のビルの前の高崎病院は、包帯クラブでも使われていたけど、既にビルを建て替えて新しくなっています。

そのほか高崎ロケで観たい映画。

「少年メリケンサック」宮崎あおいちゃんが高崎に来ていたなんて・・。

「あぜ道のダンディ」舞台になった上小鳥の居酒屋に行きたいっす。

「ばかもの」芥川賞作家・絲山秋子さんが書いた高崎を舞台にした同名小説が原作。

絲山さんは都内から高崎に引っ越して暮らしながら執筆活動をしているそうで。やっぱり高崎って良い街なんだな!

皆も高崎においでよ~。

さあ、天気の悪い休日だし、DVD借りてこよう。

|

2013年6月15日 (土)

週末一人惣菜呑み。

くう、やっぱり週末は自分へのご褒美だ!

スーパーでごっそりお惣菜を買ってきて缶ビールでぷっはーっだ!

0x1

ゴージャスう(笑)。

妻は平日また帰りが遅くなったしね・・。気楽な一人の夜を過ごしていますよ。

こんだけお惣菜があればゲッフーだ。はー満足だあ満足だあ!

最近、飲み会が随分減った。以前の職場だと月に1~2回は飲み会があったけど、今の職場だと飲み会は3ヵ月に1回くらい。

まあ、一回の飲み会で1次会2次会、カラオケの3次会、駐車料金と代行代で1万円は飛んでいったので、財布には優しくなりましたよ。

一人じゃあ呑みに行かないし妻は飲めないし、週末は気ままな一人呑み会ですよ。はー気ままだ気ままだ。

ちょっと前にセブンのくじで当たった恵比寿の黒ビール。

0x2


こんな高い黒ビール買わないし飲めて良かった。はーラッキーラッキッキーだ!

ていうか黒ビールあんまり好きじゃないからハーフ&ハーフで呑んでみた。

後ろの白ワイン、セブンで今売っているワインで一番お気に入り。500円だし。アルゼンチン産かな?赤はあるけど最近この白は見なかったのでゲット。酸は強いし、コルク栓なのが面倒くさいけど、ちゃんと飲めるよ。

はー贅沢だあ贅沢だあ!

普段の一人飲みならば、こんなものです。

0x3


これで1杯やりますよ、豪快にな。

0x4


やっぱ男はこれだぜ!

|

2013年6月13日 (木)

ご縁ですよ!

あー、面白いわ、これ。

桃屋の「ご縁ですよ!」っていう広告の動画なんだけど。このpeeping lifeっていうアニメ面白い。

いっつもワンシーンの掛け合いコントなんだけど、リアルだわ。実写をアニメ化してるの?アニメだから面白いんだろうね。

この4話のザーサイちゃん編が好き。今時のギャルさんてこういう感じなの?

は?マジするっしょ?みたいな。

オチもいい。

白飯君が悲しい。この4話まで色々あったのだ。頑張って話を合わせようとするんだけどうまく行かない。

この1話もおもしろいよ。

ああ、こういう高めの女性苦手、けど好きなんだよお。

白飯君かわいそう・・。

自分もあんな高そうな店に行ってさ、無理したんだけど、やっぱダメだったよね。頑張り過ぎは。今ならワインも詳しいのに、相手がいないよ・・。

2話3話も観てみてね。きっと白飯君に自分の姿を重ねるのは私だけではあるまい。

桃屋も面白いことやるな。桃屋の瓶詰め惣菜好きだよ。でも瓶は燃えるごみに出せるタイプに変えてくれたらいいな。

このpeeping lifeのアニメ、他のも面白いから探してみてね。

|

2013年6月12日 (水)

キス初体験・その3・キスはお預けよ・ルアーでハゼ祭り&きときと寿司。

前回の続きです。キスの投げ釣り初体験しています。タイトルは省略しすぎてしまいました。

さて、入善ブラウンラーメンを堪能したH氏と私の二人は、次の釣り場を目指します。ここまでの釣果はバイ貝1個です・・。

うーん、キスはどこにいるのだ?

入善漁港横の海岸から海沿いの細い道を走ってキスがいそうな砂浜を探します。テトラが数十メートルおきに入っていて、それが延々と続く。地元の釣師かゴムボートでテトラに渡っています。

むう、砂浜からテトラの間は浅そうですが。それよりもここは藻が酷い。テトラの無い場所があってここは?と思ったが沖には藻がびっしりです。

0y1


色が濃くなっている帯状の部分は藻のようです。これでは投げ釣りは難しい・・。良い海岸なのに。

しばらく走って、宮崎・境海岸へ。ここは良い景色、駐車場も完備。いけるか?

しかし、人が多い。ここは別名ヒスイ海岸と言ってヒスイの原石が拾えるのです。観光客がヒスイを探しているようです。

0y2


ズラッと海岸線に人がいますが、釣りをしている人が一人もいない・・。良い感じの砂浜なのに。そのときは気がつかなかったけどこの画像を見たら沖に藻がありますね。

これだけ人がいると釣りも危ないのでやめます。

結局、我々の定番ポイント、市振漁港まで来ました。富山から新潟に戻ってきました。漁港の横の市振海岸です。

0y3


どうやら藻はないようですが、砂浜と言うよりかは小石っぽい浜です。結構走ってきてやっと出会ったポイントです。竿を出すことに。

H氏は早速投げています。

0y4


私も投げる。海岸から水平線に向かって竿を振って投げるのは爽快ですよ!

0y5


うーん、やはりここも手前は石が多くてゴツゴツの感触。けど、今日の私の23号錘を使った限界距離3色半辺りは砂っぽいです。スルーッと引けます。

ぷる、ぷるるる・・。

ん?竿先がぷるっとしたような。

ぷるる、ぷるぷるぷるるー。

うひょおおーーー!生命反応来たあああーーーーっ!

巻いてみます。ワクワクドキドキ。なんか重い感じです。何かが掛かっているようです!

おおお、魚が付いている!キス?初めての投げキスなのかああ?

ん?

0y6


なにお前。キスとはどうみても違う魚です・・。ハゼドン?

H氏に聞いてみたらメゴチとのこと。キスに劣らぬほど美味しい魚だそうですが・・。外道だからいいや。リリース。

なんかぬるぬるしていそうだから、魚を摑む時に使っているメゴチハサミで摑む。あれ?メゴチハサミって、そうか、このメゴチを挟むモノなのね。と、いうことは、こいつには棘があって刺されると痛いらしいよ。

ふう、良かった。防波堤の釣りをしている時から魚はメゴチハサミ摑むようにしていて。

今度こそキスを・・。

竿の手元を股に挟んで、こう横に引いてきます。

するとこの竿先が、ぷるぷるぷるう。

0y7

よっしゃあ。来たあ!

0y8


いや、またメゴチでした・・。

結局ここではメゴチ3匹でした。

なんかその後釣れない。砂浜に座ってのんびりとした釣りになりました。

0y9


投げ釣りは長靴を履くそうですが、群馬が暑かったのでサンダルで来てしまった。砂がもっと細かいと思っていたが全体に小石で、サンダルに入ると痛かったよ・・。足元は要検討。

反応がなくなったので、もっと沖を目指そうと錘を重くします。23号の次のステップは25号です。

けど、H氏と相談の結果、漁港で釣ろうと移動することに。次回投げ釣りをするときは25号と27号に挑戦してみよう。

おなじみの市振漁港です。

0y10


てっきり外堤防から船道を狙うと思っていたので、ちょい投げセットを用意したのですが、H氏曰く港の奥に魚が入っているかもしれない・・、とのことでこの手前の部分で釣る事に。

いや、潮もまったく動いていないし、ここでちょい投げやってもキスはどうかなあ。なので私はルアーで小物を狙うことにして、アジングロッドを持ってきました。やっぱリールはこの小ささだよね。

0y11


ロッドは月下美人76L-T。

リールは、レアニウムC2000S。ラインはフロロの2lb。

ルアーは、ラパラのアイスジグの小さい奴。

0y12


ジギングラップって奴です。これ、昼間の漁港のヘチでなんか釣ろうと各色そろえてある。

目の前の見える場所に落として、ロッドをクイクイとあおると、F8というのか八の字を描く動きをする。なかなかいい動き。

たちまちキラキラと魚が寄ってくる。で、フッキング。

0y13


群れでやってきた。その中でF8すればもうアイスジグにまとわりついてくる。

H氏に聞いたら小サバだそうで。背中に模様があったものね。

0y14


私はこんな小さなの料理できないのでH氏にプレゼント。手さばきして〆サバにするとか。

群れがいなくなると釣れない。群れが来ると釣れる。こんな場所。

0y15

群れがいないときは岸壁のへちを狙う。なんか藻の間から魚が出てくるがなかなかフッキングしない。

H氏もちょい投げと同時にルアーをやる。小さいタコのようなソフトルアーをジグヘッドに付けたやつで釣れた。ハゼだそうだ。

私のアイスジグにもハゼがヒット。ハゼならワームの方がいいだろう。0・9グラムのジグヘッドに、以前デイアジングで活躍したレインズのアジリンガーの必殺クリアーをセット。

ヘチでピコピコアクションさせると藻の間からハゼが出てくる。

ヒットしました。

0y16


これは面白いぞ。上のほうから徐々にタナを下げていく。完全にサイトの釣り。魚が藻の中から出てきて咥えるまで良く見えます。結構はまる。

0y17


こんな感じで釣る。

0y18


魚がいれば連続ヒット、活性は高いです。

0y19


H氏は頭を落として天ぷらにするとのことで、プレゼント。

ストラクチャーの影にいるので、そこから魚を抜いてしまえばいなくなるので、小まめにポイントを移動する。魚影はそんなに濃くは無いのです。

いれば釣れます。

0y20


アジアダーの瀬戸内ちりめんでもヒット。けどより虫っぽいのとビームスティック1・5のクリアレッドには反応が無かった。クリアカラーが効いているのだ。

ハゼ釣りは楽しいけど・・・、キスはどうした!

私、キスはもう諦めました・・。H氏はまだちょい投げをやっていますが。

0y21


港の外側を攻めてみよう。

この中間の堤防の先端でやってみるが。

0y22


しかし堤防の外側は水が透明でそこまで見えるが、魚が殆んどいない。フグくらい。

なのでやっぱり内側に投げると、アイスジグの巻きでハゼが釣れた。沖にもハゼがいるのね。

日も暮れて来たので、この辺で納竿としましょう。

0y23_2


市振漁港のルアー・ハゼ釣り、面白かったよ。

H氏とともに小サバ5~6匹、ハゼ十数匹の釣果でした。

キスは・・。投げ釣での初キスは、次回にまたチャレンジです!とほほ・・。

糸魚川まで移動して、夕食。回転寿司に行こうと。

この辺りでは評判の氷見きときと寿司に行ってみました。地場の魚が沢山ありますよ。

カワハギと甘えび。

0y24


〆いわし。

0y25


目の前で握っている茶髪のお兄さんが良い仕事をする。てきぱきと握ってくれるので気持ちよい。

地場もののスズキ。甲イカ、やりいか塩あぶり、真鯛、あとなに食ったか。

富山といえば白えび。けど高いよ・・。話のネタに白えびの昆布締めを頼むがいまひとつ満足できない。

あああ、白えびがやって来るよ。軍艦2個で462円するよ・・。

0y26

ええーい、喰うぜ。

0y27_2


おいしうございました。

何周も回っていたのでちょっと乾いていましたけど・・。

〆にH氏がわさび巻きをオーダー。ワサビしか巻いてないよ。茶髪お兄さんが、かなり辛いですよ、と皿を差し出す。

どらどら・・。んん?か、辛ああーーー!むせるむせる。

こいつは効きます。しゃっきりしました。

糸魚川から高速に乗ってノンストップ。10時半には安中に到着。

H氏、大変お世話になりました。次回こそ、投げ釣りでキスを釣りましょう。

しかし、今シーズンの上越はこの6月上旬までキスが釣れている情報が少ないですね。7月にはなんとか釣れますように。

あのキャストする爽快感だけでも楽しかった釣行でした。もっと遠くに投げたいね。

|

2013年6月11日 (火)

キス投げ釣り初体験・その2・入善ブラウンラーメン編。

さて、前回の続き。

砂浜での初投げ釣りで群馬から富山まで来た二人、最初の砂浜は不発でした。なので、今回の目的第2弾で昼食を取ります。今回は釣りの話はお休みです。

H氏との海釣りシリーズは、地元麺を堪能するというお楽しみがあるのです。

今回は、黒部市からお隣の入善町にやってきました。ここは以前、始めての堤防海釣りをやったところですね。

小さい町ですが、中心街は綺麗な町並み。

0z1


駅前からの道沿いに早速目的のお店を発見。この町は2~3時間無料の駐車場があって便利です。その駐車場にあった看板。

0z2


入善ブラウンラーメン。

町おこしで企画されたご当地ラーメンシリーズです。

この近辺では以前食しました、既に有名になっている富山ブラックラーメン。

当ブログの富山ブラックラーメン記事はこちら。

これはなかなか旨かった。濃い口醤油の色なんです。

そして糸魚川ブラックやきそば。

当ブログの糸魚川ブラックやきそば記事はこちら。

イカスミのやきそば。これはもういいかな・・。

さらに今回はブラウンラーメンです。なんで色彩シリーズなんだか。

ブラウンののぼり旗が目印。入善町の中にはいくつもブラウンラーメンを食べられる店があるのです。以前H氏が来たことのあるこの店に入ります。ここが一番わかりやすい場所だったし・・。

0z3


ラーメンの他にたい焼きとソフトクリームもやっているという。

店内は広く座敷席もあります。カウンター席に座り、入善ブラウンラーメンをオーダー。

何でも入善ブラウンラーメンは、黒部川扇状地の伏流水で仕込んだ
地元産味噌にエビのエキスを加えた焦げ茶色のピリ辛スープが特徴で、
麺には地元で取水した入善海洋深層水が練り込まれています。とのこと。

来たあ。

0z4


こ、これは!おおお、ブラウンと言えばブラウン。

ていうか、ミソラーメンて皆ブラウンじゃあ・・。

いや、これが入善ブラウンラーメンです!

0z5


この練り物は富山名産の巻き蒲鉾ですか。これはこだわっています。

早速、スープを味わってみます。

おお、いいんじゃないですか。ピリッと辛くて、ミソラーメンの王道をいく味ですね。

味噌の風味はよいです。エビの風味は、うーん、どれかなあ。

私が感じたのはほのかなバター風味ですか。

似ている味としては、高崎周辺の人なら知っている東龍のサッポロラーメンに少量バターを落としたような。わかんないですよね・・。

私は非常に好きな味です。最近自分は味噌から醤油に移行していましたが、やっぱ味噌ラーメンは良いと感じましたね。

麺は味噌ラーメンの定番、ちょっと太目の縮れ麺が硬めに茹でてあって、とても良くマッチしています。

0z6


H氏と二人でスープまで飲み干しました。ご馳走さまでした。

店によってオリジナルな味なんだそうで、他の店も行って楽しみたいですね。

と言うわけで、上越~富山方面釣行では、ブラックラーメン、ブラックやきそば、ブラウンラーメンと続きました。

新作の入善レッドラーメンもあるそうなので、こちらは麺に地元産の唐辛子が練りこんであるとのことなので、また入善に行くしかないですね・・。町おこし地元麺を探求する旅は続く。

さて、お昼も食べたし、日中は水温も上がって活性も上がるかな?次の釣り場を探します。初体験投げ釣りで本命のシロギスを釣る事が出来るのか?

次回は「奪われたファーストキス!メゴチがあああ、サバがあああ、ハゼがあああ!結局きときと寿司」の巻き、です。

|

2013年6月10日 (月)

キス投げ釣り初体験・その1・挑戦編。

昨日行ってきました、久しぶりの海釣りです。初挑戦の砂浜での投げ釣りです。美味しいシロギスを狙いますが釣れるかな?

海はいいよ~。波の音、海風、潮の香り、青い空。

1a1


私は子供の頃海辺で育ちましたが、ここ海無し県の群馬に住んでからは海とは疎遠。やっぱ海を見るとときめきますね。

昨シーズンから海釣りを始めましたが、砂浜の投げ釣りは初体験です。道具も揃えて出発。

職場の同僚H氏に案内をしていただき、富山~上越方面へ、高速道路で長野経由にて出掛けます。

安中のH氏宅を早朝五時に出発。お世話になります。

まずは朝食。H氏は3食の中で朝食を一番重要視しています。なので朝から肉だってがっつリ食べるそうです。

入ったのは、すき屋。早朝から牛丼か・・。まあ、私も朝からがっつリ食べるタイプですが牛丼を朝から食べるのは初体験かも。えーいと、牛丼中盛りのおしんこセットに温たま。

1a2


くう、満足したぜ。これで今日は動けそうです。

高速に乗り、長野から上越経由、越中境PAで初休憩。ここで富山ブラックサイダーを発見。富山ブラックラーメンの関連商品?H氏が購入。

1a3

醤油・胡椒風味だそうですが・・、うん飲める、ほんのり醤油っぽく飲めなくはないが、ね。

黒部ICで降りる。8時半には富山県に来てしまった・・。

海を目指します。生地という町に入って、黒部漁港を偵察。サビキで小鯵が釣れていましたよ。

生地の海岸を移動しますが、テトラ帯。釣をしている人もいますが投げ釣じゃない?

そのまま石田浜へ。おお、ここは砂浜っぽいぞ。投げ釣りをしている人もいて、シロギスが1匹釣れていました。よしここで釣ろう!

富山県の石田浜海水浴場です。砂浜には花が咲いていて綺麗。

1a4


風が少しありますがいい感じ。しかし、富山は涼しい!群馬とは大違いの涼しさです。半袖では肌寒いです。

さあ、竿をセットします。

1a5


波打ち際は小石で、ちょいと歩きにくい。水中はなんか大き目の石がゴロゴロしていますが大丈夫でしょうか?

背後の山々には6月なのにまだ雪が。黒部から立山、北アルプスが見えます。

1a6

隣のH氏がキャスト。

1a7_2

よーし、私も投げるぞ。人生初投げ釣りです。

川や湖で鯉のリール竿ぶっこみ釣りはしましたが、遠投は初めてです。子供の頃、釣りキチ三平のキャスティング編に憧れ、無茶投げしていましたね。妙義湖ででかいオモリをつけて、

「シャークの仁!オラと勝負するだなやあ!いくぞお必殺スィング投法!でやああああ!」と全力キャストしてラインがプツ、湖の対岸まで飛んでいきましたから。当時スィング投法を練習しましたが、いまだにどんな投法だかわからない。

そんなわけで、中年釣り好きおやじは皆さん影響を受けているであろう釣りキチ三平を読んで当時憧れていた投げ釣りをとうとうやるときが来たのです!

いっけええええーーーーっ!オレの天秤オモリいいいーーーーっ!

おおお、軽く投げましたが、恐ろしいほどリールからラインが出て行きます。

記念すべき第一投は、どこへ飛んだかわかりませんが、ラインは3色を超えて4色目が出たところまで出ました。ラインは色が何色かついていまして、1色が25メートルに力糸が12メートル結んでありますので90メートルほど飛びましたよ。

1a8


リールはダイワのファインサーフ35.入門用の投げリールです。PEラインの0・8号が200メートル巻いてあります。

竿はダイワのプライムサーフ27号ー405です。私、管釣りでダイワのルビアスが気に入って以来のダイワ派です。

1a9

この竿も振り出しの投げ釣り入門竿です。23号から30号までのオモリを投げられて、27号が丁度いい感じということ?

私は初心者なので軽めの錘ではじめました。23号のカイソウ天秤を装着。初めてにしてはちゃんと飛んでよかった。

そこからサビく、という竿で仕掛けを引きながら巻いて来るという釣り方をやります。

最初はスムーズにサビけましたが、なんかゴツゴツし始める。ゴンゴンと衝撃が来ます。

ま、まさか、これってシロギスのアタリ?ええ!?第一投からシロギスが釣れたの?

巻いてみます。おお?なんか重いぞ!シロギス来たーーーーー?

あああ、もどかしい、巻いても巻いても仕掛けが上がってきません。どんだけ遠いところで釣りしてるんだよ。

あああ!上がってきたぞ!こ、これは!!

1a10

ん?

貝・・。

バイ貝が釣れてしまったよ。

記念すべき人生初投げつりの最初の釣果はバイ貝です。

がっかり。海に帰ってもらいました。しかし、北陸産バイ貝は高級で美味しいんだそうで・・。

気を取り直して釣りを続けます。コントロールを定めたり、糸の垂らしを長くしたり練習モード。

しかし,アタリがありません。

1a11


このさお先がプルンとして欲しいのに・・。

投げても3色半でいっぱいいっぱい。最初はスムーズにサビけるので砂地のようですが、アタリだと思っていた徐々にゴンゴンと来るのは石に当たっているよう。2色目からは石だらけでゴゴゴゴゴゴです。手前にシロギスはいない感じです。ここは4色以上投げないと駄目そう。

今シーズンのシロギス、上越富山方面の好期は例年はもう来ているのに今年はかなり遅れている様子。周りもまったく釣れていません。皆さん帰り始めます。

うーむ。

生命反応も無いので10時半に撤収します。

振り出し竿なんで仕舞うのも簡単です。

近くに湧水がありました。

1a14


はまなす湧水です。冷たい水で美味しい。

この辺りは黒部平野。扇状地の末端ですから湧水が多いって地理で習ったよね。

こんな海辺ですよ。そこが海なのに真水が沸いている。塩水が出ないのが不思議。

1a15


綺麗な小屋もあります。湧水は冷たくて美味しい。手と足を洗わせて頂きました。

今年は水温の上がりが遅いのかな?それで釣れていないのかと。そこでいてこの海岸にある湧水、海中でも冷たい清水が湧き出しているのではないか?それで魚がいないのかと推理してみる。夏場はいいのかなあ?ここ。

景色はよかったんだけどね。撤収です。次の釣り場を探して出発です。

今回H氏は偵察モードです。海岸沿いをポイントを探しながら走りますがなかなか砂浜が無い。

お昼前ですが、H氏が隣の入善に面白いラーメンがある、ということで行ってみることにします。

次回は、入善ブラウンラーメン編です。

|

2013年6月 5日 (水)

0次会。

先日は職場の飲み会でした。最近の流行は、飲み会の前に勢いをつけようと、早めに行ける有志でウォーミングアップ呑みをする0次会です。

夕方の高崎で、H氏と飲み屋へ直行。H氏は野生の勘で旨い飲み屋を探すことが出来るのです。既に彼が開拓している通りへ。高崎西口サウスパークから斜めに入った通りが異常に居酒屋が集中している。しかもH氏好みのカウンターメインのマスターが切り盛りしている小さな店だ。H氏が何度も訪れてお薦めの店に行く。

まずは「すずき」さん。海鮮メイン、直線カウンターに6名、奥にテーブル席2組8名の小さな店です。

1b1


カウンターの上のガラスケースには魚ネタが並ぶ。寿司屋っぽいが、H氏が言うにはマスターは寿司も握るそうで、魚が売りの店だ。まだマスターがホワイトボードに本日のお薦めを書いているところを口開けで入店。

まずは瓶ビールだよね。サッポロの黒ラベル。お通しは炒り豆腐。

H氏がコハダと真鯛の刺身を注文。

1b2


コハダは酢がいい感じ。マスターとコハダの話をするが、職人という感じの人で魚にはかなりこだわりがあります。

カウンターに手作りの卵焼きがあるので注文。

1b3


やはり寿司屋さんの趣です。お刺身メインでネタが揃っていますので、魚好きな人にお薦め。

まだ明るいうちから呑んで、ドアの外の暖簾が揺れるのを眺めながらちびりとやるのは最高。

1b4

1次会の前に居酒屋をはしごする計画なので30分ほどで終了。ビール2本、お銚子2本で合計三千数百円也。H氏ご馳走様でした~。

続いて。「まじん」さん。

1b5_2

H氏は常連さんだそうで。マスターはでかくて強面なイメージですが、気さくないい人です。まじん、大魔神?そんな見た目ですかあ(笑)?

マスターに圧倒され携帯を出せず画像は無しです。L字カウンターメインの小さな店。他のお客は常連さん一人。

飲み物はH氏が焼酎の梅割を頼み、わたしもじゃあそれと言うと、これは大量に出て来るそうで。なんと擂り鉢(注ぎ口つき)に入って氷が浮かんでたっぷりと出てきました。爽やかな梅の香りとまろやかな割り方で旨い。カウンターの上にある好きなグラスを選んで。くいくい飲めてしまう。

お通しは、茹でた小さな烏賊まるごとと笹かま。

何か珍しいものをと、梅水晶というのをオーダー。鮫軟骨を梅肉であえたもの。これも爽やかでうまい。

鮪の切り落としをサービスで頂く。ありがとうございますー。仕込み直後に来てみるもんだ。

マスターのお薦めで、佐渡産のもずく。これがシャキシャキしていていけてる。

ししゃもの話になって、私はカペリンしか食ってないというと、本当のししゃもがあるという。子持ちししゃもはこれから入荷するがオスならあるという。オスのほうが卵に養分をとられてないから旨いとH氏が言うので4匹焼いてもらう。これも旨い。

ししゃもが焼けたからとマスターが焼酎梅割りを足してくれる。水が良いのかほんとまろやか。この店はいい店だ~。

しまった!飲み会が始まってしまう!40分程で終了。合計4200円也。

「まじん」はお薦め。お魚好きならお一人でも和めるでしょう。日本酒は緑川と田酒があったかな。数人なら焼酎の梅割りは良い。

H氏には良い店を教えていただきました。走って本番の飲み会会場に。開始時間に到着。

高崎個室物語・竹取御殿。ここは初めて来るなあ。西口のロータリー。

1b6


おお、ここは以前良い思いをした「萬年屋」さんのビルじゃあ。元気のいい女の子が沢山働いている明るいすし屋でした。

入ると早速、おおあの時のチーフの女の子が迎えてくれました!けど、ゴメン、今日はここじゃあないんだ・・。

エレベータに乗って上の店へ。

廊下には坪庭が埋め込まれています。

1b7


お疲れ様~。4000円の飲み放題コースです。これが良いよ。生ビールから各種サワー。食べ物は品数豊富。

1b8


豆腐サラダ、ローストビーフ、焼き鳥、唐揚げマヨ、エビのフリッター、塩焼きそば、ピラフなどなど。若者グループなら大満足だぞ。デザートは抹茶モナカアイス。

個室はかなりタイトですが・・。

今回の予約は、職場の新入職員S君22歳。さすが若者センスだぜ。店員のおねいさんが若くてかわいいよ・・。

早速今時のイケメンタイプのS君にルアーになってもらう。店のおねいさんが来るとS君を差出し、この男どういう感じ?って聞くと、「いいんじゃないですか?」とのお言葉を頂く。

うーんなんか悔しい。悔しいのでここでS君の品格を貶める作戦だ。

「S君、あのおねいさんにこの山梨産巨峰サワーを山梨産巨乳サワーと言ってオーダーなさい!」

「ええーー!そんな、出来ませんよ・・、うう、や、山梨産、くっ、きょ、巨乳サワーください!」

明らかにおねいさんに軽蔑されたようだね。おねいさん、この男のことどう思う?

「普通・・・。」

くくく・・。

「じゃあ、あっちのおねいさんに、S君このモスコミュールをね、息子見ーる?と言ってオーダーなさい!」

「えええーーーっ、そんなああ、出来ませんたら、うう、む、む、息子見~る?ください!」

おねいさん、この男ってどう思う?

「別に・・・。」

くくくくー!若者よ、これも試練だ、成長しなさい!

それ以来、若いおねいさんはこの席には全く来なくなりました・・。

素晴らしい飲み会に乾杯。充実したはしご酒でした。

|

2013年6月 2日 (日)

週末。

もう歳なのか、疲れが取れません。膝の具合も良くありません。

なのでこの週末の休日は何もしなかったよ。といっても遊ばなかったという意味で。

自転車も今シーズンは無理そう。夏の登山を計画していたがだめだろうな。夏は旅行かな。

昨日はお昼頃までうだうだ・・。

午後は職場で仕事しました。気になる仕事があったので一人でやってた。

その後、渓流の様子を見に行ったが、やはり減水で釣りになりそうも無いな。いつものポイントを護岸の上から見下ろせばハヤの大群に埋もれ、ヤマメの姿は無い。

夕方は釣具屋さんに行って、海釣りの道具を仕込んでみた。そろそろ海だよな・・。

夜は一人で飲んでいました・・。

日曜日の今日は。

午前中は洗濯を三回。ベランダに干せたので良かったな。

朝食は妻がフレンチトーストを作ってくれました。苺とあわせて旨かったよ。

お昼は妻の得意なパスタ。二色のズッキーニと挽肉のトマトソース。

1c1


オリーブオイルがいい香りで美味しかったよ。

午後は妻が出掛けたので、家でネット三昧。

夕方、膝の具合を確かめに散歩へ。

川沿いの堤防を歩く。膝のお皿直下が痛くなったなあ。筋の張りも減って徐々に関節は戻っている感じだが、何かが引っ掛かっているような、そんな痛みがあります。

帰りにコンビニへ。家から徒歩十分ほどのところにコンビニがありますが、普段は車で行っちゃうんだよね・・。移動は車の群馬県民。都内に住んでいたころはコンビニまで15分ほど歩いて通っていたのに。都会の人より歩かないのが群馬県民です。

夏場はなるべくコンビニへ歩いていきます。なぜなら帰りに歩きながらビールを飲むからだ。

昨日はフランク、今日は唐揚げ棒。

1c2


天然ビアガーデンって感じで気持ちいのだ。

やっぱ黒ラベルな。

1c5


もうすぐここは田植えが始まるよ。

いい散歩だった。この時ちょっと取材してきたが、そのうち書きます。ブログに書きたいことが沢山あるんだけど、なかなか気分にならないなあ。色々調べなくちゃならないことが多すぎる。

夕食は妻が作ってくれた。嬉しいなあ。

まずはおつまみ。アサリの酒蒸し。旨いねえ。

1c3


日本酒は諏訪の地酒「豊香(ほうか)」純米生原酒。

豊香は名前は売れていないが実に旨い酒です。諏訪に行ったら蔵元で生酒を是非。

妻はこの酒でアサリの酒蒸しを作ってくれたので、バッチリ合いますよ。

ワラサの照り焼き。

1c4


小松菜とシラスのおひたし。あとキュウリとワカメの酢の物。

和食は良いね。美味しかったよ。

この週末は遊びには出掛けなかったけど癒されたなあ。

仕事もなんとかなりそう。海釣りの準備も出来てきた。

うーん、あとは出掛けるだけだな。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »