« 上越高田ビジホ宿泊釣行・その1・出発編。 | トップページ | ダウン・・。 »

2013年9月30日 (月)

上越高田ビジホ釣行・その2・S君の初体験編。

さて、先週末は新潟県の上越市で釣りをやっています。今回は職場のS君に釣りを覚えてもらい、このおやじどもと今後も遊んでもらおうという計画です。

高田のビジホに宿泊して、夜の飲み屋を徘徊した記事はまた後日書きます。

翌朝、最初に行った釣り場は、柿崎海岸です。

3z1


柿崎駅より米山寄りの場所です。

早朝は港を目指しましたが・・。朝4時にはホテルを出発する予定が、やはり釣り初心者のS君には受け入れてもらえず、なんとか5時半出発としました。前夜は早めに上がって22時には寝たのですが、やはり釣りをしない人には、釣りのためにそんな早朝に起きるなんて考えられないんだろうなあ・・。

既に目的の港内の埠頭は釣り人で一杯・・・。遅すぎました。黒井突堤も人がびっしりで入れる隙間がありません。

もう港は無理。直江津周辺の休日の釣り場は早朝から激混みです。砂浜にしました。

キスの投げ釣りをやります。

S君、いよいよ投げ釣りデビューです。昨日軽量メタルジグでスピニングリールの投げ方を習得しました。

なので、もっと重い35グラムのメタルジグでキャスティングの練習。

3z2


なかなか飛ばせるようになって来ましたよ。キャスティングが気持ちいいようです。

今回、買ったばかりのロッドのデビュー。ダイワのクロスビート振出965TMFSです。これを使ってもらう。

3z3


ルアー負荷35グラムまでいけるシーバスロッドです。

メタルジグで青物でも掛からないかなあ、と思いましたが、そんな甘いものでもなく。キス釣りに変更。

朝行った釣具店で餌を購入。砂イソメは品薄状態で欠品。青イソメを買ってきたけど、コレが恐ろしいほどに太い。S君にはとても無理だろうと、餌をつけてあげる。

天秤に8号錘のちょい投げ仕掛け。

3z4


まだアタリが良くわからないようです。

私も交代してやってみましたが。うん、アタリがあります。けどなんか違う・・。H氏はハリス切れを連発。

それって・・。

フグでした。クロスビート764ULで10gチョメリグ仕掛けで掛かるようになりました。

3z5


もうフグばかり。針も相当消耗します。

しかしH氏は18cmのキスを釣る。おお、いるんだ。しかも波口だそうで。ULちょい投げで狙いますが、やはりフグばかり。

もうフグでも良いからS君に初獲物を釣らせようと、H氏とレクチャーしますが。アタリを拾って釣れたか?いやハリス切れ・・。

途中、S君が根掛りをしたので、私が外して巻いてくるとベラの稚魚が掛かっていました。が、私が釣り上げたのでまだ初体験とは認定されません。素○タ程度です。

S君の初体験はおわずけで釣り場を移動することに。

今回の収穫は、サーフでは長靴が有効。夏場はサンダルでしたが、やっぱ長靴が砂も入らないし快適ですね。

3z6

S君に比べるとかなりかっこ悪いですけど・・。

柿崎海岸の私の釣果はフグ多数、メゴチ1匹でした。

高速に乗り、もう少し空いているだろうと能生方面へ。

フグのおかげでイソメを使い果たしたので、途中、いつもの徳市さんで餌を仕入れる。

3z7


ジャリメがここにはあったので購入。ここの食堂はトラックの運転手さん達にいつも大人気です。

さて次のポイントは、T石漁港です。

3z8


人が多かったので、魚市場方面で釣ります。

やはりクロスビート965Mの錘6号でのちょい投げです。

ハゼですか。

3z9


さあ、ここでS君にはサビキ釣りをやってもらいます。アミコマセを使うのできっと何かが釣れるでしょう。S君筆下ろしのチャンスです。もちろんターゲットはアジです。お土産釣れるかな?

3z10


くう、職場で唯一のジャニーズ系イケメン男子S君は、何をしても決まってしまうぜ。

こんなクーラーに座ったらわれわれは単に疲れたおやじになってしまうのに悔しい。

3z11


堤防下はフグの群れが凄い。ここにアジはいるのか?

3z12

何とか釣ってもらおうと、私が以前好調だった新潟アジサビキのピンク3号をプレゼント。竿はH氏からプレゼントされた磯竿1号です。

そして運命の一投。

3z13


で、出たあーーーっ!

アジが釣れました!

3z14


S君の初獲物ゲットです!

やはりボトム付近にいたか。あのフグの群れの下からアジを釣り上げました。

メゴチバサミで外しましたが、やはり戸惑う。

3z15


何とかクーラーへ。海水氷を作り氷締めをレクチャー。

その後も順調に釣り上げます。良くあのフグの中からアジだけ釣るもんだとこちらも感心。

しかし、ダブルでアジがヒットした時に好調のサビキ仕掛けが絡まってアウト。その後使ったサビキ仕掛けは不調に。

私は、やはりメゴチ・・。

3z16

アジがボトム付近にいるようなので、アジングに変更。JJパックを投入します。

3z17_2

けど、ソフトルアーをフグにかじられまくりで終了・・。

ポイントを背中側に移動します。昨日視察した時にサヨリが釣れていたポイント。今日はサヨリは見えませんが・・。

朝購入したサヨリの投げ仕掛け。のべ竿を忘れたので、リール竿でやるのです。

3z18_2

久しぶりにコマセを使います。うう、く、臭い・・。もうあの太い青イソメも怖かったし、コマセも臭いし、ルアーに完全移行しようかな・・。

このポイントもフグの群れです。コマセカゴが着水と同時に、仕掛けはフグの大群に襲われます!

3z19_2

もうまったくサヨリ釣りは無理・・。

その後コマセにフグがびっしりと寄ってくる。これではフグの養魚場だ!

3z20

ぎょえええ。S君はフグの餌付けを結構楽しんでいます・・。

フグに負けました。T石漁港は終了です。

3z21

S君はアジ8匹!初めてで良く釣れました。今晩のおかずが出来たね。私もH氏もうれしくなります。

次はやはりキス狙い。落ちキスにはまだ早いのかなあ。この日も夏のような暑さでした。

漁港で居つきのキスはいないかと、以前キスのつれたU本漁港へ。

3z22

近距離なんで、764ULでULちょい投げです。

3z23

10gのチョメリグに、今までは一本針でしたが、今回は3本針仕掛けで行きます。

やはり遊動式なので、小さいアタリもプルプル手元に来ます。竿の感度も良好。

上がってきたのはピンギス。

3z24_2

ワカサギかと思った・・。小さすぎます。

続いてピンギスとメゴチのダブル。

その後は、メゴチの連続。

3z25

結構型も良く、天ぷらサイズ3連もあって竿が大きく曲がりました。

しかし、1投げに必ずメゴチがヒット。入れ食いに面白いのですが、キスは釣れなくなりました・・。

S君も挑戦。餌も自分で付けるという。さっきの青イソメよりジャリメは随分細くなったので、これならいけると思ったらしい。けど見る度にゾゾッとしているよう。

「ミミズは触れるので、ミミズだと思えば・・・。ぎゃああーーーっ!小さい脚がめッちゃ沢山付いてるうっ!!ぞぞぞぞーーー!」

ならばこの石粉というのをイソメにまぶせばどう?

「ああ。これなら大丈夫かも・・。これは神の粉ですう」

何とかイソメを針につけて、メゴチを釣っていました。けど、針を外すのも苦労して・・。錘だけでキャスト練習していました・・。

ハゼも釣れたし、ここもおしまいに。

3z26

クロスビート764ULでのULちょい投げ、楽しいです。キスが接岸したら大活躍の予定・・。

3z27

メゴチが大量に釣れましたが、こういうファミリーフィッシングを続けていてもねえ・・。

S君に魚を釣ってもらう計画は成功したので、これにて終了しましょう。

U本漁港、家族連れの釣りにいい感じ。メゴチがいやというほど釣れました。摑む時は必ずメゴチバサミでね。

3z28_2

S君、アジが釣れてよかった。帰宅後に料理する時間が必要なので、帰ります。

明るいうちに上越を離れるのは珍しい。明るい高速を走ります。

3z29

20時前に無事帰宅しました。

しかし、なーんか釣れないねえ。今回は潮も止まって良くなかったな。S君への釣りレクチャーがメインだったね。

そろそろ砂浜にキスが寄って来ないかなあ。青物も釣りたいなあ。

ちょっと海釣りは、やり方か時期か場所か潮とか、狙い物を含めてもっとしっかり考えないとダメですね。

今シーズンの上越は次回で最終かな。伊豆や房総への遠征も検討中。

S君、初釣りはどうでしたか?またおやじどもと遊んでね!H氏お世話になりました。

上越高田の夜の飲み歩き記事はまた後日書きます。

|

« 上越高田ビジホ宿泊釣行・その1・出発編。 | トップページ | ダウン・・。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事