« キャスト練習開始・ライトスタッフ7’10”#3。 | トップページ | ベリーズ青柳・癒しのチャート祭り。 »

2014年3月28日 (金)

烏川でフライ釣り・平日なのに・・・。

休暇だ、休暇だ!今年に入って初めて平日の休みが本日、休日出勤の振り替えで取れました。

なので、ゆったりと平日の渓流でフライ釣りをやろうと、住んでいる高崎市の烏川に行って来ました。

0t1

解禁直後はまだドライフライへの反応がイマイチな感じなので、私の渓流フライ釣りは3月下旬がスタートです。

キャスト練習の後、烏川に行くのが恒例。結構過去は自分としてはいい感じで釣れましたから。

2011年4月9日。

2011年4月17日。

2013年3月30日。

この時期は昼ごろが良かろうと、10時ちょい前に自宅を出発、10時半頃には、いつも釣っているポイントへ。渓流というより里川って感じの流域です。

上の画像の有名な堰堤がある所ですね。車を停めると・・・。

ああ?あっれえ~?

対岸に車が3台・・。橋の下流に一人、橋の真下に一人、この堰堤でルアーマン。

みんな距離近っ!このポイント混み過ぎ。今日平日だよなあ・・・。

私は堰堤の上流がお気に入りポイントなので、上に行ければいいんですけど。ルアーマンが対岸なので会話も出来ず、このポイントはやめましょう。折角の平日釣り、人がいないポイントで釣りたい・・。

次のポイント。さらに上流へ。ここは入り口がわかり難いので空いているはずだが・・。お?誰もいないか?

ここから始めます。

0t2


ちょっと水量が多いかな?この時期は渇水気味なんですが、あの大雪が解けているのか、昨日の雨の影響か。自分としてはちょっと釣り難い。流れが速いのが苦手だし、川を歩くのが怖い・・。

うーん出ないなあ。

以前はこの辺りで出たんですけどね・・。少し流れも変わったし。

0t3


この手前の流れで小さいのが来たので、しつこく流すともう一度出たけどフッキングせず。

反応無いなあ・・。と思ったら先行者がやっぱりいましたよ・・。なんか水が滲んだ足跡があると思ったらねえ。

橋まで来たけど、反応はあれだけ。

0t4


あれ?コケたっけ?レンズに水滴が。

橋手前の堰堤も、橋周辺も反応無し。

橋上の堰堤。ここは初めてやるなあ。

0t5


ここから真正面にキャスト。あれ?どこにフライが行ったのか?見失ったのでピックアップした瞬間に喰ったみたいで、白い魚体が跳ねてゴンゴンと手応えがああ!

ビックリしてラインを摑み損ねてあわあわしているうちにバレました・・。

くうう、デカかったぜえ・・。バーブレスフックじゃなけりゃ取れたよなあ。いや、向こうアワセだから諦めよう。あれじゃあ釣ったって釣れちゃったわけで釣った事にはならないさあ・・。

こっちから狙わなきゃダメだったか。

0t6

1投目は大事だな。なんとなくキャストはしちゃダメ。あといいポイントはキャストする場所も良く考えよう。勉強になったなあ・・。

左の流れで良い型のがチェイスしてきたが、戻ってしまった・・。

ふと見ると、堤防の上から餌師がこっちを見ている・・。入りたいのですな。堰堤上は反応が無いのでここはおしまい。

橋まで戻ると一人釣っています。

0t7


橋下の堰堤でもう一人・・。

0t8

さらに道に駐車した車の中で一人順番待ち・・。


人大杉だろうがああーーっ!しかも距離近過ぎ!

折角の平日休みなのに何故?今日は皆さんも休暇なんですか?

車に戻る。こういうポイントね。ここはいい感じだが。成魚放流は無いけど、もう少ししたら稚魚が育ったのが反応してくれるかなあ?

0t9


水がもう少し少ない方が好みですけどね・・。

そろそろ空いたかな?と最初のポイントへ車で戻ります。

今度はいつもの駐車ポイントに車2台かよおおーーーっ!

橋の下で一人、橋の下流に一人・・。

まあ、先週末に延期されたいた最初の成魚放流があったので、解禁直後の雰囲気になっているのでしょう。

諦めて少し上流のポイントへ。ここは誰もいなかったけど、やはり最初のポイントに未練が・・。

ここで釣らずにまた戻ると1名お帰り。橋の下流の釣り人は橋の真下へ。よし、下流へ行こうか。ここは初めて入ります。

橋から下流へと歩く。堤防からはイノシシ避けの電流線が張られていてカーボンロッドを持ったまま跨ぐのは怖いので、枯れた芦を掻き分けて河原を歩きました。

0t10


この辺りでよかろう。んん?橋から見たらフライ向きの流れでしたが、思ったより流れが激しいよお・・。

0t11


水量が多い・・。深いよ。かなりビビリながら川を渡る。向こう側のほうが流れが緩そうだから・・。

けど同じか。私の技術だと流せる流れも限定。少し流れの弱い所。

0t12


流れの手前で2回出ましたが掛からず。くうう・・。

思い切って流芯を流すと、出た!

0t13


奥の流れの真ん中。

けど抜けた・・。あれえ?掛からない・・。

ちょっとフライにはいい感じの流れになった。

0t14


左側で小さ目がチョポっと来たけど、合わないなあ。うーん。

早い流れの僅か手前にのせると、ボチャッと来ましたが。

0t15


はううう・・。橋の下流は魚はいるようです。餌師2名の先行の直後で反応はありますから。

けど、スレスレですね・・。食いが浅い感じ。相当人が入っていますから、もうスレちゃったのか。あわせもまだ下手くそなんです。徐々に慣れるでしょう。

けど、ドラグが掛からないように流せれば速い流れでも結構追ってきますね。今ままでは緩い流れ専門でしたが、今日は勉強になったぜ・・。

ただ、下流から上流へ風があったので、難しかったなあ。

今回は、スコットのG803JSを使いました。8フィート#3の日本モデルね。

0t16


しなやかだと思っていたが、先日振ったライトスタッフの後だと張りが強い・・。やっぱライトスタッフは使いやすいよ。ちょこっとしたアクションで同じポイントに打ち込みなおすのが簡単だもの。次回はライトスタッフにしよう。

リーダーは7X9ftにティペット7Xをひとヒロ付けたが、風に弱いなあ・・。フライはパラシュートの#16でバランスはいい感じだったけど。

フライが見えないねえ。目が悪くなったよ。メガネの度を上げようかなあ。

ここで最後の勝負と。奥の流れの僅かに手前。奇跡的にドラグが掛からないと・・。ボコっとこの日一番の出方で!

0t17


やはり掛からず・・。今日はダメぽ。ガッツリ喰ってくれないのか、アワセが下手なんだな。

やっぱ大きな流れは苦手だよ。ドラグが掛からないやり方をもっと研究しないと。

もっと小さい川に行こうか・・。

最後に、話しのネタに有名な堰堤を。

0t18


今日ここに入るの、私で10番目くらいなんですかねえ(笑)。何の反応も無し。

こういうところに立つと、やっぱ渓流ルアーやるかなあ、って思います。

もう足ががくがくなのでお終い。帰り際に2台車が来る。二人知り合いじゃなさそうだけど、えらい近づいて釣り始めますが、そんなにいいポイントなのか・・。

今日は2箇所のポイントで7~800メートルを釣り上がりましたが、11人の釣り人と一緒に釣りました(笑)。

平日の休みが意味無し・・。

まだドライフライには早いのかなあ?2回目の放流以降にまた来ましょうか。

結局堰堤上には入れませんでした。

0t19


魚の姿は見られなかった。魚がいるところでは出たし、向こうアワセで1バラシってことで。また次回に期待しましょう。

しかし、平日がこれじゃあ週末はどうなっちゃうんだろうか?やっぱ解禁直後の状況なんですかねえ。

フライ釣りの難しさを痛感した一日でした。だから奥が深い。ちょっとした流し方の違い。それが僅かに見えたか。私はまだ入り口です・・。

|

« キャスト練習開始・ライトスタッフ7’10”#3。 | トップページ | ベリーズ青柳・癒しのチャート祭り。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/59371666

この記事へのトラックバック一覧です: 烏川でフライ釣り・平日なのに・・・。:

« キャスト練習開始・ライトスタッフ7’10”#3。 | トップページ | ベリーズ青柳・癒しのチャート祭り。 »