« 魚津から帰ってきました。 | トップページ | ベリーズ青柳の午後・今シーズンスタート。 »

2013年10月26日 (土)

2回目の魚津ビジホ釣行。

お久しぶりです。疲れています。金曜日の大仕事が終わって、やっとブログ書いてます。

さて、先日の魚津のビジホに宿泊しての釣り。2度目になりますが、結果から言えば全く釣れませんでした。けど、周りは釣れていた人もいたので、そろそろ秋のシーズンのようです。我々はちょっと早かった。もうちょっと我慢すればタイミングがあったかも・・。

今回は休日出勤の振り替えで月曜日の休暇に釣りをします、日曜日の出発です。いつものように地元ですきやの牛丼。おろしポン酢牛丼の中盛りサラダセット。

3r1


中盛りは量的には私にピッタリだが、専用丼に段差があって御飯をかき込みにくいな。しかし随分汁っぽくなったよすきや。

上越経由で高速を富山県へ。群馬から3時間ちょいで到着です。宿は前回も同じ、魚津で最安値クラスのビジホ「魚津スカイホテル」さんです。

3r2


今回は3人で行ったので、3部屋割りとかいって一部屋3500円で宿泊できました!駐車場も無料だし、これは安いですよ。

部屋も清潔で、普通に良いビジホ、ぐっすり眠れました。

3r3


サンルート系列なので、アメニティーも充実。フロントで入浴剤ももらえます。お得なホテルです。

4時半にはチェックインをして、魚津の街に繰り出し、居酒屋めぐりを堪能した夜でした。釣りよりこの夜のほうが楽しかったな・・。この模様はまた後日書きます。

さて翌朝4時半にフロント集合。若者S君は「ヤバイッスよ、夜にばっちゃって、2度もばッちゃったっすよ」

ばった?

「金縛りっスよ、2度ですよ、2度もばっちゃうなんて・・・」

・・・。

さあ餌を買おうと思ったら、前回チェックした4時半から開いているはずの釣具屋さんがやっていない。月曜だから?その後餌を求めて何箇所か行ってみるがやっていない。結局私の持って来た人工餌でやろうということに。

5時20分、ホテルから近いK漁港に到着。月明かりが幻想的でした。

3r4


S君が「神様が降りてきそうな雰囲気ですね」とつぶやく。美しい景色です。

さあ、今日は平日、外海に面した堤防先端を目指すが、前回イナダが釣れていた先端外海側のテトラには既にイカ師が先客。

なので、真正面のテトラに乗る。

3r5


狙いは青物回遊魚。イナダがそろそろ来ていると思うのですが、この方向にいるか?ナブラは全くなし。

35グラムのメタルジグをクロスビート965TMFSにセット。

3r6


表層からボトムまで探るが当たらない。しゃくってしゃくって。

イカ師はアオリイカを上げている模様。

S君にも864TMLFSを貸してメタルジグをセット。途中、地元の常連さんがやってきてメタルジグを投げるも不発。昨日はイナダがこの位置で上がったとのこと。

けどこの日はダメのよう・・。

漁港内のちょい投げに切り替える。

3r7


前回は良型のキスがいくつかつれたポイントですが、ここもアタリすらない・・。

サーフに移動して、キス狙いでちょい投げ。

3r8


ピクリともキスのアタリはない。

3r9


今回使った人工餌、パワーイソメ。やっぱグロいのでモザイクを掛けました。

3r10


かなりリアルです。これを使えばちょい投げもルアーフィッシングってことになるのかな?

前回海釣りデビューしたS君がイソメを大変に気味悪がって、私もぶっとい青イソメのグロさに閉口、手も汚れて臭いし、今後はこのパワーイソメで行こうと購入。ブルーベリーの香りでこれならS君も安心だ。

再び漁港内を狙うが不発。

3r11

H氏が人工餌が原因では?ということで途中餌を買いつつ移動することに。

ちょっと走って富山県内のN漁港に到着。ここは私が初めて海釣りをしたメモリアルな場所。堤防が高くって苦手だなあ。

3r12


ううう、高いよ。

3r13


8時20分釣り開始。やはり外海側のテトラ帯には地元の常連さんっぽいルアー師が入ってジギング中。

そこではイナダやヒラマサが上がっていました。

3r14


地元の常連さんは6~7名に増えて、ローテーションで交代しながらの釣り(笑)。30~40センチのイナダ&ヒラマサは6匹ほど上がっていたか。

3r15


釣れているのはそのポイント1っ箇所のみ。けどテトラは滑りそうで怖い。われわれは結局最先端部分に入ったが、そこは釣りにくいよ。高いし根が多い。

さっきから釣っているおじさんに聞いたら、昨日はここでもイナダが釣れたらしい。くうう、またか。ナブラがあって、堤防際まで来たとのこと。この日はナブラは全く見なかった。

ボトムからのジギングのやり方を教えてくれました。どうもありがとうございます!けど私のシーバスロッドではやはり弱いらしい。30センチのまでのイナダだったら上がるが40センチクラスだと泳がれてテトラに潜られてしまうとか。投げ竿があったらそっちの方が良いとのこと。

おじさんたちは太目のロッドにPE4号巻いて、40グラムのメタルジグを遠投して底まで沈めていましたね。しゃくって落としたところで食うそうです。

このポイントは非常に深い。おじさんがいたところで水深30メートル、我々の所も底まで沈めたジグがなかなか上がってこないほど深い。しかも、根や捨てラインがあってジグのロストを連発。

S君もジギングをやってます。

3r16


なかなかカッコよくなって来ましたね。イカも相当釣れているようで、新しい墨跡が沢山ありました。

この高さの場所で釣っています。

3r17


怖くて苦手だあ・・。

根魚を狙っていたH氏もあまり釣れないのでジギングに転向。

3r18


この日はこのポイントには青物はまわってこなかった様子。S君と私はちょい投げをするも不調。

結局ここも我々には釣れませんでした・・。11時撤収。

高速に乗って新潟県へ。糸魚川で降りて昼食。

ここは好きです「きときと寿司」。

イカの3種握りでスタート。

3r19


コウイカの塩炙りが旨かったな。これはリピート。

白身魚の3種握り。

3r20


スズキ、カワハギ、真鯛。地場の魚です。やはり白身魚が旨い土地。真鯛がやはり旨くリピート。

お勧めのタコの頭。

3r21


その他、ブリ、コハダ、甘エビ、生ホタテなどなど。デザートにチョコケーキも食べてダイエットは完全放棄。

3r22


今回は釣りじゃなくって、喰いがメインになっています。

さて、糸魚川で釣り。サーフで投げてみようってことで、須沢海岸へ。

3r24_2

小石でゴロゴロする・・・。

生命反応なし。一度も当たりません。まだもっと沖にいるのかな。ちょい投げではでは全く無理でした。生き餌でもつれないのでパワーイソメの所為ではなさそうです。

撤収。

3r25_2

どうしたものかねえ・・。落ちギスっていつ来るのでしょうか?10月21日でこの状態。

姫川港を見てから、前回メゴチが連荘したU漁港に行って鬱憤を晴らすことに。

クロスビート764TULFSに10gのチョメリグでの港ちょい投げ仕様。

3r26

1投目でメゴチをゲット。これでボウズを逃れました。

3r27

天気もいいし、椅子に座って静かな海面を見ながらのんびりとちょい投げ。

3r28

しかし、その後も当たらず。ジャリメで釣っているH氏もハゼやフグ。

ああ、見上げれば秋空。これで釣れればなあ。

3r29

ここで釣れだしたのがS君だ。天秤に2本針の仕掛けで、一人でアジを釣っています。しかもダブルも。

どうやって釣ったかというと、遠投して、前半にやったジギングのしゃくりの感覚が楽しかったのでしゃくったら釣れたとのこと。

3r30

つまり、ちょい投げ仕掛けでリフト&フォールの釣りをやって、パワーイソメでアジングを成立させたのだ。

魚紳さんなら「うーん三平君、常識にとらわれない釣り、見事だ」と唸ってしまうところ。

いろいろ釣り方があるもんだなあ。私も柔らか頭で釣らなくちゃな。

U漁港ではS君が竿頭。成長したな、S君。

私は結局、メゴチ1匹・・。今までで一番悲惨な海釣り。ジギングもアジングもちょい投げも不発でもう飽きた~。

3r31

17時撤収。美味しいラーメンを食べて帰りました。H氏、S君お世話になりました!

青物の回遊もすぐ側で見るだけ、キスの接岸にも合えず。

遠投もやってみればよかったか・・。

富山方面から青物の釣果が聞こえてきたし、11月に入ったらキスも寄ってくるかな?一ヶ月早かったか、そう何度も行けない釣りなので我慢すればよかった・・。

いよいよ地元での管釣り&ワカサギが始まりますので、今シーズンの海釣りはこれでお終い。次回は春ですかね。

|

« 魚津から帰ってきました。 | トップページ | ベリーズ青柳の午後・今シーズンスタート。 »

釣り・海釣り」カテゴリの記事