« 0次会。 | トップページ | キス投げ釣り初体験・その2・入善ブラウンラーメン編。 »

2013年6月10日 (月)

キス投げ釣り初体験・その1・挑戦編。

昨日行ってきました、久しぶりの海釣りです。初挑戦の砂浜での投げ釣りです。美味しいシロギスを狙いますが釣れるかな?

海はいいよ~。波の音、海風、潮の香り、青い空。

1a1


私は子供の頃海辺で育ちましたが、ここ海無し県の群馬に住んでからは海とは疎遠。やっぱ海を見るとときめきますね。

昨シーズンから海釣りを始めましたが、砂浜の投げ釣りは初体験です。道具も揃えて出発。

職場の同僚H氏に案内をしていただき、富山~上越方面へ、高速道路で長野経由にて出掛けます。

安中のH氏宅を早朝五時に出発。お世話になります。

まずは朝食。H氏は3食の中で朝食を一番重要視しています。なので朝から肉だってがっつリ食べるそうです。

入ったのは、すき屋。早朝から牛丼か・・。まあ、私も朝からがっつリ食べるタイプですが牛丼を朝から食べるのは初体験かも。えーいと、牛丼中盛りのおしんこセットに温たま。

1a2


くう、満足したぜ。これで今日は動けそうです。

高速に乗り、長野から上越経由、越中境PAで初休憩。ここで富山ブラックサイダーを発見。富山ブラックラーメンの関連商品?H氏が購入。

1a3

醤油・胡椒風味だそうですが・・、うん飲める、ほんのり醤油っぽく飲めなくはないが、ね。

黒部ICで降りる。8時半には富山県に来てしまった・・。

海を目指します。生地という町に入って、黒部漁港を偵察。サビキで小鯵が釣れていましたよ。

生地の海岸を移動しますが、テトラ帯。釣をしている人もいますが投げ釣じゃない?

そのまま石田浜へ。おお、ここは砂浜っぽいぞ。投げ釣りをしている人もいて、シロギスが1匹釣れていました。よしここで釣ろう!

富山県の石田浜海水浴場です。砂浜には花が咲いていて綺麗。

1a4


風が少しありますがいい感じ。しかし、富山は涼しい!群馬とは大違いの涼しさです。半袖では肌寒いです。

さあ、竿をセットします。

1a5


波打ち際は小石で、ちょいと歩きにくい。水中はなんか大き目の石がゴロゴロしていますが大丈夫でしょうか?

背後の山々には6月なのにまだ雪が。黒部から立山、北アルプスが見えます。

1a6

隣のH氏がキャスト。

1a7_2

よーし、私も投げるぞ。人生初投げ釣りです。

川や湖で鯉のリール竿ぶっこみ釣りはしましたが、遠投は初めてです。子供の頃、釣りキチ三平のキャスティング編に憧れ、無茶投げしていましたね。妙義湖ででかいオモリをつけて、

「シャークの仁!オラと勝負するだなやあ!いくぞお必殺スィング投法!でやああああ!」と全力キャストしてラインがプツ、湖の対岸まで飛んでいきましたから。当時スィング投法を練習しましたが、いまだにどんな投法だかわからない。

そんなわけで、中年釣り好きおやじは皆さん影響を受けているであろう釣りキチ三平を読んで当時憧れていた投げ釣りをとうとうやるときが来たのです!

いっけええええーーーーっ!オレの天秤オモリいいいーーーーっ!

おおお、軽く投げましたが、恐ろしいほどリールからラインが出て行きます。

記念すべき第一投は、どこへ飛んだかわかりませんが、ラインは3色を超えて4色目が出たところまで出ました。ラインは色が何色かついていまして、1色が25メートルに力糸が12メートル結んでありますので90メートルほど飛びましたよ。

1a8


リールはダイワのファインサーフ35.入門用の投げリールです。PEラインの0・8号が200メートル巻いてあります。

竿はダイワのプライムサーフ27号ー405です。私、管釣りでダイワのルビアスが気に入って以来のダイワ派です。

1a9

この竿も振り出しの投げ釣り入門竿です。23号から30号までのオモリを投げられて、27号が丁度いい感じということ?

私は初心者なので軽めの錘ではじめました。23号のカイソウ天秤を装着。初めてにしてはちゃんと飛んでよかった。

そこからサビく、という竿で仕掛けを引きながら巻いて来るという釣り方をやります。

最初はスムーズにサビけましたが、なんかゴツゴツし始める。ゴンゴンと衝撃が来ます。

ま、まさか、これってシロギスのアタリ?ええ!?第一投からシロギスが釣れたの?

巻いてみます。おお?なんか重いぞ!シロギス来たーーーーー?

あああ、もどかしい、巻いても巻いても仕掛けが上がってきません。どんだけ遠いところで釣りしてるんだよ。

あああ!上がってきたぞ!こ、これは!!

1a10

ん?

貝・・。

バイ貝が釣れてしまったよ。

記念すべき人生初投げつりの最初の釣果はバイ貝です。

がっかり。海に帰ってもらいました。しかし、北陸産バイ貝は高級で美味しいんだそうで・・。

気を取り直して釣りを続けます。コントロールを定めたり、糸の垂らしを長くしたり練習モード。

しかし,アタリがありません。

1a11


このさお先がプルンとして欲しいのに・・。

投げても3色半でいっぱいいっぱい。最初はスムーズにサビけるので砂地のようですが、アタリだと思っていた徐々にゴンゴンと来るのは石に当たっているよう。2色目からは石だらけでゴゴゴゴゴゴです。手前にシロギスはいない感じです。ここは4色以上投げないと駄目そう。

今シーズンのシロギス、上越富山方面の好期は例年はもう来ているのに今年はかなり遅れている様子。周りもまったく釣れていません。皆さん帰り始めます。

うーむ。

生命反応も無いので10時半に撤収します。

振り出し竿なんで仕舞うのも簡単です。

近くに湧水がありました。

1a14


はまなす湧水です。冷たい水で美味しい。

この辺りは黒部平野。扇状地の末端ですから湧水が多いって地理で習ったよね。

こんな海辺ですよ。そこが海なのに真水が沸いている。塩水が出ないのが不思議。

1a15


綺麗な小屋もあります。湧水は冷たくて美味しい。手と足を洗わせて頂きました。

今年は水温の上がりが遅いのかな?それで釣れていないのかと。そこでいてこの海岸にある湧水、海中でも冷たい清水が湧き出しているのではないか?それで魚がいないのかと推理してみる。夏場はいいのかなあ?ここ。

景色はよかったんだけどね。撤収です。次の釣り場を探して出発です。

今回H氏は偵察モードです。海岸沿いをポイントを探しながら走りますがなかなか砂浜が無い。

お昼前ですが、H氏が隣の入善に面白いラーメンがある、ということで行ってみることにします。

次回は、入善ブラウンラーメン編です。

|

« 0次会。 | トップページ | キス投げ釣り初体験・その2・入善ブラウンラーメン編。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事