« フィット3・13G・スタッドレスタイヤを購入&装着・ブリザックREVO GZ。 | トップページ | けん太で2時間半・ニューロッド・スワンドライブ入魂。 »

2014年12月 6日 (土)

プレッソAGS510XUL・詳細&ファーストインプレ。

今シーズンの管釣りトラウトロッド、自分の所有するロッドの入れ替えをやっています。

段々やり方がわかって来て、使わないロッドが出てきたし、欲しいロッドもある・・。売却して購入しています。その辺はまとめて後で書きますが。

今回購入したロッド。ダイワさんのプレッソAGS510XULです。

1c1

長くなりますが、詳細とファーストインプレです。


以前から興味のあったプレッソシリーズ。ダイワの管釣りルアー用タックルね。

ダイワは、リールはルビアス4台所有しているし、海釣り道具もダイワが多い。ワカサギ釣り道具もダイワばかりになってきたし・・。ダイワ好きなのね。管釣り用ロッドでは初ダイワです。

AGSっていうカーボンガイドシステムも興味あったし、カーボン柄っぽい外観もお好み。

けど、AGSが装備されるリミテッドシリーズは、竿の値段じゃないよなあ・・、私の経済力では無理です。

そこへ昨シーズンより普及版のプレッソAGSシリーズが出た。これならなんとか・・。うん、中古なら何とか(笑)。

私の所有するロッドは中古がメインで、08~09年頃に世に出たロッドが割りと多いのです。最新のロッドも振ってみたいよね。

地元の大型中古売買センターへ。おおお、プレッソAGSの中古が何本もありますよ。その中から510XULを選びました。その理由は後半に。

定価44700円。その中古の現物は税込み31500円。普段の私なら手が出ませんが・・。

前月ここでロッド3本にリール1台の4点を売却した特典として、5000円の中古釣具商品券を持っているのだ。有効期限1週間前のなー。使わなくちゃ!さらに本日キャンペーン中でロッド20%オフ。またさらにはこの数分前ロッド1本とリール1台を13000円で売却した直後・・。

これらをあわせまして、お財布からは7000円ちょい追加で買えてしまうよ・・・(笑)!

見ると傷もなく、使用感の全く無い美品です。振ってみると・・。XULだとペナペナな柔らかさを想像しますがこれはしゃきっとしています。バットは強めで、ベリーに張りがあるし。ティップは柔軟。所有のトラスト60XULに似た雰囲気もありますが・・、これはもう少しスローよりのレギュラーアクションという感じです。

ゲットしました!

さて、このロッドの詳細です。

1c2


やはりグリップ周りは派手ですね。ブラックのシックなブランクスですが、グリップのカーボン調とオレンジは派手です。スレッドも真っ黒ですが、オレンジゴールドの縁取りがさりげなくお洒落。

袋は、ファスナーが先端に付いていて使いやすそうだけど、このロッドの値段からするとペナペナでちょっとしょぼいかなあ・・。もう少し高級感を。

ブランクの根元にはクリア塗装があるけど、そこ以外はカーボン素材むき出しで、凄く複雑な素材感が迫力です。

1c3


AGSガイド。ガイドがカーボンになるなんて。もうこれ使ってみたかったんだ。

1c4

うん、カーボンだね・・。

メリットは?軽いって事か。軽くなればロッドも振りぬきやすくなる。軽いのでガイドの数も多くできてより自然なロッドの曲がりを実現。カーボンの剛性から感度が上がってアタリがとりやすくなる。って感じ?まあ、カッコイイから(笑)。

軽くて振りぬきやすいって大切だよね。1gくらいのものを延々と投げ続ける釣りだからねえ。

この長さのロッドでガイドが9個もある。

1c5


所有のロッドは6~7個だったから、ガイドが多いロッドは憧れさあ。

ラインをガイドに通すのはフライロッドみたいに大変ですけどね。手からラインを離してスルスルとガイドを抜けて落ちていくあの瞬間・・。

こんな小さなガイドまでもろカーボンです。

1c6


凄いよな。カッコイイな。カーボンカーボンしてますから。

1c7


グリップのこれ、化粧カーボンが貼ってあるのかと思ってたけど、こういう柄のシートね。リミテッドもそうだったか。近くで見るとカーボンじゃないよな。

1c8


オレンジがかっこいいね。

このリールシートそのものはフジって書いてあるね。リールをセットすると、リールフットの裏側が見えちゃう。

1c9


軽量化ってことなんだろうけど。今まで結構太目のコルクグリップのロッドを愛用していたので、持ち替えると違和感があるけど、このコンパクトなグリップは使ってみたかった。手が小さめなんで握りやすそうだし。何より人差し指で簡単にブランクタッチが出来ます。

ただ、今まで使ったロッドのスクリューはリールの上側にあったけど、これは下側にスクリューがあるんだよね。手のひらの親指の付け根のモッコリした部分が丁度スクリューに当たって、振っていて何度かスクリューが緩んでしまったよ。しっかり回しておけば良いのだけどね。

で、このブランクはしっかりとしたバットを持っているのだけど、こんなに細い。愛用のミネギシトラスト2本と比較してもこんなに細いよ。

1c10


重量も軽い。これはホント軽快です。

重量は、我が家の汚いタニタの食材ハカリで計測すると・・・、

1c11


68グラム。これは軽い方だと思いますよ。

ちなみにトラスト60XULは・・、

1c12


94グラムかあ。結構差がついてしまった。まあ、トラストは軽さがウリではないから。ちょっと重くても振った感じ凄く安定するし、しっかり感があるのだ。竿としての良さが充実しているんだよな!とムキになる・・。

所有のロッドで一番軽いのは、シンクロナイザー・ロックオンの58.

1c13


61グラム。これホントに軽い。すごく楽。もっとも短いから。けど、軽くする工夫が色々やってあるんだよ。最近、このロッドが一番釣れている気が・・。

さて釣ってみました。

普段釣り場に行く時は、3本セットです。4本セットにする準備は、リールも追加したしプラノの追加ホルダーも買ってあり出来ているのですが、最近PEが結構使えるようになってきたので3本でいけそう。ボトム&ミノー用のPEタックルを放流スプーン用にも使えそうだから。

なるべく荷物は少なく、軽快にやりたいんです・・。

1c14

スプーン巻き用のフロロ1・5~2lb、クランク用フロロ2~2・5lb、ボトム&ミノー用PE0・3号、の3本です。

が、この日は、プレッソと比較する為にミネギシのトラストXULを持って来た。PEはいつものシンクロ・ロックオンです。

クランクはプレッソでもやってみようと。

で、最初に書いた何故プレッソAGS510XULなのかと言うと・・。

まずはプレッソAGSを一本買おうという大前提、単に欲しかった(笑)。じゃあどれにするか。

最初、クランクロッドを探していたんです。なかなかこれだっていうのがなくて。クランクには乗せ性能と、魚への追従性を求めたい。で、XULロッドの中から。この510XULは振った感じ思ったよりしゃきっとしていた。

ん?もっとペナペナを想像していたが・・。これだと柔らかクランク専用ロッドじゃないよなあ。

ダイワのプレッソAGSのサイトを見てみますと

510XULは何処でも使える汎用性の高いロッドとのこと。

おお、いいじゃん。1本だけで気楽な釣りに使えるロッドを探していたのです。いわゆるこれ1本のバーサタイルロッドですね。

今まで自分の中では、バーサタイルロッドとしてはレスターファインWL08リミテッド60SULってのを使っていました。これSULにしては柔らかいし、軽快で粘りがあってクランクも軽量スプーンも使いやすい。リールシートの木や装飾に高級感があって外国のフライロッドのような雰囲気の竿でした。けどもう古くてコルクはボロボロ、回らなくてもいい所が回ったりで、この直前に売却していたのですよ。

この510XULは1g前後のスプーンがメインという、自分の良く使うスプーンの重量だし、この柔軟性はクランクでもいけるんじゃあ・・。

バーサタイルロッドといえばULクラスのチョイ硬めがスプーンメインだとお薦めって感じだけど、私はスプーンは軽量だし、クランクも好きなんで柔らかめで行こうと思う。

なんかこのロッドを持って春先の高活性の管釣りでルンルン釣っている自分を想像してしまい、ゲット・・。

で、使ってみる。

1c15_2

この竿の特徴を一言で言えば、軽快ですね。

持って軽い、握ってコンパクト、振ってまた軽い。軽快さが気持よい。

キャスト時もしゃっきり。けど釣りになるとやっぱXULね・・。柔らかいです。完全に乗せロッドです。トラスト60XULのような乗せ掛けじゃないな・・。

私は一時期乗せロッド幻想に取り付かれ、メインのロッドが柔らかくなってしまった。歳を取って反応性が悪くなったから、まったりと乗せの釣りでもするかなと。釣果が落ちました(笑)。特に真冬のショートバイトや微かなアタリが掛けられない。

かといってガチな掛けロッドは硬くて馴染めないよ、あれは棒だよ・・。

じゃあ、反射神経の衰えた自分に合う低活性時のロッドは乗せ掛けロッドかなあと。ティップ柔らかめでベリーに張りがあってバットは強め、のレギュラーテーパーね。これでファーストテーパーだと掛けロッドになっちゃうからね。魚が咥えている間にロッドで初期あわせして巻き合わせで追い合わせというスタイル。トラスト60XULを乗せロッドとして購入したけど、ベリーに見事な張りがあって(笑)、気が付かないうちに乗せ掛けの釣りが出来て釣果が上がったという・・。

で、この510XULは乗せ寄りです。高活性時には良く乗る感じでしょう。初心者さんが最初の1本にするには良いと思う。かなり贅沢ですが・・。この6フィートより微妙に短い510という長さがまた良い。取り回しが良いです、軽快感さらにアップです。

54XUL-Sもマイクロスプーン対応で、良く行く宮城AVの真冬で0・6gスプーンの釣りにピッタリの気がする。けど汎用性がなあ。

そうそう釣りの続き。まあ、まだ1回の釣りなんで、第一印象です。この竿に慣れればまた違ってくるでしょう。

この日は、真冬モードになり、この釣り場も魚影が薄くあたりが少ない。それでもトラストよりショートバイトを感じたので、感度は良いのでは。けど、アタリは感じるが、早いショートバイトが乗らない、掛からない、掛かっても手元でバラス。ホロ苦いデビューとなりましたよ・・。

アタリを多く感じる分掛からなく感じてしまったよ・・。クセでロッドであわせようとしても、掛かりません。しっかり巻き合わせをするのがこのロッドを使いこなすコツでは?

手元でばらすのは。フッキングが甘くなって、やり取りが下手くそなのが90%ですけど・・。トラストやシンクロだと手元での突発的な魚の動きにも追従してくれて助かるのですが。ちょっとそれらのロッドに比べると「粘り」が足りないかなあ?いや、気のせいか・・。慣れればどうにでもなる部分でしょう。

うーん、プレッソAGSで乗せ掛けなら61ULかなあ?けどあれは掛けらしいし。510SULなんてのがあったら良かったかもね。

で、今のところ510XULは、自分的にはバーサタイルロッドか。この軽快感は魅力です。

秋口や春先の暖かい日に、パーカーにジーンズなんかで、510XULを一本手に持って小さめのポンドへ。お気に入りのスプーンと軽量クランクをヒップバックに入れて池をひとまわり。みたいな釣りをしたいなあ・・。

プレッソAGSで例の3本セットを作るなら。

スプーン巻きは61ULかな。クランクは62XULで、これはスプーンの巻きでも乗せ的に使えるし。ボトム&ミノーは62L-Sだね。これは縦やボトム用らしいけど。縦はもうやらないが、ボトムは最近ボトムバイブとボトムミノーが気になるので欲しいなあ。ソリッドティップ使いたいし。

4本セットならこれに54XUL-Sを加える。これも気になるよ。

え?探しているクランクロッドは?

あれ?部屋にこんなロッドがあるw

1c16


あれ~?なんだろうこれ・・。コイツのインプレはまた後日。

プレッソAGS510XULは、軽快さが気に入りました。高活性時には楽に釣りが出来そうです。

それにしても、プレッソAGS62L-Sが必要になってきました。ボトムバイブ&ミノーにはまってしまったから・・。

次?いやその前に、あの名竿をポチッと。ロッド入替え、もう止まらないよ・・。

|

« フィット3・13G・スタッドレスタイヤを購入&装着・ブリザックREVO GZ。 | トップページ | けん太で2時間半・ニューロッド・スワンドライブ入魂。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事