« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

旅の小田原・その4・思い出めぐり&おたのしみ弁当。

さて、小田原の旅も後半です。

栢山にて、自分の生家を確認し、小田原駅方面へと戻りました。次は通学していた小学校を中心に、友人の家なんかを探そうと思います。

なので、小田原のひとつ前の駅、足柄駅で下車。

T1


ここから徒歩で小田原駅方面って結構距離あるよね・・。炎天下、歩きますよ。

まずは、小学1年~5年まで通っていた芦子小学校です。まだ校歌唄えるよ。

T2


私が入学する前に火事で焼けちゃって、奥側の鉄筋の校舎ができた。手前の校舎は私が在学中は木造だったよ・・。

校庭を見たり(今は学校の中に入ると不審者だから入れないよ)。

この近所には友人の家が多い。仲の良かったY君の家も昔のとおりにあった。表札がY君自身になっていた。

おっと、K君が住んでいた家もまだ在った。ここは前回小田原旅で書いた洋便VS和便編の舞台となった家です。当時は豪邸だと思ったが今見ると普通の家だね・・。

ハアハア、暑い。もう歩けん。しかし、休もうにもちょこっと入れるような店が無いなあ。ファーストフードが。

デニーズでカレーを食ったが、混雑して長居も出来ず。近くのスーパーの一階にマックを発見。やっと休めました・・。

T3


ふう。少し汗が引きました。

なので出発。今度は、子供の頃の私がちょっと冒険的に散歩していた、城山地区を散策です。ここには、小学生の私が恋をした二人の女の子の家があるはず・・。

この道に架かる橋、確か山手橋。ここが私にとっての結界でした。

T4


この橋から先に行くには冒険だったのですよ。

私の初恋の人Sさん。仲が良かったTさんとUさんとの3人グループと親しくしていたのだ。Sさん宅のおひなさまパーティーにお呼ばれしたなあ。

当時は、ホワイトデーというのが出来た頃だった。バレンタインには既にピーナッツ入りの不二家ハートチョコを頂いていたのだ。そう、既に義理チョコがクラスでは飛び交っていたのだ。

なので雛祭りにはホワイトデーのお返しが必要でした。当時はキャンディーで返すという決まりだった。

姉のアイデアで、パイナップルキャンデーという穴の開いた黄色いキャンディーをセロテープで接続してリング状にし、ネックレスとして首に掛けてあげた。これはキザだったな。SさんTさんUさんの3人の首に掛けてあげて、とても喜んでもらったよ!一緒に呼ばれた学級委員長のY君は森永ミルクキャラメルをプレゼントしていたので、勝った、と思ったね(笑)。そっちの方が美味しいのだけどね。こういうことは当時から得意だったんだな・・。

Sさんの家に行ったのに、場所の記憶がなくなっていた。地図を眺めて、あ、ここだったかもしれない、と思った場所に行きました。

山手橋の下にある住宅地。T5_3


道が碁盤の目のようになっていたから、このエリアしか考えられない。行き止まりになっている木が茂っていた道。ちょっと広場になっていた左側。

けど、もう全く変わっていて木も生えていない。これはわかりませんでした。残念。

山手橋を再び渡って、城山の奥へ。ここには、秘密の小道があった。

丘の途中に、斜面を横切るような小道が続いていた。眼下には小田原の町が一望できて、ミカン畑のような中の細い道。殆んど人が通らなくて、ここは自分だけの秘密の道だと思っていた。シュロの木が何本かあって、当時は椰子の木だと思い、ここは日本じゃないみたいだ、って思っていた。場所は記憶の中では謎になっていたが・・。

ヤフーの航空写真でこの辺りじゃなかったか?とアタリをつけていた場所へ歩く。

あ、こんな感じだったな。

T6


そう、住宅地にここだけ家が無くって、木が生い茂っていたのだ。

ああ、これだ!シュロの木がある!

T7


ここだよ。今は道は無いようだが、こんなところだったよ。懐かしい。

このシュロの木は当時のか、その子供なのだろうか。この辺りが小学生の頃に冒険した秘密の場所だったのだ。

また一つ謎が解明されました。

Sさんの次に好きになったTさんの自宅を探そう。そこは、25歳くらいの時小田原に出張帰りによった際には在った。確かに小学生の時に行ったことのあるTさんの家はあった。

けど、前回の小田原旅でも、Tさんの家の場所はわからなかった。今回も何度も歩いたが、記憶の場所にTさんの家が無い。そこには大きなマンションが建っているのだ・・。

変わってしまうんだね、懐かしい場所は。

さて、もう歩き回って汗びっしょり。ポロシャツの色が汗で変わってしまったよ。軽く熱中症っぽくなってしまった。

駅ビルの本屋で涼んでいた。駅前のおみやげ物屋さんでアジの干物とまるうの蒲鉾を買って、実家に発送してもらいました。

そうしたら、雷雨に・・。携帯でチェックしたら、もうしばらく雨止まないようだ。

T8


なので、駅ビルの店で515円の折りたたみ傘を購入。

ちょっと予定より早いけど、ホテルにチェックインすることにしました。この雨では歩けないし、もう疲れているし・・。

2日目の宿は、ホテルクニミ小田原さんです。

T9


このホテルはちょっと料金も高めで綺麗なホテル。

部屋もなかなか綺麗。

T10


窓の外は雨。かなりの土砂降りでした。

T11


お風呂に入って、雨が止んだので、歩いて先日も行った緑町のカフェ・テンさんで夕食。この模様は前の記事に書きました。

また夜の小田原を散策してホテルに戻って就寝。

翌日、最終日はもう思い出の道を再び歩くことに。

9歳までの遊び場の三角公園。

T12


あの頃より半分ほどの小ささになっている。学校帰りはこの先端から入って、手前側の家に帰った。夕方はここに佇んで、明神が岳に沈む夕陽を眺めた。なんか一人でここにいたなあ。

ずうっとここで暮らせると思っていた。小田原から出るなんて考えもしなかった子供の頃。あのままここに住んでいたらなあ。この近くにスポーツ自転車の店が出来ていた。あのまま住んでいたらきっと自転車を買っていただろう。カフェ・テンにも入り浸っていただろう。

時代は変わったな。あの震災で、ここも津波対策が。

T13


海から遠い気もするが、あの震災のような津波が来ればここも襲われるのだろう。そういえば台風の後の夜には波の音が聞こえた気がするから、海は案外近いのかもしれない。

さあ、もう帰ろう。

駅前の登山デパート跡も、次回に来る時にはもう無いかもしれないな。

T14


帰りも高崎まで直通の湘南ライナー。やっぱりグリーン車に乗ります。

T15

また1階ね。こっちの方が静かな感じだから。T16_2

グリーン券は、休日なので行きよりも200円安くなりました。

T17

職場へのお土産はおせんべい。

T18

駅の構内のみやげ物店で買ったのだけど、かまぼこせんべいはとても美味しかった!これはお薦めです。安くて旨い。職場でも好評でしたよ。

フィナーレは、駅弁ですね。これ、懐かしいんだよ。子供の頃、家族と群馬に帰省する時には電車に乗ったんだけど、この駅弁を食べた。

小田原の隠れた(?)名物、おたのしみ弁当です。

T19


中身的には、普通の幕の内って感じですが・・・。

T20


この右上の部分に入っている「筍鶏そぼろ」。これが実に旨い。子供の頃も好きだった。独特の味で、おかずはこれだけでもいいくらい。是非食べて欲しい。

なんか醤油を掛けたフライとか、シュウマイのカラシとか、ほんのり容器の木の香りのする御飯とか、最後御飯が容器にくっついているところとか、駅弁ってほんと懐かしい旨さがあるよなあ。これでポリ容器に入ってふたに注いで飲むピンクの紐の付いたお茶が売っていれば完璧なんだがな。

こうやって普通列車で駅弁を食べられるのもグリーン車ならではの旅。

3時間ちょいで高崎に到着しました。良い旅であった。今回泊まった2箇所のビジネスホテルのレビューはまた後日。

年末までにまた小田原に行きたいなあ。春夏秋冬の小田原を歩きたいのです。

|

2013年8月26日 (月)

旅の小田原・その3・幻の生家を発見。

さて、前回までの続き、少年時代を過ごした小田原を旅しております。

滞在二日めの朝、ホテルグリーンをチェックアウトして、駅へ向かいます。途中、小4~小5年生の時に住んでいた家をまた見てから行きます。

U1


やっぱ誰か住んでらっしゃる・・。ずうっと住んでいてね。その限りこの家は在り続けるのだから。

小田原駅に到着。バックをコインロッカーに入れて身軽になる。

今回乗るのは小田急線。この駅舎はカッコイイね。

U2


本日の目的地は、小田急線の栢山駅です。小田原駅から各駅停車で4つ目かな?

何故栢山に行くかというと、そこには私の生家とも呼べる、0~3歳の時に住んだ家があるのです。そこには引っ越してから初めての訪問です。まあ、当時の家は残っていないと思うけどと・・・。

ホームにいた急行新宿行きに乗ると、栢山には停まらず次は新松田だそうで。

慌てて降りて、各駅停車の新松田行きに乗りました。

U3


この列車、白地に青のライン懐かしいね。小学校への登下校で小田急線の線路沿いを歩いたからよく見たよ。けど、都内に住んだ時は京王線沿線にばかり住んでいたので、小田急に乗るのは久しぶりです。

無事到着。栢山駅。

U4

駅に関する当時の記憶は、駅を出て踏み切りを渡って左手に歩くこと。

姉は6歳まで過ごしたので当時の記憶が豊富。姉の記憶だとその先、川を右手に見ながら北へと歩く。

栢山の家とは、ずっと謎の存在でした。私の3歳までの記憶では曖昧。引越しをする時に私が泣いて、紙袋に入った花火を誰かからもらって泣き止んで、トラックの高い席に乗せられたのが最大の記憶か。

家の姿形も記憶に無く、アルバムの写真だけが手掛かりです。姉も一度行ってみたが、記憶を辿ってもその家に行き着くことは出来なかったそうです。

その家は、私が両親によって製造された現場であるのです(笑)。産まれたのは群馬の産婦人科医院でしたが、栢山が生家と言ってもいいと思う。是非行ってみたいのです。

父が亡くなる半年前だったか、この栢山の家について聞いたことがある。父はヤフーの地図の航空写真から、この家だよと指差しました。駅から川沿いに北に行き、西に路地を入り南に曲がる場所。田んぼの中にパラパラっと集落がある場所でした。けど、その後父が亡くなり、私も場所を忘れてしまい、この辺かなあ?と思うばかり。母はボケてて全く思い出せないし・・。

しかーし、今回の小田原旅で栢山行きを思い立ち、実家でアルバムの写真を分析していたら。姉がアルバムに栢山の家の住所が書かれているのを発見したのです!

幻の生家が一気に現実の場所になりました。地図で確認するとその番地は存在し家も建っています。その家が当時の家かはわからないけど、これは行くしかない!

川沿いを歩く。

U5


姉の記憶だと、当時は護岸工事もしていなくて、水がとても綺麗だったとか。当時歩いただろう川の左側は歩道が無くてとても危険なので右側の歩道を歩く。

水は比較的綺麗。小魚も沢山います。大きな野鯉が群れていました。

U6


寄ってきたので誰かが餌付けをしているのでしょう。野生を無くした奴らです。

父は小田急線で小田原駅まで通勤していたので、仕事のある日はいつもこの道を歩いていたのだなあと思いながら行く。

結構栢山駅から遠い。母は赤ん坊の私を背負って、こんな長い距離を駅まで歩いたのだろうか。

目的の路地へと西へ曲がる。ここで位置を確認。アルバムにこんな写真がある。

3歳頃の私が、おそらく近所の友達(記憶に無くてごめんなさい)と一緒に三輪車に乗っているところ。

左が私ね。たぶん3歳ごろ。

U7


くう、私の三輪車は無茶くちゃ錆びていてボロい(笑)。親は拾ってきたのか?

今回路地を入って北側の風景。山の稜線が一致するか?

U8


アップすると・・。記憶に無い彼アップにしてごめんね。

U9


うん、山の稜線が同じです。上の画像の赤い家の辺りに彼がいる感じ。

確かにこの辺りに私はいたのだ。

さらにもう一枚の写真。

1歳と1ヶ月の私。かわいい!

U10


超きゅーと!しかも神童らしい雰囲気もありますね!

赤ちゃんの私に見とれている場合じゃありません。この背景の家の屋根も特徴があり手掛かりになる。

U11


家の近所で撮られた1枚です。

辺りを探すと・・。ありました、この屋根。

U12


近い!この近くでしょう。持参した地図に照合。アルバムに書いてあった住所はこの反対側の路地の先。

その住所に生家は在りました。

明らかに周りの家と異質、年代が違います。この古さは本物です。写真からのイメージと一致、見た瞬間にこの家だと確信しました。いや、この玄関周り、記憶の底にあるイメージ。

この家を引っ越した後に見た幼い頃の夢の記憶だと思うのですが、この玄関の前に父が長い柄の付いた柄杓を持って立ち、父が見る方向には巨大な渦が空にあり、あれが台風の目だと父が教えてくれる、という夢。その夢に出てきた家のイメージです。

U13


住んでいる方がいるようなので、遠景で。オールトタン張りの家・・。おそらく戦後間もない頃に建てられた家の雰囲気です。

現存していました。発見しましたよ、幻の生家を!

さらに確証を得るために、さりげなく横を通り過ぎながら撮影。住んでいる人に気付かれないよう、近所の人に怪しまれないように。

ありました。アルバムの写真で唯一家の外観がわかる写真を憶えていきましたので、その風景と頭の中で並べてみた。間違いない、この家です。

私がやはり1歳の頃の写真。この家の庭で撮影されています(他に家の窓に座っている写真もあり窓の形状が同じ)。

U14

そしてこれがその家の庭を道から撮影した部分。U15_2


窓のデザイン、桟、トタンの幅が一致。

U16


そして土台に空いている穴が、現在は庭の土に下の部分まで埋まっていますが、一致します。窓は作り替えているようですが、イメージは同じです。

同じ住所に写真と同じ意匠の家が建っている。これが私の生家です。

まさか当時のまま現存しているなんて。私は感動してしまいましたよ。

これも、住んでいる方のおかげ。この家も住み続けていただければ、存在してくれるのです。どうもありがとう。

熱いものがこみ上げてきましたよ。さらに記憶にあるものは無いかと周囲を散策。

あの頃の記憶は、レンゲ畑で姉とレンゲを摘んだこと。畑から湧き水がボコボコ沸いていた事です。

周囲には水路がとても多い。

U17


水がとても綺麗です。やはり湧水があるのでしょう。小魚が泳いでいます。

なんかこの風景、引っ掛かる。おそらく母が私を散歩に連れてくるには最適なコース。必ず来たはずです。

この古い小屋が引っ掛かる。U18_2


記憶には無いのですが、たまに見る夢に出てくる小屋。橋を渡らないといけない小屋で、その橋はその小屋のためだけにある。そんな小屋を夢でたまに見る。この小屋だったのかもしれない。

集落をグルグルグルグル歩いてしまったよ。やはり住んでいた場所なんでしょう。すぐに馴染んだ感じです。

ああ来てよかった。

急に暑くなって、ハアハアいいながら駅に到着。

確かこのATMのある辺りに当時は売店があった気がするのです。そこでビニールの小さな水筒の形をした容器に入ったコンペイトウを買ってもらった記憶が。嬉しくて首からしばらく掛けていました。

U19


あとこれもその売店だったと思うけど。当時メロディーチョコってのがあって、凄くほしかった。母が珍しく買ってくれそうになって、私は青い箱のが欲しかったのに、売店のおばさんが青いのは大人向き、子供は赤い箱をどうぞと言われ、無理やり赤い箱のメロディーチョコを食べることになったこと。青い箱が良かったのになんで・・。と嬉しかったが悲しかった。あとで調べたら青がセミスィートで赤がミルク味だった。青はちょっとビターな味だったので、売店のおばさんが言ったことはある意味正しかったのだ。

そんなことを思い出してしまったよ。買ってもらえたものは結構憶えているんですよ。

さて、小田原に戻りましょう。

次回は、初恋のあの子の家を探す、です。

|

2013年8月25日 (日)

旅の小田原・その2・CefeTen(カフェ・テン)に通いたい。

幼い頃に暮らしていた小田原への2年ぶりの旅、前回の続きです。

今回の小田原旅で一番面白かったのは、緑町駅前にあるCafe Ten(カフェ・テン)というお店に行ったことです。

V1


この日泊まったビジネスホテル・ホテルグリーンのお隣にあります。

実は、以前小田原に旅をした時にチェックはしてありました。自分が11歳まで暮らしていた家から150メートルほどの距離。

子供の頃遊んだ界隈で酒を飲めば、自分が大人になったことを実感できるだろうと(笑)、良い雰囲気だったし来てみたかったお店。

ホテルにチェクインして、8時頃出掛けてみました。

木曜日の夜、他のお客はカップル一組。私はカウンターに座ります。

JAZZが流れる店内は、バーボンのボトルが並んで、なかなかシャレオツな感じですよ。

V2

カウンターの中で「あんこさん」という笑顔が素敵な女性が出迎えてくれます。

群馬から来ましたというと、おめでとうございます、と祝福していただきました。そう、この日甲子園で群馬代表の前橋育英高校が優勝したのです。いや~嬉しい。

まずは生ビールをジョッキで。一番絞りとスーパードライが選べますよ。くうう、冷えた一番絞りの生は旨い!まずはおつまみに、ほうれん草・しめじ・ベーコンのソテーを。

続いて、黒板にあったメニューかな?豚肉の唐揚げのサラダ(だっけ?)。

写真撮っても良いですかと聞いたらオッケーを頂きました。

V3


これがまた、旨い。ビールに合う合う。生ビールジョッキをおかわり!

JAZZとバーボンのボトルが似合う渋い雰囲気の店内。

V4


こういう隠れ家的なお店は、知る人ぞ知る店みたいな感じで、ブログに書いたらまずいかな?と思って、ブログにお店のこと書いてもいいですか?と聞いたら快くオッケー頂きました。

あんこさんには気さくに話しかけて頂き、今回の旅の目的や、昔の小田原のことをお話ししました。すると昔あって今は無くなった場所やら、小田原の現在のこととかお話を楽しく伺うことが出来ました。

良くそんな昔の子供の頃の小田原を憶えていますね?ッて聞かれましたが、その頃の私は神童だったから、と答えておきましたよ。

続いてジントニック。

V5


爽やかで旨い。

V6


JAZZのCDが沢山並んでいます。

JAZZギターも弾けるようになりたいから、JAZZはこれから勉強します・・。

テーブル席も結構埋まってきました。そのうちカウンターには仕事帰りの常連さんが来ます。

あんこさんが常連さんに私を紹介してくれるのでお話が出来ました。まずは高校野球の話で。いいタイミングで前橋育英高校が優勝してくれた。常連の皆さんも高校野球に詳しくて。

昔の小田原あるある話もおもしろかった。やはり小学校の遠足は総世寺だったとか。小学生にとってソーセージっていうお寺の名前はやはりインパクトは大だ。

続いてジン・リッキー。

V7


生のライムがよい香り。

そのうち群馬出身という常連さんがいらした。群馬から旅人が来ているとあんこさんが呼んでくれたのだ。伊勢崎の出身で奥様が沖縄出身だそうで。群馬の暑さ寒さについて語り合ったよ・・。

ちょっと御飯的なおつまみが欲しくなり、黒板メニューの細切り牛肉とピーマンの角ピザ(だっけな?)Sサイズを。

V8

厨房のマスターは渋い寡黙な雰囲気の方だが、料理はとてもおいしい。

結局カウンターで常連4名さんに囲まれて、小田原話を伺って盛り上げていただきました。昔と今の小田原の様子はとても興味深かった。

旅先の良い思い出になりました。フォアローゼズをロックで追加し、最後に白ワインをグラスで飲んで、11時頃お店をあとにしました。

常連の皆様、お世話になりました。楽しいひとときをありがとうございました。またご縁がありましたらよろしくお願いします。

翌日も、夕方出かけてみました。やはり旅先って入る店はどこも初めてで、馴染みの店ってあると良いですよね。

今回は夕食モードでがっつり食べようと6時に入店。

V9


テーブル席にカップルのみで、またカウンターに一人。

今回はカウンターの奥のほうに座ります。

V10

流石は金曜の夜、お客さんは増えていきます。

食事モードで、牛肉のじゅうじゅう焼きをオーダー。V11_2


これはボリュームがあって旨い。

御飯も注文。

V12


これ、どんぶりだ。大盛りもおかわりもできます。がっつリ食べてしまって満足。

そのうちテーブル席は満席。そしてカウンターも満席に。かなり流行っている店じゃないですか。

私は流れているJAZZに没頭。

ジンライム。

V13


JAZZに似合うバーボン行ってみよう。

自分の中では懐かしいオールド・グラン・ダッド。

V14


いい感じのJAZZギターが流れていたな。

かなり混雑して忙しそう、長居は無作法、バーボンを飲みきりお勘定。JAZZを一人で聴いていてもいい感じのお店です。

小田原の「カフェ・テン」。

V15


大雄山線の小田原から一つ目の駅・緑町駅の目の前です。市街地から少し離れていますが、地元の人ならわかる。

お店のHPはこちら。

料理の量はボリューミーなのでグループにお薦め。本格的なお酒の種類も多くて雰囲気も渋いのでカップルも楽しめると思う。もちろん、JAZZやバーボンが好きな人、一人で渋く飲みたい人にもいい感じでしょう。

店内は広くないので、平日の夕方の早い時間や夜中が穴場か。

うちの近所にもこういうお店が欲しいよ・・。

小田原に馴染める店が出来てよかった。旅先でも「王将」に行ってしまう私ですから。

これからも小田原に何度も行くと思うので、カフェ・テンに通いますよ。また行きます~。

さて、次回は小田原の旅第3話「幻の生家を発見」の巻きです。

|

2013年8月24日 (土)

旅の小田原・その1・出発編。

この夏最後の休暇、小田原へ一人旅に行ってきました。今回は2泊3日です。

W1


小田原は、私が幼少の頃暮らした場所で、故郷と呼べる街です。生まれてから11歳までを過ごした、あの幼い頃の記憶を蘇らせ、懐かしい場所を尋ねる旅です。

東京で暮らしていた頃は何度か訪れましたが、ざっと歩く程度。本格的に小田原を旅するようになったのは3年前に父が亡くなってから。2011年の9月以来2度目の本格的な小田原訪問です。

自宅の高崎からは、意外なことに小田原までの直通の快速電車があります。乗り換え無しで楽なのですが、3時間ちょいの乗車なので、グリーン車に乗りますよ。

W2


2階建て。

特別快速湘南ライナー小田原行きです。

W3

この電車については、以前詳しくこのブログに書きましたので、こちらをご覧ください。

2階に行きたいところですが、静かに過ごしたいので比較的空いている1階に行きます。

W4


ガラガラだよ。始発だし、皆さん2階に行きますからね・・。

静かでいいよ。後半夕方の通勤ラッシュにもぶつかるので、1階のほうが混まないだろう。

座席周りも頭上を含めて2階より気持ち広く感じます。

眺めは2階より悪いとは思いますが、このように窓の外はホームと同じ高さ。ぶつかりそうな怖さがありますが、ぶつからないだろう・・。詳しくは書きませんが、男性には新鮮な視点の喜びがあるかもしれないし(笑)。

W5


ただ、ホームに落ちているものが気になる人は嫌かもね。土曜の朝なんか、思わずもらっちゃう様なものが落ちているかも(笑)。いや、やはり日本の国です、ホームは綺麗でした。

高崎駅の券売機では、小田原までの乗車券が買えます。グリーン券も券売機で買えば車内で買うよりお安くなるとのことで購入。

普通電車のグリーン車はそれ程高くないので、長時間乗るなら快適でいいと思う。

W6


休日だと、グリーン券はさらに200円安くなりますよ。

ちょっと冷房が効いているので長袖を持って来ればよかったな。

久しぶりに小説を読んでいます。高崎が舞台のお話。

W7


18時過ぎに到着。

W8


本当はもっと早く来たかったが、高校野球の決勝をTVで観終わってから出発したのでこんな時間に。地元群馬の前橋育英高校が見事に優勝して、気持ちよく出掛けました。

私にとって小田原駅前の象徴であり、両親と買い物に出掛けた思いで一杯の、旧登山デパート。

W9


もう営業は終了して、取り壊されるそうです・・。これが見納めかもしれません。懐かしい小田原の風景がまた一つ無くなるのです。

前回の旅のテーマは、父親との思い出の場所を辿る事でした。

今回は、もうちょっとディープに・・。

1)以前住んでいた家の側の宿に泊まって、当時の空気感に触れる。音とかね。

2)以前住んでいた家の側の店に入り酒を飲んで大人になったことを実感する(笑)。さらにその店を小田原に来た時に通える店にしたい。

3)0歳~3歳まで住んでいた栢山の家を発見する。自分の生家、製造現場を探すのだ。

4)小学生時代の初恋のSさん、次に片思いしたTさんの自宅を発見する(笑)。さらに友人の家も探してみよう。

こんな感じのテーマでやってみます。

ホテルには7時過ぎにチェックインすると電話してあったので、宿に入る前に周辺を散策。

住んでいた家は、宿からは150メートルほどの場所。

W10


小学4~5年生の2年間暮らした家。もう相当年季が入っている。2年前に来た時は誰も住んでいる感じが無かったので、もう取り壊されるかも、と思っていたが、自分が住んでいた場所に暮らしている人がいた!

住んでいる人がいれば、もうしばらくはこの家は存在できるだろう。住んでくれてありがとう。

そのまま小田急線の線路沿いに、4歳~9歳の頃に住んでいた家の方に歩く。この家は既に無いのだ。

以前に行った時の記事、子供の頃に住んでいた家編はこちら。

通っていたそろばん塾があった寺町公民館。この時間にいつも習っていたので、雰囲気を思い出した。

W11_2

さて、一回りしたので、宿に7時チェックイン。

W12


以前来た時に、お?住んでいた家の側にビジネスホテルがあるじゃん、と思ってチェックしていた宿、ホテルグリーン小田原。今回泊まった2つのビジホはまた後日書きます。

さて、夕食と飲みに出掛けよう。宿の隣に良い店があったのです。

次回は、「カフェ・テン」さんで飲む、です。

|

2013年8月22日 (木)

夏が終わる。

最後の夏休みがもらえました。今日から4連休。

当初の予定通りだが、夏休みは結局1日取りきれなかったな。今年の状況では仕方が無い。

朝、ゴミ出しに外に出たら、少し空気が涼しく感じました。あんなにうるさかったセミも静かになってきた。

色々あった夏だったが、もう終わるのか。休暇はよく体が休めたよ。

そして、高校野球!地元群馬代表・前橋育英の優勝!

この夏を盛り上げてくれたのが高校野球でしたね。前橋育英の夏初出場での快進撃。頑張った。高校野球を見ている限りは夏気分でいられるし。地元高校が決勝まで進んでくれて嬉しかったよ。あんなに強いチームだったか。凄いよ。

見事な優勝だったよ!高橋投手も良く投げた。最後も見事に三振を取った。前橋育英のキビキビした守備は気持ちいい。爽やかな野球だったなあ。ああ、良かった。

さて、感動を胸に、最後の夏休みは旅に出ます。一人で小田原に行ってきます。生まれてから11歳までを暮らした故郷とも呼べる街です。

今まで謎だった、3歳まで暮らした郊外の家の住所が最近判明したので見て来ます。楽しみ。

いい夏だったな。

夏の終わりはちょっと淋しいけどね。

さあ、甲子園を観終わってからの出発。小田原到着は夜だけど、土地勘があるから大丈夫。帰りは土曜日。

いってきます~。

|

2013年8月18日 (日)

ポケロケ復活。

夏休み最終日。なーんかしなきゃな・・。今後の生活に繋がるようなこと。

おお、そうじゃ、ひざの故障でやらなかった自転車を復活させよう。そろそろひざも回復しているはず・・。人間ドックで自転車乗りましょうと言われたしなあ。

一番乗り出しやすそうな所有のバイクは、やっぱこれじゃ。

20インチの小径ロードバイク。バイクフライデーのポケットロケット。

X1


見た目は小さいが、700Cのロードバイクに匹敵する走りのポケロケだ。乗っているときは下で回っている車輪を見なければ普通のロードバイクに乗ってるのと変わらない感覚だ。まったりしたスピード域なら、漕ぎ出しも加速も700Cよりも鋭いくらいだ。今の私には最適だろう。

涼しい部屋で高校野球を観ながら、埃をかぶったポケロケを整備しました。前橋育英勝った!横浜に勝つとは。おめでとう。

綺麗に拭いて、ワックスかけて、クリーナーで油を落として注油。

ツーリング用途だったポケロケには大きなフロントバックが装着されていましたが、今回アタッチメントごと外しました。しばらくはリハビリトレーニング用ですから。

X2


平日帰宅後の夜間に走ることも想定して、大光量のLEDライトがこの位置。ベルも装着。

バックが無いとハンドル周りもすっきりしましたが、また賑やかになったね・・。

シートポストに後ろ用の赤色LEDライトを新規で装着。随分前に買ったライトだけど、夏休みの自転車道具整理で発見したのだ。

X3


フロントバックの中を確認したら鍵も発見した。オレンジ色が派手な、なかなか手頃な長さのチェーンロック、これは使えそう。

久しぶりに自転車道具箱を整理したら色々なものを発見。買ってたんだ、こんなものっての。10SデュラエースCS-7900スプロケット12-27Tの箱入り新品が出てきた時は驚いた。ロー側4枚がチタンだぜ、何をするつもりだったんだ以前の私は。

この仕様でしばらく乗ってみよう。涼しくなった夕方5時半に出発。近所のお散歩。

ペダルはSPDなんで、シマノの年季の入ったビンディングシューズを履く。

X4


ひざの調子がわからない状況でシューズを固定するのはちょっと怖いけど、やってみるしかない。

その後の膝ですが、しばらく調子良かったのに、ここ3週間くらいポクポク外れる。けど以前のようにボグクッって外れる感じじゃなくてポクて感じですぐ戻る。

膝の筋肉が支えてくれるようになった感じだけど、関節は治ってないみたいね。

膝周りの筋肉を強くすればなんとかなるんじゃないかな?そのためにも自転車は有効でしょう。

恐る恐る走り出してみるが、快調です!膝は良く回る。亜脱臼をやった後にパシフィックに乗った時は膝がグルグルぶれる感じで気持ち悪かったけど、今回はちゃんと回っています。頑張れ膝関節。

高崎郊外まで散歩。

X5


田んぼの中のいつもの道。稲が伸びたね。

最初は20キロキープと思ったが、いいや散歩で。無理のない範囲で徐々に走っていこう。

ま~ッたりと走る。このくらいの速度で景色を見ながら走る。非常に快適。

X6


まあ、このペースでも1時間も走れば、人間ドックで出された運動のノルマも楽々クリアだぜ。

戻って、いつもの公園で撮影。

X7


結構磨いたのでピカピカ。

X8


クランクのチェンリングアウターは56Tとでかいので目立つな。割と光り物の多い自転車であった。

日が暮れる前に帰宅。

X9


取り回しも良いし、良く走るし、これはいい自転車だ。クロモリだけど、振動は結構来るんだな。空気圧が高めだった所為もあるけど。

1時間ほど乗ったけど、楽しかった。あのスピードなら楽だし、のんびりと続けてみよう。

膝は大丈夫そうだけど、なんか故障した左足が妙にがに股になっていて驚いた。膝の角度が変わってしまったか・・。真っ直ぐに直しながら漕いでみました。

休日の夕方に家にいたら乗るようにしよう。平日の夜は、仕事で疲れていなければね・・・。

体も心も良く休めた夏休みでした。

|

2013年8月17日 (土)

飲みの日。

すんません、朝から飲んでいます。

もう、起きた時から何もやる気がありません。休日、だらけています。月曜から始まる過酷な仕事を思い出すと、もう休むしかありません。

起きたら妻が外出していました。昨日はガーガー掃除をしていた妻ですが、今日は朝から出張勤務らしい。

ラッキー。思いっきりだらけてしまおう。外は相変らずの猛暑だ・・・。この休暇は昼間殆んど家から出なかったので、涼しかったよ。休み明けに暑さに順応できるのだろうか?大丈夫、ここまで40度近い暑さに耐えて来たのだから・・・。

人間ドック以来、食事はヘルシー系にしています。ローカロリーで脂質糖質を低くするのです。

主食(御飯、麺類、パン、粉もの)をなるべく採らない食事です。

朝はシリアルに牛乳かけて喰ったが・・・、あれは穀物の塊であった。しかも甘いし。けど、なんか量は食べられないのでカロリーは御飯より低いだろう。

お昼には豆腐サラダを作った。つっても豆腐1丁出しただけ。とにかくまずは野菜を食べる。メインを豆腐にすれば結構腹に溜まるし。

Y1

本日2本目の糖質ゼロ発泡酒をグビ。

豆腐も400グラムで280kcalあるからね。けど、おかわりはしないから大丈夫だよ、豆腐これ以上食えないし。

お盆用に買っておいたワインを開ける。白ワインは糖質が多いからダメなんだけど、夏だしこれで最後さ~。

ブルゴーニュのカッコイイおねいさんが造るシャルドネ。

アニエス・パケのオークセイ・デュレス・ブラン2009年。

Y2


この白ワイン結構好きで、何度かリピート。

透明感があり、綺麗な酸が伸び、味つきもよろしく、ミネラル豊富。樽香もさりげなく、ちょっと良い白ワインを飲んだ感があります。

Y3


豆腐に合うな、うん合う合う・・。

あー昼間に飲むワインは効くなあ。

夜は帰宅した妻が料理してくれました。この休暇は結構妻が食事を作ってくれた。いつもより野菜を多めにしてくれました。

今夜は鶏肉をリクエスト。鶏胸肉のガーリック焼き。

Y4


旨いな。けど御飯は小盛りだよ・・。うーんいい香り。

「冷蔵庫に白ワインがあったから、上手に出来たよ」

「え?白ワインって、飲み残した奴を立てておいたの・・・」

「うん、仕上げにワイン蒸しにしてみました」

あのー、そのワイン、料理酒じゃないのよ。ブルゴーニュの・・。1杯分は使われた。いくらする料理酒なんだよ・・。まあ、料理に使ったワインを飲むと旨いって言うけど、そりゃ無理じゃ。

とほほほ・・。

結局、ダラダラ飲みながら、高校野球をTVで4試合観てしまったよ。

あと、休暇中観た「あまちゃん」。普段観られないからね朝ドラマ、面白いねあれ。脚本演出面白いよ。あのこも可愛いよね・・。

|

2013年8月16日 (金)

送り盆・夏もそろそろ。

今年の夏休みは高校野球をTVでよく観ています。

地元群馬県代表、前橋育英高校が今日も勝って、16強進出。投手もとても良くて、評判を上げていますね。勝ち進んでくれると、この夏の楽しみも続きます。頑張れ~。

さて、今日は送り盆です。ご先祖様たちが、お帰りになります。

実家の庭の隅で、送り火を焚いてお見送りです。

Z1


本来は墓地まで送っていくのですが。父も生前ここで送り火を焚いていたので受け継ぎます。

素焼きの皿の中で藁かおがらを燃やすのですが、簡素化・・。

植木鉢の中で燃やした新聞紙の煙に乗ってください。すんませんお父さん。

Z2

お墓のほうを向いて。お父さんは煙に乗ってあちらの世界に帰ってしまいます。

また来年のお盆までお別れです。送り盆はいつも淋しい気持ちになります。

お盆が終わると、夏もそろそろ終わりな雰囲気になりますね。

残暑はまだまだ厳しいけどね。十分休んで体も心も休めましたから、暑いうちに何かやろうかな、という気持ちになってきましたよ。

|

2013年8月15日 (木)

お盆だ。

今日はお盆の中日。そして終戦記念日。

お昼にはサイレンが鳴り、黙祷を捧げました。

13日に、姉が迎え盆をしてくださって、実家には盆棚が出来ていました。

0a1


いつもお姉さん、綺麗に飾ってくれてありがとう。父とご先祖さんの位牌が並びます。父が亡くなってから三度目のお盆です。

飾るものは色々しきたりがあるようで。生米とさいの目切りの生ナスとか。

0a2

私も生前父が好きだったものなどをお供えしました。

0a3

父はあまり酒は飲まなかったけど、キリンの瓶ビールを飲んでいた姿は憶えている。

0a4


晩年は落花生をむいては良く食べていた。ピーナッツじゃダメだったんだな。あの殻をむくのが楽しかったのかもしれない。

アンコものも結構好きでたい焼きはいつも喜んでいたな。たこ焼きも晩年の父を象徴するものだ。

賑やかになりました。父も喜んでいるかな。

0a5


今日はお墓に行ったよ。

13日に姉が綺麗にしてくれたのだけど、この猛暑で花がかなり痛んでしまった。

花を少し買っていきました。

0a6


線香をあげたところで、偶然にも姉がやってきた。二人で花を取り替えてあげました。

0a7


水がすぐに無くなってしまうので、花も少なめにしました。

実家に寄って、お線香をあげて、ネコのクーちゃんと遊びました。

お盆は静かに過ぎていきます。

明日は送り盆です。



|

2013年8月14日 (水)

人間ドックだ。

私の夏の風物詩、毎年やっています人間ドックに本日行ってきました。

ここ数年ずっとお世話になっている高崎市の某大病院。

0b1


色々な病院の人間ドックを試してみて行き着いたのがこちら。最大の理由は直腸触診の時の体位が一番恥ずかしくなかったから(笑)。尻に指を挿入されるという気分的にデリケートな診察だからねえ。

もっと食事のゴージャスな病院もあったがそこの直腸触診は仰向けで自分で足を抱える屈曲位という、やらせるなら嬉しいがやるのは超恥ずかしい体位なのでNG。ここは下着を僅かにずらすだけの屈曲後背側位なんでオッケー。

まだ色々な病院にチャレンジしたいが、ここには既に複数年の自分のデータがあるので体の変化を比較してわかるメリットがあり、この病院で続けようと思う。ここは設備が特にガン関係を調べる最新設備が揃っているし、紹介状が無いと外来で診察してくれない病院なんで、ドックで通っておけばいざっていう時に診てもらいやすいだろうと。

大人になったら人間ドックは受けたほうがいいよ~。

さて、受付時間は8時~8時半だが・・・。長年の経験でドックには早めに行った方がよい。後ろの順番になると、各診察の待ち時間がどんどん長くなり帰りが遅くなるのだ。

ここは早く行くと受付で整理券が配られる。7時半に到着したが、既に整理券は32番でした・・。

0b2


7時に行かなくちゃだめだな。

診察のほうはもう慣れたな・・。

採血も以前より少なくなったし、まとめて一本採るだけになったので楽になった。視力は上がったなあ。老眼が進んだ所為?血圧は低いくらいで良好。肺活量が落ちていた・・。

内臓のエコー診察はいつも色々出るが・・。今回は影が!

胆嚢ポリープだそうで。まだ小さいので様子見ということに。背中痛いんだけどね・・。脂肪肝の疑いは毎年だが、今年は脂肪肝と断言されたよ・・。

バリウムの胃レントゲンは相変らず辛いよ・・。

内科の所見は、血中コレステロールは以前より良くなっているが、中性脂肪の値が上がっている!これはかなり問題とのこと。

今まではメタボ予備軍ということでしたが、今回は腹囲と中性脂肪が厚生省の基準をオーバーしまして・・。晴れてメタボリックシンドロームと認定されました(泣)。

なので、健康管理士さんから体質生活改善相談を受けてくださいとのこと。30分ほど掛かるそうで、えー面倒くさいなあ、バリウムの下剤が効いて途中でう○こ漏れたらどうすんだよ?とか思い、渋々受講・・。

しかーっしっ!

な、ななななあああーーんと!健康管理士のおねいさんが、めちゃくちゃ可愛い!

すんごく素敵な女子ですよ、ここ5年くらいの自分に2メートル以内に接近した女性の中ではナンバーワンの可愛さです!やたっ!

どーでもいい感じだったのが、一気に喰らい付きましたよ!身を乗り出して話を伺いましたあ!ええ、男ってこんなもんです。

テーブルに色々資料を広げて二人っきりですよ、うふふ。

今回もらった資料はこんな感じ。

0b3


自分の食生活を聞かれたんですが・・。朝はパンです、え?食パンじゃなくて、調理パンです、サンドイッチとか。昼は職場のまかない食堂です。夜は、麺が多いかな?パスタなんてね・・。

ああ、いえ、白状します、妻が忙しくって、朝はコンビニのパンとかおにぎりで、夜はコンビニのパスタやうどん、弁当なんですよ・・・、うう、ぐすん、ちら?

特に同情は引けませんでした・・。けど問題は主食がメインの食生活です。

体重も問題ですが私の体で一番問題なのは中性脂肪です。これは血管を詰らせて、脳や心臓の大きな病気に繋がります。

中性脂肪というと、揚げ物などの脂を気にしますが。一番は糖質なんだそうです。糖質を減らす生活をすれば中性脂肪は減る。体重も減ってくるということ。

糖質が多いのは、御飯、パン、麺です。これら主食を減らすのが一番。御飯や麺を半分にするといいそう。けど、麺って食べだすと最後まで食べちゃうよね?あーそうそう食べちゃいますよねー、っておねいさんノリが良くて会話が弾んで楽しいよ~。御飯なら半分に減らせそうだよな・・。

あと生野菜を食事の最初に取るといいみたい。お腹に溜まれば主食を減らしてもお腹が空かないし。ドレッシングは気にしなくてもてもいいみたい。

詳しくはこちら。

0b4


間食もね、今度の職場はおやつタイムがあるからなあ、あれも良くないよなあ・・。

さて、一番の問題事項、アルコールですね。毎日飲酒していますよ!

ビール、カクテル、日本酒、白ワインは糖質が多い。焼酎や赤ワインはオッケーとのこと。

あああ、ビールがあああ!

けど、おねいさんは超やさしいんです。無理しないでくださいね、出来ることから減らしていきましょうと、すっごくいい感じです。

ビールは糖質ゼロのタイプにすればいいとのこと。あ、最近それ飲んでいますよ。「えー、凄いじゃないですか、それならかなり違ってきますよ、偉いですようふふ。」

えへ、えへへへー、じゃあ、500mlと350mlのビールを糖質ゼロの350mlだけにします!

「え、無理しないでください・・、それじゃあ満足できないんじゃないですか?糖質ゼロなら350ml2本を2回に分けて飲むと満足できるんじゃないですか?」

ええーー、いいんですかあ?嬉しい!「けど夜遅い晩酌はダメですよ」

はーい、けど、糖質ゼロってアルコール度数も低くって酔わないんだよねえ・・。アルコールアップで糖質ゼロビールにちょこっと焼酎垂らしていいですか?「うーん、それで満足するならいいと思いますよ」

あーん、おねいさん、嬉しいよお。お肉も食べてねということで、私鶏肉好きなんで、それはとてもヘルシーとのこと。けど焼き鳥のたれは糖質が多いので塩がいい。魚も青魚の脂はヘルシーだよ。

あああ、もうおねいさんの為ならなんでもしちゃうよ。自分のことはいいんだ、おねいさんに尽くしたい・・。

おねいさんはいきなりキリっとして。最後に目標を設定しましょうと言いました。

無理はいかんということで、半年後までに体重を4キロ減らすことになりました。おねいさんが私の食生活と運動量から電卓で計算し、4キロを半年で減らす為には、一日の食事のカロリーを150kCal減らせば行ける、ということに。

これならば、主食の御飯や麺を半分に、ビールを糖質ゼロに完全移行すればなんとかなるんじゃないかという結論に。

またロードバイクも復活させればかなり効果的とのこと。やるぞー。

半年後にまた相談を受けることに。それまで、自分で腹囲と体重はマメに計測するようにと渡された、計測表と腹囲メジャー。

0b5


よーし、おねいさんとの半年後の再会を楽しみに、絶対に4キロ以上痩せてやるぞー。そしておねいさんに褒めてもらうんだああ!

おねいさああああーーーんっ!待っていてねええーーーーーっ!

全ての検査が終わりました。

お楽しみの食事です。これはドックに付属しています。見晴らしのいいお部屋で、本日のランチです。

0b6


来ましたよ。もう、盛り付けがレストランですね。

0b7


天麩羅の盛り合わせ、お刺身3種、鰆の西京焼き、胡麻豆腐、蒟蒻入り御飯、

豚肉のやわらか煮はうまかった。

0b8


ご馳走様でした。

途中でお腹がゴロゴロいい出したが、ギリギリセーフ。

これで全てのコースは終了。11時半には終わりました。待ち時間は雑誌が色々あってサライを熟読。京都の仏像に詳しくなりましたよ。

お会計は現金で。1日人間ドック・定価は39900円。健康保険組合から補助が出てこのお値段。

0b9


さらに職場の厚生会から補助が1万円出るので、私の場合8900円で受けられました。

人間ドックは毎年受けますよー。結果が出たらまた書きます。

胃のバリウム検査で何か出そうなんだけどね・・。

とりあえず、人間ドックも終わったし、これで本格的な夏休み開始だ。

乾杯!

0b10


はっ?!このビールわああ!

おねいさん、ごめんよおおおーーーーっ!

|

2013年8月13日 (火)

夏休みだ。

本日より、夏季休暇となりました~。

昨日は仕事に行って、結局この夏休みは6連休ね。

仕事を仕上げようと思ったが負けました、休み明けに頑張ろう。けど、休暇中も現状維持とはなっていないはずで、休んだツケは・・。良く休んでリフレッシュ!

昨日の仕事帰りに、父の眠る菩提寺に寄って、お墓にお線香をあげてきた。寺の境内では盆踊りの準備が出来ていた。夏っぽさを感じたよ。

0c1


今朝、実家の姉が迎え盆をやってくれました。お世話になります、ありがとう。お昼に住職が実家に来てくれてお経をあげてくださった。

お盆が始まりましたね。

私は夏休み初日ってことで、休暇なんでちょっとゴージャスに・・・。

0c2


昼間っから始めてしまいます。休暇だから・・。

0c3


ここ一月の忙しさで体もヘロヘロ、この休暇は出掛けずに完全休養です。外は猛暑だし、部屋でギター弾いていますから。

明日は人間ドックです。そろそろヘルシーモードにしなくては。今夜8時までに夕食を済ませて12時以降は水分を取ってはいけない。明日は朝から飲んでも食べてもいけません。

今回は、何か体に異常が出そうな気がするよ・・・。歳なのに無理しているよなあ。

さて、人間ドックの書類を書こうか。

この夏休みは、のんびり過ごそう。

|

2013年8月11日 (日)

ストラト・修理から戻る。

先日、楽器屋さんに修理に出したギターが出来上がってきました。

0d1


以前、知人から譲ってもらったフェンダージャパンのストラトタイプのギターですが、知人の手によって改造してあるギターなのです。

もともとジャックがボディーサイドにあるなどオリジナルストラトとはちょっと違った仕様でしたが。

0d2


ピックアップが黒いのは見た目が変わっただけではなく、

本来、シングルコイルピックアップ3発搭載が、フロントとリヤピックアップがなんと、シングルコイルサイズのままハムバッキングになっているのだ~。

0d3


セイモアダンカンの奴ね。ストラトなんだけどパワーがあるし音が太いよ。

けどね、このギターが戻って来てから毎日弾いているんだけど、やっぱシングルコイルのセンターピックアップでばかり弾いているのよ・・。

私は高校1年の時に最初のエレキを持ったんだけどそれはストラト、それ以来、ムスタング、テレキャスとシングルコイル派なんだよね。レスポールも弾いたが馴染めなかったな。

やっぱエッジの効いたジャキジャキな音が好きなんだよ。普通のストラト弾いている時は殆んどセンターピックアップって使わなかったんだけど、このギターなら一番使ってしまうよ。

ブリッジはケーラーのトレモロユニットに交換してある。以前使っていたストラトはアーム使うとすぐピッチが狂っちゃうんだけど、これならいけるだろう。アームを使ったプレイもモノにしてみせるぜ。

0d4


だけど、チューニングはこのブリッジの小さいつまみを回して行うんです。いつものクセでヘッドのペグを回すと、弦がロックしてあるので弦が切れてしまうよ。それだけは注意。

で、今回トラぶったのはこのスイッチね。ピックアップセレクタースイッチ。結局これの交換となった。

0d5


知人が細かく改造したのだが、最後のボディとの装着部分は私がハンダ付けをしたんで、その所為かなあ?

リアピックアップの音が出なくなって、そのうち全部の音が出なくなってしまった。

以前もそういう症状があって、同じ楽器屋さんに修理してもらって治ったんだけど、また同じ症状が出た。スイッチが駄目な感じがしたので、ダメならスイッチ交換してくださいと修理依頼。あとネックの反りと弦高を弾きやすくギリギリまで下げてねと、あと全体のオーバーホールをお願い。弦も外すので新品を張ってもらう。昔から使っているアーニーボールのピンクのスーパースリンキー09のセットね。

出来上がって、弦高も弾きやすいし、スイッチと弦交換の部品代を入れて5700円だったかな?。それだけやってもらって良心的、良い店です。テレキャスも修理に出すかな?

ただ、時間は掛かったな。一月半くらい。以前出したときは1週間くらいで出来たが。結構改造してあるギターなんで調整が大変だったのかな。

バッチリ音が出ますよ。弾きやすい~。

スイッチとかノブとかはヴィンテージの経年変化した色のアイボリー調パーツが付いているんだけど、新しいスイッチのノブの取り付け部分が太くて元のパーツが付かなかった。なので付属していた黒い方のノブに換えてみた。

0d6


ピックアップと色が合うので、なんか改造していますよって感じになってこれも良し。

ストラトのこのピックアップ切り替えスイッチ、今では当たり前のように5段切り替えスイッチだけど、私が高校生の頃は3段スイッチが普通だった。5段スイッチだとピックアップ二つを同時に使うハーフトーンというコロコロしたかわいい音が出る。

けど当時のグレコとかヤマハも一番高いモデルだけ5段スイッチであとは3段スイッチだった。フェンダーUSAのオリジナルストラトはもちろん5段で憧れだったな。当時で25万円くらいで今より高いよ。もちろんフェンダージャパンなんてなかったからね。

5段も3段もたいしてコスト変わらないと思うんだけどね。

ところが、その頃デビューしたトーカイはストラト全モデルが5段スイッチだったのだ。54年モデルを忠実にコピーしたのが売りだった。私もトーカイの一番安いストラトを買って5段スイッチを堪能したのだった。黒の白ピックガードのクラプトンっぽい奴だ。

で、今のこのストラトは、スイッチをミックスの位置に切り替えるとハムバッキングがコイルタップされてシングルコイルになる配線になっている。なのであのハーフトーンの音なのだ。

その配線のことも依頼時に伝えたので、そのままで接続されていました。よかった。

さあ、弾くぞ。最近エレキギターモードになってきたのだ。そろそろ宅録再開で曲を録音したいのだが、その前にギターがまともに弾けるようにまた練習ですよ。

夏休みは猛暑続きのようなので、涼しい部屋でギターの練習とします。

何を弾いているのかなあ~。

エフェクターがね、なんとかしたい。

0d7


BOSSもいいんだけどね、大人なんでもっと渋い奴にしようと思う。どっさり注文しました。

新しいエフェクターはまた後日。

|

2013年8月 8日 (木)

落日。

今日も疲れたよ・・。

だからもう寝るよ。

これは名曲。

<

この曲を聴いて眠りましょう。凄いバンドがあったものだなあ。

さて、明日の仕事次第で、お盆休みが9連休になるか5連休になるがか決まるよ。

仕事を進めたいけど、午前中は事務所で留守番して、仕事は進まなかったりして。

けど、負けない。

なんとかなるさあ。

|

2013年8月 6日 (火)

9Nポロ・12ヶ月定期点検(8年目)。

先日、愛車VWポロの1年点検に行ってきました。

丸目の9Nポロ。

0e1


まだまだ現役です。

6か月毎の点検を購入したVWディーラーで受けています。8年目のここまで重篤な故障はありません。

0e2


ここまでおもな部品交換は、バッテリーと前サスのブッシュ交換。

車検時に指摘された夏タイヤの消耗も、春にピレリP6に交換。

走行距離84781キロ。

0e3

ここまで元気に走ってきましたよ。

さて、予約した時間にいつものVWディーラーへ。

移転してとても綺麗になりましたね。セレブ感もアップして、貧乏人の私もセレブになった気分だけ味わえる?

美しい高めのおねいさんに作ってもらったセレブアイスコーヒーをセレブソファーに座って頂く。セレブお菓子も付いてくるぞ。

0e4


正直オーナーだからこんなことしているけど、今の自分が新規でこの店に入ったら、あの高めおねいさんを見た瞬間に勃、じゃなくってビビッて泣いちゃうだろうな(笑)。

以前の場所なら時間つぶしに近所の中古本屋に行ってコミックスを購入していたが、新しい店の周りには王将しかない。

セレブ車雑誌を読んで、VWUP!を検討したり。UP!VSワゴンRの特集を読んだが、ワゴンR凄いわ・・・。UP!もレギュラーガソリンなら考えたよなあ。

思ったより早く完成。今回は気になる故障箇所もなかったしね。50分くらいで終了。

綺麗に洗ってもらってありがとう。

掛かった費用はと。

1年点検の内容はこちら。

0e5


バッテリーとブレーキパットはオッケー。

特にトラブルは無しと。

左のテールランプが切れていたので交換。これは自分じゃ気がつかないからねえ。

12ヶ月点検のパック料金は12000円。テールランプ部品が400円。交換工賃は点検に入っているのか?サービスでした。

以上で12400円也。

0e6


で、オイル交換もやってもらいました。オイルは6ヶ月か5000キロごとに交換していますが、点検と同時にオイル交換をすると値引きサービスがあるので同時に交換がお得。

今回5000キロを若干オーバーしたが、そこは我慢だ。点検まで待つのだ。

0e7


6500円のお値引きを頂きましただ。オイル高いからね、これは嬉しいサービスです。

オイル交換は2100円でした。

0e8


さて、無事に1年点検が終了。

支払いの時にディーラの方が「特に問題の有る箇所はありませんでした」と言ってくれました。

私が「ホントこのポロ、故障しませんよね」と言うと・・・。

いや、この年代のポロは個体差が大きいとのこと。いわゆる、アタリ、ハズレの個体差があるらしい。個体によっては既にエアコンの故障とかが出ているとのことです。

私も電機メーカーで働いていたことがあるので、製品のアタリハズレってあるのは良く知っています。最初から調子が悪かった個体は、故障部品を交換しても不思議と何度も修理に来るんだよなあ。部品点数が多く結構人の手を使っている自動車なら個体差も有るだろうな。

私のポロは、どうやらアタリだったようです。良かったよ・・。

点検後はネジ締めました、って感じのビシッとした乗り味が復活。タイヤ空気圧の調整も大きいんだろうな。気持ちよく走ります。

来年の9年目はまた車検です。9年目はどうするのかな?

0e9


整備してやれば、まだまだ長く乗れそう。車検で大きな部品交換がなければ乗り続けるだろうなあ。新車買うより乗り続けたほうがお得だろうなあ。

けどガソリン代がもっと高騰したら、レギュラーガソリンで燃費の良い車に変え時じゃないかな?

エアコンとか故障したら買い替えかな?

1年後の故障具合で決めようか。人生で色々車は乗ったが一番長く乗っている車です。大きな部品交換がなければ車検通すぞ。もっと長く乗りたい車ですから。


|

2013年8月 4日 (日)

高崎花火大会 2013年。

昨日は、ここ高崎市の夏祭り花火大会でした。

0f1


この花火を見れば、夏って感じますよ。このところ夏を感じる余裕がなかったから、暑さ以外で。

我が家は打ち上げ場所に近く、東側の窓から花火が良く見えます。周辺の田んぼ周りの道路も花火見物の車で埋まります。

例年、駐車場前のスペースで夫婦並んで花火を見ていて、今年もその予定で準備したが、直前に諸般の事情でそこが使えなくなったよ・・・。

なので、南側のベランダに座って東を向いて見ることにしました。

ベランダといっても物干しスペースなんで狭い。掃除もしないので汚いよ・・。

0f2


無理矢理椅子を置いてキャンプ用のテーブル、クーラーボックスにお酒各種、LEDランタンをセット。エアコンの熱気が凄いので停めてね。

花火方向は電線・・。仕方ないよ。

0f3

一人分のスペースしかないので、妻は部屋の出窓前に背の高い椅子を置いて見ることに。別れて見るなんて淋しいね・・。

買ってきた花火宴会用のおつまみを二人で分ける。

0f4


キュウリの1本漬け、枝豆、さつま揚げ、屋台で買った焼き鳥はネギマにつくねに豚串。

串物が中心なので暗い場所でも食べやすいぞ。

一本目のアサヒ黒ラベルをぷしっとやったところで花火スタート!

くうう、電線があ・・。

0f5


いきなりの連続スターマイン。この高崎花火大会は、北関東屈指の量の花火を50分間で打ち上げてしまうという、スピード感溢れる大会です。連発また連発です!

物干し竿があ・・。

0f6


大きな花火は見上げる角度。迫力があります。どうやら、連発スターマインは右側電線方向、大玉は左側物干し竿方向になるようです。

ズドーンと良い音。背後に山があるので、ベランダは跳ね返った音も楽しめるのを発見。体で花火を感じるぜ。

ぷしっと2本目はハイボールだ。アルコール濃度を一気に上げるぜ。

0f7


ちなみにこれはストロボをスローシンクロというモードにすると、こう手前のものと背景の花火を同時に撮れるのだ。

キュウリも旨いよ。

0f8


焼き鳥も旨いよ。

0f9


物干し竿越しに大玉がズドーン。

0f10


花火の写真は、前回はオリンパスPENミニで撮ったけど、今回はまたいつもの防水コンパクトで撮影。手振れさえ克服すればなんとか花火も撮れるさ、ってっすっかりアルコールをチャージして無理。もう写真は写っていればいいさあという感じの昨今。どうせ電線だらけだしな。

0f11


電線避けてトリミングしてみました。

ビールに戻ってキリンラガー。

0f12


夏はラガーのイメージ。殆んど飲まなかった父親が、夏はラガーを飲んでいた子供の頃の思い出からかな。当時は瓶のラガーね。

ベランダからの花火見物も悪くないなあ。

0f13


この絶妙な距離感が。

スターマインも電線で画にならないよ。

0f14


なので手元も怪しいし撮影は終わり。

高崎名物のフィナーレ超特大スターマインは肉眼で見ます。これは凄いんだ。怒涛の連発。

轟音の余韻がフワーッと消えていって、静寂が訪れると、ああ夏だって感じるんです。

やっと私に夏が来たよ。

チューハイをダラダラ飲んで、宴はお開き。

0f15

過去の高崎花火大会の当ブログ記事リンク。

2010年。(2007~2009年記事リンクあり)

2011年。

2012年。

花火が良く見えるって、この部屋を借りたんだけど、来年の花火大会は違う家で見ているかな?最近毎年そんなことを考えるけど。来年もここに住んでいたりして。

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »