« SAGE SLT181-3。 | トップページ | ホワイトデエエーーイッ。 »

2014年3月 8日 (土)

赤霧島。

久しぶりに赤霧島を飲みました。宮崎の芋焼酎です。

0z1


あの大雪以来、どうにも疲れが抜けません。仕事も忙しくなって今週もヘロヘロ。日曜日も休日出勤が決定し、本日は完全休養。釣りにも行けません。もう酒で癒されるしかない・・。

先日、近所のセブンイレブンで入手した赤霧島。紫芋系の美味しい芋焼酎です。

宮崎の芋焼酎は優しい味わいが多いので癒されますね。鹿児島の芋焼酎は旨いのだがガツンと来るタイプが多く、勝負を挑まれるときもある(笑)。

この赤霧島、甘く、風味が良く、飲みやすく美味しい。芋焼酎を普段飲まない人にこそお薦め。

飲みやすい芋焼酎は芋の風味が薄いことが多いが、赤霧島はその芋の香り高く甘いまろやかな飲み口で飲みやすく、芋っぽさを残しながら飲みやすいというのは他になかなか無いと思う。

この華やかな独特の風味と優しい甘さは癖になります。

しかし、原材料の芋ムラサキマサリの収穫量が「幻の紫芋」ということで限られており、春と秋の年2回の数量限定出荷となっています。

もう人気になって随分経つので、増産可能とは思いますが、これがメーカーの戦略なのでしょうね。定価は1234円(税込み)。

春秋の出荷日直後に定価で見つけたら買って飲む。年に2回の出荷日直後ならセブンイレブンでも売っています。

セブンは酒コーナーで霧島と黒霧島を定番品として取り扱っている関係から、赤霧島も限定出荷日に割り当てが有るのでしょう。セブン強いぜ・・。

こんな風に買った。

0z3

赤霧島は定価で買えたら飲むってことで。

0z2_3

食生活がバレてしまった・・。

近所のセブンでは4本並んでいたので一本買った。

やっぱ旨いな。口当たりも良いので、数日で一瓶飲んでしまったよ。

0z4

なので、もう一度同じセブンに行ったらもう売れ切れていました。

仕事帰りに職場の近所のセブンに行ったら1本残っていたので購入。

この独特の甘い香り、口当りのまろやかな甘さ、に対して後半の渋みのような辛さというか苦味が出る所が、バランスがどうなのかな?と思っていましたが、これがまた飲み口のキレになって、ベタッとした甘さにさせずに飲み飽きしないのだな、と今回飲んで思いました。

もうスーパーでも普通に売っている三岳と一緒に、キッチンカウンターに並べて2本目はじっくりと飲んでいます。

0z5_2

以前の焼酎ブームの頃にプレミアムとか言われて高騰して入手困難だった焼酎が、徐々に手に入りやすくなってきて嬉しい限り。

お酒に癒される毎日です・・。

|

« SAGE SLT181-3。 | トップページ | ホワイトデエエーーイッ。 »

飲んだ焼酎」カテゴリの記事