« 第三弾と遠征出発。 | トップページ | ビジホでキス投げ釣り・その2・ちょっと長めのキスが好き。 »

2013年6月24日 (月)

魚津ビジホでキス投げ釣り・その1・ちょい投げデビューでファーストキス。

行ってきましたよ、富山の海です。

0s1

ここ海の無い群馬から高速を走って、富山県は魚津のビジネスホテルに前泊、前回不発だったキス投げ釣り2回目の挑戦です。

先週末の土曜の午後3時、休日勤務の終わったH氏宅を出発。今回もH氏お世話になります!

燃費を考慮し、前回よりゆっくり目でH氏のフィットは巡航。メーターの燃費計はリッター19キロを表示します。それでも2時間半で新潟県と富山県境に到着。越中境PAで最初の休憩。

購入した富山塩生シュークリーム。

0s2

しょっぱかったです。

魚津ICで高速を降りて18時には今回の宿泊地に到着。この日は釣りをせずに、魚津の町を散策、我々の大好きな地元居酒屋を探って呑んだくれようという作戦。釣りは翌日の早朝からです。

さて、何故魚津に前泊することにしたのか?

釣りのポイントのためじゃないんです。H氏が「魚津に凄い安いビジホを発見したぞ。じゃらんで予約すればなんと一泊3800円!」

と、いうことで宿の安さにつられたわけで、釣りの優良ポイントが近いわけではなかった・・・。

今回宿泊したビジネスホテル、魚津スカイホテルさん。

0s3


見た目はちょっとアレだが、サンルートの姉妹ホテルのようで、部屋は普通に綺麗だし、3800円はお得だと思った。呑んで帰ってシャワー浴びて寝るだけの部屋なので十分です。

このホテルの詳細と、居酒屋めぐりをした魚津の夜の記事は釣り編の後に書きますね。

前泊したので、早朝から釣りが出来て帰りも楽だろうという計画。

前日訪れたホテルの近所にあった釣具屋さんが早朝4時半から店を開けているということで、エサは朝買おうと、H氏とはホテルロビーに朝4時半集合ということに。

しかし・・・。前夜の酒が残り二人とも起きたのは4時40分ごろ。結局5時過ぎに出発。

釣具屋さんで砂イソメを購入。情報を得るが・・。キスは不調とのこと。今シーズンは全然釣れていない様子・・。前回の時も黒部の釣具屋さんで同じことを言われたなあ。最近徐々によくなっているようですが、前日までの台風の影響で富山は大雨、川の濁りやゴミが海に入っている様子。どうなることやら。

この時間じゃ遠くには行けないね。魚津の地元でその釣具屋さんがお勧めの経田漁港方面に向かう。この港の外側には砂浜がある。

経田海岸に到着。

0s4


波は静かです。富山湾は鏡のようです。

砂浜では既に10人くらいの人が釣っていますね。おお、人気ポイントなの?期待しましょう。

灯台のある堤防でも何人か釣っています。

0s5


よし、砂浜で投げ釣りをやりましょう。早速、投げ釣りタックルをセットする。堤防横が空いていたが、なんか目の前にブイが数個浮かんでいます。定置網?100メートル以上沖ですが、今の私のキャストなら届いてしまうな(笑)。目の前が開けている方が気持ちよいだろうと、右手側に移動。

ここにしますか。

0s6


前日まで荒れたのか、ゴミが漂着していますね。

イソメをいじる前に、コンビニで買った朝食をとる。H氏が手に持っていたサンドイッチを飛んできたトビに取られるというアクシデント発生!H氏と私は並んで立っていたのでその間は1メートルちょい。トビの羽根は結構デカイのに我々にもぶつからず二人の間を音もなく飛んでいったということは羽根を畳んで降下したのか?凄いものを見てしまったよ。

さて、人生2回目の投げ釣りです。6時20分スタート。

初めて投げた前回は23号錘を使って3色半(力糸を入れて100メートルほど)を投げましたが、今回は飛距離アップを狙います。

23号の海草天秤から今回は25号のデルナー天秤にして、重さと空力をアップ!

ダイワのプライムサーフ405-27号でキャスト。

0s7


行っけええええーーーーーーっ!オレのデルナーアアアアーーーーっ!

フニャフニャフニャ~、ドボン・・。

あれ?あれれ?

4色目が出たとこ。3色しか投げられませんよ。くうう、錘を重くしたらなんか調子悪くなったよ・・。やっぱビギナーらしく23号で練習するべきだったか・・。

0s8


まあ3色からサビいてきます。けっこう砂地な感じ。2号を切るとゴツゴツしてきて、手前10メートルくらいは石だらけ。

しかし、生体反応ゼロ・・。全く当たりません。私はサビク時は真横を向くので良く見えたが、周りの人々も全く釣れていません・・。

水温が下がったのかなあ?これはイカン。ひたすらキャスト。

持って来た投げ釣り専用クーラー。パーツも取り付けて満足。

0s9


ダイワのSURF SU800X。高価でしたが、とても使いやすい。ローソンで買った板氷が丁度ピッタリ入る。考えてある~。

大切に長く使おう。やっぱ良い道具を使うと気分がウキウキするね。さあ、後はこれに魚を入れるだけよ!釣るぜえええっ!

・・・。

うう・・。

・・・・釣れない。アタリもない・・。

重たいロッドを2時間振って、アタリも無いと虚しい・・。いったい私は海に向かって何をやっているの?という気分に。

気分転換にタックルを変えてみよう。どうせ遠投セットなのに飛ばないし、ちょい投げセットをデビューさせよう。

車に戻り道具交換。8時からはちょい投げで気分一新。

0s10


ダイワのクロスビート864TMLFS。振り出しのシーバスロッド、8フィート6インチのミディアムライト。リールはダイワのレブロスMX2500番。これでちょい投げをやります。

PE1・5号にフロロ3号のリーダー。小型の天秤に6号のナス型錘をつけてキャスト。

お、結構飛びますよ。これのほうが軽快だなあ・・。普段やっている管釣りルアーに近い感覚です。軽いのは楽だし、ちょっと投げ釣り道具に大振りな感じを抱いていたので、この軽さは気持ちも楽になる。

かなり敏感です。ゴツゴツ石が多くなったあたりで、ゴゴッとアタリが!巻いてみると重いぜ。

きたあああーーーー!

これは?

0s11


ベラでした・・。

料理すれば結構美味しいらしい。けどキス狙いだからリリース。

ちょい投げロッド入魂・・。遠投ロッドもメゴチで入魂しましたが、キスがまだ釣れていない。

H氏もベラを釣ってお互いボウズは免れました。

キ、キスをください・・。

その後、オコゼの幼魚を釣る。メゴチバサミで摑んで棘に気をつけて針を外してリリース。

ちょい投げタックルにもこのクーラーは合うね!

0s12


やっぱり投げ釣り専用だもんね。専用・・・、少佐になった気分さ。

くうう、かっこいい、良い道具は良い。これは良いものだ!

「この砂浜でそんな高いクーラー持っている奴はいないよ」とH氏は言う。

え?そうなの?これって投げ釣り師なら普通じゃないの?あれ?よく見ると周りの遠投している人も青いホームセンターっぽいクーラーだし、地元の人は発泡スチロールの箱・・。

皆シンプルな道具でやっているよ。あああ!そうだよなあ、こんな凄いクーラー使ってもベラしか釣れないなんて!まだ1匹も魚入っていないし!ああ、このまま魚は一生このクーラーに入らないんだきっと。こんな凄いクーラー使えるのは本物のキス投げ釣り師だけだよなあ?こんな初心者で3色しか投げられないベラ師が使えるクーラーじゃないんだ!くうう、失敗したあ!気負ってやり過ぎたああ!こんな高いクーラー買わなけりゃ良かったんだ。ああそうさ、オレには無理だ、こんな凄いクーラーなんて必要ないんだ、捨てよう、海に投げちゃおう、恥ずかしい、投げ専用クーラーだなんて投げられないキス釣れないそんなオレには無理だったんだ、あは、あはははははーっ、ああ見られたら恥ずかしい、顔から火が出るほど恥ずかしい、キスなんて無理だったんだ、こんなの持っていてもキスも入れることも出来ないなんて恥ずかしすぎる、もう穴があったら挿入したい。

そんなことをブツブツつぶやきながら、3投ほどして1色目まで引いてきたら、プルン。

あれ?なんか掛かったよ。

キスが釣れたあっ!

小さめですが投げ釣りでファーストキスです!

0s13


12センチくらいだけど、無理矢理天ぷらできるかな?

無事に海水氷を作ったクーラーにチャポン。

はーははは!やっぱキス釣りには投げ専用クーラー、イイですよね!

いやー投げ釣りで夢にまで見たファーストキスですよ。ちょい投げですが、何か?

けどさ、キス自体は船で結構釣ったことがあるんだよね。

まあ、あれはプロのキスみたいなもので、今回が純なファーストキスさ。

ふう、すっかり満足。

しかしその後が続かない。

H氏は裏手にある漁港はどうだろうと言う。この低活性が水温が低いことが理由なら、水温が比較的高い漁港内にキスが入ってきているんじゃないだろうか?ということらしい。

H氏は道具を持って経田漁港に移動しました。私はまだキスが釣れるんじゃないじゃろかと海岸で続行。

そこにH氏が戻って来て「大変だ、隣の若者が良型のキスを漁港のちょい投げで釣っているよ。しかも連発だ」

何いーっ!若者が連発でキスしているってえ!

悔しい、おじさんは連発していないのに連続キスしている若者にジェラシーい!

どうしよう?やっぱ投げ釣りはサーフだよな?けどちょい投げは漁港が似合うよな?うーん。

そこでヒトデが釣れてショボン。

0s14


嫌な感じになったので、漁港に移動することにしました。

経田漁港。

0s15


さっきの砂浜のすぐ裏です。

手前は浅くて底まで見えていますね・・・。釣れるのかなあ?

おお、その若者はまた釣っている!キスです。ジェット天秤でちょい投げスタイルです。

かなり高い堤防の上からですが、釣れるのか?

次回は、経田漁港編です。

|

« 第三弾と遠征出発。 | トップページ | ビジホでキス投げ釣り・その2・ちょっと長めのキスが好き。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事