« フィット3・13G・最初の実燃費。 | トップページ | 管釣り2014-15年シーズン開始・けん太で4時間は・・。 »

2014年10月 8日 (水)

青色発光ダイオード(LED)、&フィットのLEDヘッドライト。

今日の大ニュース。日本人3名がノーベル物理学賞を受賞しました!おめでとうございます。

やはり日本人のノーベル賞受賞は嬉しいですね。

受賞の功績は青色発光ダイオード(LED)の実用化です。

そういえばLEDって昔は赤色や黄緑色だったよね。スイッチのオンオフ表示とかに使われていたなあ。

けど、青色LEDはなかなか開発されず、20世紀中の実用化は困難といわれていたけど、このお三方が開発して実用化にこぎつけたという。

いつのまにか、色々青色ダイオードが使われてきましたよね。やっぱ発色が綺麗でぱっと見目を引くってのもあるよね。

PC回りでよく使われて感じ。

1x1


先端技術っぽいイメージもあるのかな?

1x2


こういうのを昔やるなら白熱電灯を青く塗るしかなかったのだろう・・。

PC周りに青色LEDは似合うよ。

1x3

青色LEDが開発され、純緑色LEDが開発された結果、フルカラーLEDディスプレイも実用化された。

青色LEDは薄型信号機やブルーレイディスクも実用化したよ。凄いね。

20世紀がエジゾンの発明した白熱電灯の灯りの時代なら、21世紀はLEDの灯りの時代になるという。

省電力が魅力なLED照明が普及してきたけど、この電灯用の白色LEDも青色LEDがあってからこそ実用化されたという。白色LEDの主流は青色LED+蛍光体方式で、青色LEDの光を蛍光体に通して白色発光させているとのこと。

つまり青色LEDがあったから白色LEDが出来たのです。

ふーん、すごいな青色LED。電灯革命だ。これを実用化させたんだから、ノーベル賞だよなあ。

でだ、私の最近購入した新車のフィット3・13G・SパッケージはLEDヘッドライトなのだ。

2k12


購入する時は、あれ~、そういうのあるんだあ、くらいだったのだが・・。白色LED照明をヘッドランプに応用したのかな。

最初HIDだと思ったもの。青っぽい光のヘッドランプだとやっぱHIDでしょ。けど、LEDだという。

ヘッドランプの周りにポツポツとLED照明をくっ付けてドレスアップしたのを最近良く見るけど、いつのまにかヘッドライトもLEDになってきていたのね。

でも、ホント最近みたい、一般車にLEDライトが装着されるのって。

ホンダ車では現在、アコードハイブリッド、オデッセイ、ヴェゼル、そしてこのフィット3くらいに装着されるだけという。

2007年に世界初でレクサス600hに搭載されたという。相当高価だったみたいよ。光量が足りなくて3眼式になったという。その後トヨタでもレクサスを中心に採用されてたようだからLEDヘッドランプは高価なのだな。

段々コストが下がって、1灯でも光量も確保できてきて、ここ数年で急激に普及してきてフィットというベーシックカーでも採用されたという流れみたい。まだコンパクトカーでLEDヘッドライトってのは少ないみたいだよ。購入時は気付かなかったけど。確かにスイフトの見積り時にはオプションはHIDランプだったな。

自転車ライトとしてLEDライトは愛用してきたけど、相手からの視認性は優れるが(眩しいというこ)道を照らす能力はハロゲンより暗いかなと思ってきた、ロードバイクに乗っている時は。

けど、フィットのLEDヘッドライトは特に暗いとは感じないなあ。

2k14


HIDに比べるとぱっと瞬時に点灯するし。まあ、ハロゲンのハイビームの方が圧倒的に明るいけど・・。

雨の日にちょっと見難いかなあ?そういう時はハロゲンのフォグランプも同時に点灯しています。近い場所と左右がワイドに赤っぽく明るくなります。

相手から眩しいかはわからないけど。光軸角度の調整機能はオートなので自分ではどうしようもないんだけど、わざと上向きには出来ないから適度に調整されていると信じるしかない。

なかなかかっちょいいし、前の9Nポロのハロゲンより普段は見易いかなあと感じています。

さて、ノーベル賞物理学賞で日本人が3人受賞したことで、文学賞は難しくなりましたかね?もし村上氏が文学賞を受賞したら村上氏の文体でこのブログを書いてやります(笑)。

|

« フィット3・13G・最初の実燃費。 | トップページ | 管釣り2014-15年シーズン開始・けん太で4時間は・・。 »

ホンダ・フィット3・13G」カテゴリの記事