« 直江津ちょい投げ釣り&上越高田呑み・その1。 | トップページ | 0次会は生ビール200円・(わさび・高崎)。 »

2014年7月20日 (日)

上越高田呑み・その2・雁木亭。

さて、前回の続き、釣りよりもお楽しみの上越高田の街での飲み歩きです。

3f1

雁木と呼ばれる各家が雪避けの軒を歩道に出した昔ながらのアーケード街を歩き、前回書いた1軒目の後、先ほど開店時間をうかがった「雁木亭」へ行きます。

3f2

上越高田の地元料理と、越後の地酒の居酒屋さんです。地産地消のお店とのこと。やはり旅行者はこういう店に行かなくちゃ、期待です。

暖簾をくぐると、愛想の良い若いご主人と女性が向かえてくれました。座敷にはグループ、我々はカウンターへ。


3f3

黒板にメニューが沢山書いてあります。これは豊富な、どれから食べようかな?

お通しは、玉蒟蒻と蛸の煮たのと、カレー風味のマカロニサラダ。

3f4

飲み物は・・。さっき生ビールは飲んだので地酒を行こう。黒板左側に越後地酒のレギュラー酒が。


3f5

地元の上越は直江津の隣駅の谷浜にあるという「能鷹」を頂く。


3f6

くうううー、うまいねえ。

まずは地元の魚だな。

3f7

お刺身は、マゾイとマゴチ。


3f8

甘みがあって旨い。

さらに岩牡蠣。


3f9

じゅるりんと。

黒板にはメニューがびっしりと。どれにしようかな・・。やっぱ地元料理です。


3f10

上越名物する天。

3f11

するめイカの天ぷらです。旨いよ。

能生産・幻魚の干物。

3f12

魚津では「げんげ」と言ったか、この辺りでは「げんぎょ」と読むようです。日本酒に良く合いますなあ。

次のお酒はと。こちらのホワイトボードは高級なお酒のようですな。


3f13

地元の季節限定酒と、県外の酒は旅酒と書いてあるよ。

長岡の、想天坊じゅんげ(辛口純米吟醸おりがらみ生酒)を頼む。

3f14

くっはああーー。うめえ。

自家製エゴの酢味噌。


3f15

えご草で作った寒天みたいなの。これは渋い味わい。

うに味噌きゅうり。

3f16

さっぱりっするう。

ご主人は地酒に詳しい。

左がさっきのじゅんげ。右がH氏が飲んでいた村祐の無濾過本生。


3f17

村祐は新潟市の小須戸にある超少量生産の蔵です。

ご主人との話も弾む。地元の旬な野菜を紹介してもらう。

上越野菜シリーズで。

妙高採れ焼き竹の子。

3f18

姫竹ってやつか?こうむいて・・。

3f19

ぽりっとやるといいねえ。

十全なすの漬物。

3f20

十全なすとは、巾着型の新潟特産ナスです。漬物が一番だそうです。

これは、ありそうでなかったような。焼き枝豆。


3f21

これは枝豆を茹でずにそのまま焼くという。香ばしくて旨い。

次の酒は、店のオリジナル酒・能鷹吟醸酒「雁木亭」

3f22

これぞ地酒だな。旨い~。

地元料理と地酒を堪能しました。地元のお話も伺い、とても良い店でした。


3f23

雁木亭、上越高田に旅したら、是非行ってみて下さい。


3f24

さて、ほろ酔いの我々おっさん2名は、さらに次の店を目指しますが。

前回、とても良かった店、ご夫婦がやっている餃子専門店「おばこ」に行く予定だったのですが、どうやらもうやっていないとの話を聞きました・・。残念。

雁木の街を歩く。渋いところだよなあ。


3f25

もう口の中は餃子気分なので、ホテル前の中華店に入りました。


3f26

生ビールに餃子、あんかけヤキソバにレモンチューハイで〆。

9時半にはホテルに戻ります。

年季が入っていますが、昔のシティーホテルです。


3f27

シングルで予約しましたが、中はなんとツイン。

3f28

ベットは一つしか使えませんが、部屋が広い広い。

部屋に必ず置いてある大きめな二人用のソファー。

3f29

これで1泊3800円也。激安のホテルですよ。古いけど快適ですよ。

3f30

既に常宿になりましたね。

翌朝4時に起きまして、激しい雨の中、直江津へ釣りに行きましたよ・・。

旨い酒を飲んだ、上越高田の良い夜でした。

|

« 直江津ちょい投げ釣り&上越高田呑み・その1。 | トップページ | 0次会は生ビール200円・(わさび・高崎)。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事