« 魚津ビジホでキス投げ釣り・その1・ちょい投げデビューでファーストキス。 | トップページ | ビジホでキス・その3・軽く触れるだけのキス。 »

2013年6月25日 (火)

ビジホでキス投げ釣り・その2・ちょっと長めのキスが好き。

前回の続きです。富山県は魚津のビジネスホテルに前泊、早朝から人生2度目のキス投げ釣りをやっています。

経田海岸でピンギス1匹の釣果に疲れ果て、すぐ裏にある経田漁港でちょい投げをします。

タックルは振り出しシーバスロッド、クロスビート8フィート6インチMLに6号錘、2500番リールにPE1.5号と3号のフロロリーダーにちょい投げ仕掛けです。

0r1


かなり足場が高い堤防の上です。水面に近い下の段がありますが、バックスペースが無いのでこの高い場所でやります。キャストする時は堤防のヘチから離れないと股間がスーッとするような高さです。

港内は手前が浅く小魚が見えます。海草帯があってちょっと厄介。その先に深い船道があって手前のカケアガリが狙いか。

H氏が目撃したように隣の若者はキスを釣り上げています。10フィートくらいのルアーロッドでジェット天秤のちょい投げをやっています。

うーむ、やはりH氏の言うように水温の高い漁港内にキスが溜まっているのか?

手前から探っていきます。完全な砂地のようです。やはり途中の海草帯は手強いが、なんとか強行突破すれば仕掛けを回収可能。しかし天秤と仕掛けは海草まみれ。

0r2


これがホントの海草天秤・・。いや、となりの若者のようにジェット天秤なら海草帯の上を回収できそうですが、食い込みと感度を優先してこの小型L型天秤に6号錘で強行します。

開始5分、船道の奥側からサビく。カケアガリでちょっと止めてアタリを待つと・・。

ブルンブルンと大きなアタリ。ちょっと送り込んで聞いてみるとロッドの先が引き込まれる。

来たああああーーー!重い。これはキスだろう?

海草帯でぐううっと重くなるが無事強引突破し、おお、魚が見えた、キス~。このロッドだと引き味が楽しめます。

食べごろサイズのキスゲット!

0r3


釣りをしない読者様を考慮しエサの部分はグロいのでモザイクを掛けます・・。

やったぜ。待っていた。18センチです。やっとキス釣りっぽくなってきましたよ。

ちょい投げなんで遠投しても向こう岸右側の堤防くらいの距離。

0r4


手前の底が見える部分は浅い。その先の色が変わっているところが海草帯。そのちょっと先から向こう岸からこちらに伸びる堤防辺りまでが深い船道。

結構アタリがある。船道を探りながらちょっとサビいて止める。竿先にブルンと来るが、掛からない。

錘を8号にしてもう少し向こう側を探ろうかと、クーラーの竿掛けに竿を置いてゴソゴソやっていたら・・。

置き竿がグングン引かれて竿尻が持ち上がった!

これはなんだあ!巻くと結構重い。キスだ。ぐぐっと引いたりして元気なキスです。

おー、さっきより大きい。

0r5


20センチです。このサイズになると釣り味も面白い。ちょい投げロッドは釣った感じがして良いですね。

いるぞ、漁港内にキスがいました。H氏の読みが当たりましたね。

船道にキスがついています。H氏も食べごろのキスを釣っています。

その後も船道に投げて止めているとブルブルとアタリがありますが、乗らない・・。

難しいモードになってきました。隣の若者も久しぶりに釣れましたよ~と1匹釣りましたが、その後止まり、手のひら2枚サイズの大きなカニを釣って彼は納竿しました。なかなか気さくなお兄さんで、ここの前に富山でキジハタを5枚釣ったそうで羨ましい。

しかし暑くなりました。地合が過ぎたのかアタリがパッタリ無くなる。

振り向くと灯台の場所は一人だけ。

0r6


沢山あった車も数台のみ。

最初に釣った経田海岸を見てみると・・・ビックリ!

あんなにいた釣り人が一人もいません。

0r7


やっぱりここはキス釣れなかったのね・・。

H氏は釣り人に話しかけまくるので沢山の情報をゲットできました。

漁港に飛び出した堤防先で朝から釣っている地元の人は、港内で早朝キス4匹、その後全く釣れず。「去年は経田漁港でキス入れ食いで大勢の釣り人がいたが今年は全く釣れない」

灯台堤防ではアジの生き餌でヒラメ、フクラギ(イナダ)が釣れていました。

その他の情報「今年はキスが釣れない、アジも釣れない」「今日は滑川もキスが釣れなかった」「今年はもう終わった」とか悲観的な情報ばかりでしたね・・。困ったなあ。

かなり暑くなりました。ああ、やはりキスは連発しませんでした・・。

昨夜の深酒の二日酔いに熱中症が加わったのか頭痛がひどくなってしまった。

アタリもなくなったので、経田漁港は終了して別の漁港に移動することに。12時20分納竿。

0r8

食べごろサイズが2匹釣れて満足。ここまでの私の釣果はキス3匹、ベラ1匹、オコゼ1匹、ヒトデ1つ。

漁港に湧水があったので手を洗わせていただく。しかしこの地方は海ギリギリで水が沸くので驚く。

サヨナラ魚津。とても良い街だったよ。

しかし、直ぐ隣が前回釣った石田浜だったとはビックリした。前回とそんなに変わらない場所で釣っていたなんて・・。

昼食はおかずを選べる食堂に入る。私は頭痛が治らないので軽め。オムレツと御飯。

0r9


H氏はトンカツに御飯の大盛りにモツ煮うどんまで完食しました。

黒部のお米はおいしかったですよ。

さて黒部から高速に乗って次のポイントへ。砂地で水温が上がりそうな小さな漁港・・。

富山県から新潟県に戻りました。

0r10


目指すは、H氏が以前キスを釣ったという、浦本漁港です。ここは昨年釣りに行きましたが確かに砂地です。

さあ、キスは釣れるか?

次回、「浦本漁港は触れるだけの軽いキス」の巻きです。

|

« 魚津ビジホでキス投げ釣り・その1・ちょい投げデビューでファーストキス。 | トップページ | ビジホでキス・その3・軽く触れるだけのキス。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事