« 花粉症終了宣言撤回・・。 | トップページ | 横川グルメ紀行その1・越後屋食堂。 »

2014年4月19日 (土)

ジョイント☆ライブ。

またライブに出演させていただきました。

おおーーーっと、またもやスポットライトの逆光で顔が見えなくなりまして、すんません(笑)。

0i6


職場のジャニーズ系若手S君と結成しましたアコースティックフォークユニット「うず」は、今回名前を「ぐず」に改めました。

地元の吹奏楽バンドのコンサートにお呼ばれいたしまして、共演となりました。どうもありがとうございます!

今回の会場は某会館の小ホール。

0i1


いよいよ我々もホールツアー開始か?職場以外でライブをやるのは初なので緊張。

0i2

結構お客さんも入りますね。

吹奏楽バンドの演奏曲の一つが、我々が前回ライブで演奏した曲とたまたま同じだったために実現しました。あの「ゆず」の名曲です。初のジョイントライブ。

しかし、我々は調はCでやったがブラスではB♭だった。

なのでギターはカポしてGでやります。ギター初心者のS君はG調はまだ弾けないので、今回はボーカルに専念。

我々の立ち位置はこちら。主役は吹奏楽なので端です。

0i3

マイクのセッティングは、流石はホール、専任の音響スタッフさんがいらっしゃって、セットしてもらいました。くうう、プロっぽいぜ。我々もとうとうここまで来たかあ。


今回もマーチンD-18(1975年)にM1パッシブピックアップでローランドAC-60に出力。

0i4


この辺は自分でセッティングします・・。

リハーサルはここまで2回。キーが変わったのでS君は低いと緊張気味。管楽器とピッチをあわせるのが大変でしたが、なんとかなった。

直前リハーサルで、バランスを取る。

0i5

脇役なんでギターの音量はでしゃばらないように。邪魔にならずそれでいて聴こえやすくする。ミッドを絞って小さい音でも通るように。ビブラホンのような音にしようと思った。

S君とは事前に衣装合わせをしましたが。チェックのシャツにジーンズにして、ちょっとフォークっぽくしようと。

しかし、S君、なんじゃその格好は?チェックってそういう今風のじゃなくて、こういうチェック!ああ?ジーンズは?

「いや、ボク、就職してからもうジーンズって履かなくなっちゃって、持ってないんですよ・・・」

仕方ないなあ、じゃあバンダナは?頭にバンダナ巻くって言ったろう?え?バンダナ持っていないの?じゃあ2枚持ってきたから、これを折りたたんでこう鉢巻みたいに額に巻いてよ。

「え?いや、それは、今時は無しなんじゃあ・・。」

なにい?バンダナを額に巻かなくちゃ「ゆず」っぽくならんだろう?

「いや、「ゆず」がバンダナ額に巻いているの見たこと無いっスよ!本人達やってないから!」

ああ?一緒に昭和の雰囲気出そうじゃないか!さあ、額にバンダナ巻いて。お!似合うじゃないか!昭和のフォークっぽいぞ!

「だから「ゆず」昭和じゃないから!平成のバンドですよ。無理、無理っすよバンダナ・・・」

ちっ・・、じゃあ、せめてバンダナを腕に一緒に巻こうぜ。これならアリだろう?

「バンダナ自体がもう無いっス。やめましょう。無理無理・・・」

くう、昭和のフォークを理解できないとは・・・、残念。今風にやるしかないか。

さあ、演奏。まさか最後の曲で出演とは。いいの?

お客さんはほぼ満席と盛り上がりました。S君も熱唱。心をこめて歌い上げていましたよ。

0i7

しかし体型が二人違いすぎるな・・。

吹奏楽も凄く上手で感動的な演奏でした。盛り上がってよかったよ~。また呼んで下さいね。

やっぱ、バンドはライブは楽しいね~。

|

« 花粉症終了宣言撤回・・。 | トップページ | 横川グルメ紀行その1・越後屋食堂。 »

ギター」カテゴリの記事