« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

さよなら、9N・ポロ。

さあ、出掛けようか。

2m1


使い込んだ見慣れたキー。

スペアキーも持って。

このVWのキーホルダーは、ポロが納車の時に、ディーラーで購入したものだ。営業レディーのTさんと選んだのだっけ・・。

キーホルダーを外して、家の鍵に付けた。

この駐車場でポロを見るのも最後だね。

フォルクスワーゲン9N型ポロ・SE(サマーエディション・限定車)。

2m2


一緒に良く走ってくれたね。あまり遠くには連れて行ってあげられなかったけど。やっぱ出先で止まったら困るよなあ、とか思っていたのかもしれない。

初めての外車だったが、私の信頼にこたえてくれた。

このドアを開けるのもこれが最後。

2m3


8月某日、ポロの車検が切れる。新車購入の下取りに3万円で出したポロよ。

そのまま廃車となると思っていたのに、新車購入したディラーの営業さんは、このポロをオークションに出すという。「こういう外車、好きな人もいるから、売れると思うのですよ」と言った。

ああ、このままこのポロは、廃車となって誰の手にも染まらずに、私だけの思い出だけを乗せて、この世から無くなると思っていたのに・・・。自分の手でこのポロを終わらせたかったのに。

売れないとは思うのだが、もし誰かが再びこのポロのハンドルを握るのならば、どうか可愛がってやって欲しい・・。

ディラーが他の場所に移動するのに自走できた方が良いだろうと、車検が切れる数日前にディラーへ持っていく。

このシートに座るのもこれが最後か。

2m4


私の体に馴染んだシート。使い込んだハンドル。ドアを閉める。

重厚なドアの閉まる音はポロの誇りでもある。VWはこの高級車のようなドアの音を出す為にもお金を掛けている。後部座席のドアの音とは全然違うのだ。こういうこだわりが好きだった。

さあ、キーを入れる。挿入るよ、お前に挿入るのもこれが最後だよ・・。

2m5


あああ、挿入ったよ・・。キーを回すよ・・。このポーン、ポーンって音もこれで聴き納め。

2m6

いつものように、エンジンが掛かった。ポロはエンジンが掛からなかったことは一度も無かった。ありがとう。

アイドリングの振動の少なさも当時のゴルフを越えていたんだよなあ。

助手席にはあまり人が乗らなかったから綺麗だな。

2m7


もう結婚してから買った車だから、女の人はそんなに乗らなかった。妻が殆んどだよ。

亡くなった父を乗せたこともあったな。長野の宿場町まで行ったっけ。最後の方は病院ばかりだったな。

最後に乗った人は、ああ、あの人だったか。それも何かの縁だな。

おっと、走り出す前に、カーナビのデータを消去しなくちゃな。私の自宅とかいった場所がわかっちゃうし。

取り説を見ながらリモコンで操作。

2m8


やり方は簡単だった。データをクリア。消去しました。

2m9


これでよし。さあ、出発だ。

2m10


手に馴染んだシフトレバー。

サイドブレーキを解除し、発進。

2m11


最後の走りだ、ポロよ。

数キロ先のディーラーに到着。いつものように、当たり前のようにポロはスムーズに走ってくれた。

ディーラーには、新車が納車になるまでの間お借りする、初代フィットが待っていた。

2m12


9Nポロと同じ頃にデビューした初代フィット。GDフィット(2001~2007年)、9Nポロ(2001~2009年)と同じ時代を走った2台を乗り比べるのも良い機会だ。

180キロ以上の数字が刻まれた速度計は今後もう見ることも無いだろうな。

9Nポロの最終走行距離。

2m13


98256キロ。

もうちょっとで10万キロだったな。

よく走ってくれたよ。大きなトラブルも無く、無事にここまで走れた。

あまり遠出もしなかったが、通勤メインでコツコツと走り続けた。

ありがとう9Nポロよ。

9年間、98256キロをお前のおかげで無事故・無違反で走れたことが誇りだ。

これで見納め。永遠のお別れだ。9年間雨風に晒されても、重厚な塗装はへこたれることも無く、輝き続けてくれた。

2m14


過去、新車や中古車と何台か車を所有したが、最も長い時間、長い距離を乗った車だ。初めての外国車。スペックではない車の乗り味というのを教えてくれた車だった。

色々あったが乗り飽きなかったのだ。手放したくなかったが、これが別れだ。そして別れがこんなに悲しく寂しくなった車はこのポロが初めてだ。

さようなら、フォルクスワーゲン9Nポロ。

|

2014年8月26日 (火)

横川グルメ紀行・その5・山形屋。

某日、豪雨の峠道を走り、再びH氏と横川グルメです。

今回も番外編で前回の続き、碓氷バイバスを軽井沢方面に走りトンネルを抜けると3軒続く食堂の2軒目です。

山形屋さんです。

2n1


この三角屋根のドライブイン風の建物、屋根の上には大きく「釜めし」の看板が出ているお店。釜めしといえば横川の名物ですが、あれはおぎのやさんの独占。そこと勝負するかの大看板を掲げながら、果たしてこの店に本当に釜めしのメニューがあるのか、気になっていたのです。

今回の画像も、H氏撮影のものをお借りして掲載します。

看板もでかい。メニューは豊富そう。鯉こく・・・。

2n2


やはり国道沿いのドライブインのイメージ、大型トラックや営業車で人気です。人家の少ない山の中です。

さて、豪雨の中を中華そばの暖簾をくぐって入店です。

おっと、店内は結構昭和な感じです。素敵だあ。テーブル席が3つと、カウンターっぽいテーブル席と、座敷にもテーブルが多数。

先客6名で四人掛けのテーブルは全て満席、座敷に座ります。

まず、目をひくのはレトロなプラスチックっぽい看板たち。このお会計看板や、メニューは素敵。

2n3


おっと、釜めしの看板もありますね。カラーリングがナイス。

2n4


こちらもメニューが豊富です。

前回同様、メニューは食べつくしたいと思うのですが、こちら相当数のメニューがあるため手強そう。

この渋い看板のメニュー研究をします。定食は・・・、

2n5


やはり鯉こくがありますね。山菜定食はどんなものだろうか?内皿って?肉皿か・・。のり玉はふりかけじゃなくって海苔と卵ってことか?

続いて、

2n6


うおおーーっ、釜めしがあった。むう、どんな釜めしなのか気になる。ラーメンとそば・うどんがランダムに並ぶ。

2n7


そばうどんも充実。珈琲まであるとは。とん汁やみそ汁はどういう組み合わせで頼めばよいのだろうか?

メニューはこれだけではありません。昔ながらのクーラーに貼ってあるのは、

2n8

これは飲めますね・・。

そしてこれがお勧めメニューなのだろう。現在の主力メニューかもしれない。数々のオブジェに飾られて並ぶ、特製と書かれたメニュー群だ。

2n9_2


特製カツラーメンはそそる。下仁田では普及しているらしいよカツラーメン。特製カツカレーはトラックの運ちゃんが食べていたが結構ボリュームがあったよ。

野菜炒めラーメンは店名を付ける程なのだからイチオシのメニューだと思われ。

さあ、何にする?

店は気さくなおばちゃんと、厨房はおじさんがやっているようです。太った猫も寝ています。

H氏もこの店に来るのは数十年ぶりらしい。まずはこの店の基本の味を知ろう・・。

暖簾にも書いてあった「中華そば」を2つ!

さあ、来ましたよ。おばちゃんは座敷のテーブルには手が届かないのでお盆を受け取ろう。

中華そば、500円。漬物が付いています。

2n10


おお、昔ながらの中華そばスタイル。具にはいんげんやワカメ、小松菜も入っていたか。漬物はキャベツの浅漬けときゅうりとミョウガと沢庵です。

おお、色は濃い目だがやや薄味の上品な味わい。麺はストレートタイプ。茹で加減も丁度良い。

2n11


チャーシューも脂身の多いとろっとしたバラ肉で旨みたっぷり。スープもほのかに甘さが漂う。あっさりして食べ飽きないタイプ。この甘みは魚介というか蕎麦のかえしも入っているのではとH氏は分析。後味にはグルタミン酸系の余韻。これはこれで懐かしいアミノ酸の味わい。飲み干したどんぶりには大量の胡椒があったが辛くはなかったよ。昭和の味わいが好きな我々には満足な一杯でした。

これで基本な味はわかった。次は野菜炒めラーメンか、カツラーメンかな。カツカレーも旨そうです。

山形屋さんはトラックの運ちゃんに愛されている。碓氷バイバス沿いの食堂はメニュー豊富のようだから、メニューを食べつくすのはかなり手強そうですね。今後は、醤油ラーメン、カレー、看板定食に絞って食べ歩いてみるかな。

碓氷バイパスはあと2店だが、次に行けるのはもうちょっと先かな。横川グルメは訪問済みの店の再訪問編へと続きます。

|

2014年8月25日 (月)

夏休み最終日。

今日が最後の夏休みでした。

今年の夏は、2回に分けて夏休みを頂きました。そもそも私の職場は、7~9月の間の好きな時期に夏休みを3日、有給休暇を連続4日まで取得してよろしいというシステム。

といったって、取れない~。はっきり言えば夏休みは3日間です。土日曜を絡めて上手に連休にします。

お盆に人間ドックを入れて5連休を頂きました。今週末に第二段として4連休です。

今日は、今年最初の丸々1日での有給休暇を頂けました。

雨だけどな。

2o1

はははは。涼しくていいや・・・。

今年の夏休みは何処にも行きませんでした。例年のような旅行も、小田原にも都内にも行きませんでした。キャンプにも釣りにも、自転車にも乗らず。

もう全く、やる気が無いのです。もう、仕事で疲れきっているのです・・。

近所のコンビニが最も遠くに行った場所でした。ビール飲んで高校野球をTVで観るのが最大のお楽しみでしたよ・・。

けどね、今日の夕方、床屋さんに行きました。

するとね、若いおねいさんスタッフが、お顔を剃ってくれて、シャンプーしてくれて、オプションの肩揉みをやってくれましたよ!

くうううう!最高っ!若いおねいさんと色々お話をしました~。プライベートもちょっと聞いちゃったよ。休みの日は一日家で飲んでいるんだってさ。今度一緒に飲もうよ!飲みたいなあって心の中でつぶやいたよ。

ああああ、生き返った!若いおねいさんとのおしゃべりは最高に楽しいやっ!

最後の最後で、良い夏休みになりましたっ!

休めば休むだけ、職場は酷い状況になって行きます。自分ひとりで何とかするしかありません。

明日から、また辛い日々じゃなあ・・・。

|

2014年8月24日 (日)

フィット3・13G・Sパッケージを契約・オプション~値引き~ローン設定。

前回の続きです。6月下旬、フィット3・13Gの試乗後に商談開始です。今回は長くなりますので、フィット3に興味のある方はどうぞ。

購入予定の車種は13G・Sパッケージです。理由は前回書いたとおり。

ここでフィット・13Gの装備のおさらい。車全体のことはメーカーのサイトでも見ていただくことにして。

1・3リッターエンジンを積む13Gは、フィットのベーシックグレード。「おう、この車で一番高けえ奴をくれい!」ってタイプの人はハイブリッドを選ぶと思うが、こういうコンパクトカーはベーシックグレードにも力が入っていると思うので、13Gも選ぶ価値はあると思う。そうでなければ世界戦略車にはなれないだろう。

やはりこのグレードは燃費を最重要としています。1・3リッターは16バルブDOHCエンジン。昔だったらスポーツカーのエンジンだ。しかもi-VTECっていう可変バルブタイミングのホンダお得意の高回転でパワーを出せるシステムが入っている。

ホンダ車はこれで3台目の新車ですが、若い頃に乗ったインテグラは1・6リッターSOHC16Vの2連キャブレター(!)で105PS、次のオルティアは2リッターDOHC16Vのインジェクションで145PSでしたが、これは素のDOHCなので、今回が私の初VTECです。

燃費を良くする高効率エンジン、アトキンソンサイクルエンジンという。

1p23

どんなもんだか気になる人は調べればよいとして、とにかく高効率らしいよ。

アトキンソンサイクルエンジンは燃費は上がっても排気量並より結構パワーが落ちるらしいが、フィット2のSOHCからフィット3はDOHC化され、出力はトルクがやや落ちたものの殆んど変わらず。

フィット2・1・3L  99PS & 12・8kgf・m

フィット3・1・3L 100PS & 12・1kgf・m  

昔乗っていたインテグラが1・6リッターで105PSだったのだから、今の車は何でも速いよな・・。

最高出力は6000回転で発生。タコメーターのレッドゾーンは6500回転と。ポロは5700回転からレッドゾーンだが最高出力は5000回転で発生。つーか5500回転も回らないし、そもそも9Nポロの最高出力は75PS・・・。しかも車重は1160キロとフィット3より130キロも重いのだ。そりゃフィットのほうが速く感じるよね・・。

気になる燃費は、そんな高効率エンジンのおかげで、カタログ値燃費はリッター26キロ!

フィットの初代ハイブリッド1・3Lのリッター26・4キロと殆んど変わらない。先代のフィット2のガソリン1・3がリッター21キロなので燃費は上がった。

しかし、これにはカラクリがあって、燃費リッター26キロはベーシックグレードの燃費スペシャル車のみ。燃料タンクを小さくしたりして車重を落としてあるのだ。

一般的なFパケではリッター24・6キロで100%エコカー減税。

私が選んだSパケはタイヤが太くてエアロパーツが抵抗になったのか、リッター24・2キロで、エコカー減税は取得税80%重量税75%減税と、トホホだが仕方ないな。それでもフィット2のガソリン1・3Lより燃費はリッター3・2キロのアップ。

まあ、実燃費は後でのお楽しみ・・。

エンジン以外にも、アイドリングストップが全グレードに標準装備で燃費を上げる。

1p15

さらに全車標準装備なのが横滑り抑制装置VSAです。

1p16_2

EBD(電子制御制動力配分システム)付きのABSとトラクションコントロールを組み合わせて、車の姿勢を安定化させるシステム。

これって国産車も義務化されるらしく、今の車はほとんど装備されているようです。

が、所有する9Nポロを購入した9年前に、ポロにはこれらが全て装備されていたが、当時の国産コンパクト車では確かデミオに横滑り抑制装置のオプションがあったと思うが、それ以外ほとんどの国産コンパクト車には装備すら出来なかったのだ。やっと追いついてきたね・・。

それとSパッケージの装備品として、エアロパーツとアルミホイールはメーカーの画像を見てもらうとして・・。

LEDヘッドランプはLパケとこのSパケには付いてくる。

1p18

かっちょいいね・・。オプションだったら付けなかっただろうけど・・。

あと、オートエアコン。タッチパネル式で世間では大不評(笑)。

1p19

そもそもエアコンはいつも最高最低温度に設定して使う私にとって、マニュアルエアコンで十分。

ダイヤル式ならば手元を見ないで操作できるのに、なんでこんなタッチパネルにしたのやら。

ポロはダイヤル式で、特に吹き出口セレクトダイヤルが360度回転するのがとても便利であった。しかも、VW車はポロだろうがパサートだろうがどの車もエアコンとライトのスイッチは同じ位置に同じ操作形状のダイヤルが付いていて、VW車どれに乗っても違和感無く操作できるようになっている(今は知らんよ)。

これだけはオプションしてくれたら、ダイヤル式にしたのになあ。

Sパケを選んだ最大の理由はこのパドルシフト。

1p17_2

これは13GではSパケにしか付いていない。あとはハイブリッドのSパケとRSね。パドルシフトが欲しかった理由は前回書きました。

メーカーオプションは何を選んだかというと・・。

やはり安全装備のあんしんパッケージ(6万円)。

サイドエアバッグとカーテンエアバッグ。これも9Nポロには標準装備だったが、国産コンパクトでは普通オプション扱い。

1p20

もう一つ、最近流行のシティーブレーキアクティブシステム。

1p21

30キロ以下で前方車両に衝突を回避する為に自動でブレーキが作動するシステム。アイサイトみたいに何でもアリじゃないよ。あまり期待してないが役に立って欲しい・・。

このガラスは値段が高いらしく、ホンダで自動車保険に入ればこの特殊なフロントガラスも保証してくれるらしいよ。

1p22_2

エアバッグとこれとセットで6万円ならお得じゃなかろうか?と思って装備。ていうか安全は大切だよね。

ヴィッツにはこのブレーキシステムは無い様だし、以前試乗したスイフトRSでは、両方の安全装備はオプションでも設定は無かったなあ。それもフィットを選んだ理由。

ナビパッケージ(4万円)も装備。純正ナビを装着する時必要で、装着用ハーネスとプリントアンテナ、バックモニターカメラとハンドルにコントロールスイッチが付いて、4スピーカーになる。

けど、純正ナビはえらく高いので、ナビパケの機能が使える汎用ナビをディーラーでまとめて仕入れてあるというのでそれにした。クラリオンの。ちょっと安いし営業さんが妙に奨めるので・・。スマホとの連動とか異なるようだが、私スマホ持っていないから・・。

さて、車の内容は以上で、やっと商談の話。

車の値段はこれ。

1p4

Sパケの定価は160万だが、さっきのあんしんパケとナビパケ装備仕様で170万円になった。

これにナビとかのディラーオプションを装着し、諸費用を入れると・・・、

210万円だよーーーっ!

前回のスイフト・スタイルと変わらんなあ・・。

ちなみにオプションはこれ。

1p5_2

ライセンスプレートはナンバーがむき出しになるのもどうかと思うので。

フロアマットはオプションでもろくなの選べないから標準でつけて欲しいよなあ。しかも高いよ!

ETCも相変らず値段高いね。ナビは汎用品でもこのお値段。純正より3万安いくらいだが、バックモニターは作動するって言うから。

諸費用はと・・。

1p6


自分で納車の時は受け取りに来るから、納車費用はカットしてよ・・・て言ったら、これは納車時に現金で返還してくれるとのこと。帰りにそれでなんか買ってこよう。

他にもカットできそうな費用があるよな・・。

まあ、この時はスイフトも気になるし、ポロも車検通すかもしれないし・・。と駆け引き。

値引きが提示されました。

まずは諸費用のカット。

下取り車関係がカットされ、諸費用で19337円値引き。プラス納車時返金5400円。

車のお値引きが

92391円也。なぜかハンパな数字だが、ありがとうございます。

これで199万円。

査定してもらったポロは、最早1円にもならないと思うが3万円で下取りとのこと。

実質14万ほどの値引きです。うーん・・。出て1年未満の車にしては良い方かな?これで196万円と。

ローン試算。スイフトのときと比較する為に頭金を5万円入れる。191万円を60回払いで返済。ボーナス時は10万円。

1p9


金利は3・9%。月々18500円・・。

無理やあああーーーーーっ!

そもそも今回は車検費用が無いからの新車購入。車検費用もそうだが、新車を買っても自分のお小遣いからお金を出します。家計からは1円も出ません。そういう家なんです・・。

宵越しのお金は持たない使いきりタイプなので私の貯金はほとんど無い。有っても使う予定あり他に。給料から生活費を取られ、実家には母の介護費を入れて、残りがお小遣い。貯金を月2万円して、ガソリン代と飲み代酒代は自分もち。これに釣りに行ったり趣味の道具を買ったりするとあまり残らないよ・・。月の支払は1万円以下にしたいの・・。

そもそもこれじゃあ、ローン設定が悪くて諦めたスイフトの時と支払額が変わらないじゃないか・・。

そこで例の、残価ローンで試算してもらいました。

すると営業さんは、残価ローンは現在キャンペーン中で金利が1・9%になるという。やったね!

1p10


ここがスイフトとは違う所でした。うーん、これなら買えるかあ?

しかし残価が52万円て、この車は5年後に52万円で下取りが出来るってことだよね?営業さんにこんな値段で買い取れるんですかって聞いたら大丈夫との事。そんなに人気が有るのか?ポロは3年後で25万円て言われた気がするよ・・。

車って財産じゃなくって消耗品だからこういう買い方もありだろう。けど、5年後に現金52万円も持っていないよなあ・・。これもローンに出来るというが。

皆さん5年後どうするんですか?これ払って買い取るんですか?営業さんは、いえ、殆んどの方が返却して新車に買い換えています、とのことです・・。

この日はこれで、検討しますと退却。翌週、再度商談です。

条件は変わらない感じですが、自分の方は1週間カタログを睨んだ結果、オプションを追加。

ポロやスイフトRSで、やっぱ本革巻きステアリングっていいよなーと思ってます。車で人間の体と接する部分だからね。

13Gに本革巻きハンドルはない。15Xからの装備。オプションであるのは合革製のハンドルカバーだけど装着することに。さらにポロで装備されていたシフトノブの本革巻きとサイドブレーキレバーには合革製カバーを装着することに。これらは針と糸でチクチク縫うのでサービスマン泣かせのオプションだと思うけど、営業さんはやりますよ!というので購入。

そこからなんとオプションで値引きを2万ゲットです!

これで総支払額は197万円に。オプション追加したからアップしたよ・・。

値引きは車両9・2万引きの諸費用2・4万カットのオプション2万引きで、下取りはゼロだと思ったのを3万円で取ってくれたので、自分の感覚として全部で16万ほど値引いてもらった。ありがたい。

再度、ローン試算。やっぱ現金は持っていたいので、頭金5万円は入れないことにしました。それでも月の支払が1万円を切らないと買えません、と最後の交渉。

結果。

1p13

支払価格が上がったのに月の支払が減って9600円になりました!

まあ、これは営業のおねいさんの技があってね・・。ボーナス回数が1回増えているんだよね。なるほどね。

けど、月の支払額が1万円を切ったら買うよと言った男に二言は有りません。支払のカラクリにすぐに気が付きましたが、気が付かないふりをして、契約!

フィット3・13G・Sパッケージを5年残価ローンで購入しました~。もともとポロの車検費用が無いことから始まった今回の新車購入作戦。これで車検を3年後に引き伸ばすことが出来たぜ!

え?5年後にこの車をどうするかって?

それは、もちろん、返却・・・。

これでポロとはお別れです。

1p14_2


9年も乗ったから、淋しい気持ちに・・。

最後にお別れドライブをしましょうね、ポロよ。

|

2014年8月23日 (土)

フィット3・13Gに試乗・その2・試乗~グレード選び~納期。

さて、以前書きましたフィット3・13G試乗記の続きです。

9年乗ったポロが8月で車検切れ、買い換えることになってのディーラー巡りです。赤いフィット3・ガソリン1・3リッターのLパッケージに試乗しました。6月末のことです。

2r9


うーん、後ろから見るとかっこいいですね。なんか、こう、斬新な、新しいデザインだね。

「近未来的ってよく言われますよ」と営業のおねいさん。

うん、それそれ、近未来って感じだよね。もっとも、私が子供の頃読んだ「未来の図鑑」では今頃車は空を飛んでいたはずなんだけどね、エアカー、とかいうのが・・・。

どこで未来への技術進歩は止まったんだろう。だから、まあ近未来ってことで。

デザインは・・、このリアランプ、ボルボのパクリじゃあ・・。

ホンダはデザインで昔はBMWを結構パクっていたイメージだが、最近はボルボなのか。次はアウディをパクリそうだな・・。まあ、ホンダをパクってラインナップ作る某国内メーカーより良いか。最近ではお互い様だしね。

フィットはBセグメントと呼ばれる位置の小型車です。そのBセグでの目指す車、ベンチマークと言われるのがこのポロです。

1p

2001年に欧州デビューしてから13年前の車であるこの9Nポロ、そろそろ国産コンパクトはこいつを追い越しているであろうと期待しての試乗です。

このポロを購入した9年前。ポロの直進安定性、的確なハンドリング、コントロールしやすいブレーキ、フラット感溢れる乗り心地など、ドッシリとしたその乗り味は、軽快感を出した当時の国産コンパクトとは違った。小さいのに大きな車に乗っているような安心感があったのです。

当時ヴィッツの1・5リッターよりポロは30万円ほど高かった。けど、今では普及してきたが当時の国産車コンパクトではオプションでも選べなかったような安全装備がポロには標準装備。サイドエアバッグ&カーテンエアバッグ、横滑り防止装置ESP、前後輪制動配分機能つきのABSやトラクションコントロールも標準。この装備を考えると国産コンパクトとポロの値段差は少なかったと思う。

以前試乗したスイフトはこの9Nポロを研究した感じはあった。フィット3は開発時期から現行ポロを相当研究していると思うのだ。

走りはもとより、装備はどうだ?前回書いた9Nポロに装備されていたフィン一体型のワイパーゴムはフィット3に採用されているな。あとは、ウィンカーレバーを軽く押すと3回ウィンカーが点灯するとか、9Nポロでおせっかいだと思った機能も装備されているだろうか?

さて乗り込むと、13Gはハイブリッドや15Xに比べると内装はちょっとしょぼい。ダッシュボードはややプラスチッキーだな。

1p2


タッチパネル式のエアコンも使い難そうな・・。キーはポケットに入れておけばドアは開錠されるし、ボタンを押すだけでエンジンスタート。

走り出すと、スルスルスル・・・とスピードを上げる。なんかスムーズです。街中の混雑路です。車体が軽く感じるほど、通常の街中の走りでは良い加速です。低速トルクは良く出ている?十分なパワーじゃないだろうか?信号では加速でリードできるけど、すぐ前がつかえるからアクセルを踏み込めませんでしたが。低速トルク重視なのか?こういう車は踏み込むとアレ?っと思う程加速してくれないが、フィット13Gはどうか?今回は街中で試せませんでした。VTECが付いているので高回転も回るよね?ホンダだし。CVTで高回転を使うなら、スイフトRSを試乗したとき楽しかったパドルシフトは是非欲しい所。

乗り心地は悪くない。硬くもないし、このスピードなら跳ねないし、段差もうるさくない。

ハンドリングは、街中の交差点での直角カーブメインだが、コンパクトらしく回頭性良く、するっとノーズが入る。ロールもそれ程せずにスーと曲がってくれます。ちょっとパワステが切った感じと曲がっていく量があっていなくて違和感あったけど、ポロの電動油圧式パワステの確実さと比べてはいけない。アレだってハンドルが重いのでどっちが良いともいえないし、軽い操作でよく曲がるフィットのハンドルも良し。

ハンドルの真ん中は結構良いがビシっとはしてないか、機敏に反応はしないがフラフラもしない。

ガソリン車は全グレードにアナログのタコメーターが標準装備。CVTはよく「エンジン回転が先に上がってスピードが後から付いてくる」とかいわれるようだが、加速はスルスル上がってもエンジンは1500回転くらいで一定。これもこれで気持ち悪いが、凄い制御をしているんだろう。「エンジン回転は一定でスルスル加速する」って言う感覚。これは燃費に効くだろうな。

CVT車を所有したことは無いけど、スイフトといいこのフィットといいよく出来ていると思います。不思議な感覚だが普通に走っているのでよし。

アイドリングストップは普通に停止すると作動した。けどすぐにエンジンが掛かってしまうよ・・。どうして?と営業さんに聞くと。今日は気温が高いのでエアコンの作動を優先しているのではとのこと。オートエアコンの温度設定を上げると長い時間エンジンストップするようになった。暑い日は燃費落ちそうだな・・。

ウィンカーを軽く動かすと3回点灯する機能が付いて便利なんですよ、って営業おねいさんは自慢げでしたが、ポロは十年以上前から付いているよ・・。

さて、試乗終了。試乗コースもストップ&ゴーばかりで良くわからなかったが、強烈なインパクトの無い走りではあったか。けど、軽快で車体が軽い感覚なのに、落ち着いた乗り味で、普通に思える自然な感じは、色々なバランスがよろしいのでしょう。嫌な部分は見えなかったので、それでこのクラスはよろしいんじゃないでしょうか。

1p3


と、いうことで、この車は購入候補です。っていうか、もうポロの車検切れも一ヶ月ちょいなので、もう決めなくちゃナ。

けど、このフィット3が気になったのは、ハイブリッドの存在があります。価格差は13Gとは約38万円差です。5年の所有では燃費差でのガソリン代ではとても価格差は取り返せないと思います。なのでコストの面では興味は無いけど、車の魅力でハイブリッドはちょっと気になる。

事実ここまではフィットは圧倒的にハイブリッドが売れているという。

営業のおねいさんに、ハイブリッドはどうですか?と聞いてみたら「現状うちの店ではハイブリッドはあまりお薦めしていないんですよ・・・」という意外な答え。

ハイブリッドはこの時まで3回のリコール。ディーラーとしても結構苦労したのだろうな・・。納期も大幅に遅くなったらしい。増産している最中で辛い所だろう。でもお薦めしないってのは・・・、と思ったら翌週に4回目のリコール!店はこの時それを知っていたのだろう、これでは薦められないよなあ。

車にリコールはあるものだと思うが、内容もちょっと危なっかしいし、一度設計見直したほうが良いような・・。車に興味が合ったが仕方が無い、納期も3ヵ月後の9月末以降とのことなので、ハイブリッドは諦めます。

けど、折角買うのだから面白い方がよいよなあ・・。

1・5リッターのRSはどうよ。かなりパワーがあるらしいし、燃費もそんなに悪くないし、CVTはパドルシフトだし、13Gでパドルシフト装備のSパッケージとの価格差は25万円。この差なら楽しい方が良いかな?しかし、納期は・・。あまり作っていない車種なのでとのことで、4ヵ月後の10月ですって。もう車検8月で切れるんだってば、これは無理。

13Gならば、一ヶ月では無理かもしれませんが8月中には何とか納車できます。とのこと。車検の切れたポロとの繋ぎは代車を用意してくれるとのことで、13Gを購入候補とします。

グレードは・・。やはりパドルシフトは欲しいよな。CVTはどうにも車まかせなので、自分でコントロールできる部分が欲しいのです。マニュアル車世代なので・・。ATも結構シフトレバーをガチャガチャやっていたしな。

無段階のCVTに7段を擬似的に付けたって、そんなのオモチャだよ、って言う人も多いが、オモチャで結構。道具には遊べる部分も大切なんだよ。遊べる道具を手元に置いてきたのがここまでの私の生き方なのだ。

Sパッケージに装備されるエアロパーツやアルミホイールは別に欲しくなかったが、パドルシフトはSパッケージにしか設定が無いので仕方ないな。13Gで一番高価なグレードになってしまった。ハイブリッドのFパッケージとの価格差は17万円まで縮まったが・・。

ハイブリッドを購入しても7速ツインクラッチを有効に使いたいので、結局パドルシフト装備のハイブリッドSパケしか選ばなかっただろう。そうするとやはり価格差は38万円だし、車両本体価格だけで軽く200万円を超えてしまうので予算的に買えなかったろう。

結果、フィット3・13G・Sパッケージを購入候補に決定し、商談を開始します。

次回こそ、商談~オプション決定~値引き交渉~ローン設定です。

|

2014年8月22日 (金)

横川グルメ紀行・その4・奥碓氷。

また横川の食堂食べ歩きです。群馬県は信越本線の終点の横川。

今回は番外編。横川と呼ぶには少し遠い場所、坂本方面でしょうか。

大衆食堂・奥碓氷さんです。

2q1


今回もH氏のご紹介の店に連れて行ってもらいました。私はカメラも携帯も持っていなかったので、画像はH氏が撮影したものを使わせていただきました。

初めて行きましたが、この店が素晴らしかった!H氏も数十年ぶりだそうですが、以前と経営者が変わった感じでまったく別の店になっているとか。

国道18号を横川駅先で旧道と分岐し、碓氷バイパス方面です。車で行くなら横川から軽井沢方面にトンネルを抜けて3軒ドライブインっぽい店が続く最初の1軒目です。

横川駅から徒歩なら・・・、25~30分くらいか、トンネルは怖いので旧道方面に歩き、右カーブ手前の左方面脇道に行ってトンネルを迂回し碓氷バイパスを歩きます。

日曜は定休なのでご注意。

駐車場が広く、トラックの運ちゃんやお仕事関係の人達で賑やかです。

店内に入ります。ううう!すごい、壁びっしりにメニューがある感じ。凄い豊富なメニュー群です!

2q2


これは単品。こ、ここは飲めるぞ!居酒屋クラスの品数です。

2q3


完璧に飲めます。何故こんな山の中に飲める店が・・・・?

そして定食も豊富です。

2q4


サラリーマン街の定食屋みたいです。ここは人家も少なくなった谷筋の山中なんですけど・・。それだけトラックや作業車や営業車に乗ってきた皆さんに人気なのでしょう。

単品ライスとトン汁にさっきの居酒屋メニューを組み合わせれば自分定食もできると思われ。ラーメンも種類が豊富。

2q5


500円定食というのもあり、ライスは軽めになるそうですがサービスメニュー。

そして、やはり酒も豊富だ。ホッピーもあるじゃないか!これは後日呑みに来るしかないな・・。

2q6

カウンターの上にも、これでもかと追加のメニューが貼ってある。季節ごとの結構メニューがあるようです。

2q7


お勧めメニューも日替わりであるようです。単品コロッケとかそそる。

さて、今日は車でランチに来たので呑むわけにも行かず、定食です。

入り口付近のテーブルに座るが、ご主人がそこは店内で一番暑いから奥の座敷へどうぞと言われる。座敷はかなり広い。

まずは単品を。シュウマイ200円で7個入り。

2q8


これは冷食でしたが、サイドメニューとしてはオッケー。餃子は手作りって書いてあったから次回は餃子にしよう。

H氏のオーダーは500円サービスメニューのニラ玉定食。

2q9


ニラがたっぷりです。これでライス軽めです。

私のは、週替わりサービス定食、ナスと豚肉のスタミナ炒め。通常850円が今週は770円です。

2q10


ライスも丁度良いボリューム。おかずは茄子がたっぷりなのは季節モノだからか。ピリ辛で旨いよ。オクラなど具沢山の味噌汁、スパサラの小鉢、自家製と思われる漬物、デザートは桃でしたがこれが甘いこと。

美味しかったしボリュームもあった。食後にサービスでアイスコーヒーもつきましたよ。

これは良い店を見つけてしまった。うーん、ここで呑みたい。

平日は10時~24時までやっている。土曜は22時まで、日曜祭日は定休。

ここで飲み会を開催したいのだが・・・問題はどうやってここへ行って帰ってくるかだな・・。やはり車になるだろうが、ここから高崎まで帰るには代行料金も凄いことになるしな。誰か飲まない人に送り迎えを頼むしかないか。

いや、電車で来て横川駅から徒歩で往復だ。野猿の出没地帯なだけに取り囲まれたら怖い(以前自転車に乗っていてこの辺で猿の群れに取り囲まれた記憶が・・)、夜の帰りは街灯もほとんど無い真っ暗な山道を歩くが、酔っ払っているからいつの間にか駅に着くかな・・。

よし、必ずここで呑んでやる。

さらに碓氷バイパスは、この先のトラックターミナルまで3軒の店があるので、また行ってみましょう。

奥碓氷、見た目は運転手さん用のドライブインタイプですが、入ってみればメニュー豊富な凄い食堂でした。

横川グルメはまだ続きます。

|

2014年8月17日 (日)

新車購入記・フィット3・13Gに試乗・その1。

新車購入をすることになり、ディラー巡りをやりました。今回はホンダのフィット3の試乗です。

2r1


愛車9Nポロも9年目の車検は8月です。当初、車検を通して乗り続ける予定でしたが・・。

1)今回の車検は、タイミングベルトの交換やらでお金が掛かる。

2)このところ例のエンストが頻発している。

3)後席のオートドアロックが壊れて要修理。

4)バックドアをへこませて要修理。

とこの半年で、自分が原因のものもありますが、非常にお金が掛かる懸案が発生。困った・・。新車購入時から8年半の間、特に大きな問題は無かったのに、この半年でポロに色々発生してしまったのですよ。

お金さえあれば、乗り続けられそうだが・・。エンストは結構やばそうだしなあ。

時間が無いがお金も無いので乗り換えることに急遽決定しました。ドアロック故障は決定打だったな。

ということで、6月下旬にディーラー巡り。けど時間の関係でもう車種を絞る。納期一ヶ月で自分のお小遣いだけで全額ローンで買える車にします。やはりコンパクト。ガソリン車のベーシックなやつです。

以前書いた、スズキのスイフトは、DJE仕様は良い車で納期も一ヶ月でいけそうだったが、ローン設定が悪すぎて月々の支払額が私のお小遣いでは難しい感じです。

その翌日、ホンダのディーラーに行きました。近所にホンダディーラーは沢山存在しますが。

以前、オルティアというホンダ車に乗っていたことがあり、それを新車購入する時にホンダのディーラー巡りをしましたが、その時なんか営業さんの態度が非常に悪く、こりゃダメだと当時思った店二軒は今回除外します。15年ほど前の出来事ですが、いまだに根に持っています(笑)。

探すうちに、意外なホンダディーラーを発見。

こ、ここは、見たことがある、来た事があるぞ!

2r2


おお。私がこの9Nポロを購入したVWディラーがあった場所ですよ。VWディーラーが別の場所に移転した後、居ぬきでこのホンダディーラーが入ったようです。

店内は、もうポロを購入した時とほぼ同じです。あの素敵な営業レディーのTさんがアイスコーヒーを作ってくれたカウンターもそのままにあります・・。

ここならいいなああ。懐かしさがぶあっと来て、もうこの店1本に。

お店には可愛いおねいさんが沢山居ますよ。担当も営業レディーさんに。営業おっさんとはこちらのモチベーションが違ってきますから。

早速フィット3を拝見。まだモデルチェンジをして1年未満ですから。かなり売れているようですが、まだアクア程走っていないしな。

そもそもフィット3に興味を持ったのは、ハイブリッド仕様に搭載された7速ツインクラッチミッションです。日本車は燃費重視でCVTばかりになり、ガラパゴス状態に陥っています。そんな中、今後世界の主流になるであろうツインクラッチミッションを一般国産車でようやく採用(既にツインクラッチのGTRとランエボはスーパーカーだし、レクサスLFAはシングルクラッチ2ペダル・・・)したフィット・ハイブリッドに注目したのです。ハイブリッドそのものにはコストの関係で全く興味なし・・・。

その流れで調べたら、フィットの1・3リッターも燃費が良くて素晴らしいとわかった。CVTだけどな。デザインはあのサイドのラインがちょっとなあ・・と思っていたのですが。

まず1・5リッターの15Xを見る。けっこうかっこいいじゃん・・。内装もしっかりしている。これは期待。

営業さんが試乗車の13Gを持ってきてくれました。

ポロの横に並べる、サイズは似ている感じ。大きく見えましたがやはりBセグメント、全高と横幅以外はコンパクトですね。

2r3

これはLパッケージという1・3リッターで上から2番めの仕様。

LEDヘッドライトが標準です。これはカッコイイな。

2r4_2

シャープな顔ですな。

フロントウィンドウは大きいね、随分寝ている。

2r5_2

おっと、このワイパーブレードは、ポロと同じようにフィンが一体化したやつ。国産車もこうなったのね。これ汎用品が使えないから交換時に高いんだよね・・。

内装は・・、あれちょっとしょぼいような。

2r6

さっき見た15Xは、助手席前のダッシュボードにパットが貼ってあったり、シートサイドが革調な素材だったりしたのだが・・。

まあ、これもベーシックカーだからこれで十分か。

トランクルームは・・、広っ!

2r7

こりゃ一昔前のステーションワゴンか?これはビックリしましたよ。これがフィットの売りなのですね。しかもフラットになるらしい。

後席もびっくりするほど広いです。パッケージ的にはコンパクトカーで敵なし?

とにかく乗ってみないとね・・。

キーはポケットに入っていればもう使いません。ドアもそのまま開けられるし、エンジンはボタンを押せばスタートです。

2r8

さあ、営業さんを助手席に乗せて試乗スタートです。

走り出し、うううっ、こ、これは・・。

試乗記その2、に続きます。試乗、グレード選び、商談、値引き見積もり、残価ローン試算、

そして・・・です。

また後日、いつか書きますからっ。

|

2014年8月16日 (土)

君は「十七歳の硫黄島」を読んだか。

昨夜TVでやっていた映画「硫黄島からの手紙」をご覧になりましたか?

終戦の日だからTVで放映したのかなあ?あの硫黄島での日本軍玉砕の激戦を描いた映画です。

観た方、驚いた?あれアメリカ映画なんですよ。ハリウッド作品なのに殆んどのキャストが日本人で、全編日本語で制作されているのです!

クリント・イーストウッド監督、スティーブン・スピルバーグ制作。

硫黄島戦をテーマにした米国映画の2部作で、米国から観た側と日本から観た側の作品に分かれている。良くぞ作ってくれた映画。

リアルだったよ。嵐の二宮君が素晴らしい演技。なんとも切なく、戦争の悲しさを繊細に表現できていたと思う。渡辺兼も相変らず外国人が見たクールな日本人を演じるし、中村獅童は相変らず血気先走る男を演じる。

米国で作ったとは思えないほど日本を取材してあった。同時の日本人の意識を強調してあったけど、米国人から見ればやはり理解しがたい部分もあったのだろう。

また、日本軍がミサイルのような武器を発射して反撃していて、そりゃ無いだろうと思ったが、ミサイルみたいな翼を持った迫撃砲やロケット弾とかの秘密兵器が硫黄島戦に投入されていたようです。

台詞も速めで、とてもテンポが良くやはりハリウッド。これを日本が撮ったら台詞はじっくりしゃべるだろうしカメラも動かないのだろうね・・。

もしご覧になっていないのならば、是非DVD観てね。あの戦いの悲惨さ、戦争の悲しさが伝わってくるよ。

けどね、実際の硫黄島は、あんなものではなかったのだよ・・。もっとく悲惨で恐ろしい戦場であった。

この本にはその事実が書かれています。硫黄島の戦いで負傷しながら生き残った当時17歳の少年兵が、61年経って書いた手記です。

「17歳の硫黄島」

2s1


文春新書 秋草鶴次著  定価800円(税抜き)

この本は、父が亡くなる前の年だったか読んでいた本です。戦争体験があり若い頃志願兵として戦った父が感心して読んでいました。父は霞ヶ浦の予科練で米軍機の機銃掃射を受け応戦しています。私も父から借りて読んだのだ。晩年、戦争や歴史の本を多数読んでいた父が人生の最後の方で読んでいた本で、今も形見の一つとして大切に読み返しています。

17歳の秋草さんは、硫黄島での修羅場を明確に記憶していました。非常に詳細な記録です。

周囲22キロ、艦砲射撃や空襲で焼かれ、遮蔽物の少ない平らな土地で、一日でも戦闘を長引かせるという持久作戦の為に、地下壕に潜みゲリラ戦を戦ったのです。

映画のように司令官は突撃総攻撃や自決は決して許さなかった。しかし、孤立した壕の兵士は意を決して突撃した。負傷兵は手榴弾で自決し、うめき声がうるさいと壕には銃声が響いたという。

秋草さんは砲撃を受け足に重傷を負い手の指を吹き飛ばされた。もともと地熱と有毒火山性ガスの湧く島に掘られた地下壕で環境は劣悪である。飲料水も尽きた。敵のガス攻撃と火による攻撃に合い、壕を逃げ惑う。死体置き場を歩くと燐が湧き上がり青い炎が体にまとわりついたという。仲間が突撃する中、足手まといになると壕に独り残された。体についたシラミと、傷に湧いた蛆を食べて凌いだ。最後は木炭を食べた。

玉砕後も壕の中で生存し、戦闘から三ヵ月後に秋草さんは米軍の犬に発見され、捕虜として生還したのです。

周囲の兵士が次々と亡くなっていく戦場。壮絶な記録です。戦闘で死んだ者は天皇陛下万歳と叫び果て、負傷して自決する者はおっかさん!と叫び果て、負傷して苦しみ死ぬ者はバカヤロー!こんな戦争誰が始めたと怒り果てた。

クリント・イーストウッド監督がこの本を読んでいたら。

2s2


帯にこう書かれていたが。あの映画はもっと悲惨になり、もう正視できなくなってしまうよ。

いや、いつかこの本を原作とし、事実を描いた映画が出来ることを願う。硫黄島からの手紙は素晴らしい映画だったが、硫黄島の現実の戦闘は、あの映画での表現をはるかに超える悲惨なものだったのです。

硫黄島の手紙の映画をご覧になった方に、この「17歳の硫黄島」を是非読んでいただきたい。

私はこの本を父からの手紙だと思う。戦争を経験した父からのメッセージだと。

最近、日本が戦争を出来る国になるような法整備が行われているようだが、この本を読んでもまだ戦争をやれるかい?戦場の恐ろしさを知っているのかい?自分は戦場に行かないしとか思っているのかい?

戦争を必要と思う人はこの本を読むといい。戦争は絶対にあってはならない。

|

2014年8月15日 (金)

お盆にて。

終戦記念日。ここ高崎でも、お昼にサイレンが響き渡り、黙祷を捧げました。

この夏休みは、涼しい部屋で高校野球観戦がメインです。熱戦に続く熱戦で盛り上がっていますね。天気が毎日不安定なのが気がかりですが。

さて、お盆なので実家へお線香をあげに行きます。

猫のクーちゃんが、いつものポジションでねっころがってお出迎えです。

2t1


私がわかるので、ニャーニャー鳴いてくれます。

盆棚に本日のお供え物を。

2t2


果物は美味しそうだった葡萄と桃です。

2t3

父は落花生が好きだったけど、ビールに良く合う枝豆を供えます。あと、生前の父といえば、このたこ焼きとヤキソバです。

2t4_2

お父さん喜んでくれたかな?

その後猫のクーちゃんと遊んでもらう。

2t5_2

クーちゃんは、もう15年生きた老猫です。最近おとなしい。

以前は人の顔を見ると怖がって逃げましたが、今ではむしろ寄ってきますよ。

喉を鳴らして抱っこされるようになりました。

2t6

オヤツの猫かまぼこをあげると・・・。バクウッ!怖っ!

2t7

っと、こういう時は俊敏です。

段々飽きてくると、抱っこされながら逃げる機会をうかがったりします・・。

2t8

心は次のダッシュを狙っていますが、しつこく続けたナデナデが気持ちよくなってきたのか、

ゴロニャンモードです。

2t9


くーちゃん、モフモフしていてふかふかでかわいい。

こんな風に、のんびりと夏休み中でーす。

|

2014年8月14日 (木)

今年も人間ドック。

何でいつもお盆に人間ドックなんだろう?

毎年8月ってことで希望を出しているのですが、一度お盆に来たのをキャンセルしなかったら毎年これですよ。お盆でオッケーな人と思われているようです。

流石に15日はやめてもらっていますが。案外空いているのかな?

しかし、真夏の人間ドックはつらい。前日深夜から水が飲めないのです。朝起きたら喉が渇いてまいった。最近の激務で体調も悪いしなあ。

紹介状無しでは外来で診察してもらえない某病院です。施設はバッチリです。

2u1

人間ドックのセオリー。受付時間に行ったらもう順番は後ろのほうです。そうすると検査中も順番待ちばかりで進まず、終了時間が大きく遅くなる。なので早めに行きます。受け付け30分前に到着。整理券が発行されて19番目です。

2u2

今日は空いているかな?15分後に受付が開始され、8時に受付手続き。書類と検尿カップを受け取り、指定されたロッカールームへ。

スポーツクラブか?

2u3

検査着に着替えてと。まずは検尿。昨夜から水を飲んでいないので出ないよ・・・。

今回は自覚症状アリでの人間ドックです。

最近、胃か胸のアタリがむかむかする。食前食後に違和感あり。食べ物が上手く下りていってくれないような・・。

バリウム胃検査じゃなくて胃カメラを飲むべきだと思いますが、私はもう歯ブラシでもオエっとなってしまう。別の病院では麻酔で意識をなくした状態で胃カメラを飲めるらしいが、次回変えようかなあ・・。

色々検査した結果。

採尿と検便は異常なし。内科検診は。血液検査の結果、血中コレステロールが相変らず高いが、善玉と悪玉両方高いのでバランス的にオッケーとのこと。

胸部レントゲン、肝機能、腫瘍マーカー異常なし。酒飲んでも肝臓は強いな。赤血球が多い、血がどろどろだということ。最近汗かきすぎたからかなあ。

中性脂肪がまた上がった!さらに血糖値もじわじわ上がってきた。このままでは糖尿病まっしぐらだということ!ダイエットを奨められます。

外科検診。直腸に指を挿入、けど素早い動きで苦痛なし。ああ、いつになったら女医さんに直腸検診してもらえるのだろうか・・・。

内蔵エコーの結果、前回発見された胆嚢ポリープは消えているけど、小さいから映らなかっただけかも。また様子を見る。肝臓のう胞は複数あるのでこれも様子見。

ここまでは中性脂肪が一番の問題。

胃のバリウム検査結果は、後日来ますよ・・。ドキドキ。

さて、最終結果は後日となり、会計をしてお食事券を頂く。受付となりの院内レストランで、検査に付属しているランチです。

2u4


見晴らしも良いし、ゴージャスな感じ。これが人間ドックのお楽しみ。慣れない頃はバリウムの影響で食事が美味しくなかったけど、もう大丈夫。けど、バリウムに含まれている下剤の影響でお腹がごろごろしてくる頃ですけどね・・。

来たあ~。

2u5


ゴージャス~。メインは豚肉のデミソース煮込みです。

2u6


彩り御膳に冬瓜の煮物。

2u7


鶏肉のゴボウ巻き、出汁巻き卵、魚の照り焼き、茄子煮、シュウマイ、その他。

御飯は蒟蒻米。

2u8


美味しかったよ~。人間ドックは待ち時間も長いし、こういうお楽しみがなくちゃね。

2u9

お会計は、1日人間ドックの定価が41,040円・・。消費税分高くなったね。

の所、職場が加盟している健康保険組合の補助で15,000円。

2u10

補助額が増えましたね。まあ、毎月掛け金相当払っているし元は取れていないよなあ・・。さらに職場の厚生会から1万円の補助が出る、はず・・。

さて、私は腹囲と中性脂肪が基準を超えているためメタボリックシンドロームなので・・、特定保健指導が入ります。

ええ、昨年同様、あの美しすぎる保健師さんから指導を二人っきりで受けます。

昨年の減量実績、それから今回の測定で体重が3キロ減っていたのを褒められました。ウキウキ。

調子に乗って半年で6キロ減量の約束してしまいました・・。

こんなセットを頂く。昨年と似ているが。グラフに体重と腹囲を記録します。

2u11


今年は新たに万歩計を頂きました。

2u12


これで歩けばいいのか?ロードバイクも再開するかなあ・・。モチベーションが上がらないから、一台ロード買うか(笑)。カーボンとクロモリはあるから掛かりの良いアルミのバイクがいいなあ。

よーし、保健師さんのためにダイエットを頑張るぞ!やってやる、自分のことはどうでもいいから痩せてやる!

ダイエット効果がありましたら、また報告しますね。

|

2014年8月13日 (水)

やっと夏休み・今年の盆棚。

ふへええ~・・。ようやく夏休みに入りましたよ。まあ、昨年から職場の夏休みは三日間しかないのですけど・・。

夏休は先々週から申請してありましたが、仕事が終わらず結局お盆になっちゃった。追加で四日有給休暇を繋げてもいいのだが、とてもそんな状況にはならず。

平日の休みは、3月に釣りに行った時以来だなあ・・。その時も休日出勤の振り替えだったから、今年はまだ丸々1日の有給はここまで取れず、時間単位の休みを何回か取ったくらいだよ。こうやってまた殆んどの有給休暇を捨てるのだね・・。

さあ、休もうよ・・。先月からもう、疲れたよ~。

お盆だからまずは、お墓参りです。妻が一緒に来てくれました。姉がお墓を綺麗にしてくれていました。

お墓から実家へ。姉が既に盆棚を作ってくれていました。今年の手作り盆棚は。

2v1


ちょっとバージョンアップしましたか?お姉さん、いつもながら鮮やかですね。父の葬儀の後、葬儀屋さんが置いていってくれた祭壇を改造してここまで作っています。

うちの菩提寺の住職さんは、お盆には檀家全てを巡ってお経をあげてくれます。もう既にお昼にいらっしゃったそうで。朝に姉が迎えた父とご先祖さんの魂がここに宿っております。

青竹にしめ縄、ほおずきです。これらは模造品。

2v2

今年の特徴はこのお膳。漆塗りだそうで。

2v3


煮物やお吸い物が入っていますね。

水の子。洗った生米にさいの目切りのきゅうりとなす。庭の水盆に生えている蓮の葉に盛ります。

2v4


夏の野菜と果物も並びます。それと、なすの牛、きゅうリの馬が素麺を食べていますね。

2v5


庭に生えているほおずきとみそはぎが活けてありました。

2v6


うーん立派です。きっと帰ってきたお父さんも喜んでいるぞ。

私からの供物は、夏らしい大きなスイカです。

2v7


これ、スーパーじゃなくって地元の果物屋さんで買ったのだ。果物屋さんってまだあるんだよ。やっぱり高級品が主流。このスイカも新潟は魚沼の八海山の麓で栽培される「八色西瓜」です。凄く甘いらしいのだけど、お店のご主人に甘いやつを選んでもらったよ。高級だよ~。

さて、実家で猫のクーちゃんに癒され、次は妻の実家のお墓参り。色々あって三箇所お参りです・・。

帰宅して、今度は自宅のお盆だ。

いつもながら出窓にシンプル盆棚。

2v8


実家の庭に生えているほおずきも頂きました。かわいいね。出窓のカーテンレールにはしめ縄に盆提灯が下がっているんだよ。仏壇におはぎをお供えしてお線香をあげました。

ああ、お盆だ。休もう。けど、人間ドックが待っているよ・・。

|

2014年8月10日 (日)

横川グルメ紀行その3・上海亭。

さて前日の記事の続き。

群馬県は信越線の終着駅、横川の街で旨いものを探そうと、H氏と訪れた食堂第3弾です。

電車は1時間に1本くらいなので、駅前はいつも淋しい感じです。

2w1


駅前のおぎのやさんは賑やかで、駅構内でも立ち食い蕎麦屋をやっていてH氏曰く結構旨いとか。

さて、前回の松一食堂のお隣にある上海亭さんです。

2w2_2


うーん、これまた渋い、昭和な佇まいですね。ラーメン屋さんです。

横川でラーメンといえば、関所食堂が有名ですね。休日には、観光客が行列を作り、ライダーたちのバイクが並んでいます(今は駐車場が出来ています手前のガソリンスタンド跡ね。)。

けど、今回も全国的には知られてない地元のお店を食べに行きます。

ちなみに、以前書いた関所食堂の記事はこちらです。もう、横川ラーメンと言っていいほど有名になりましたが。

しかし、実は横川に詳しいH氏から衝撃的な事実が・・。横川ラーメンの元祖は、これから行く上海亭なのさ・・。

ええーーーっ?

早速、上海亭の店内に入りましょう。場所は、前回書いた松一食堂の隣、駅から行って奥です。

あれ?電気がついていない・・。まさか定休日?

はい、これが横川の食堂の特徴です。他のお客さんがいない時は、店の人もいなくて店の電気が消えていることが多い。

そんな時は店の奥に声を掛けましょう。店の人が奥から出てきてくれるはずです。

今日、やってますか?やっていましたよ。渋い店内です。やはり昭和の香りがします。

2w3


おばあちゃんが一人で切り盛りされています。

メニューはラーメンのみですね。

らーめん、しおらーめん、しなちくらーめん、にんにくらーめん、ちやしうらーめん、とあります。

さらに冷し黒酢ラーメンというのも。

おみやげラーメンあります、と書いてあるがどういうのだろうか?

私はちやしうらーめん、チャーシューめんですね、H氏はにんにくらーめん。

来ました。

おお?これは、正統派醤油らーめんです。

2w4


これは旨い。懐かしい味ですね。ほっこリ心が和みますよ。チャーシューも私が好きなタイプです。麺はちじれていないタイプで気持ち平打ちか?

子供の頃を思い出すような、馴染んでくる味です。とてもおいしかった。

H氏は、にんにくらーめん。

2w5

おばあちゃんが、ニンニク入れすぎちゃったかな、って笑っていましたけど、H氏も満足な味のようです。

麺は結構柔らかめ。横川ラーメンの特徴:麺柔らかめ、です。

麺の気持ち平打ちっぽさと柔らかさ、スープの感じが少し関所食堂と同じ系統か?と思いH氏に伝えると、食堂としてはこちらが先だという。

H氏の母方の実家が横川で、子供の頃からよく来ていたという。上海亭は元は中華料理店で、小さなシュウマイが旨かったとのこと。

今は、おばあちゃん一人で切り盛りされて、らーめんだけがメニューです。

おばあちゃんとお話をしました。昔と違って横川も人が少なくなって、お客さんも減ってしまったとのこと。自分の家なのでやっていけるので、ボケ防止に店をやっているとおっしゃっていました。以前は、妙義山に登る人や釣りや山菜取りの人、鉄道マニアの人達で賑わって常連客も多かったけどねえ・・・、とのことです。

また来てくださいね・・・。はい、また来ます!おばあちゃんお元気で、この店を続けてくださいね。懐かしい気分になる、素朴ですてきなお店でした。

地元では昔からの有名店で、横川や松井田の人がラーメンを食べるとなるとやはり上海亭だとか。

横川で人気店が満席の時は、是非街中を散策して地元の食堂に入ってみてください。横川駅から歩いてT字路を右に曲がれば、前回と今回の2軒はありますから。

車で来る時は、鉄道文化村横の旅館東京屋の横に旧町営駐車場があります。そこから街中を下り方面へと散歩するとすぐあります。横川の町並みも昭和な感じで良いですよ。

さて、もう一ヶ所お奨めなのが、五料の直売所です。地元の野菜とか売っています。先日、JA傘下になって改装オープンしていました。

2w6


直売所「まゆっ娘」

国道18号を横川から松井田方面に少し走ったところです。

地元の農家で作られた野菜やキノコなどと、苗木やお惣菜や手作りお菓子など販売しています。

2w7


H氏のおすすめはこれ。

入山の佐藤さんが作るわさび漬け。

2w8


これは大パックで、もっと安い小パックもあります。碓氷峠直下の碓氷川源流にわさび田があるそうで、そりゃ水がいいや。

生山葵もある時は有るそうで、伊豆のものより圧倒的に安いとか。

うーん、山葵の香りがいいね。これは旨い。結構辛いです。旨いやこれ。酒のつまみに最高。

さらに、白菜漬けや蒲鉾につけても旨いと書いてある。醤油をつけると美味しくなるとも書いてあったのでやってみたら、旨っ!香りは弱くなるが旨みが増す感じだ。御飯いけちゃうよ。

飲兵衛にはたまらん一品です。H氏曰く、山葵の味噌漬けやビール漬けも売っているが、山葵の香りが良いこのわさび漬け一点買いで。生山葵があったらラッキーです。

横川方面は、探せばまだまだ旨いものが見つかりそうな予感です・・。

|

2014年8月 9日 (土)

横川グルメ紀行その2・松一食堂。

久しぶりに横川グルメです。信越本線の群馬側終着駅の横川。

2x1


休日は、鉄道文化村やめがね橋など観光地でもあるので賑やかですが、平日は静かな駅前です。

信越線が軽井沢から長野へと抜けていた頃の、横川の街が賑やかだった頃から続く食堂めぐり第2弾です。

前回の横川グルメ紀行その1はこの記事に書いた、越後屋食堂さん でしたが、もつ煮と肉豆腐が衝撃的でしたね。いや、店構えも・・。今回は入りやすいお店にしましょう(笑)。

横川駅前のこの側溝の蓋、なんと昔のアプト式レールが使われています。

2x2

横川から先の急勾配の碓氷峠を列車が登る為に、ハイパワーの機関車が導入される以前はこのレールに機関車の歯車を噛み合わせて登っていたのです。それをアプト式といいますが、こんなところに残っています。磨耗していて使用痕があるのがリアル。

結構気が付かない人も多いので、観光でいらした際には是非見てね。

さて、駅前には釜飯で有名なおぎのやさんの店もあり、休日には行列が出来るほどとか。

2x3


横川のグルメというと、おぎのやの釜飯か、関所食堂のしょうゆラーメンが有名ですが、昼時は混雑していることが多いのです。

そんな時、横川の街中の食堂に是非行ってみましょう。昭和な感じが残る食堂が二箇所あるのです。

まずはこちら。松一食堂さんです。

2x4


うーん、いい感じです。

駅前をおぎのやさんを横に見ながら歩いてT字路にすぐ出ます。この画像の奥ね。

2x5


そこを右に曲がると到着。駅からすぐです。2軒食堂が並ぶ手前側です。

さあ、入ってみましょう。

2x6


お昼頃でも先客が居ない場合、お店の人がいないこともあります。そんな時は奥に声を掛けてみましょう。

こちらはおばちゃまが一人で切り盛りされています。ですが、結構メニューは豊富なんです。

2x7


カツにかなりのこだわりがあるようですが、まずは麺類にしましょう。ラーメンはTV番組で紹介されたと書いてありますよ。野菜たっぷりの味噌ラーメンが人気です、と書いてあったので、私は味噌ラーメンを、同行のH氏はタンメンです。

待っている間、地元のご家族が来店して、奥の座敷に入りました。テーブル席と座敷があるのね。

来ました。おお、ゴージャスな味噌ラーメンです。

2x8

盛り付けが綺麗ですね。

H氏のタンメン。

2x9_2

味噌ラーメン、旨いですね。

2x10_2

麺類充実しています。ラーメンは醤油、塩、味噌、五目、タンメン、つけ麺ラーメンがあり、五目やきそばもあります。チャーハン、単品でホルモンと野菜炒めがありました。

いや、ここは麺類だけではないのです!

先日再び松一食堂に行きました。

2x11

そうしたら、店の一番上の画像ですがカツ丼ののぼり旗が。

そう、この店は、密かにカツが売りのようだったのです。だってメニューの一番最初にカツ定食。しかも肩ロース肉を使って1300円とゴージャス。

2x12

さらにカツ丼が900円とゴージャス。これは凄く期待です!

カツ丼は、群馬ならではのソースカツ丼(甘しょっぱいソースをからめてある)とカツ丼(卵で煮てある奴)の2種類。どちらも好きですが、今日はノーマルな煮カツでいこう。

他に家族連れの観光客っぽい3名さんに丁度ラーメンが出た所。おそらくカツはオーダーが来てから揚げると思われだから、他の客もいないしナイスタイミングだ。しかし、おばちゃん一人で作るので難しいオーダーは禁物、H氏とカツ丼2つとオーダーで。「ソースですか?煮てあるやつですか?」と聞かれたので、卵で煮てあるやつとオーダーです。

カツを揚げますから時間掛かりますとのこと。やはり揚げたてです。

おばちゃん一人で大変でしょう・・。しばらく待って、来ました!

おおっと、ブレちゃった。このどんぶりも懐かしい感じ。

2x13


豆腐の小鉢にお漬物3品(大根浅漬け、沢庵、塩昆布)がついてきます。

おおーー!卵がたっぷりでどんぶりいっぱい。カツも大きいです。あーん興奮してブレブレ画像ですんませーん。

2x14


旨い!味は昔ながらのお袋の味って感じの、甘しょっぱい出汁の味わい。こりゃ旨い。

そしてカツが素晴らしい。厚いのです。そして肉のジューシーな味わい。

2x15


いい色ですいい肉です。旨いです!味噌汁はお麩が浮いていて、ゆずの香りがほんのり漂います。

揚げたて熱々のカツをたっぷりの卵で、懐かしい味わいで煮たカツ丼でした。

ここのカツはちょっと値段はするけど、旨いよ。カツ丼はゴージャスに食べるならおすすめです。

おばちゃんも以前来た我々を覚えていてくれて、また来てくださいねって。来ますとも。美味しいカツ丼を食べて幸せ気分になりました。

観光で横川に来たら、お昼は有名店も良いけど、街中を散策して食堂に入るのも良いですよ。松一食堂でした。

2x16

横川の店も少なくなって、人通りも淋しいけど、このお店は続けて欲しいなあ。おばちゃん一人で大変ですけどお体にはお気をつけて。

次回は、お隣のラーメン屋さん、上海亭をご紹介します。

|

2014年8月 3日 (日)

高崎まつり花火大会 2014年。

夏だ、夏だ!今年もやってきました、高崎の花火大会です。

やっぱ今年もここで見ることに。狭いベランダです・・。

2y1


洗濯物はもう取り込もうぜ・・。

妻は部屋の窓から見ます。

既に自宅周りの道は路駐の車でいっぱいです。

2y2

今回のお酒は4本。飲み過ぎ注意ってことで自制。

2y3_2

道が混む前にと昼過ぎにスーパーとリせんで購入したおつまみ類を妻と分けて、こんな感じです。

2y4_2

焼き鳥はスーパーの前の屋台から買ったよ。

さあ、ポジションについて、開始前から飲み始めちゃおうかな。

2y5

まずはビールからだね。プシッ。

2y6_2

ぷっはあああーーーーっ!もうこのために生きてるんですから!

おおっ!花火が始まりましたよ!

2y7

ええ、いつもの防水コンデジの手持ち撮影です。もう三脚なんて面倒くさいです。ブレ防止機能もこの条件だと厳しいですね。

2y8_2

いつもながら電線越しの花火です・・。表に出て道路から撮影すれば電線は写り込まないのですが、私はベランダ写真家ですから(笑)。

すぐに2本目。チュウハイレモン行ってみよー。

2y9


高崎の花火大会は夏を感じるよ。お盆の頃の花火大会って、なんだか夏が終わるような寂しさを感じるけど、この花火はもう盛夏って感じだよ。この日も群馬が国内最高気温だったし。

ベランダに設置されたBSアンテナ越しの花火っていうのもオツってもんよ。

2y10

自宅から花火って気軽さがいいよ。来年こそは違う場所に引っ越しているかも・・。

つまみは芋串へ。揚げたジャガイモにソースが掛かっているだけだけど旨いよ。

2y11

やっぱスターマインはいいね。

2y12_2

高崎花火大会は50分間でバコバコ打ち上げるスピード感を楽しむ花火だと思うよ。とにかく連発連発です。

キャラモノコーナー。ネコか?それとも某キャラか?

2y13

ドラエ○ンっぽいのもあったが。これは妻がぐんまちゃんだ!と叫んだので慌てて撮影したが、ピントが来なかった。なんだかわからん・・。

2y14

たぶん、ぐんまちゃん・・。

大玉は迫力満点だ。音がお腹にずしんと響きますよ。屋根の辺まで上がるので見上げる感じに。

2y15

3本目はハイボールね。

2y16_2

いつもは上がる花火ごとの協賛スポンサーがチラシに書いてあったけど、今回はスポンサー名がまとめて書いてあったから、どの花火がどこの協賛かはわからなくなった。

どれも綺麗な花火だからね。

2y17

個人協賛のワッペンも、いつもは福引きが引けたが、今回はウチワがもらえるくらいになった。色々システムが変わっていくのだろう。

大玉ずどーん。

2y18

この頃からアルコールによる手振れで殆んどの写真が使えません・・。

さあ、最後のスターマインへ突入か。高崎花火の名物、凄い連射のフィナーレです。

2y19

既に4本目のビールへ突入。

さあさあ、バンバン上がりますよ。

2y20

最後はもう高崎の街が昼間のようになる大爆裂花火になるのですが、カメラ越しに見るのもつまらないので撮影は終了。肉眼でしかと楽しみました。

けど、最後の爆裂、今年は例年よりおとなしかったなあ。あれは高崎市協賛の、市の威信をかけた一発だと思っていたが、今回スポンサーが曖昧になって落ち着いてしまったのか・・。もっと派手にやっちゃってよ!

終了~。この静寂さに戻る瞬間もまたいい・・。

さあ、夏本番だ。まだ夏休みが1日も取れていないが、まだまだ忙しくてヘロヘロです。夏休みはお盆以降にまとめて取ることになるでしょう・・。

高崎の夏は、暑いよ~。

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »